フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
ルソン島紀行 山岳州篇 2017 その(12) サガダの町をブラブラ歩き-3 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  ルソン島紀行 山岳州篇 2017 その(12) サガダの町をブラブラ歩き-3
 

 この地方には山に住む少数民族が居て、サガダのある州は『Mountain Province』、つまりずばり『山の州』となり、この州は『ボントック族』が多数を占める。ボントック族はかつて首狩りをしたらしいが、外見的特徴は普通で、独自の言語『ボントック語』を持っていても中央の言語『タガログ語』でフィリピン人同士は会話をしている。

 これはフィリピン中そうなっていて、国内のテレビ、映画は全部タガログ語なので自然と刷り込まれて覚えざるを得ないが、これは日本のNHKが標準語と称する言葉で全国を統一しているのとは違い、言語を失う民族は消滅するからその問題は深い。

写真-1

 写真-1は町の中心、ツーリスト・インフォメーションの前にある『博物館』で、普通の商店の2階にあった。訪ねた時は昼休み中で、午後から開くとあったが管理人が現れたのはだいぶ過ぎていた。

 この博物館、個人が収集したこの地方の民俗関係の品物が展示されているが、個人にしてはなかなか良い物が置かれている。撮影禁止なので中の様子は伝えられないが、1970年代に織られこれが最後の織物という、死者の身体を包む藍色の手織物は相当貴重な物と思ったし、こういった風習と技術が消えてしまったことは時代とはいえ惜しい。

写真-2 

 博物館から山側に向かって別の道を上がって行くと、写真-2の製材所があった。道端で乾燥させているのは全部『松材』で、結構豊富に伐り出しているのが分かり、海辺の町なら『椰子の木』の材を並べている所である。

写真-3 

 さらに道を上がっていくと写真-3の道標があった。396KMというのは恐らくマニラを基準とした距離だと思うが、こんな山道に表示があるのにも驚く。

写真-4 

 写真-4は山道途中から眺めたサガダの町の様子で、山里にしては建物がそろっていて、人口は12千人以上。泊まっているロッジも森に遮られて直接は見えなかったが、あの辺りにあると分かった。町の周りには水田が広がり、ボントック族は世界遺産にもなっている『棚田』で米を栽培する民族でもある。

写真-5 

 写真-5は道端に廃棄されていた『ストーブ』。フィリピンでこういう物を見るのも珍しく、しかも薪ストーブ。それだけ標高が高く、寒さも相当な地域故、サガダと関係のある外国人が持ち込んだのではと思うが、前面が既に壊れていて修復は難しい。

写真-6 

 この山道の先に『焼き物』をしている場所があって、写真-6がその建物の外見。ここはサガダでも有名らしく、バンで乗り付ける観光客も多く、この時は3台が停まっていた。

 中はいかにも山の焼き物工房という感じはするが、経営者だろうか轆轤を使って壺の成形を見せていて、周りには観光客が取り巻く。観光客に轆轤の技術を見せて、観光客にも触らせているが、丸っきり見世物状態。しかも見学には金を徴収して商売っ気ばかりが目立つ。

 それでも少しはマシな品物でもあるのかと棚に並べてある完成品を見ると、素人が作ったような物を結構高い値段で売っている。サガダは松の産地だから、当然松材で焼き物を焼いていて、もしかすると『登り窯』でも見られるかと思い、焼成方法を聞いたらガス窯を使っていた。

 こちらが勝手に山里=松=登り窯とイメージしたのもいけないが、商売のあざとさが目立つ窯場であり、こんな方法で観光客相手を誑かすような商売をしているようではいけないし、冒頭の個人博物館もこれだけが外部から人が訪れるのだから、町営のしっかりした博物館を作っても良いのでは。そういえばサガダの町庁舎は堂々たるビルで、町に金が無いということはないだろう。

  Homepage: http://cebushima.com
Updated: 2017/05/08 (月)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 メトロ・セブ(セブ都市圏)という東海岸側のセブ市を中心に近接する市と町の集まった連合組織があり、広域で何かをやっているのであろうが何をやっているのか分からず、タガログ..   | 2018-04-26
【写真-1】     モロン・ビーチの売り物は写真-1の自然に残った岩のアーチで、砂浜からアーチの下部まで7~8mの高さ。だからどうだという程度の景観だが、マニラ方面の..   | 2018-04-25
 フィリピンで知らぬ者はいない『ジョリビー』の新しい店がセブ島一番北にある町に出来た。町といっても人口の爆発しているフィリピンでは、人口だけは多くこの町は8万人を超える..   | 2018-04-19
【写真-1】     一夜明けて朝からトライシクルを貸し切って島内を巡ることにする。写真-1はトライシクルの運転手と待ち合わせた道端で、こちら側には町役場や警察の建..   | 2018-04-16
【写真-1】     アンダからのバスはタグビラランのバス・ターミナルへ到着。ターミナルの隣りには写真-1の大きなショッピング・モールが建ち、以前来た時はなくてこの..   | 2018-04-14
 去年、日本からセブへ遊びに来た知人が土産代わりに池波正太郎『鬼平犯科帳』の文庫本24冊全巻を持ってきてくれた。 【写真】  写真はその最後の巻で『誘拐』と名付けられて..   | 2018-04-12
【写真-1】     灯台下にある変な民宿に泊まることを止めて、現在の民宿に連泊することにした。その帰り、裏道を通ると石を積んだ壁と草葺の家が連なる写真-1の光景に..   | 2018-04-09
【写真-1】     ラマノック島からアンダの町へ歩いて通りかかった『ハバルハバル』に乗ってホテルへ無事に戻れる。ハバルハバルとはオートバイに相乗りする白タクならぬ..   | 2018-04-05
 フィリピンの都市部は渋滞が酷く、大きな問題になっていてもどうにも解決できない状態で、なるようになるしかないと誰しも諦めている。 【写真-1】  近くにセブ市内を並行に..   | 2018-04-03
【写真-1】     主要道路から海側にしばらく入ると写真-1の風景が目に入る。草の大地に建つ灯台の高さはそれほどではないが、海の向こうにはバタン島が横たわり、眺望..   | 2018-03-31
12345678910,,,129
    
ニュース コラム ライフ
セブで食べるファースト・フー..
【激増】 フィリピン国内も ..
バタネス紀行 2017 その-(31..
【実相】 国内最高クラスのホ..
【犯罪】 保険金殺人か フィ..
セブ島最北の 『ジョリビー』..
【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
バタネス紀行 2017 その-(30..
【数字】 2018年度国内総生産..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【是正】 配車サービス『グラ..
セブで読む『鬼平犯科帳』
バタネス紀行 2017 その-(29..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
セブで見かける古い車
【予定】 マクタン・セブ国際..
バタネス紀行 2017 その-(28..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【投票】 2016年副大統領選の..
21セブのフード・コートで飲むコ..
22【便乗】 フィリピン人が日本..
23バタネス紀行 2017 その-(27..
24【打撃】 環境汚染で ボラカ..
25小さな旅 ボホール島篇 2017..
26【常連】 2016年のミス・ワー..
27セブの生命力ある樹
28【病巣】 フィリピンを食い物..
29バタネス紀行 2017 その-(26..
30【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
31小さな旅 ボホール島篇 2017..
32【予測】 インフレ率急上昇 ..
33セブの3月はいつも通り猛暑へ..
34【色気】 独裁者マルコスの娘..
35バタネス紀行 2017 その-(25..
36小さな旅 ボホール島篇 2017..
37【判決】 85歳のオーストラリ..
38【標的】 日系企業に対して労..
39【最多】 エイズ新規感染者 ..
40【現実】 汚職追放は掛け声だ..
41【投資】 都市部を中心に急増..
42【環境】 ボラカイもマクタン..
43【評価】 アメリカの情報機関..
44【祭典】 参加してもフィリピ..
45【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
46【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
47【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
48【時代】 劣悪なジプニーが消..
49【司法】 最高裁 戒厳令延長..
50【市場】 フィリピンの2017年..
51【労働】 企業に都合の良い ..
52【雇用】 日本で働くフィリピ..
53【景気】 前年より減速 2017..
54【管理】 海外で働くフィリピ..
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【雇用】 日本で働くフィ..+ 3702
【管理】 海外で働くフィ..+ 2694
【景気】 前年より減速 20..+ 2600
【時代】 劣悪なジプニー..+ 2529
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 2302
【労働】 企業に都合の良..+ 2246
【税金】 マニラ首都圏地..+ 2097
【市場】 フィリピンの2017..+ 2083
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 2015
【評価】 アメリカの情報..+ 2002
【環境】 ボラカイもマク..+ 1970
【司法】 最高裁 戒厳令..+ 1935
【最多】 エイズ新規感染..+ 1709
【祭典】 参加してもフィ..+ 1682
セブからプーケットへ+ 1536
【現実】 汚職追放は掛け..+ 1509
【判決】 85歳のオーストラ..+ 1473
【病巣】 フィリピンを食..+ 1454
軍事用飛行場であったマク..+ 1421
【色気】 独裁者マルコス..+ 1400
21【投資】 都市部を中心に..+ 1388
22【標的】 日系企業に対し..+ 1355
23【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1199
24平成は31年で終わる+ 1184
25【予測】 インフレ率急上..+ 1171
26【常連】 2016年のミス・ワ..+ 1064
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1056
28バタネス紀行 2017 その-..+ 934
29【便乗】 フィリピン人が..+ 929
30【打撃】 環境汚染で ボ..+ 929
31小さな旅 ボホール島篇 20..+ 927
32【予定】 マクタン・セブ..+ 902
33ボラカイの海は『汚水溜め..+ 894
34プーケットの古本屋+ 736
35セブは晴れ 日本は大雪+ 733
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 724
37バタネス紀行 2017 その-..+ 705
38小さな旅 ボホール島篇 20..+ 674
39フィリピンも参加した平昌..+ 657
40【犯罪】 保険金殺人か ..+ 649
41バタネス紀行 2017 その-..+ 640
42セブの3月はいつも通り猛暑..+ 622
43バタネス紀行 2017 その-..+ 622
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 621
45俳優の死と墓+ 617
46小さな旅 ボホール島篇 20..+ 604
47【投票】 2016年副大統領選..+ 598
48バタネス紀行 2017 その-..+ 585
49【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 425
50【是正】 配車サービス『..+ 407
51【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 345
52【数字】 2018年度国内総生..+ 135
53【実相】 国内最高クラス..+ 62
54【激増】 フィリピン国内..+ 32
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:701,427 今日:14 昨日:194
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.