フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
平成は31年で終わる - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  平成は31年で終わる
 

 元号を持っている国は、世界の国の中でもう日本だけという。




 かつては中国、韓国、それにヴェトナムにも元号があり、それらは歴史の流れの中で消えているから、日本の元号は貴重といえば貴重だが、西暦で数えるこの時代ではやはりややこしいところがある。

 現在の平成という元号が来年5月から変わる。これを改元といっているが、その元号は何になるか話題になっている。この元号、原則的には天皇の一代で改元され、現在の平成は昭和天皇が亡くなって改められた。

 原則的というのはかつての天皇の中で、同じ天皇が改元をしている例があって、天皇制というのは不滅の様なことをいっているが、結構ご都合で動いていて、しょせん人間が人為的に作り出したものだから例外はいくらでもある。

 それが今の天皇が退位を表明し、戦後憲法下の問題もあって、簡単には天皇は自分の意思で辞めることは出来ず、特例法で処理することになり、そのスケジュールがどうやら決まった。

 絶対権力者であった天皇が憲法に縛られていることに対して、右の連中はけしからぬと言っているそうだが、あの悲惨な戦争を起こした原因が戦前の天皇制にあったことは間違いなく、尊い人命を失ったその反省の上に立脚していることを思えば当然のこと。

 さて、昭和生まれの小生としては昭和も長かったが、平成もいつの間にか今年は30年というから結構長いなと思っている。一番、平成で驚いたのが仕事で一緒だった若者が平成生まれの最初の大学卒業生だと分かったことで、正にいつの間にか年を重ねた。

 これは都度書いているが、昭和から平成になった時、小生はアフリカに滞在し仕事をしていて改元など知らなく、昭和天皇が亡くなった時、数日そのことを知らず、BBC放送で日本の天皇のことを盛んに放送していたのを聞き、町まで出かけて他の日本人に聞いてようやく天皇が亡くなったと分かった次第であった。

 それゆえ、昭和の時代にアフリカへ行き、帰って来た時は平成になっていて、その慣れないこと多大で、今も平成という元号は馴染めないところがあり、西暦と平成の数字的な繋がりが今一ピンと来ない。

 歴史を考えるとやはり西暦で表示した方が繋がりは分かり易く、といって元号は元号でその時代の雰囲気を端的に表せて捨てがたいところもあるが、小生は元号が明日からなくなっても構わず、日本独特の文化であるとか伝統であるなどというつもりは全くなく、伝統などというものは文化と同様、人為的な行為で、歴史上いくらでも消滅しているし、消滅するものである。

 この日本の元号にしても、例えば江戸時代の元号で知られる明暦と元禄はどちらが先であったかなど分からないし関心もない。それでも江戸時代最後の元号は万延であったかなと思っていた。

 これとて大江健三郎の『万延元年のフットボール』という小説を読んでいるから記憶に残っていたもので、実は江戸時代最後の元号は慶応と分かったから、その程度のものである。

 先に元号は時代の雰囲気を表すと書いたが、近代の明治は『富国強兵』、大正は『デモクラシー』と括ると誠に分かり易く、昭和は安岡章太郎の説と思ったが『戦争』で確かに分かり易く、時代をいい得ている。

 そうすると平成は何になるかと考えると『災害』の時代といって良いのではないか。阪神、東北などの大地震を始め、台風や噴火など平成は大災害の多かった時代であり、経済は『沈滞』であり、政治は何と括れば良いかまだ分からないが『回帰』とでも言おうか。

 あれほど日本が反省した戦争も戦争経験者が亡くなり代が変わると、好戦的になり、戦前の一億玉砕時代に戻るような時代が平成時代でもある。

 特に、今にでも核ミサイルが日本に撃ち込まれると、北朝鮮の脅威をヒステリックに叫んで軍備強化などこれに乗じる連中は、かつての冷戦時代に旧ソ連を仮想敵国にして、今の北朝鮮と同じように軍拡路線を歩んだが、その旧ソ連がいつ日本にミサイルを撃つ、攻め込んだのかと問いたい。

 北朝鮮は別物というが、危機を煽って利を得るのはいつの時代も常套手段で、その破綻が先の真珠湾攻撃ではなかったか。こういう戦争だ戦争だと危機を煽る連中というのは、戦争は人間が死ぬという現実を見ていないためからくるもので、少なくてもこの連中は銃を持たず持たせる側の人間であることは間違いない。

 今の天皇は一番の平和主義者とではないかと思うが、退位は来年の4月で、その前に急逝したらどうなるのであろうか。元々、元号というのは天皇が亡くなってから変わるものだから、退位前に亡くなってしまっても慌てることはないと思っているのであろうか。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/02/01 (木)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1 欠航続きで島に持って行く物品が溜まっている】   最北端の島『イトバヤット島』へはバスコから船で片道4時間。便船が強風で欠航していたので写真-1のその船会社..   | 2018-12-13
 日本とアメリカが戦った『太平洋戦争』の開戦は12月8日(アメリカ時間では12月7日)の『オアフ島真珠湾攻撃』から始まったと知られているが、実際はフィリピンとマレイシアへの攻撃..   | 2018-12-10
 今でこそ、フィリピンでは40階から50階ある高層ビルは珍しくないが、1928年に竣工した6階建ての『ファースト・ユナイテッド・ビル』は、当時では一番高いビルであった。【写真-1 ..   | 2018-12-07
 フレディー・マーキュリーというのはロック・バンド『クイーン』のボーカリストで、と書くまでもなく、その生涯をたどった映画『ボヘミアン・ラプソディー』が全世界で公開され、..   | 2018-12-05
【写真-1 州庁舎はこの年にあった台風で被害を受けていた】   この日、標高1009mのイラヤ山山頂が姿を現し、写真-1は左の州庁舎を前に写した一枚。バタネスは人口1万8千人に..   | 2018-11-27
 エスコルタ通りはその(7)に書いたジョーンズ橋を渡って右に入る地点にある写真-1の道路標識から、サンタ・クルス教会に至る短い通りだが、戦前はビジネス街として栄え、当時の..   | 2018-11-24
【写真-1 バレーボールの練習も盛んにやっていた】   この時期、写真-1のバスコの運動場では野球が盛んで、これは女性チームの試合。ピッチャーがなかなか速い球を投げて..   | 2018-11-20
 マニラ首都圏のビジネス街というと今はマカティ市を挙げられるが、そのビジネス街はかつて飛行場があった場所を開発したもので、この飛行場はフィリピンで指揮を執った山下奉文大..   | 2018-11-08
【写真-1】     自家製の写真-1のアイスクリームを売っている店があった。この通りはバスコの中央通といって良い『アバド通り』。アバドというのはバタネスの昔からの..   | 2018-11-06
 マニラのチャイナ・タウン地域は『ビノンド』と呼ばれていて、その中心を貫き通る道が『オンピン通り』で、写真-1は『王彬北橋』と金文字で印されている門。 【写真-1】  ..   | 2018-11-04
12345678910,,,135
    
ニュース コラム ライフ
バタネス紀行 2017 その-(58..
《麻痺》 理由は何とでもつけ..
フィリピン攻撃は真珠湾攻撃よ..
《急増》 エイズ感染一日平均..
マニラ逍遥 2018年 その(9)..
《減速》 続く物価上昇 11月..
セブで映画『ボヘミアン・ラプ..
《強権》 ミンダナオ島の戒厳..
バタネス紀行 2017 その-(57..
《観光》 セブ島北部バンタヤ..
マニラ逍遥 2018年 その(8)..
【風化】 マギンダナオ虐殺事..
バタネス紀行 2017 その-(56..
《悪化》 5人に1人は失業中 ..
【鉄槌】 汚職の果て イメル..
マニラ逍遥 2018年 その(7)..
【不満】 進まぬ復興事業 台..
バタネス紀行 2017 その-(55..
《微増》 1日当たり25ペソ 首..
マニラ逍遥 2018年 その(6)..
21【深謀】 政府要職に軍と警察..
22バタネス紀行 2017 その-(54..
23【行事】 2018年ミス・セブは..
24マニラ逍遥 2018年 その(5)..
25【老害】 2019年選挙の候補者..
26バタネス紀行 2017 その-(53..
27《雇用》 ミンダナオ島の日系..
28マニラ逍遥 2018年 その(4)..
29【観光】 遅きに失す ようや..
30バタネス紀行 2017 その-(52..
31【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
32マニラ逍遥 2018年 その(3)..
33《過密》 セブの『ジンベイザ..
34バタネス紀行 2017 その-(51..
35【不慮】 フィリピンで演習参..
36マニラ逍遥 2018年 その(2)..
37バタネス紀行 2017 その-(50..
38【黒幕】 セブの日本人女性射..
39《評判》 次期上院選候補支持..
40マニラ逍遥 2018年 その(1)..
41《災害》 セブ州中部ナガ市で..
42《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
43【自前】 商船三井 船員養成..
44《批判》 ドゥテルテに媚を売..
45《失政》 物価上昇止まらず ..
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《批判》 ドゥテルテに媚..+ 2737
《失政》 物価上昇止まら..+ 2699
《鉄屑》 フィリピン名物..+ 2525
《災害》 セブ州中部ナガ..+ 2227
【黒幕】 セブの日本人女..+ 2178
【自前】 商船三井 船員..+ 2077
《評判》 次期上院選候補..+ 1914
【不慮】 フィリピンで演..+ 1655
《過密》 セブの『ジンベ..+ 1449
《雇用》 ミンダナオ島の..+ 1381
【行事】 2018年ミス・セブ..+ 1277
【老害】 2019年選挙の候補..+ 1220
【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 1192
【観光】 遅きに失す よ..+ 1108
【深謀】 政府要職に軍と..+ 856
バタネス紀行 2017 その-..+ 851
バタネス紀行 2017 その-..+ 843
【鉄槌】 汚職の果て イ..+ 833
バタネス紀行 2017 その-..+ 830
【不満】 進まぬ復興事業..+ 825
21マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 813
22《微増》 1日当たり25ペソ..+ 788
23バタネス紀行 2017 その-..+ 788
24マニラ逍遥 2018年 その(2..+ 778
25マニラ逍遥 2018年 その(3..+ 666
26バタネス紀行 2017 その-..+ 633
27バタネス紀行 2017 その-..+ 453
28バタネス紀行 2017 その-..+ 450
29バタネス紀行 2017 その-..+ 447
30マニラ逍遥 2018年 その(6..+ 438
31マニラ逍遥 2018年 その(5..+ 438
32マニラ逍遥 2018年 その(4..+ 424
33《悪化》 5人に1人は失業中..+ 416
34マニラ逍遥 2018年 その(7..+ 407
35バタネス紀行 2017 その-..+ 379
36《観光》 セブ島北部バン..+ 314
37【風化】 マギンダナオ虐..+ 271
38バタネス紀行 2017 その-..+ 271
39バタネス紀行 2017 その-..+ 211
40マニラ逍遥 2018年 その(8..+ 208
41《急増》 エイズ感染一日..+ 186
42《強権》 ミンダナオ島の..+ 184
43セブで映画『ボヘミアン・..+ 156
44《減速》 続く物価上昇 11..+ 110
45《麻痺》 理由は何とでも..+ 33
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:743,940 今日:240 昨日:269
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.