フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
台風が日本を直撃しなかったら選挙結果は変わっていたかも - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  台風が日本を直撃しなかったら選挙結果は変わっていたかも
 

 選挙予測は競馬や競輪の予想よりは信憑性はあるが、10月22日に投開票された衆議院選挙の結果が出た。



【写真は新宿御苑にて この安寧と平和が保たれるか】

 開票速報を普段は見たことのないNHKのインターネットに繋いだら、ほぼ同時に開票速報が見られることが分かり、その夜は大勢が判明する深夜1時過ぎまで見ていたが、劇的な変動は生まれなかった。

 そこで1番に感じたのは選挙よりも日本に襲来した台風21号の報道が多く、選挙開票など2の次になっていて、開票結果から安倍自民党はこの台風に助けられたなと思った。

 と思うのは投票率が前回を上回ったとされるものの、今回は53.60%前後の投票率と発表されている。この数字は戦後の衆院選で最低の投票率を記録した2014年の前回選挙52.66%を僅かにしか上回らず、その前の2012年選挙をも下回ったために、戦後2番目に低い投票率となった。

 昭和の時代には70%台の投票率が当たり前であったから、今の50%台というのはやはり問題があるのではないか。この大きく落ち込んだ投票率も年代別に見ると、前回選挙では20歳代は32.58%と3人に1人しか投票していない体たらく。

 恐らく今回もその程度ではないかと思うが、この20歳代も昭和の代には60~50%台の投票率であったから、今や半減近く、これが日本の政治を悪くしている要因の一つと考えてもおかしくない。

 投票率も年代層が高くなると上がってくる傾向があって、前回選挙で一番投票率が高かったのは60歳台で、68.28%を記録し20歳代の倍以上だから世代間における政治への関心度がはっきり分かれている。

 実際、各種世論調査では20代、30代の自民党支持者が多く、色々と論評されているが、これは積極的支持ではなく、若い世代がスマホ狂いで政治に無関心であることを端的に表している。

 一方、高年齢層が高い投票率になるのは左右を問わず、社会経験を積むに従って物申す態度と、その逆の自己の地位、生活を変えたくない体制維持の力が働くために選挙に対する関心が高くなるためではないか。

 特に今の日本の60歳台というのは1970年代に大学へ行っていた者は全共闘の影響を否が応でも受けていて、政治に関心が高いともいわれているが、吹き荒れた政治の季節でも大多数の学生は当時でも無関心層が大部分であって、いわれているほど政治意識は高くない。

 さて、投票率が上がると劇的に変化するのが選挙で、この間の東京都議選など前回は51.27%の投票率であったのに、7.77%も上昇し、小池都知事の率いる新党が圧勝し、自民党が惨敗したのは記憶に新しい。

 このくらい投票率というのは重要であるが、今回は全く伸びず結局、安倍自民党を利した。恐らく自民党は今回の台風を神風と思っているだろうし、野党側は台風さえなければと思っているのではないか。

 一夜明けて自民党は圧勝、大勝といわれているが数字的には現状維持でどこを見て勝ったといえるのかと不思議で、こういう報道の仕方をする日本のマスコミは体制べったりそのもの。

 これは前にも書いたが自民党側は事前予測では50議席くらいは減ると見ていて、そこで安倍はこれ以下にならないために解散選挙を打ったわけで、結果的には284議席から283議席と微減、現状維持したから戦術的には成功した。

 これを日本のマスコミは激減すると見られていた自民党が現状維持したから圧勝、大勝と書いたのだろうが、与党としては減らしていて自民党を喜ばせるだけである。一緒に組んでいる政権与党ボケの公明党など昔から選挙だけには強かったが、今回は34議席から29議席となり、組織内では惨敗と思っているであろう。

 一方、野党側であるが立憲民主党が15議席から54議席に伸ばし野党第1党となった。これも投票率が高かったらもっと伸びたのは確実で、やはり支持政党なしという無党派層は天気次第、今回の台風で負けてしまう脆弱性も露呈した。

 共産党や維新など軒並み前回の議席を減らしているから、この分が立憲民主党へ積み上がったと見て良くその眼で見ると自民党が現状維持したのはある意味、圧勝したと見られなくもない。

 また、新党の希望は57議席から49議席に伸びるどころか失速、減らす羽目になった。この得た議席数も当選したのは吸収した民進党出身者がほとんどで、新党効果というのは全くないことが明らかで、小池の戦略が誤っていたことを表している。

 選挙予測に戻るが、今回の選挙は立憲の急伸長以外はどこの調査でも近い数字を当てていて、自民党などどの調査でも今回の結果に近く、やはり自民党の地盤というのは、日本では盤石というのが良く分かる。

 今回は北朝鮮の脅威一本で選挙戦を進めた安倍だが、選挙期間中に北朝鮮のミサイルが撃たれれば、しめしめと思ったであろうが、そうはならずそれでも台風が代役を務めた格好になった。

 それにしても安倍は政策にしてもスローガンにしても良くも、ああヌケヌケと嘘をいえるなと思うが、それが政治家の資質というものであろうが、簡単に騙される選挙民がもっと悪いか。

 解散の理由として安倍は消費税を教育や子育て世代に使うなど耳触りの良い公約を突然出してきたが、選挙が終わればいった本人も国民も忘れているのが目に見えているし、いった当の本人が公約は変えますといえばそれでケリが付いてしまう、不思議な国民性だから国民も舐められたものである。

 こうして今回の選挙は終わったが、自民、公明、希望、維新を加えれば何でもできる絶対多数の体制が完成し、これで戦争を目論む連中は大喜びで、『大政翼賛選挙』とは良くいったものである。そのツケは一票を投じた国民に跳ね返るのは必定。

  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2017/10/25 (水)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
セブに名前の通った世界的なホテルは案外と少なく、隣の国際空港があるマクタン島にはシャングリラがあり、数年で撤退したヒルトンぐらいしかなかった。セブ市内にはラディソンやか..   | 2017-12-15
【写真-1】     洞窟に溜まった池の次は地上から飛び込める池にトライシクルで向かう。写真-1がその池のある場所で、変哲のない林を歩いた先にあった。人が池の周りに..   | 2017-12-12
【写真-1】     ホテルに戻り、一休みしてから灯台のある丘へ夕陽を見に行く。歩いても大した距離ではなく、写真-1は州庁舎を右に見て灯台へ行く道で、大きな樹が1本..   | 2017-12-10
【写真-1】   ホテルで朝食後にアンダにある地下洞窟巡りをする。写真-1は午前中一杯貸切ったトライシクルに乗って向かう車内の様子で、同乗するのは今回の小旅行で現地合流..   | 2017-12-06
 重体説が長らく伝えられていたタイの前国王『ラーマ9世』が亡くなったのは1年以上前の2016年10月13日で、1年の服喪後に遺体を火葬にする儀式が先日行われた。  この1年間、タイ政..   | 2017-12-04
【写真-1】     バスコの町を通り過ぎて西海岸沿いに北へ向かう。写真-1はその山道で遠く左側にバスコの町が見える。バタン島の南部側は一周道路があり整っているが、..   | 2017-12-02
【写真-1】   陽の出には少し遅かったが、早起きしてアンダ海岸を歩く。早朝の海岸の空気はセブのような大気汚染の町から来ると行き返るようだ。写真-1は朝の潮の引いた海岸..   | 2017-11-29
 2013年11月8日、100年に1度と形容される超大型台風『ヨランダ』がセブの隣りのレイテ島、サマール島を抜けてセブ島北部にも大災害をもたらしてから4年が経った。 【写真は被災者用..   | 2017-11-27
【写真-1】     ジャパニーズ・トンネルから更に写真-1の道を海岸に向かって下る。前方に見える雲を被ったイラヤ山の右側麓側に、イラヤ山噴火で飛ばされた岩石が積み..   | 2017-11-23
【写真-1】     あれほど輝いていた太陽が没し始めると、吹いていた風も落ちて、写真-1のように海岸に立てられた旗も元気なく垂れ下がっている。この時間は夕方の干潮..   | 2017-11-18
12345678910,,,125
    
ニュース コラム ライフ
セブから消えるマリオット・ホ..
【強権】 マルコス独裁に近づ..
【多忙】 在比日本国大使館の..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【犯罪】 中国からの密輸続く..
バタネス紀行 2017 その-(18..
【開発】 国内空港関連事業 ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【騒動】 デング熱ワクチン ..
個人崇拝と全体主義
【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
バタネス紀行 2017 その-(17..
【司法】 違法薬物取締政策の..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【調査】 日本の製造業の有望..
台風『ヨランダ』から4年経っ..
【天国】 セブ港で コンテナ..
バタネス紀行 2017 その-(16..
【胡乱】 操作した疑いを持た..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
21【統計】 GDP第3四半期成長率..
222017年の万聖節
23【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
24バタネス紀行 2017 その-(15..
25【激減】 ドゥテルテの選挙公..
26小さな旅 ボホール島篇 2017..
27【癒着】 フィリピン航空 巨..
28【薬物】 ドゥテルテの思い付..
29モールの客寄せ用に設置する政..
30【選出】 ミス・セブ2017は ..
31バタネス紀行 2017 その-(14..
32ボホール島 2017年 その-5 ..
33【順位】 フィリピンのパスポ..
34台風が日本を直撃しなかったら..
35バタネス紀行 2017 その-(13..
36【労働】 住友商事傘下のミン..
37セブで日本の選挙の投票をする..
38【内戦】 ミンダナオ島マラウ..
39ボホール島 2017年 その-4 ..
40【恒例】 2017年度フィリピン..
41【契約】 セブのマリオット・..
42【世論】 ドゥテルテ大統領へ..
43【株価】 フィリピン史上初 ..
44【進展】 企業の横暴で10年止..
45【融資】 フィリピンへの有償..
46【最速】 フィリピンのエイズ..
47【下院】 批判勢力に見せしめ..
48【悪弊】 大統領の息子や一族..
49【変更】 フィリピン最初の地..
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【悪弊】 大統領の息子や..+ 3584
【変更】 フィリピン最初..+ 3264
【最速】 フィリピンのエ..+ 3221
【下院】 批判勢力に見せ..+ 2980
【世論】 ドゥテルテ大統..+ 2866
【恒例】 2017年度フィリピ..+ 2413
【融資】 フィリピンへの..+ 2293
【進展】 企業の横暴で10年..+ 2221
【契約】 セブのマリオッ..+ 2131
【順位】 フィリピンのパ..+ 1945
【労働】 住友商事傘下の..+ 1928
【内戦】 ミンダナオ島マ..+ 1913
【株価】 フィリピン史上..+ 1800
【薬物】 ドゥテルテの思..+ 1573
バタネス紀行 2017 その-..+ 1559
【癒着】 フィリピン航空..+ 1473
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 1432
【選出】 ミス・セブ2017は..+ 1427
【激減】 ドゥテルテの選..+ 1393
セブからボホール島への船..+ 1213
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1189
22セブの『東横イン』は大丈..+ 1134
23バタネス紀行 2017 その-..+ 1106
24ボホール島 2017年 その-4..+ 1045
25ボホール島 2017年 その-1..+ 1037
26セブで日本の選挙の投票を..+ 1023
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1014
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1011
29台風が日本を直撃しなかっ..+ 1008
30【犯罪】 中国からの密輸..+ 1004
31ボホール島篇 2017年 その..+ 994
32セブにおける在外選挙投票+ 984
33【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 983
34バタネス紀行 2017 その-..+ 966
35バタネス紀行 2017 その-..+ 965
36バタネス紀行 2017 その-..+ 964
37【胡乱】 操作した疑いを..+ 945
38モールの客寄せ用に設置す..+ 935
39ボホール島 2017年 その-5..+ 914
40ボホール島 2017年 その-3..+ 895
41【天国】 セブ港で コン..+ 893
42小さな旅 ボホール島篇 20..+ 882
43【統計】 GDP第3四半期成長..+ 842
44【調査】 日本の製造業の..+ 711
45【司法】 違法薬物取締政..+ 608
46【騒動】 デング熱ワクチ..+ 569
47【開発】 国内空港関連事..+ 313
48【強権】 マルコス独裁に..+ 224
49【多忙】 在比日本国大使..+ 151
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:676,384 今日:125 昨日:162
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.