フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
ルソン島紀行 山岳州篇 2017 最終回 その(23) 喧騒のキアポ教会の『ブラック・ナザレ』を横目にマニラ空港へ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  ルソン島紀行 山岳州篇 2017 最終回 その(23) 喧騒のキアポ教会の『ブラック・ナザレ』を横目にマニラ空港へ
 
 

【写真-1 正面広場の露店は片付けられているが、酷い混雑ではない】

 マニラを発つ1月9日の翌日は写真-1のキアポ教会の年に一度の大祭『ブラック・ナザレ』があって、教会周辺は人の出がいつにも増して多い。

 この大祭はマニラ湾近くの競技場から、教会のキリスト像を巡行する行事で、キリスト像に触れたり、像に触れたタオルを得るとご利益があるとされ、競技場から教会までの沿道は数百万人の信者で埋まり、像に殺到する群衆で怪我人が続出、時には死亡者も生んでいる。



【写真-2 この時間はまだ大通りは通行止めになっていない】

 大祭前日とあってキアポ教会は人で身動きできないかと思ったが、いつもより人は多いものの混雑感は薄い。

 これは多くの信者は出発する競技場近辺に集まっていて、像と共に移動するためだと思うが、写真-2で分かるように、右側に写る教会横にある、普段だと人が道に溢れることはない道路に人が徐々に溢れ出し、一晩かけて像が近づくに連れて道路は大群衆で埋まる。

 そういった近辺の様子から、タクシーなどはこの地域に来るのを敬遠し、ホテルを出てからなかなかタクシーがやって来ない。それでも待つこと30分以上でようやくタクシーを捕まえられたが、運転手は混雑が酷いので、遠回りして行くといい、乗り遅れない程度で空港に着けば良しで乗車。



【写真-3 古い建築の好きな人にはたまらない地域】

 ダウン・タウン内を右に曲がったり左に曲がったりで、走っている内にどこかで見た光景だなと思ってタクシー内から写したのが写真-3。

 遠くにクラシックな建物が見えるが、ここは戦前に栄えたマニラのビジネス街『エスコルダ地区』で、戦前に建てたアール・デコ調のビルがいくつも残っている。

 どこかで見た光景というのはそれらビルを写した写真が記憶にあったためで、一度は行って見たい地域でもある。エスコルダを抜けて渡るのが写真-4のパッシグ川で架かる橋名は『マッカーサー』。



【写真-4 向こう側が下流 右手側はエスコルダ、チャイナ・タウン方面】

 左側の川沿いにある白い建物は中央郵便局で、その辺りにも古い建物が残り、この辺りは1945年2月、連合軍と日本軍のマニラ守備隊が交えた『マニラ市街戦』の主戦場となった。

 この市街戦ではマニラ市民10万人が死に、戦争史の中で最大の犠牲者を生んだといわれるが、その全容は明らかになっていなくて、日本軍がマニラから撤退すればこの悲劇はなく、実際司令長官の山下奉文など陸軍は『無防備都市宣言』を出す気があったともいわれている。

 それが出来なかったのは、海軍を中心とする勢力が既に無意味が分かっていながら『徹底抗戦』を主張したためだといわれるが、いずれにしても無駄な戦いであったのは確かで、軍隊の本質が露出したのは確かで、無辜の民が大勢殺された事実が残る。

 



【写真-5 世界3大夕陽の観られる場所の一つのマニラ湾沿い】


 橋を渡ってやがてリサール公園に至るが、ブラック・ナザレの像が出発する競技場に近く、交通規制と地方から大祭に参加する人々が彼処に眼にし、前日とあって何とかその地域を抜けて、マニラ湾沿いのロハス大通りを走る。

 ここまで来て、渋滞はなくなり右手にマニラ湾の夕暮れを見ながら一路空港へ。その写真が写真-5になるが、名物のマニラ湾の夕陽には少々雲が多く、お目にかかれなかったが、万事、騒音から逃れられないマニラでもこういうノンビリした時間の流れる場所がある。



【写真-6 バス会社の待合室と変わらない空港待合室】

 写真-6はマニラ国際空港の通称第4ターミナル待合室内で、利用するエアー・アジアは例によって大幅に時間が遅れている。エアー・アジア航空は運賃の安さと反比例して、発着の遅れは常習的で、今まで何度も利用しているがまともに飛び発ったことがないし、運航日の変更もしょっちゅう。

 多分、無理な運航体制で機材の整備、運用が間に合わないのだろうが、いつも遅れる航空会社と思っていれば怒りも収まり、飛ぶだけでも良いとするしかない。

 こうして呆れるほど待たされてセブ行きの便に搭乗したが、それにしてもいい加減にしてくれないかエアー・アジアよ、運賃が安いからという言い訳は通らない。


 

【了】


 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2017/09/06 (水)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 ボラカイというのはフィリピン中部、パナイ島の北西端に浮かぶ島で、総面積は1000ヘクタールあり、東京ドームは広さ5ヘクタールあるので、200個分しかない小島である。 ところが島..   | 2018-02-19
 地球の温暖化から天候異変が騒がれて久しく、その中で北半球の今年の冬はかなりの厳寒に見舞われ、アフリカの砂漠に雪が降り、日本でも日本海側では大雪となった。  特に福井..   | 2018-02-17
【写真-1】     サブタン島へ渡る船が出る港の真ん前が写真-1の『San Jose de Ivana』教会。この町の現在の人口は1400人足らずなのに、前庭を備えた立派な教会でビックリする..   | 2018-02-15
 フィリピンのセブと比較されるタイのプーケットに古本屋があった。   プーケットは大きな島で、普通の観光客は空港からビーチへ直行するが、フィリピンの海を見慣れている..   | 2018-02-12
【写真-1】     2泊3日の短い旅の帰る日の早朝にまたアンダ海岸を歩く。写真-1は潮の引いた海岸の様子で泥質の海底と岩、海藻の付着した遠浅の海岸が露出している。この..   | 2018-02-09
【写真-1】     サブタン島へはバスコから海岸沿いに南下し、イヴァナ町から船で渡る。ジープニーで行けるはずだが、走っているのが不確かでトライシクルを捕まえて出発..   | 2018-02-06
 元号を持っている国は、世界の国の中でもう日本だけという。  かつては中国、韓国、それにヴェトナムにも元号があり、それらは歴史の流れの中で消えているから、日本の..   | 2018-02-01
【写真-1】   教会横から海岸へ向かうと写真-1の建物が海を背中に建っている。これはアンダ町庁舎で1万7千人ほどの人口規模ではこのくらいで良いようだ。この辺りに町の公共..   | 2018-01-29
 シンガポールからセブ行きの飛行便に乗った。シンガポールのチャンギ飛行場は拡張を続け、30年くらい前に初めてチャンギ飛行場に降りた時はターミナル・ビルは1つしかなかった記憶..   | 2018-01-26
 元日にセブを発ちクアランプール経由でタイ・プーケット方面旅行をした。旅の空で新年を迎えたのは2012年の大晦日にヴェトナムのホーチミンからハノイ目指した列車の寝台車以来だ..   | 2018-01-19
12345678910,,,127
    
ニュース コラム ライフ
ボラカイの海は『汚水溜め』と..
【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
セブは晴れ 日本は大雪
【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
バタネス紀行 2017 その-(22..
プーケットの古本屋
【時代】 劣悪なジプニーが消..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【司法】 最高裁 戒厳令延長..
バタネス紀行 2017 その-(21..
【市場】 フィリピンの2017年..
平成は31年で終わる
【労働】 企業に都合の良い ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【雇用】 日本で働くフィリピ..
軍事用飛行場であったマクタン..
【景気】 前年より減速 2017..
【管理】 海外で働くフィリピ..
セブからプーケットへ
21【避難】 マヨン火山に大噴火..
22セブで迎える2017年の大晦日
23【避難】 異例のクリスマス台..
24【企業】 ホテルオークラ 放..
25バタネス紀行 2017 その-(20..
26【漂流】 ミンダナオ島沖で ..
27小さな旅 ボホール島篇 2017..
28【最大】 総額3兆7670億ペソ 2..
29気に食わない2017年の5人
30【被害】 台風『ウルドゥハ』..
31バタネス紀行 2017 その-(19..
32【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設..
33セブから消えるマリオット・ホ..
34【強権】 マルコス独裁に近づ..
35【多忙】 在比日本国大使館の..
36小さな旅 ボホール島篇 2017..
37【犯罪】 中国からの密輸続く..
38バタネス紀行 2017 その-(18..
39【開発】 国内空港関連事業 ..
40小さな旅 ボホール島篇 2017..
41【騒動】 デング熱ワクチン ..
42個人崇拝と全体主義
43【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
44【司法】 違法薬物取締政策の..
45【調査】 日本の製造業の有望..
46【天国】 セブ港で コンテナ..
47【胡乱】 操作した疑いを持た..
48【統計】 GDP第3四半期成長率..
49【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 3745
【天国】 セブ港で コン..+ 3697
【胡乱】 操作した疑いを..+ 3660
【犯罪】 中国からの密輸..+ 3450
【騒動】 デング熱ワクチ..+ 3381
【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 3271
【司法】 違法薬物取締政..+ 3130
【強権】 マルコス独裁に..+ 3119
【最大】 総額3兆7670億ペソ..+ 2977
【多忙】 在比日本国大使..+ 2808
【統計】 GDP第3四半期成長..+ 2717
【調査】 日本の製造業の..+ 2708
【被害】 台風『ウルドゥ..+ 2599
【開発】 国内空港関連事..+ 2447
【浪費】 ミンダナオ鉄道..+ 2297
【漂流】 ミンダナオ島沖..+ 2264
【企業】 ホテルオークラ..+ 2213
【避難】 異例のクリスマ..+ 1916
気に食わない2017年の5人+ 1815
小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1791
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1782
22セブから消えるマリオット..+ 1758
23【雇用】 日本で働くフィ..+ 1732
24小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1601
25個人崇拝と全体主義+ 1551
26小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1538
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1526
28【避難】 マヨン火山に大..+ 1518
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1469
30セブで迎える2017年の大晦日+ 1431
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1350
32台風『ヨランダ』から4年経..+ 1244
33バタネス紀行 2017 その-..+ 1242
34小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1196
35小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1192
36【管理】 海外で働くフィ..+ 1189
372017年の万聖節+ 1138
38【景気】 前年より減速 20..+ 942
39セブからプーケットへ+ 919
40軍事用飛行場であったマク..+ 769
41【労働】 企業に都合の良..+ 727
42平成は31年で終わる+ 548
43小さな旅 ボホール島篇 20..+ 545
44【市場】 フィリピンの2017..+ 536
45【時代】 劣悪なジプニー..+ 360
46【司法】 最高裁 戒厳令..+ 355
47【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 167
48【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 110
49【税金】 マニラ首都圏地..+ 34
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:688,542 今日:130 昨日:180
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.