フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで日本の選挙の投票をする - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで日本の選挙の投票をする
 

 1010日(火曜日)に日本の衆議院選挙が公示され、22日に投開票が行われる。



 今回の選挙は安倍が抜いた『解散』について、理由や大義について色々指摘はあるが、権力者の都合で一番良い時期を狙って解散権を行使するわけで、理由や大義など後から付ける言い訳、代物でしかなくたいしたことではない。

 それにしても権力者が好きなように行使できる『解散権』というものは考え物で、アメリカやそれに倣ったフィリピンのように、解散なしの3年任期にすれば多少は議員連中も落ち着いて仕事ができるのではないか。

 今回の衆議院選挙は戦前から通算して48回目で、戦後の1946年(昭和21年)からこの72年間に26回の選挙が行われていて、単純に割れば任期は3年も続かず、実質は3年任期、解散なしでも問題はなさそうだ。

 さて、在外選挙について本項その(26)で書き記しているが、衆議院選挙の投票は初めてでもあり、セブで投票したことについて書き綴ってみたい。

 在外選挙制度をおさらいすると、海外に住んでいる日本人でも日本の選挙に投票ができる制度で、これは住んでいる地域を管轄する日本の在外公館を通じて日本の旧住民登録地の自治体に申請し、資格を得る。

 その登録証が『在外選挙人証』というもので、写真はその裏になり、投票履歴が分かるようになっている。表側には氏名、生年月日、性別、登録日、選挙区、現住所が記載されている。

 小生のように30年以上も海外に住んでいて、この選挙人証を申請、受理したのは20163月で、その年にあった第24回参議院選挙が初投票で、今回の第48回衆議院選挙が2度目の投票となる。

 今回投票した日は1012日の木曜日。投票場所は『在セブ領事事務所』で、この日は知人をマクタン・セブ飛行場に送ってからセブ領事事務所へ行ったが、渋滞の市内を車で走るのは気が進まなかったが、他に手はない。

 セブ領事事務所はかつてのゴルフ場跡を開発した地域のビル内にあり、今回久し振りに行って驚いたのは屋外に駐車する場所が車で埋まっていて、しかもオートバイの群れが延々と占拠していて、東南アジアで一番オートバイが売れているフィリピンを目の当たりにした。

 ようやく空きを見つけて駐車したが投票場所の目当てのビルまでかなり歩き、しかも今は4時間25ペソを徴収するようになった。これだったらセブ領事事務所のビルの地下駐車場に停めた方が良かったなと思っても既に遅し。

 その在外投票風景だが、日本人3人が選挙事務を行っていて、見知った顔はなく、昔のようにセブに住む日本人の顔が分かる時代ではなく、今や昔の10倍以上の日本人が住んでいるからそれも当然だし、向こうもこちらが何者か分からなくて良いといえば良い。

 衆議院の投票は選挙区と比例区の2つあり、それぞれ別の投票用紙に記載し、それぞれの封筒に入れて封をする。その時、表書きに自分の名前と選挙人証番号を書くが、これでは投票者の秘密が守られないし必要ないのではと思うがどうだろうか。

 更に封筒に入れた2通の投票用紙をまた大きい封筒に入れて封をし、こちらにも自分の名前と選挙人証番号を書くが、こちらの封筒には『速達』と記されていて、セブから日本へは恐らく外交行嚢を使ってマニラ経由で運ぶと思うが、日本国内に着いたら速達郵便で各選挙管理委員会に送られることを、前回投票の時は気が付かなかったが今回初めて知った。

 そのため、公示後翌日から在外では投票が開始され5日から6日程度の期間で行われている。それにしても公示後翌日に候補者や政党のリストを用意でき、しかも在外に送り送り届けているとは大変な手間作業で頭が下がる。

 そういった作業の積み重ねに関わらず、在外投票の投票率というのは非常に低い。また、選挙登録資格があっても登録しない、あるいは無関心な日本人も山ほど居て、どこの国でも登録率など微々たるものではないか。

 以前ラオスの日本大使館で在外選挙事務を手伝ったことを書いているが、あの時立会人の延べ人数が多いくらいで、投票総数など20人台も行ったかどうか。といって、投票総数が少ないからといって廃止する類ではないのは勿論。

 さてセブであるが、封筒に封をする時シールを剥がし、備え付けのゴミ箱へ捨てるが、そのゴミ箱のシールの溜まり具合から、小生の前に投票した人は数人といった感じがした。

 フィリピンにも在外選挙制度があって、全国区である上院議員選挙の時など、票目当てに香港へ候補者が遊説に出かけるくらいで、彼の地は大票田ではあるが、やはり一部の人間だけの投票になっているようだ。

 どうも押すな押すなという感じには在外投票制度はなりそうもないが、民主主義とはかくのように手間と費用がかかるもので、その民主主義を破壊している国家主義の安倍自民党に思い知らせてやると一票を投じた。

【スペース】


Updated: 2017/10/20 (金)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
セブに名前の通った世界的なホテルは案外と少なく、隣の国際空港があるマクタン島にはシャングリラがあり、数年で撤退したヒルトンぐらいしかなかった。セブ市内にはラディソンやか..   | 2017-12-15
【写真-1】     洞窟に溜まった池の次は地上から飛び込める池にトライシクルで向かう。写真-1がその池のある場所で、変哲のない林を歩いた先にあった。人が池の周りに..   | 2017-12-12
【写真-1】     ホテルに戻り、一休みしてから灯台のある丘へ夕陽を見に行く。歩いても大した距離ではなく、写真-1は州庁舎を右に見て灯台へ行く道で、大きな樹が1本..   | 2017-12-10
【写真-1】   ホテルで朝食後にアンダにある地下洞窟巡りをする。写真-1は午前中一杯貸切ったトライシクルに乗って向かう車内の様子で、同乗するのは今回の小旅行で現地合流..   | 2017-12-06
 重体説が長らく伝えられていたタイの前国王『ラーマ9世』が亡くなったのは1年以上前の2016年10月13日で、1年の服喪後に遺体を火葬にする儀式が先日行われた。  この1年間、タイ政..   | 2017-12-04
【写真-1】     バスコの町を通り過ぎて西海岸沿いに北へ向かう。写真-1はその山道で遠く左側にバスコの町が見える。バタン島の南部側は一周道路があり整っているが、..   | 2017-12-02
【写真-1】   陽の出には少し遅かったが、早起きしてアンダ海岸を歩く。早朝の海岸の空気はセブのような大気汚染の町から来ると行き返るようだ。写真-1は朝の潮の引いた海岸..   | 2017-11-29
 2013年11月8日、100年に1度と形容される超大型台風『ヨランダ』がセブの隣りのレイテ島、サマール島を抜けてセブ島北部にも大災害をもたらしてから4年が経った。 【写真は被災者用..   | 2017-11-27
【写真-1】     ジャパニーズ・トンネルから更に写真-1の道を海岸に向かって下る。前方に見える雲を被ったイラヤ山の右側麓側に、イラヤ山噴火で飛ばされた岩石が積み..   | 2017-11-23
【写真-1】     あれほど輝いていた太陽が没し始めると、吹いていた風も落ちて、写真-1のように海岸に立てられた旗も元気なく垂れ下がっている。この時間は夕方の干潮..   | 2017-11-18
12345678910,,,125
    
ニュース コラム ライフ
セブから消えるマリオット・ホ..
【強権】 マルコス独裁に近づ..
【多忙】 在比日本国大使館の..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【犯罪】 中国からの密輸続く..
バタネス紀行 2017 その-(18..
【開発】 国内空港関連事業 ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【騒動】 デング熱ワクチン ..
個人崇拝と全体主義
【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
バタネス紀行 2017 その-(17..
【司法】 違法薬物取締政策の..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【調査】 日本の製造業の有望..
台風『ヨランダ』から4年経っ..
【天国】 セブ港で コンテナ..
バタネス紀行 2017 その-(16..
【胡乱】 操作した疑いを持た..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
21【統計】 GDP第3四半期成長率..
222017年の万聖節
23【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
24バタネス紀行 2017 その-(15..
25【激減】 ドゥテルテの選挙公..
26小さな旅 ボホール島篇 2017..
27【癒着】 フィリピン航空 巨..
28【薬物】 ドゥテルテの思い付..
29モールの客寄せ用に設置する政..
30【選出】 ミス・セブ2017は ..
31バタネス紀行 2017 その-(14..
32ボホール島 2017年 その-5 ..
33【順位】 フィリピンのパスポ..
34台風が日本を直撃しなかったら..
35バタネス紀行 2017 その-(13..
36【労働】 住友商事傘下のミン..
37セブで日本の選挙の投票をする..
38【内戦】 ミンダナオ島マラウ..
39ボホール島 2017年 その-4 ..
40【恒例】 2017年度フィリピン..
41【契約】 セブのマリオット・..
42【世論】 ドゥテルテ大統領へ..
43【株価】 フィリピン史上初 ..
44【進展】 企業の横暴で10年止..
45【融資】 フィリピンへの有償..
46【最速】 フィリピンのエイズ..
47【下院】 批判勢力に見せしめ..
48【悪弊】 大統領の息子や一族..
49【変更】 フィリピン最初の地..
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【悪弊】 大統領の息子や..+ 3584
【変更】 フィリピン最初..+ 3264
【最速】 フィリピンのエ..+ 3221
【下院】 批判勢力に見せ..+ 2981
【世論】 ドゥテルテ大統..+ 2869
【恒例】 2017年度フィリピ..+ 2413
【融資】 フィリピンへの..+ 2293
【進展】 企業の横暴で10年..+ 2224
【契約】 セブのマリオッ..+ 2131
【順位】 フィリピンのパ..+ 1947
【労働】 住友商事傘下の..+ 1930
【内戦】 ミンダナオ島マ..+ 1914
【株価】 フィリピン史上..+ 1800
【薬物】 ドゥテルテの思..+ 1575
バタネス紀行 2017 その-..+ 1559
【癒着】 フィリピン航空..+ 1474
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 1434
【選出】 ミス・セブ2017は..+ 1428
【激減】 ドゥテルテの選..+ 1394
セブからボホール島への船..+ 1213
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1189
22セブの『東横イン』は大丈..+ 1134
23バタネス紀行 2017 その-..+ 1106
24ボホール島 2017年 その-4..+ 1045
25ボホール島 2017年 その-1..+ 1037
26セブで日本の選挙の投票を..+ 1024
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1014
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1011
29台風が日本を直撃しなかっ..+ 1009
30【犯罪】 中国からの密輸..+ 1004
31ボホール島篇 2017年 その..+ 994
32【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 984
33セブにおける在外選挙投票+ 984
34バタネス紀行 2017 その-..+ 967
35バタネス紀行 2017 その-..+ 966
36バタネス紀行 2017 その-..+ 964
37【胡乱】 操作した疑いを..+ 946
38モールの客寄せ用に設置す..+ 935
39ボホール島 2017年 その-5..+ 915
40ボホール島 2017年 その-3..+ 895
41【天国】 セブ港で コン..+ 893
42小さな旅 ボホール島篇 20..+ 882
43【統計】 GDP第3四半期成長..+ 842
44【調査】 日本の製造業の..+ 713
45【司法】 違法薬物取締政..+ 609
46【騒動】 デング熱ワクチ..+ 570
47【開発】 国内空港関連事..+ 313
48【強権】 マルコス独裁に..+ 225
49【多忙】 在比日本国大使..+ 151
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:676,385 今日:126 昨日:162
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.