フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブの今年のゴールデン・ウィーク - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブの今年のゴールデン・ウィーク
 

 4月から5月にかけての日本の長い連休は『ゴールデン・ウィーク』と名付けられているが、これは和製英語で海外では全く通じないし、他の国はこの時期は連休などなっていない。



 辛うじて51日が『レーバー・デー』、つまり『労働者の日』として世界的な記念日になっていて、休日にする国が多く、フィリピンも休日であった。

 この日を日本では『メーデー』と呼び労働者団体などが集会を持つが、このメーデーという言い方も海外ではほとんど通じない。

 しかしメーデー、つまり『May day』そのものはヨーロッパで春の訪れを祝う意味で使われたらしいが、188651日、アメリカの労働組合が労働条件改善を求めてストライキを打ったのをきっかけからこの日を労働者の記念日にしたという。

 アメリカ発祥の労働者の日となるが、そのアメリカのレーバー・デーは現在9月の第1月曜日になっているように、国によって違っているが社会主義国ではこの日をレーバー・デーとする国が多く、先年住んだラオスも51日が労働者の日であった。

 日本は51日のメーデーを休日にしていないが、429日の天皇誕生日(名称は変わった)、53日の憲法記念日、5日の子どもの日(名称は変わった)と続くことを考えると休日にして良いと思うが、これは国が労働者を敵視する態度が未だ根強く残る状態では難しいであろう。

 その代わりに日本は休日が土曜や日曜に重なるとずらして連休にするような妙案を作り、週休2日制の普及と共に連休になるようにし、昔の様な飛び石連休というのはなくなった。

 かつて学生の頃は休日が日曜に重なると損をした気分を持ったが、これもなくなり悪いことではないが、かつての天皇誕生日を天皇死後に『昭和の日』、その後日付をずらして『みどりの日』として存続するなど、皇室の祭日中心の姑息な手段を取るなど馬鹿馬鹿しい。

 記念日などと大袈裟にせず、単純に5月の休日とすれば良いと思うが、元々日本の休日というのは天皇家の行事、祭日が休日に変わっただけなので、変えることは難しいであろう。

 さて、この長い休みは人の移動時期で、内外に出かける人が多い。特に海外に出る日本人も多く、それを待ち構えているのが海外の観光地になるが、セブも例外ではない。

 今年はセブよりもリゾートとして著名度の高いボラカイ島が、426日から最長6ヶ月の観光客の立ち入りを禁止する措置に出て、その流れがセブに来ると業者は手ぐすね引いていて、他人の不幸はこちらの幸福と容赦がない。

 ボラカイ島の閉鎖は、他の項で都度書いているが、きっかけは大統領がボラカイ島を視察して『汚水溜め』とこき下ろしたのが始まりで、フィリピンでも12を争う観光地を6ヶ月も閉鎖してしまうというのはさすがにやり過ぎという声もあるが、それだけ島の汚染が酷かったことになる。

 小さな島に年間200万人が訪れ、それが出す生活排水やゴミは莫大なものだが、排水は処理せずに海に垂れ流している施設と違法建築が数多く摘発され、いわば身から出た錆が全島閉鎖を生じさせたといって言い過ぎではない。

 この問題はボラカイだけではなく、フィピン国内の著名リゾートの海は同じように汚染されていることが次々に明らかになった。

 セブなど大都市をすぐ背後に抱えているから、海の汚染は当然酷いものだが、どうも政治的な駆け引きが働いているのではないかと思わせ、表沙汰になっていない。

 こういうセブの汚い海でリゾート気分に浸らされる観光客もいい迷惑だが、観光業者は昔通りのイメージであの手この手で客引きの余念がなく、何れボラカイの二の舞になるのではないか。

 もっとも、このリゾートの汚染というのは世界的に起きていて、昔の様な南の楽園のイメージなど既にどこにもなく、水質汚濁やプラスティック・ゴミなどで汚染が進んでいるのが現実である。

 さて、今年の連休中のセブの天気だが、雨がこの季節には珍しく2回も降り、肌寒い日もあって全般的に天気は良いとはいえず、日本が長期休暇の時期、セブの天気はあまり良くないと体験的に感じていたが、今年もやはりそのジンクスは当った。

  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/05/21 (月)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 3月11日、セブのリゾート施設が集中するラプラプ市で凄惨な事件が起き、地元は蜂の巣を突っついたように大騒ぎになっている。 【写真は事件のあったマクタン島を飛行場着陸直前の..   | 2019-03-19
【写真-1】    プエルト・プリンセサからエル・ニドまでは陸路で6時間前後かかる長丁場。ホテルを早く出て、写真-1のトライシクルでバス・ターミナルへ。朝早いので交通量..   | 2019-03-16
 犯罪を中心に何でも有りのフィリピンでは、昔から先にやった方が勝ちという世界で、今年の5月13日に投票される全国選挙に向けて、候補者連中とその取り巻きは選挙違反という言葉な..   | 2019-03-13
【写真-1】    ホテルからの出迎えの車が来ないのでトライシクルを捉まえるが、観光客と見るとボッタくり。少し離れた場所から通常値段で写真-1のホテルへ。空港から5分ほ..   | 2019-03-10
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは、正副大統領を除く上下院議員、自治体首長、自治体議員の選挙が行われ、全国区の上院議員と政党別比例選出下院議員は投票日3ヶ月前に入っ..   | 2019-03-07
【写真-1】    初めてパラワン島へ行ったのはもう20年以上前になるが、その時はパナイ島のイロイロ経由でセブからパラワン島のプエルト・プリンセサ空港には直行便は就航し..   | 2019-03-05
フィリピン南端にあるミンダナオ島は資源に恵まれ、台風の襲来も少なく農業に適し、日本へ輸出されるフィリピン産バナナやパインアップルの大農場に日本の資本が入り開発、運営され..   | 2019-03-01
 台湾へ今年2月下旬に一週間ほど家人と旅行へ行く計画を半年以上前に立て、飛行機のチケットを早々と購入していた。 今までセブから台湾へ行くにはマニラで乗り継がなければなら..   | 2019-02-27
 フィリピン現代史に特筆される『エドサ政変』は1986年2月にあり、この政変は『エドサ革命』と称する向きもあるが、革命とは体制が引っくり返ることを言い、旧体制は温存された結果..   | 2019-02-24
1978年2月18日、東京・四谷で『嫌煙権確立を目指す人びとの会』の発会式があり、これが日本において『嫌煙権』というものが世間に広まる始まりとされている。同年4月に『全国禁煙・嫌..   | 2019-02-20
12345678910,,,137
    
ニュース コラム ライフ
セブ・マクタン島で起きた凄惨..
《断水》 マニラ首都圏の水不..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
フィリピン選挙ラプソディー201..
《統計》 人口爆発止まらず ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《富豪》 フィリピンから17人..
5月13日の選挙とマルコス一族
《予測》 2019年経済成長率 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《責任》 ワクチン接種を巡っ..
ミンダナオ島の不安定要素
《起工》 フィリピン最初の地..
《頭打》 売れ行き不振続く ..
セブから直行便で行く台湾
【前進】 イスラム自治政府設..
フィリピン現代史『エドサ政変..
《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
フィリピンの喫煙と禁煙
21《強行》 農民切り捨てにつな..
22セブでヴァレンタイン
23【解禁】 資金力と知名度で決..
24フィリピンの今年は選挙年
25【麻疹】 はしか大流行 40日..
26セブで過ごす 『春節』
27【環境】 マニラ湾の汚染対策..
28【選挙】 上院候補者支持率で..
29バタネス紀行 2017 その-(66..
30【苦境】 2018年新車販売台数..
31バタネス紀行 2017 その-(65..
32【調査】 世界最長 フィリピ..
33【暗雲】 ミンダナオ島で相次..
34セブで打つテニスと大坂なおみ..
35【資本】 全日空がフィリピン..
36セブのシヌログとアメリカ大統..
37【選択】 ミンダナオ島の自治..
38バタネス紀行 2017 その-(64..
39【公然】 韓国の違法ゴミ フ..
40セブで観たNHKの『紅白歌合戦』..
41【影響】 韓国造船大手のフィ..
42バタネス紀行 2017 その-(63..
43【掃除】 セブ島北端にある町..
44《警戒》 選挙に備えて 銃器..
45【減退】 2019年のフィリピン..
46《密輸》 セブ港で摘発 日本..
47《人口》 婚外子が半数以上 ..
48《御用》 フィリピンに逃亡の..
49《人権》 日本のバナナ会社『..
50《栄冠》 手放しでは喜べない..
51【不振】 新車の売れ行き 前..
52《麻痺》 理由は何とでもつけ..
53《急増》 エイズ感染一日平均..
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《人権》 日本のバナナ会..+ 4820
《麻痺》 理由は何とでも..+ 4571
《急増》 エイズ感染一日..+ 4181
《栄冠》 手放しでは喜べ..+ 3953
《人口》 婚外子が半数以..+ 3912
《御用》 フィリピンに逃..+ 3307
【不振】 新車の売れ行き..+ 3271
《密輸》 セブ港で摘発 ..+ 2955
【減退】 2019年のフィリピ..+ 2798
《警戒》 選挙に備えて ..+ 2322
【影響】 韓国造船大手の..+ 2042
【掃除】 セブ島北端にあ..+ 2034
【選択】 ミンダナオ島の..+ 2028
【公然】 韓国の違法ゴミ..+ 1954
セブでパスポートを更新す..+ 1954
バタネス紀行 2017 その-..+ 1934
マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 1885
バタネス紀行 2017 その-..+ 1861
フィリピン攻撃は真珠湾攻..+ 1834
【暗雲】 ミンダナオ島で..+ 1645
21【資本】 全日空がフィリ..+ 1571
22【選挙】 上院候補者支持..+ 1453
23バタネス紀行 2017 その-..+ 1426
24【調査】 世界最長 フィ..+ 1406
25【解禁】 資金力と知名度..+ 1394
26【麻疹】 はしか大流行 40..+ 1356
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1287
28【環境】 マニラ湾の汚染..+ 1217
29パラワンからセブに帰る飛..+ 1175
30【苦境】 2018年新車販売台..+ 1171
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1036
32バタネス紀行 2017 その-..+ 1021
33セブで観たNHKの『紅白歌合..+ 989
34《強行》 農民切り捨てに..+ 914
35バタネス紀行 2017 その-..+ 865
36セブのシヌログとアメリカ..+ 816
37《起工》 フィリピン最初..+ 742
38【前進】 イスラム自治政..+ 740
39《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 708
40セブで打つテニスと大坂な..+ 679
41バタネス紀行 2017 その-..+ 661
42《責任》 ワクチン接種を..+ 641
43《頭打》 売れ行き不振続..+ 630
44バタネス紀行 2017 その-..+ 619
45セブで過ごす 『春節』+ 552
46《予測》 2019年経済成長率..+ 523
47フィリピンの今年は選挙年+ 466
48フィリピンの喫煙と禁煙+ 394
49セブでヴァレンタイン+ 367
50《富豪》 フィリピンから17..+ 345
51《統計》 人口爆発止まら..+ 256
52《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 127
53《断水》 マニラ首都圏の..+ 48
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:763,813 今日:212 昨日:212
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.