フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
プーケットの古本屋 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  プーケットの古本屋
 

 フィリピンのセブと比較されるタイのプーケットに古本屋があった。

 

プーケットは大きな島で、普通の観光客は空港からビーチへ直行するが、フィリピンの海を見慣れている眼にはプーケットのビーチの魅力などあまり感じず、古い建物の残る旧市街へ向かう。

 その旧市街をブラブラ歩いていた時に見つけたのが写真の『South Wind Book』という古本屋で、ひと気のない隣り合わせになっている2つの薄暗い店の中に本棚がギッシリ並べられている。

 


 

店頭に置いてあるプラスティックの箱には雨漏りにあった本が山積みになっていて、本棚がなければ本を中心に扱う紙屑屋という雰囲気だが、絵葉書を売っているから観光客も立ち寄るようだ。


かび臭い店内に入ると、本は英語、ドイツ語、イタリア語と各国の言語別に分けられ整理されている感じで、右手奥の方に日本語の書棚があり、文庫本と単行本が置いてあった。


この通りにはもう一つ古本を売る店があって、そちらは安っぽいレストランなどのある一角に本を並べているが、外国人旅行客が置いて行ったような本を売っていて、日本語の本はなくて古本屋としての格はこちらの方が上。

 この古本屋は、立読みをさせないために蚊でも飼っているかのように蚊が大量に寄ってきて長居できなく、手で振り払いながら一通り目を通し、次の日にこの古本屋に寄って本を買った。

 本当はもっと買いたかったが重い本を抱えて旅行をするわけに行かず5冊で我慢し、どうせ値段が変わらないなら厚い本が良いと選んだが、650ページを超すサラ・パレツキ―の本はシリーズで読んでいるので得した感じ。

 どういう経路でこのプーケットまで古本が流れて来たか分からないが、この古本屋、売るだけではなく買い取りもしていて、旅行者が読んだ本を持ち込んで売る例もあるのかも知れない。

 セブに住んで一番不自由しているのは日本の『本』が手に入らないことで、日本へ行った時は本屋巡りが楽しみになり、その時買い込んだ本を入れ背負ったリュックがあまりにも重過ぎて、飛行機の搭乗まで冷や汗をかいたこともあった。

 中国で仕事をしていた時は、香港のデパートにあった日本の書店で新刊本を買うこともあったが、その近くに日本の古い文庫本や漫画を売る店があって香港へ出る度にずいぶん買った。

 昨年久し振りに香港で泊まった時に、両方の店に足を運んだが、新刊を売る書店は縮小して残っていたものの、古本屋の方は跡形もなかった。

 日本の書店といえばクアラルンプールのペトロナス・タワーのあるショッピング・モールに紀伊国屋書店があり、今回のタイ旅行の最後にはシンガポールで1泊したが、そこにも紀伊國屋書店があり覗いてみた。

 シンガポールの目抜き通りのビル内にある紀伊国屋書店はかなり大きく、しかも中国語の本の割合がかなり広く、日本人よりシンガポール人相手の本屋という感じがしたし、シンガポール人は本を読む国民と感じた。

 目当ては日本の月間雑誌であったが、やはりこういう月ごとに出版される種類はすぐ売れてしまうのか品切れか、あってもかなり月後れであった。

 新刊の文庫本も見るが、値段はかなり高く、大したページのない文庫本が単行本並み、元値の倍近い値段が付けられていては手が出ない。

 書店は違うが香港で日本の本を買っていた時は定価の3割くらい増しであったような記憶を持ち、クアラルンプール紀伊国屋で文庫本を買った時はそれほど高くなかった記憶を持つ。

 物流が格段に便利になったこの時代に紀伊国屋シンガポール店は日本からどういう仕入れ、値段付けをしているのか知りたいところである。

 シンガポールにも日本の古本を扱う店があると聞いていて、そういえばバンコクにも古本屋があるのを知っているが、バンコクには日本人が数万人規模で住んでいるから在庫も多いと思うが、旅行者の身では行くだけでも大変でままならない。

 昨年春に四国を車で回り、八十八ヶ所寺の半分を参拝したが、その時、松山市にあった古本チェーン店を見つけ、かなりの数を買い込んだし、東京に帰ってからも同じチェーン店で買い込んだが、それらはそろそろ読み切りそうでどうするかと考えている。


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/02/12 (月)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 フィリピンで知らぬ者はいない『ジョリビー』の新しい店がセブ島一番北にある町に出来た。町といっても人口の爆発しているフィリピンでは、人口だけは多くこの町は8万人を超える..   | 2018-04-19
【写真-1】     一夜明けて朝からトライシクルを貸し切って島内を巡ることにする。写真-1はトライシクルの運転手と待ち合わせた道端で、こちら側には町役場や警察の建..   | 2018-04-16
【写真-1】     アンダからのバスはタグビラランのバス・ターミナルへ到着。ターミナルの隣りには写真-1の大きなショッピング・モールが建ち、以前来た時はなくてこの..   | 2018-04-14
 去年、日本からセブへ遊びに来た知人が土産代わりに池波正太郎『鬼平犯科帳』の文庫本24冊全巻を持ってきてくれた。 【写真】  写真はその最後の巻で『誘拐』と名付けられて..   | 2018-04-12
【写真-1】     灯台下にある変な民宿に泊まることを止めて、現在の民宿に連泊することにした。その帰り、裏道を通ると石を積んだ壁と草葺の家が連なる写真-1の光景に..   | 2018-04-09
【写真-1】     ラマノック島からアンダの町へ歩いて通りかかった『ハバルハバル』に乗ってホテルへ無事に戻れる。ハバルハバルとはオートバイに相乗りする白タクならぬ..   | 2018-04-05
 フィリピンの都市部は渋滞が酷く、大きな問題になっていてもどうにも解決できない状態で、なるようになるしかないと誰しも諦めている。 【写真-1】  近くにセブ市内を並行に..   | 2018-04-03
【写真-1】     主要道路から海側にしばらく入ると写真-1の風景が目に入る。草の大地に建つ灯台の高さはそれほどではないが、海の向こうにはバタン島が横たわり、眺望..   | 2018-03-31
【写真-1】     大雨もガイドが船着き場へ戻って傘を取ってくる間に上がり、無駄足になってしまい気の毒であったが、写真-1は島に上陸した時は気が付かなかったが歓迎..   | 2018-03-29
 ショッピング・モール内に写真の様な『フード・コート』ができた。フード・コートというのは、広い場所に共同の椅子席を設け、その周りに間口3mくらいの各種おかずや飲み物を売..   | 2018-03-26
12345678910,,,129
    
ニュース コラム ライフ
【犯罪】 保険金殺人か フィ..
セブ島最北の 『ジョリビー』..
【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
バタネス紀行 2017 その-(30..
【数字】 2018年度国内総生産..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【是正】 配車サービス『グラ..
セブで読む『鬼平犯科帳』
バタネス紀行 2017 その-(29..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
セブで見かける古い車
【予定】 マクタン・セブ国際..
バタネス紀行 2017 その-(28..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【投票】 2016年副大統領選の..
セブのフード・コートで飲むコ..
【便乗】 フィリピン人が日本..
バタネス紀行 2017 その-(27..
【打撃】 環境汚染で ボラカ..
21小さな旅 ボホール島篇 2017..
22【常連】 2016年のミス・ワー..
23セブの生命力ある樹
24【病巣】 フィリピンを食い物..
25バタネス紀行 2017 その-(26..
26【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
27小さな旅 ボホール島篇 2017..
28【予測】 インフレ率急上昇 ..
29セブの3月はいつも通り猛暑へ..
30【色気】 独裁者マルコスの娘..
31バタネス紀行 2017 その-(25..
32小さな旅 ボホール島篇 2017..
33【判決】 85歳のオーストラリ..
34俳優の死と墓
35バタネス紀行 2017 その-(24..
36【標的】 日系企業に対して労..
37【最多】 エイズ新規感染者 ..
38【現実】 汚職追放は掛け声だ..
39【投資】 都市部を中心に急増..
40【環境】 ボラカイもマクタン..
41【評価】 アメリカの情報機関..
42【祭典】 参加してもフィリピ..
43【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
44【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
45【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
46【時代】 劣悪なジプニーが消..
47【司法】 最高裁 戒厳令延長..
48【市場】 フィリピンの2017年..
49【労働】 企業に都合の良い ..
50【雇用】 日本で働くフィリピ..
51【景気】 前年より減速 2017..
52【管理】 海外で働くフィリピ..
53【避難】 マヨン火山に大噴火..
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【雇用】 日本で働くフィ..+ 3533
【避難】 マヨン火山に大..+ 3129
【管理】 海外で働くフィ..+ 2578
【景気】 前年より減速 20..+ 2467
【時代】 劣悪なジプニー..+ 2346
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 2206
【労働】 企業に都合の良..+ 2136
【税金】 マニラ首都圏地..+ 2005
【市場】 フィリピンの2017..+ 1956
【評価】 アメリカの情報..+ 1948
【環境】 ボラカイもマク..+ 1901
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 1840
【司法】 最高裁 戒厳令..+ 1812
【最多】 エイズ新規感染..+ 1632
【祭典】 参加してもフィ..+ 1620
セブからプーケットへ+ 1501
【現実】 汚職追放は掛け..+ 1465
【判決】 85歳のオーストラ..+ 1401
軍事用飛行場であったマク..+ 1396
【病巣】 フィリピンを食..+ 1391
21【色気】 独裁者マルコス..+ 1355
22【投資】 都市部を中心に..+ 1346
23【標的】 日系企業に対し..+ 1307
24平成は31年で終わる+ 1165
25【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1154
26【予測】 インフレ率急上..+ 1120
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1031
28【常連】 2016年のミス・ワ..+ 1007
29小さな旅 ボホール島篇 20..+ 919
30バタネス紀行 2017 その-..+ 919
31【打撃】 環境汚染で ボ..+ 891
32ボラカイの海は『汚水溜め..+ 873
33【便乗】 フィリピン人が..+ 850
34【予定】 マクタン・セブ..+ 843
35プーケットの古本屋+ 724
36セブは晴れ 日本は大雪+ 713
37小さな旅 ボホール島篇 20..+ 711
38バタネス紀行 2017 その-..+ 681
39小さな旅 ボホール島篇 20..+ 653
40フィリピンも参加した平昌..+ 643
41バタネス紀行 2017 その-..+ 613
42バタネス紀行 2017 その-..+ 611
43俳優の死と墓+ 610
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 593
45セブの3月はいつも通り猛暑..+ 587
46バタネス紀行 2017 その-..+ 573
47小さな旅 ボホール島篇 20..+ 564
48【投票】 2016年副大統領選..+ 549
49【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 351
50【犯罪】 保険金殺人か ..+ 305
51【是正】 配車サービス『..+ 249
52【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 241
53【数字】 2018年度国内総生..+ 91
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:700,555 今日:87 昨日:166
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.