フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
フランスと韓国の大統領選結果から - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  フランスと韓国の大統領選結果から
 



【五月の花 東京・堀切菖蒲園にて】



 

今月はフランスと韓国で大統領選挙があった。フランスは当選した現オランド政権の元閣僚マクロンが、史上最年少の39歳、その伴侶が25歳年上の元高校の恩師とあって、政治よりもそちらの方に話題は流れている。

 この大統領選ではもしかすると『極右』の排外主義者ルペンが当選するのではという見方もあったが、2回目の決戦投票で中道と目されるマクロンが大差を付けて当選し、先のイギリスに続くフランスもEU離脱かの懸念は払底された。

 それでも対立候補のルペンは1回目の得票数を伸ばし、3分の1以上の得票率を得て、極右に対してフランス国民は3人に1人は支持している結果となった。

 1回目投票の地域的な投票動向を見ると、1位となったマクロンと2位のルペンとの地域別争いでは人口数は別にして、両者は拮抗しルペンの方が優勢な感じもある。これが2回目の決選投票になると地域別でルペンが1位になったのは海外県も含めてわずか2地域のみで、マクロンの圧勝となった。

 特に1回目投票でルペンがマクロンを押さえた地域は傾向としてドイツと国境を接するフランスの西半分に固まるが、決選投票ではこれら地域は全てマクロンに変わっている。

 この選挙結果について分析、評論は色々だが『未知数だが何かやりそう、やれそうな中道と称するマクロンの方が、極右のルペンよりよりマシ』という判断が選挙民にあったのではないか。

 また、今回の選挙ではフランス政治を二分していた伝統的保守系の『共和党』と、ミッテランを生み、現オランド政権の革新系『社会党』が1回目投票で消え去ったことが際立っている。

 現大統領を擁する政党が5番目の下位に沈むのも衝撃的だが、やはり『既成政治』への飽き、批判がこういう結果を生んだのではないかと思う。

 当選したマカロンはそういった既成への不満を上手に取りまとめたと見るが、これは昨年のアメリカ大統領選でトランプが当選したのと同じ現象ではないかと見る。下馬評では民主党のヒラリーが当選となっていたが、蓋を開けたらトランプ当選という『世紀の番狂わせ』となった。

 これはトランプ陣営の選挙の巧さと、ヒラリーの元ファースト・レディーであり、前国務長官という華々しい経歴も、やはり既成政治を代表するものであり、その反感があの結果になったと思う。

 後出しジャンケンの様な考えだが、泡沫候補のトランプ相手なら民主党は当然勝てる大統領選であり『ヒラリーだから当選しなかった』と猛省すべきではないか。

 そのトランプ、大統領に就任以来この人物の頭の中はどうなっているのかと思わせるお粗末さだが、こういった世界の権力者を眺めると、中国の習近平は我が身大事の人物。ロシアのプーチンは20年近く君臨する独裁者、日本は自惚れだけが強く無内容な安倍と、どうしようもない人物が居座っている。

 少しは世界の政治、社会は進歩、改善されたと思いたいが進むどころか後退しているのが現実である。そういった無能な指導者達の中で、最も質が悪いのが北朝鮮の金正恩だが、あんな小国に日本以下世界の国が振り回されているのも変な話だが、フランス大統領選の次は韓国で大統領選があった。

 この韓国大統領選は前任の朴槿恵が弾劾にかけられて罷免されたための繰り上げ大統領選で、結果は下馬評通り革新系の文在寅が41%を得て他の候補を圧倒して当選。

 2位には朴槿恵を擁していた保守系が党名を変更して前慶尚南道知事の洪準均を立て24%以上の得票を得、朴槿恵問題でボロボロであった保守系の底力を見せた。

 3位に沈んだ安哲秀だが、同じ革新系の文在寅に一時は迫ったが、選挙中に失速し支持は伸びず21%台しか取れなかった。

 そういえば今は全く名前は出ないが、前国連事務総長であった潘基文など事務総長退任後は韓国大統領への野心満々で、出馬すれば当選するとまで言われたが、結局、事務総長時代でもそうであったが『無能』であることから、アッサリ消えた。

 さて、当選した文在寅だが、人権派弁護士で元大統領の盧武鉉の薫陶を受けた人物として知られ、前回2012年大統領選挙に立候補して朴槿恵の得票率51%強に対して、48108万票差の得票で及ばず落選。

 今回は雪辱戦となるが、何しろ朴槿恵政権のスキャンダラスな内容から、退陣要求の大抗議行動が起き、その波に乗って今回の当選を勝ち取ったと見て良い。それにしても、日本より熱し易い国民性なのか韓国は政権交代が頻発である。

 これはフランスも保革の間で政権が移動し、アメリカも内容は似ているが2大政党間で大統領が入れ替わり、このような緊張感のある政治形態というのは好ましく、その限りでは自民党の天下が長く続く日本の政治構造というのは問題がある。

 今の自民党一党体制と日本の安倍内閣は好き勝手といっても良いくらい、何ともおかしな戦前への回帰へ邁進中だが、この間の53日には憲法9条を2020年までに変えると安倍は言明し、自らの長期政権を維持する野望をあからさまにした。





これに対して声が大きくならないのが今の日本で、あの大阪の『森友問題』など、全く解明されず、芸能ニュース並みの早さで過去になりつつあり、マスコミ、世論対策に自民党戦略は成功している。




先ほどの韓国の新大統領は親北朝鮮派と目され。これからの韓国と北朝鮮の動きは注目されるが、韓国大統領戦中は北朝鮮の暴発、あるいはアメリカの北朝鮮攻撃ときな臭いどころか、日本海は一発触発という状況になった。




これによって日本は今にも北朝鮮のミサイルが飛んでくると騒いでいたが、これなど軍拡を進め、戦前の体制に戻したい安倍政権が仕組んだ『恐怖を煽る』手法で、戦前の軍部が危機を煽り戦時体制を確立したのとあまり変わらず、国民もいとも容易く乗せられ再び取り込まれている。




『歴史は繰り返される』といわれるが、その『歴史を最も学ばないのが人間』と指摘されるが、正に今はその時代に入っている。


 

  Homepage: http://cebushima.com
Updated: 2017/05/12 (金)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 フィリピンで知らぬ者はいない『ジョリビー』の新しい店がセブ島一番北にある町に出来た。町といっても人口の爆発しているフィリピンでは、人口だけは多くこの町は8万人を超える..   | 2018-04-19
【写真-1】     一夜明けて朝からトライシクルを貸し切って島内を巡ることにする。写真-1はトライシクルの運転手と待ち合わせた道端で、こちら側には町役場や警察の建..   | 2018-04-16
【写真-1】     アンダからのバスはタグビラランのバス・ターミナルへ到着。ターミナルの隣りには写真-1の大きなショッピング・モールが建ち、以前来た時はなくてこの..   | 2018-04-14
 去年、日本からセブへ遊びに来た知人が土産代わりに池波正太郎『鬼平犯科帳』の文庫本24冊全巻を持ってきてくれた。 【写真】  写真はその最後の巻で『誘拐』と名付けられて..   | 2018-04-12
【写真-1】     灯台下にある変な民宿に泊まることを止めて、現在の民宿に連泊することにした。その帰り、裏道を通ると石を積んだ壁と草葺の家が連なる写真-1の光景に..   | 2018-04-09
【写真-1】     ラマノック島からアンダの町へ歩いて通りかかった『ハバルハバル』に乗ってホテルへ無事に戻れる。ハバルハバルとはオートバイに相乗りする白タクならぬ..   | 2018-04-05
 フィリピンの都市部は渋滞が酷く、大きな問題になっていてもどうにも解決できない状態で、なるようになるしかないと誰しも諦めている。 【写真-1】  近くにセブ市内を並行に..   | 2018-04-03
【写真-1】     主要道路から海側にしばらく入ると写真-1の風景が目に入る。草の大地に建つ灯台の高さはそれほどではないが、海の向こうにはバタン島が横たわり、眺望..   | 2018-03-31
【写真-1】     大雨もガイドが船着き場へ戻って傘を取ってくる間に上がり、無駄足になってしまい気の毒であったが、写真-1は島に上陸した時は気が付かなかったが歓迎..   | 2018-03-29
 ショッピング・モール内に写真の様な『フード・コート』ができた。フード・コートというのは、広い場所に共同の椅子席を設け、その周りに間口3mくらいの各種おかずや飲み物を売..   | 2018-03-26
12345678910,,,129
    
ニュース コラム ライフ
【犯罪】 保険金殺人か フィ..
セブ島最北の 『ジョリビー』..
【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
バタネス紀行 2017 その-(30..
【数字】 2018年度国内総生産..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【是正】 配車サービス『グラ..
セブで読む『鬼平犯科帳』
バタネス紀行 2017 その-(29..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
セブで見かける古い車
【予定】 マクタン・セブ国際..
バタネス紀行 2017 その-(28..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【投票】 2016年副大統領選の..
セブのフード・コートで飲むコ..
【便乗】 フィリピン人が日本..
バタネス紀行 2017 その-(27..
【打撃】 環境汚染で ボラカ..
21小さな旅 ボホール島篇 2017..
22【常連】 2016年のミス・ワー..
23セブの生命力ある樹
24【病巣】 フィリピンを食い物..
25バタネス紀行 2017 その-(26..
26【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
27小さな旅 ボホール島篇 2017..
28【予測】 インフレ率急上昇 ..
29セブの3月はいつも通り猛暑へ..
30【色気】 独裁者マルコスの娘..
31バタネス紀行 2017 その-(25..
32小さな旅 ボホール島篇 2017..
33【判決】 85歳のオーストラリ..
34俳優の死と墓
35バタネス紀行 2017 その-(24..
36【標的】 日系企業に対して労..
37【最多】 エイズ新規感染者 ..
38【現実】 汚職追放は掛け声だ..
39【投資】 都市部を中心に急増..
40【環境】 ボラカイもマクタン..
41【評価】 アメリカの情報機関..
42【祭典】 参加してもフィリピ..
43【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
44【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
45【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
46【時代】 劣悪なジプニーが消..
47【司法】 最高裁 戒厳令延長..
48【市場】 フィリピンの2017年..
49【労働】 企業に都合の良い ..
50【雇用】 日本で働くフィリピ..
51【景気】 前年より減速 2017..
52【管理】 海外で働くフィリピ..
53【避難】 マヨン火山に大噴火..
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【雇用】 日本で働くフィ..+ 3533
【避難】 マヨン火山に大..+ 3129
【管理】 海外で働くフィ..+ 2578
【景気】 前年より減速 20..+ 2467
【時代】 劣悪なジプニー..+ 2346
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 2206
【労働】 企業に都合の良..+ 2136
【税金】 マニラ首都圏地..+ 2005
【市場】 フィリピンの2017..+ 1956
【評価】 アメリカの情報..+ 1948
【環境】 ボラカイもマク..+ 1901
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 1840
【司法】 最高裁 戒厳令..+ 1812
【最多】 エイズ新規感染..+ 1632
【祭典】 参加してもフィ..+ 1620
セブからプーケットへ+ 1501
【現実】 汚職追放は掛け..+ 1465
【判決】 85歳のオーストラ..+ 1401
軍事用飛行場であったマク..+ 1396
【病巣】 フィリピンを食..+ 1391
21【色気】 独裁者マルコス..+ 1355
22【投資】 都市部を中心に..+ 1346
23【標的】 日系企業に対し..+ 1307
24平成は31年で終わる+ 1165
25【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1154
26【予測】 インフレ率急上..+ 1120
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1031
28【常連】 2016年のミス・ワ..+ 1007
29バタネス紀行 2017 その-..+ 919
30小さな旅 ボホール島篇 20..+ 918
31【打撃】 環境汚染で ボ..+ 891
32ボラカイの海は『汚水溜め..+ 873
33【便乗】 フィリピン人が..+ 850
34【予定】 マクタン・セブ..+ 843
35プーケットの古本屋+ 723
36セブは晴れ 日本は大雪+ 713
37小さな旅 ボホール島篇 20..+ 711
38バタネス紀行 2017 その-..+ 681
39小さな旅 ボホール島篇 20..+ 653
40フィリピンも参加した平昌..+ 643
41バタネス紀行 2017 その-..+ 613
42バタネス紀行 2017 その-..+ 611
43俳優の死と墓+ 610
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 593
45セブの3月はいつも通り猛暑..+ 587
46バタネス紀行 2017 その-..+ 573
47小さな旅 ボホール島篇 20..+ 564
48【投票】 2016年副大統領選..+ 549
49【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 350
50【犯罪】 保険金殺人か ..+ 301
51【是正】 配車サービス『..+ 244
52【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 241
53【数字】 2018年度国内総生..+ 91
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:700,552 今日:84 昨日:166
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.