フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブと戦争の時代 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブと戦争の時代
 

 4月に日本へ行った時に本を買い込んできたが戦記物もいくつかあった。特に書名にフィリピンと関係のある語彙が入っていると躊躇なく手を伸ばす。フィリピン関連の戦記物はルソン島関係が多く、写真の本は直接フィリピンとは関係ないが、読む内に実はセブと関係が深いことが分かった。

 


 

戦時中に海軍で『甲標的』と称した『特殊潜航艇』がある。全長23.9m、幅1.8m、45センチ(直径)魚雷2本を持つ小型潜水艦で、乗員は2名、建造数は通算101隻となっている。


 特殊潜航艇とあるように、この艇は母艦である潜水艦に搭載されて敵艦あるいは敵地近くで切り離され、近づいて魚雷攻撃をする艦艇で攻撃後の生還はほぼゼロの特殊な役割を持たされたが、『人間魚雷』と呼ばれた特攻用の『回天』とは違う。

 

 本書は1942128日の『真珠湾攻撃』時にその特殊潜航艇が、初めて実戦に使用され、戦死した59人の出身地や肉親、関係者を訪ねて記述した本で、本書が書かれた1970年代はまだ戦死者の父母、兄弟が存命で今となっては貴重な証言もあり書名は『九軍神は語らずー特殊潜航艇の戦いー』、文庫版初版は昭和59年(1984年)刊。

 

 乗員2名の艇で5艇なら戦死者は計10人になる勘定だが、1艇はハワイの海岸に座礁し、艇長は人事不省の状態で捕虜となり、太平洋戦争の日本側捕虜1号として今もって一部の人間から汚名を着せられる『坂巻和男』海軍少尉。

 

 本書でも坂巻の部分は当たらず障らず無視ではないがあまり記述しない具合で、主に他の9人が生誕から軍神になるまでの生涯を戦死者の実家や関係者を訪ねて追っている。

 

 捕虜になった坂巻はハワイ、アメリカ本土での捕虜収容所生活から、戦争が終結した翌年の1946年に日本に帰還、足かけ5年の捕虜生活を送っていて、その時の体験を基に1949年、新潮社から本を出していて題名は『捕虜第一號』。

 

 出版から50年以上経っているから版権は切れ勿論絶版となっているが、中古本市場を当ると60007000円程度で手に入り、その内読んでみたい。

 

 さて、真珠湾攻撃の特殊潜航艇5艇の戦果であるが、湾内で撃沈された戦艦アリゾナは特殊潜航艇の攻撃を受けているとの説があり、しかもいずれの艇も真珠湾内に侵入し攻撃していると、どうも史実をデッチ上げ美談に仕立てている動きもある。

 

 元々、真珠湾への奇襲は航空部隊による作戦が主で、最初から戦果が乏しいとされる特殊潜航艇部隊が編成され、攻撃に至ったのは戦意高揚の何物でもなく、攻撃後に戦死した9人を海軍は『軍神』として祀り上げ、以後の攻撃の弾みにしたと考えて良い。

 

 となると、『捨石』であったのかと考えなくもないが、これは後世の評価であって当時としては開戦劈頭の身を捨てた攻撃と称賛され、戦死した両親や一族は『軍神の家』として持て囃されている。

 

 これも、敗戦後は評価が逆転して、これら軍神の関係者は白い目で見られたというから『マッカサーは神様』といった日本人の変わり身の早さ、無節操さは国民性といって良いだろう。

 

 特殊潜航艇の真珠湾攻撃は成功しなかったが、19425月、オーストラリア・シドニー港に停泊中の艦船への攻撃では3隻が出撃し、魚雷攻撃によって停泊中の艦船2隻を撃破、戦死者19人を生じた。ただし、攻撃を受けた船は無防備の兵士のホテル代わりの船であり、戦果があったとはいえ針小棒大模様。

 

 翌6月にはインド洋のマダガスカル島北端にあるイギリス軍の軍港『ディエゴ・スアレス』に2隻の特殊潜航艇が攻撃し、油槽船撃沈、戦艦大破という戦果を挙げた。この時、攻撃後の搭乗員2名は、陸地へ上陸し捜索のイギリス軍と戦って戦死した話は有名で、現地に慰霊碑がある。

 

 マダガスカルには1990年代初めに旅行をしたことがあって、戦争とはいえ当時でも不便な大きな島へはるばるインド洋を渡ってよくぞ攻撃したものだと思うし、考え付いたものである。

 

 日本軍はアフリカに近いマダガスカルまで手を伸ばす理由として、日本とドイツの間に潜水艦による行き来があって、その補給地点としてマダガスカルが重視されたのではないか。ただし、日本軍の陸上攻撃は補給線の長さから放棄されている。

 

 特殊潜航艇で戦死し軍神となった者は真珠湾の9人とシドニー港の1人だけで、その扱いも区別されているが、これは時の軍部のご都合によるとしか言いようがなく、 後の海軍神風攻撃隊など軍の理屈でいえば無数の軍神が生まれて良い。

 

しかし実際は敷島隊隊長の『関行男』のみで、これさえも海軍特攻隊戦死者第1号としてはあるが、史実は違っていて、軍のご都合で海兵出身者を第1号としただけで、神風特攻隊の最初の戦死者はセブから飛び立った海軍予備学生出身の久納中尉である。

 

 更に書くならば、19441025日、関大尉が特攻を敢行したのは確かであるが、空母セント・ローを撃沈したとする関の戦果は実証されていなくて、気分で戦争をやっていた日本の軍部中枢の空気が良く分かる。

 

 さて、軍神となった9人だがその中で一番高位の戦死者は岩佐直治大尉(戦死後2階級特進で中佐)で、この人物だけが群馬出身で、他の8人は九州、中国、四国と西の方に偏る。偶然の一致であろうが、西の方は今も高校の進学先で防衛大学に行く者多く、軍隊は名誉という土壌が強い土地柄である。

 

 先述したハワイで捕虜になった坂巻に対して、世間は今もって冷たいと書いたが、これは陸軍大臣であった東条英機が発した訓令第1号の『戦陣訓』にある『生きて虜囚の辱を受けず』の一項と関係が深い。

 

 戦って捕虜になるのは不名誉ではないというのが近代軍隊の考えだが、日本は『武士道』を都合よく持ち出して、死ぬまで戦えと強制、威圧し捕虜になることを許さず、そのため、民間人も含めて無為な死が続出した。

 

 戦時中のアメリカは捕虜に対して手厚かったとあるが、先述の坂巻の場合でも、実際は坂巻に対して拷問や、圧力は頻繁で、前線では日本兵を捕虜にするより憎悪を持って撃ち殺した方が早いという者もたくさんいて、その手で殺された日本兵も多い。戦争がもたらす狂気といえばそれまでだが。

 

 さて、特殊潜航艇に戻ろう。セブには旧日本海軍の飛行場は2つあって、1つは先述の久納中尉が飛び発った飛行場で、再開発されて飛行場の面影は消え、現在コール・センターなどの企業が蝟集するセブ市内のITパークと現在のマクタン・セブ国際空港がそれである。

 

 こういった旧海軍の基地を防衛するために海軍は陸上部隊を設け『根拠地隊』と称し、セブ島には第33特別根拠地隊がその任務を担っていた。なお、フィリピンには第31特別根拠地隊がマニラ、第32特別根拠地隊がダヴァオにあった。

 

 敗戦の前年、19408月にセブの第33特別根拠地隊司令官に就いたのが『原田覚』少将で、原田は潜水艦分野に造詣が深く、真珠湾を攻撃した5艇の特殊潜航艇攻撃計画を具体化し、上層部に採用させかつ訓練を行いなった人物として戦史上に名を残す。

 

 陸に上がった原田だが、特殊潜航艇をセブに持ってきて付近の海域に航行する敵艦船を攻撃し、多少の戦果はあった。その部隊名は『セブ甲標的隊』と称し、14回の出撃日や戦果が記録されている資料がある。ただし、戦果などは18隻の敵艦船撃沈とあるが、実際は駆逐艦1隻の撃沈だけという指摘もある。

 

 話は少々変わるが、南スーダンへの自衛隊派遣で『日報』が故意に廃棄された問題が国会などで取り上げられているが、軍隊において記録は重要で旧軍では『戦闘詳報』など必ず部隊の動きを残している。そういった記録は今も防衛省の研究所で見ることが出来、私も読んだことがある。

 

 これから、命ともいうべき部隊の記録を廃棄するのは負け戦でせざるを得ない時か、故意に事実を隠すためとしか考えられず、今の南スーダンの消えた日報問題は勿論、自衛隊に都合が悪いから隠蔽したと見て良い。

 

 セブ甲標的隊は資料によって潜航艇の数はまちまちだが、8艇程度と見られ、セブ島の対岸のドマゲッティにも配属してあったとの記録もある。しかし、これら特殊潜航艇はアメリカ軍がセブ島に上陸する以前に、自らの手で自沈措置が取られたという。

 

 この特殊潜航艇の基地はどこか興味を持つが、今のセブ港近辺、同じくドマゲッティ港近辺にあったと思い、その痕跡でも周辺にあればと思うがもうないであろうし、自沈させた場所もどこなのだろうかと興味を抱く。

 

 原田少将は1945925日、セブで戦病死とされ享年54。この日付けから追い詰められたセブの日本軍部隊がセブ島北方にあるイリハンの地で降伏文書を渡したのは824日で、その後捕虜となって収容されて間もなく亡くなったことが分かる。

 原田は死亡日の日付けで中将に昇進していて、病死とされているがこの昇進は『自決』説を裏付ける何かがあるような気がする。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2017/08/16 (水)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】     フィリピンに対する日本のODAは戦後の賠償から始まり、累計額ではアジアでも最大国でマルコス独裁時代には利権も激しかった。写真-1は港の事務所的な建..   | 2018-02-23
【写真-1】     写真-1は幹線道路から遠望したラマノトック島方面の様子で、島は左手側にあるが、眼下は鬱蒼した樹林に覆われている。これはマングローブが海に向かっ..   | 2018-02-20
 ボラカイというのはフィリピン中部、パナイ島の北西端に浮かぶ島で、総面積は1000ヘクタールあり、東京ドームは広さ5ヘクタールあるので、200個分しかない小島である。 ところが島..   | 2018-02-19
 地球の温暖化から天候異変が騒がれて久しく、その中で北半球の今年の冬はかなりの厳寒に見舞われ、アフリカの砂漠に雪が降り、日本でも日本海側では大雪となった。  特に福井..   | 2018-02-17
【写真-1】     サブタン島へ渡る船が出る港の真ん前が写真-1の『San Jose de Ivana』教会。この町の現在の人口は1400人足らずなのに、前庭を備えた立派な教会でビックリする..   | 2018-02-15
 フィリピンのセブと比較されるタイのプーケットに古本屋があった。   プーケットは大きな島で、普通の観光客は空港からビーチへ直行するが、フィリピンの海を見慣れている..   | 2018-02-12
【写真-1】     2泊3日の短い旅の帰る日の早朝にまたアンダ海岸を歩く。写真-1は潮の引いた海岸の様子で泥質の海底と岩、海藻の付着した遠浅の海岸が露出している。この..   | 2018-02-09
【写真-1】     サブタン島へはバスコから海岸沿いに南下し、イヴァナ町から船で渡る。ジープニーで行けるはずだが、走っているのが不確かでトライシクルを捕まえて出発..   | 2018-02-06
 元号を持っている国は、世界の国の中でもう日本だけという。  かつては中国、韓国、それにヴェトナムにも元号があり、それらは歴史の流れの中で消えているから、日本の..   | 2018-02-01
【写真-1】   教会横から海岸へ向かうと写真-1の建物が海を背中に建っている。これはアンダ町庁舎で1万7千人ほどの人口規模ではこのくらいで良いようだ。この辺りに町の公共..   | 2018-01-29
12345678910,,,127
    
ニュース コラム ライフ
【環境】 ボラカイもマクタン..
バタネス紀行 2017 その-(23..
【評価】 アメリカの情報機関..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【祭典】 参加してもフィリピ..
ボラカイの海は『汚水溜め』と..
【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
セブは晴れ 日本は大雪
【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
バタネス紀行 2017 その-(22..
プーケットの古本屋
【時代】 劣悪なジプニーが消..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【司法】 最高裁 戒厳令延長..
バタネス紀行 2017 その-(21..
【市場】 フィリピンの2017年..
平成は31年で終わる
【労働】 企業に都合の良い ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
21【雇用】 日本で働くフィリピ..
22軍事用飛行場であったマクタン..
23【景気】 前年より減速 2017..
24【管理】 海外で働くフィリピ..
25セブからプーケットへ
26【避難】 マヨン火山に大噴火..
27セブで迎える2017年の大晦日
28【避難】 異例のクリスマス台..
29【企業】 ホテルオークラ 放..
30バタネス紀行 2017 その-(20..
31【漂流】 ミンダナオ島沖で ..
32小さな旅 ボホール島篇 2017..
33【最大】 総額3兆7670億ペソ 2..
34気に食わない2017年の5人
35【被害】 台風『ウルドゥハ』..
36バタネス紀行 2017 その-(19..
37【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設..
38セブから消えるマリオット・ホ..
39【強権】 マルコス独裁に近づ..
40【多忙】 在比日本国大使館の..
41小さな旅 ボホール島篇 2017..
42【犯罪】 中国からの密輸続く..
43バタネス紀行 2017 その-(18..
44【開発】 国内空港関連事業 ..
45【騒動】 デング熱ワクチン ..
46【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
47【司法】 違法薬物取締政策の..
48【調査】 日本の製造業の有望..
49【天国】 セブ港で コンテナ..
50【胡乱】 操作した疑いを持た..
51【統計】 GDP第3四半期成長率..
52【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 3919
【天国】 セブ港で コン..+ 3873
【胡乱】 操作した疑いを..+ 3846
【犯罪】 中国からの密輸..+ 3586
【騒動】 デング熱ワクチ..+ 3544
【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 3423
【司法】 違法薬物取締政..+ 3314
【強権】 マルコス独裁に..+ 3276
【最大】 総額3兆7670億ペソ..+ 3124
【多忙】 在比日本国大使..+ 2958
【統計】 GDP第3四半期成長..+ 2883
【調査】 日本の製造業の..+ 2880
【被害】 台風『ウルドゥ..+ 2737
【開発】 国内空港関連事..+ 2598
【浪費】 ミンダナオ鉄道..+ 2427
【漂流】 ミンダナオ島沖..+ 2383
【企業】 ホテルオークラ..+ 2364
【避難】 異例のクリスマ..+ 2057
【雇用】 日本で働くフィ..+ 1957
気に食わない2017年の5人+ 1933
21小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1896
22バタネス紀行 2017 その-..+ 1877
23セブから消えるマリオット..+ 1836
24小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1668
25【避難】 マヨン火山に大..+ 1651
26個人崇拝と全体主義+ 1619
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1610
28小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1594
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1592
30セブで迎える2017年の大晦日+ 1533
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1408
32【管理】 海外で働くフィ..+ 1315
33バタネス紀行 2017 その-..+ 1294
34台風『ヨランダ』から4年経..+ 1287
35小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1234
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1216
372017年の万聖節+ 1163
38【景気】 前年より減速 20..+ 1094
39セブからプーケットへ+ 1022
40【労働】 企業に都合の良..+ 956
41軍事用飛行場であったマク..+ 881
42【市場】 フィリピンの2017..+ 803
43【時代】 劣悪なジプニー..+ 724
44平成は31年で終わる+ 694
45【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 646
46小さな旅 ボホール島篇 20..+ 644
47【税金】 マニラ首都圏地..+ 641
48【司法】 最高裁 戒厳令..+ 603
49【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 486
50【評価】 アメリカの情報..+ 398
51【祭典】 参加してもフィ..+ 232
52【環境】 ボラカイもマク..+ 57
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:689,607 今日:104 昨日:192
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.