フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
台風ペペン復興事業-コロス集落・持続可能な農業推進プロジェクト開始 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  台風ペペン復興事業-コロス集落・持続可能な農業推進プロジェクト開始

 

 コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)は、昨年10月の台風ペペンによる土砂崩れで40軒が被害を受けたベンゲット州ツブライ町アンバサダー村コロス集落で、「SUSTAINABLE AGRICULTURE ASSISTANCE FOR THE TYHOON VICTIMS IN COROZ(=コロス集落における台風被害者に対する持続可能な農業アシスタンス)」事業を開始しました。

 コロス集落での台風被害の様子は以下のブログをごらんください。
   http://cordillera.exblog.jp/12356840/
   http://cordillera.exblog.jp/12514439/


      ↑コロス集落に向かうハルセマ道の土砂崩れ現場は
       まだ災害外直後以降なんら工事が行われていません。
       土砂を掻き分けただけの状態。
       雨季の大雨や台風で、通行止めになるのは間違いありません。

 CGNスタッフによる現地調査インタビューでは、コロス集落の住民達がもっとも必要としているのは、収入源である畑を元に戻すための「野菜の種」「肥料」「農薬」「畑に水を引くためのホース」ということでした。
 ベンゲット州の農民のほとんどが化学農法を行っていますが、化学肥料や農薬を買うためにローンをしている農民が多く、台風などの災害で畑がダメになり収穫できないと、ローンが膨らんでいくという悪循環が生まれます。台風ペペンの被害ももその例にもれませんでした。多くの農民がローンの返済ができずに、利息を膨らませてしまいました。


    ↑コロス集落の土砂崩れ現場は5ヶ月たったいまも何も手を加えられていません。


    ↑道路も崩れたままなので、この先に住む人たちは交通手段がありません。
     政府の指導により40軒全員が、別の場所に移り住むことになりました。


    ↑集落では焼き畑農業が行われていました。
     雨がまったく降っていないこの時期に山に火を入れるのは
     大規模な火災につながる可能性があり、たいへん危険です。
 
 CGNは、コロス集落での農業復興事業を

・今後起こりうる災害にたいして最小限の被害で抑えられるような強い環境を作る
・ローンに頼る化学農法から手間はかかるが、経済負担の少ない有機農法に転換、しライフスタイルを変換する

ためのいい機会と捉え、単に農民側からリクエストのあった「必要としているもの」を与えるだけでなく、セミナーやワークショップを通して、災害に強く環境負荷の少ない農業とライフスタイルの指導を行っていくことにしました。

 3月2日、事業の最初のプログラムとして、40軒の受益者向けのオリエンテーション&セミナーを行いました。内容はCGNの紹介に始まり、「気候変動」「地球温暖化」「エル・ニーニョ現象」など、台風ペペンと現在の水不足で、一般の農民にとっても他人事ではなくなった地球上で起こっている環境問題の解説、持続可能な農業の利点と紹介、斜面に植えれば土砂崩れの防止にもなり、かつ収入も望めるアグロフォレストリーの紹介など。
 一般の農家の人たちは、なかなか地球温暖化の話など熱心に聞いてくれることが少ないのですが、台風ペペンで深刻な被害を受けたコロス集落の人たちはたいへん熱心に耳を傾けていました。
 
 
     ↑セミナーの進行は、アジア学院(栃木県)で持続可能な農業を学んだローデス。
    
 いままでの数回の現地調査では、住民側からの植林に対する要望はなかったのですが、今回のセミナーの後には、
「植林やアグロフォレストリーの指導もしてくれ」
「苗木も配布してほしい」
という積極的な意見が出ました。
住民自らが「変わろうとしている」という意思をたいへん心強く思いました。
 コロス集落での持続可能な農業(そしてアグロフォレストリー事業)が成功すれば、ベンゲット州のほかのコミュニティにとってたいへんいいモデルケースとなると思います。 
 来週からは、さっそく有機農業の実践指導を開始します。


   ↑農業指導は、やはりアジア学院で学んだレナートがローデスとともに行う予定です。

 

     ↑ローデスがアジア学院で有機農業を学ぶために留学していたときの
      同級生・伊藤幸史神父がバギオを訪問中で、
      コロス集落でのセミナーに参加してくださいました。
      写真は、コロス集落からの帰りに寄ったカソリックのシスターたちが運営する
      オーガニック・モデル農場を訪問したときのもの。
      こんなおいしそうなレタスがコロス集落でも採れる日が来ることを目標に
      がんばりましょう!
  
  

      ↑シスターたちは、バギオ市内の有機野菜ショップで売る
プチトマトの出荷作業をしていました。
       見てください。このおいしそうなトマトの色!
  Homepage: http://www.ph-inside.com
Updated: 2010/03/08

Share |
  0
3590
山岳民族とエコロジー ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
   コーディリエラ・・グリーン・ネットワーク(CGN)は、2010年度の環境教育プログラムに向けて準備を開始しています。1月に開催した「第3回コーディリエラ・ユース・エコサミット..   | 2010-03-15
   在バギオの国民的画家ベネディクト・カブレラBenedict Cabrera(通称ベンカブBenCab)のコレクションを展示したベンカブ美術館(bencab Mus..   | 2010-03-12
   コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)は、昨年10月の台風ペペンによる土砂崩れで40軒が被害を受けたベンゲット州ツブライ町アンバサダー村コロス集落で、「SUSTAI..   | 2010-03-08
   CGNのあるバギオ市は、ただいま,1年でいちばん大きなお祭り「パナグベガ=フラワーフェスティバル」の真っ最中。先週末のパレードには、観光バスが次々やって来て、町中..   | 2010-03-08
  昨年10月に死者&行方不明者、約500名という大きな被害を残した台風ペペン被災者に対して、みなさまからいただいたご寄付は2010年2月末現在で以下のようになりました。83,90..   | 2010-03-08
 カリンガ族のホウキは、カリンガ州の山奥の村の人々によって作られています。そのうちのひとつ、パシル地方のバリンシアガオ村のホウキ作りをしているある家族とホウキ作りの様..   | 2010-02-17
   1月22日&23日、ベンゲット州マンカヤン・レパント鉱山のCPJ劇場、1月25日&26日アブラ州バンゲッドのディバイン・ワード・カレッジの講堂で行われた「第3回コー..   | 2010-02-08
実は今回のエコサミットの一番の功労者は、舞台演出家の吉田智久さんです。北ルソン日本人会がバギオ市制100周年を記念して企画し・昨年9月に公演した「Kennon:Road to Global Peace and Unity..   | 2010-01-18
    「コーディリエラ・ユース・エコサミット」は、メイン・プログラム「環境演劇フェスティバル」とゲストによるパフォーマンスが行われるステージ以外でも、二つの会場の..   | 2010-01-18
二日遅れて日本でのお正月休みから戻ったとたんに怒涛の日々です。私たちの帰比の翌日には、新潟県長岡市から、台風ペペンの被災地視察チームが来バギオ。被害の大きかった、マウン..   | 2010-01-18
123456789
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:790,354 今日:12 昨日:178
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.