フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
軍事用飛行場であったマクタン・セブ国際空港 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  軍事用飛行場であったマクタン・セブ国際空港
 

 シンガポールからセブ行きの飛行便に乗った。シンガポールのチャンギ飛行場は拡張を続け、30年くらい前に初めてチャンギ飛行場に降りた時はターミナル・ビルは1つしかなかった記憶を持つが、今は第4ターミナルまである。



 【写真-1

 シンガポール-セブ便はその第4ターミナルから出るが、深夜025分発とあってビル内は閑散としていたが、全体にお金をかけた造りで、特にフロアーに置かれたソファには面白いものが多く、製作会社は世界的に著名な家具会社であった。


 その飛行便がセブ島上空に着いたのは夜明けにはまだほど遠い、4時過ぎで真っ暗な中、着陸態勢に入った。ところが、もう少しで着地という時点でエンジンの音が急に大きくなって、飛行機はそれまでの着陸体勢から急上昇を始めた。
 これは何か良からぬことが生じたと思っていたら、機長から着陸をやり直すとのアナウンスがあった。やり直しの理由は滑走路に他の飛行機があったためと淡々と伝えるが、おいおい管制はどうなっていたのだ、大事故になったではと思った。

 着陸寸前の滑走路上に他の飛行機がいるなど普通は考えられず、管制官は居眠りでもしていたのではと思うが、推力を上げたジェット機は飛行場を通り過ぎてゆっくり上昇して旋回に入ったが、コックピット内は大変であったのではないか。



 乗客はそういった事情など知ってか知らずか特に動揺することもなかったが、滑走路着地直前のジェット機の着陸やり直しなど大事故に直結で、空港当局はどういう原因でこんなことが起きたか調べているのかどうか不明だし、報告もされていないのではないか。



 着陸やり直しという経験は過去に1回あった。もう30年以上前のアフリカでの出来事で、この時は滑走路上に今や着地するかと滑走路面に近づいたが、いきなり急上昇し右旋回が始まった。身体は左の機体側に押し付けられていたが事態は呑み込めなかった。



 後で、滑走路に動物の群れが入って来たので着陸を回避したと機長から説明があったが、そういえば滑走路を通り過ぎる時に、動物が何頭か機体の下を走り去ったのを目撃したから、これだったのかと思ったが、アフリカらしいと思ったものである。 



 この時乗った飛行機はプロペラ機で、プロペラ機というのは揚力利用が大きく、エンジンが止まっても水平に飛ぶようになっていて、あまり心配していないが、ジェット機は強制的な推力だけで飛んでいるからエンジンが止まったらストンと落ちてしまう。 



 操縦士がジェット機は滑走路にいかに上手に機体を落としていくかで巧さが分かるというのはこのことで、プロペラ機は揚力が生じているからそういう心配はなく、スムーズに滑走路を走るようになっている。 



 さて、写真-1はその着陸やり直しのあった『マクタン・セブ国際空港』の1945年の写真で、時は戦争末期で日本海軍が使っていたが、アメリカ軍機から撮影されている。 



 この写真を見ると現在の滑走路の位置は変わらず、近年になってジャンボ機が離着陸できるように海に向かって滑走路が延ばされ、先端は海岸近くまで造られている。周りに白く見えるのは道路だと思うが、当時は三本の滑走路を横切る道路があったのが分かる。 



 手前側の滑走路の端の左から細い道が来ているが、多分この道が現在、マクタン旧橋からマクタン島へ行く道ではないかと思われるが、先の着陸やり直しはもっと高度を下げたこの写真を撮った辺りに来ていたから、その危険性、重大性が分かる。 



 この写真の1945年当時は、日本海軍が戦闘機を飛ばすために使っていて、相当な爆撃に晒されているが、飛行場そのものの前身というのが良く分からず、もしかすると日本海軍がマクタン島の荒れ地を拓いて飛行場にしたのかも知れない。 



 対岸のセブ島本島、セブ市側には、再三書いているが海軍神風特攻隊が発進していた『ラフグ飛行場』があって、この飛行場跡地は現在『ITパーク』として再開発され、コール・センター会社や幾多のコンドミニアムが建設されている。 



 戦後に書かれた戦記ではラフグ飛行場の戦闘指揮所からマクタンの飛行場は椰子の葉越しに見えたという記述があって、高い建物のない時代を表しているが、いずれにしてもマクタンの飛行場は予備で使われていたようだ。 



 戦後になって、ラフグ飛行場は民間機が降り、その時代にマニラからフィリピン航空でラフグ飛行場へ降りたという日本人も知っているが、このようにセブの飛行場、民間空路の黎明期というのは非常に小さく可愛いかったのは確かである。



 その後マクタンの空港は1956年になって、アメリカ軍によってB52の『戦略爆撃機』の緊急用着陸空港として整備され、1960年代はアメリカ軍のヴェトナム戦争の輸送機が発着する飛行場として使われた。 



 同時にフィリピン空軍の基地となったが、B52といえば、19916月に起きたルソン島『ピナツボ山噴火』時に、近くにあったアジア最大のアメリカ軍空軍基地クラークから、B52がマクタン空港に避難してきて、小生も空港に隣接する経済特区から金網越しに特異な尾翼を持つ機体を目撃している。 



 マクタンに民間機が飛ぶようになってラフグ飛行場は閉鎖されたが、セスナのような小型機だけはまだ離発着していて、小生がセブに来た1990年代初めは滑走路以外は草茫々であったが、まだ小型機が飛び発つことはあり、今のITパークに通じる道には交通止めの鉄道の踏切で使うような遮断機があった。 



 今でもマクタン空港には軍の施設や敷地がやたら広く取られ残っているのも、旧日本海軍の飛行場、その後のアメリカ軍用、フィリピン空軍基地と、前身が軍事空港であった名残りで、浮かれた気分の観光客はこんな歴史があるとは思わないであろう。 



 さて、現在のターミナル・ビルは19931月に完成し開業したが、初めてマクタン・セブ空港を利用したのは1987年頃で、その時はどのようなターミナルであったかは覚えていないが、駐機場に鶴のマークを尾翼に描いた日航機が停まっていて驚いた記憶がある。 



 当時はまだ、日本からの直行便など就航していなくて、あの日航機はチャーター便であったようだが、その当時からセブは日本ではチャーター便を飛ばすような人気の観光地であったようだ。


 【写真-2


 写真-2は現在建設中の第2ターミナル・ビルで、この写真を撮ったのは昨年の10月で建設は着々と進み、今年の半ばには開業予定という。写真左に管制塔が見え、その左側に今のターミナルはあるが、旧と新の接続はどうなっているのか良く分からない。 



 恐らく旧は国内線、新は国際線を中心に住み分けると思うが、マニラ国際空港など4つの新旧ターミナルがあっても、その間のアクセスは全く考慮されずに造られたために、眼と鼻の先に見えるターミナルに移動するのにタクシーにボラれたという話は枚挙に暇がなく、無計画なこの空港は世界的に不評な空港となっている。 



 幸い、マクタン・セブ国際空港の旧ターミナルと新ターミナルの間はそれほど離れていなくて、通路でつなげると思うが、大きい荷物を持つ旅行客には横の移動というのは結構つらく、冒頭に書いたチャンギ空港に限らず最近の新ターミナルは乗客を延々とターミナル内を歩かせるのが当たり前になっていて、もう少し工夫されても良いのではないか。 



 こうして、空港も成長を遂げ、今のマクタン・セブ国際空港運営はインドとフィリピンの民間会社へ委託されていて、以前と比べて明るくなり使い易くなった感じがあり、国が偉そうに運営、管理していた頃とは様変わりしたのが分かる。 



 現在の空港利用客は年間450万人となっていて、これを年間利用客1250万人、3倍近くの利用客を見込んでいるが、問題も多く、特に空港へ行く道が1本しかなく渋滞は必至だが、この面では全く考えられていない。 



 また、利用者を増やすということは発着便を増やすことになるが、マクタン・セブ国際空港は3300mの滑走路1本しかなく、滑走路を増やせる敷地は全くない。写真-1は戦時中の写真で人家など周りにあまり見えないが、今は空港の周りはピッシリと人家と工場が取り巻いていて、拡張はどうにもならない。 



 このため『新マクタン・セブ国際空港』の構想があって、写真-1を写した左手側手前の浅瀬を埋め立てて造るという話が持ち上がっていて、大手不動産会社など既に土地の先行買収をしているなどの話もある。 



 ともかく空港が大きくなって便利になるのは良いが、書き出しの、大事故に繋がる着陸やり直しなど無いように、空の安全を願って筆を置くことにする。 



  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/01/26 (金)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】     その-(36)から続いて同じ場所から島の南方面を撮ったのが写真-1。彼方に見える岬の下に本日の最終目的地『チャヴァヤン』集落がある。この写真で分か..   | 2018-05-25
 4月から5月にかけての日本の長い連休は『ゴールデン・ウィーク』と名付けられているが、これは和製英語で海外では全く通じないし、他の国はこの時期は連休などなっていない。 ..   | 2018-05-21
【写真-1】     昼食を海辺の素朴なレストランで取った後、サビドゥグの集落を抜けると写真-1のような割合平らな場所をトライシクルは進む。島の平地は畑地になりそう..   | 2018-05-19
 世界には満足に食べられない人が何億人もいるのが現実で、このフィリピンでもアセアン域内で経済成長率は高いものの、飢えている人が何百万人もある。  しかも、1日でも飢え..   | 2018-05-16
【写真-1】     サブタン島中心のシナカン集落に戻り、今度は反対側になる東海岸最奥の集落へ向かう。写真-1はシナカン集落の東側の外れで、左に見える島はバタン島。..   | 2018-05-14
 セブで『盆踊り』と称したイヴェントが行われるのは今年で5回目だという。そういう催しがあるのは知っていたが、あまり興味はなく1度も行ったことはない。しかし今年は拙宅から歩..   | 2018-05-11
【写真-1】     写真-1は前の写真に続く道の下の方から写していて、左に湾があり、右側は道一本残して崖が切り立つ。正面の家は椰子の木が植えられ眺望は良く、造り方..   | 2018-05-10
 写真-1は2013年4月14日に写した。撮影時期は今から5年前の同じ頃になるが、中央に白っぽい花を付けたこの樹は今はない。 【写真-1】  この通りは渋滞と日本食レストランの多い..   | 2018-05-08
【写真-1】     ナカムアンの先には『SUMNANGA(スムナガ)』集落があり、写真-1のイヴホス島を見ながらトライシクルは進む。江戸時代の日本の難破船乗り組み員は最初スム..   | 2018-05-03
 ショッピング・モール内に写真の様な『フード・コート』ができた。フード・コートというのは、広い場所に共同の椅子席を設け、その周りに間口3mくらいの各種おかずや飲み物を売..   | 2018-04-30
12345678910,,,130
    
ニュース コラム ライフ
バタネス紀行 2017 その-(37..
《不安》 遅過ぎるマニラ首都..
セブの今年のゴールデン・ウィ..
《杜撰》 保守管理を怠ったMRT..
《流血》 バランガイ選挙終了..
バタネス紀行 2017 その-(36..
《拒否》 1521人がフィリピン..
セブで食べる或る日の夕食
《利権》 セブ市の大型リゾー..
《銃撃》 セブ島で 麻薬組織..
バタネス紀行 2017 その-(35..
《巧妙》 反ドゥテルテの最高..
セブで開かれた今年の盆踊り
《虐待》 日本人運営のフリー..
バタネス紀行 2017 その-(34..
《癒着》 身内に便宜を図った..
セブに咲く桜紛いの樹
《激突》 マニラ国際空港拡張..
《口先》 悪しき労働契約の改..
バタネス紀行 2017 その-(33..
21セブで飲むフード・コートのコ..
22【激減】 2017年度司法試験 ..
23バタネス紀行 2017 その-(32..
24【順位】 フィリピンの報道の..
25セブで食べるファースト・フー..
26【激増】 フィリピン国内も ..
27バタネス紀行 2017 その-(31..
28【実相】 国内最高クラスのホ..
29【犯罪】 保険金殺人か フィ..
30セブ島最北の 『ジョリビー』..
31【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
32バタネス紀行 2017 その-(30..
33【数字】 2018年度国内総生産..
34小さな旅 ボホール島篇 2017..
35【是正】 配車サービス『グラ..
36セブで読む『鬼平犯科帳』
37バタネス紀行 2017 その-(29..
38小さな旅 ボホール島篇 2017..
39【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
40セブで見かける古い車
41【予定】 マクタン・セブ国際..
42【投票】 2016年副大統領選の..
43【便乗】 フィリピン人が日本..
44【打撃】 環境汚染で ボラカ..
45【常連】 2016年のミス・ワー..
46【病巣】 フィリピンを食い物..
47【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
48【予測】 インフレ率急上昇 ..
49【色気】 独裁者マルコスの娘..
50【判決】 85歳のオーストラリ..
51【標的】 日系企業に対して労..
52【最多】 エイズ新規感染者 ..
53【現実】 汚職追放は掛け声だ..
54【投資】 都市部を中心に急増..
55【環境】 ボラカイもマクタン..
56【評価】 アメリカの情報機関..
57【祭典】 参加してもフィリピ..
58【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
59【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
60【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 3204
【評価】 アメリカの情報..+ 2981
【税金】 マニラ首都圏地..+ 2927
【環境】 ボラカイもマク..+ 2873
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 2720
【病巣】 フィリピンを食..+ 2639
【最多】 エイズ新規感染..+ 2525
【現実】 汚職追放は掛け..+ 2458
【祭典】 参加してもフィ..+ 2439
【色気】 独裁者マルコス..+ 2352
【判決】 85歳のオーストラ..+ 2263
【投資】 都市部を中心に..+ 2109
【標的】 日系企業に対し..+ 2076
【犯罪】 保険金殺人か ..+ 1940
【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1930
【予定】 マクタン・セブ..+ 1846
【予測】 インフレ率急上..+ 1844
【常連】 2016年のミス・ワ..+ 1816
【便乗】 フィリピン人が..+ 1782
【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 1571
21【投票】 2016年副大統領選..+ 1561
22【激増】 フィリピン国内..+ 1529
23【打撃】 環境汚染で ボ..+ 1522
24【是正】 配車サービス『..+ 1372
25【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 1224
26ボラカイの海は『汚水溜め..+ 1138
27【実相】 国内最高クラス..+ 1103
28【数字】 2018年度国内総生..+ 950
29《口先》 悪しき労働契約..+ 942
30小さな旅 ボホール島篇 20..+ 931
31【順位】 フィリピンの報..+ 926
32《激突》 マニラ国際空港..+ 918
33小さな旅 ボホール島篇 20..+ 903
34セブの3月はいつも通り猛暑..+ 898
35セブは晴れ 日本は大雪+ 892
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 889
37フィリピンも参加した平昌..+ 883
38バタネス紀行 2017 その-..+ 883
39《虐待》 日本人運営のフ..+ 879
40【激減】 2017年度司法試験..+ 872
41俳優の死と墓+ 854
42バタネス紀行 2017 その-..+ 844
43バタネス紀行 2017 その-..+ 843
44セブの生命力ある樹+ 817
45バタネス紀行 2017 その-..+ 814
46小さな旅 ボホール島篇 20..+ 812
47《拒否》 1521人がフィリピ..+ 809
48バタネス紀行 2017 その-..+ 777
49小さな旅 ボホール島篇 20..+ 743
50セブのフード・コートで飲..+ 669
51バタネス紀行 2017 その-..+ 663
52《癒着》 身内に便宜を図..+ 648
53セブで食べるファースト・..+ 628
54セブ島最北の 『ジョリビ..+ 609
55《巧妙》 反ドゥテルテの..+ 599
56《利権》 セブ市の大型リ..+ 510
57《銃撃》 セブ島で 麻薬..+ 497
58《流血》 バランガイ選挙..+ 394
59《杜撰》 保守管理を怠っ..+ 313
60《不安》 遅過ぎるマニラ..+ 82
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:707,302 今日:44 昨日:228
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.