フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで読む『鬼平犯科帳』 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで読む『鬼平犯科帳』
   

 去年、日本からセブへ遊びに来た知人が土産代わりに池波正太郎『鬼平犯科帳』の文庫本24冊全巻を持ってきてくれた。


【写真】

 写真はその最後の巻で『誘拐』と名付けられているが、池波は19905月に急逝していて、この巻は中途で終わってしまい、全24巻(番外が1巻ある)で犯科帳シリーズは終わった。

 このシリーズは人気があると思えて、持ってきてくれた全巻はセロファンで1つに丁寧に包まれ、一括して販売している。

 池波の作品は単発的に読んでいて、この犯科帳シリーズも何冊か読んでいるが、改めて全巻を最初から読み通した。池波は新国劇の脚本を書いていたために、表現が舞台的でその区切りの良さが読者を引きつけたのではないかと思え、スイスイと読み進んだ。

 池波のことに触れると1923年生まれ1990年に67歳で亡くなっていて、今年は生誕95年、没後28年になる。

 1923年というのは大正12年の91日に『関東大震災』のあった年で、池波が生まれて7ヶ月余後になり当人は記憶はないだろうが、生誕が浅草なので両親は命からがらで生まれたばかりの池波を抱えて避難したのではないか。

 東京下町育ちで小学校卒、兜町の株屋で働いていたのは有名な話だが、戦時中は旋盤工をやり、召集されて海軍に入り、横須賀海兵団に入団。

 横浜磯子にあった『横浜海軍航空隊(801部隊)』に配属されるが、この部隊は日本で最初の飛行艇による外洋偵察、哨戒を主とする部隊として発足し、池波は電話交換手として過ごす。

 その後、鳥取県の美保航空基地(現在の米子空港)に転属し、そこで敗戦を迎え、海軍二等兵曹に進級する。この二等兵曹だが、陸軍では伍長と呼ばれているもので、何れも兵クラスより上位の最下位とはいえ下士官になる。

 敗戦時のドサクサで、一階級上げるというのは陸海軍共通のことだが、それでも召集兵が3年で下士官になるというのは異例な方で、池波の軍隊勤務はかなり優秀であったようだ。

 戦後の池波は東京都の役人になり、長谷川伸に師事し、新国劇と関係を持つようになる。小説は若い時から書いていて、1956年に『恩田木工』で直木賞候補になり落選するも、1960年に『錯乱』で直木賞を受賞する。

 さて、鬼平犯科帳に戻るが、1967年に雑誌オール読物に掲載した『浅草御厩河岸』が犯科帳の長谷川平蔵が出てくる最初の作品となり、以降同誌に書き続け全部で135話となった。

 

 映画、テレビ、舞台に何度も作られているが、テレビでの長谷川平蔵役は8代目松本幸四郎(現初代松本白鸚)、丹波哲郎、萬屋錦之介などが演じたが、一番はまり役は2代目中村吉右衛門でそのイメージは定着している。

 

 中村吉右衛門は初代白鸚が1969年にテレビで平蔵役を演じた時に、第2シリーズで息子役の辰三で出演しているが、これは実生活でも親子になり、吉右衛門が平蔵役を引き受けたのは実年齢と平蔵が同じになるまで待ったというエピソードがある。

 

 鬼平犯科帳のテレビ・ドラマといえばこの吉右衛門の演じたシリーズといわれるように、1986年から2016年に終了するまで吉右衛門の犯科帳シリーズは続いた。

 

 現在も、昔の犯科帳シリーズを視聴でき、時々観るが30年以上前のテレビ・ドラマだから出演俳優には物故した役者が多く、役者は死んでも映像を残すとは良くいったものである。

 

 芸達者な存在感を表す3代目江戸家猫八、若い頃から渋かった蟹江敬三、先頃亡くなった左とん平など懐かしい顔がドラマでは顔を出す。

 

 また、溌剌とした時代は過ぎたが梶芽衣子も重要な役で出演しているし、今や演技巧者としてドラマに引っ張りだこの香川照之が端役に近い役で出、17歳の時大林監督の『転校生』に主演した尾美としのりが頼りない役で出ていたりと、別の楽しみが古いドラマにはある。

 

 鬼平犯科帳シリーズはマンネリとの指摘もあって、確かに筋の設定、展開が似通ったものが多い。しかし、これは映画『フーテンの寅』シリーズと似たようなもので、変調しないことが読者に伝わる要素の一つになっているのではないか。

 

 そのため、この犯科帳シリーズを何度も読み返しても飽きないという人もいて、そういえば小生の父もこのシリーズを枕元に積んでいたが、何度も読み返した口かと思い出す。

 

 平蔵役を演じた吉右衛門は歌舞伎俳優らしく、その所作は綺麗に見せているが、時代劇が段々製作されなくなるに連れて、このように安定した所作が出来るのは伝統芸能、とりわけ歌舞伎役者にしか残っていないのでは思ったりする。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/04/12 (木)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 メトロ・セブ(セブ都市圏)という東海岸側のセブ市を中心に近接する市と町の集まった連合組織があり、広域で何かをやっているのであろうが何をやっているのか分からず、タガログ..   | 2018-04-26
【写真-1】     モロン・ビーチの売り物は写真-1の自然に残った岩のアーチで、砂浜からアーチの下部まで7~8mの高さ。だからどうだという程度の景観だが、マニラ方面の..   | 2018-04-25
 フィリピンで知らぬ者はいない『ジョリビー』の新しい店がセブ島一番北にある町に出来た。町といっても人口の爆発しているフィリピンでは、人口だけは多くこの町は8万人を超える..   | 2018-04-19
【写真-1】     一夜明けて朝からトライシクルを貸し切って島内を巡ることにする。写真-1はトライシクルの運転手と待ち合わせた道端で、こちら側には町役場や警察の建..   | 2018-04-16
【写真-1】     アンダからのバスはタグビラランのバス・ターミナルへ到着。ターミナルの隣りには写真-1の大きなショッピング・モールが建ち、以前来た時はなくてこの..   | 2018-04-14
 去年、日本からセブへ遊びに来た知人が土産代わりに池波正太郎『鬼平犯科帳』の文庫本24冊全巻を持ってきてくれた。 【写真】  写真はその最後の巻で『誘拐』と名付けられて..   | 2018-04-12
【写真-1】     灯台下にある変な民宿に泊まることを止めて、現在の民宿に連泊することにした。その帰り、裏道を通ると石を積んだ壁と草葺の家が連なる写真-1の光景に..   | 2018-04-09
【写真-1】     ラマノック島からアンダの町へ歩いて通りかかった『ハバルハバル』に乗ってホテルへ無事に戻れる。ハバルハバルとはオートバイに相乗りする白タクならぬ..   | 2018-04-05
 フィリピンの都市部は渋滞が酷く、大きな問題になっていてもどうにも解決できない状態で、なるようになるしかないと誰しも諦めている。 【写真-1】  近くにセブ市内を並行に..   | 2018-04-03
【写真-1】     主要道路から海側にしばらく入ると写真-1の風景が目に入る。草の大地に建つ灯台の高さはそれほどではないが、海の向こうにはバタン島が横たわり、眺望..   | 2018-03-31
12345678910,,,129
    
ニュース コラム ライフ
セブで食べるファースト・フー..
【激増】 フィリピン国内も ..
バタネス紀行 2017 その-(31..
【実相】 国内最高クラスのホ..
【犯罪】 保険金殺人か フィ..
セブ島最北の 『ジョリビー』..
【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
バタネス紀行 2017 その-(30..
【数字】 2018年度国内総生産..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【是正】 配車サービス『グラ..
セブで読む『鬼平犯科帳』
バタネス紀行 2017 その-(29..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
セブで見かける古い車
【予定】 マクタン・セブ国際..
バタネス紀行 2017 その-(28..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【投票】 2016年副大統領選の..
21セブのフード・コートで飲むコ..
22【便乗】 フィリピン人が日本..
23バタネス紀行 2017 その-(27..
24【打撃】 環境汚染で ボラカ..
25小さな旅 ボホール島篇 2017..
26【常連】 2016年のミス・ワー..
27セブの生命力ある樹
28【病巣】 フィリピンを食い物..
29バタネス紀行 2017 その-(26..
30【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
31小さな旅 ボホール島篇 2017..
32【予測】 インフレ率急上昇 ..
33セブの3月はいつも通り猛暑へ..
34【色気】 独裁者マルコスの娘..
35バタネス紀行 2017 その-(25..
36小さな旅 ボホール島篇 2017..
37【判決】 85歳のオーストラリ..
38【標的】 日系企業に対して労..
39【最多】 エイズ新規感染者 ..
40【現実】 汚職追放は掛け声だ..
41【投資】 都市部を中心に急増..
42【環境】 ボラカイもマクタン..
43【評価】 アメリカの情報機関..
44【祭典】 参加してもフィリピ..
45【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
46【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
47【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
48【時代】 劣悪なジプニーが消..
49【司法】 最高裁 戒厳令延長..
50【市場】 フィリピンの2017年..
51【労働】 企業に都合の良い ..
52【雇用】 日本で働くフィリピ..
53【景気】 前年より減速 2017..
54【管理】 海外で働くフィリピ..
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【雇用】 日本で働くフィ..+ 3702
【管理】 海外で働くフィ..+ 2694
【景気】 前年より減速 20..+ 2600
【時代】 劣悪なジプニー..+ 2529
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 2302
【労働】 企業に都合の良..+ 2246
【税金】 マニラ首都圏地..+ 2096
【市場】 フィリピンの2017..+ 2083
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 2015
【評価】 アメリカの情報..+ 2002
【環境】 ボラカイもマク..+ 1970
【司法】 最高裁 戒厳令..+ 1935
【最多】 エイズ新規感染..+ 1709
【祭典】 参加してもフィ..+ 1682
セブからプーケットへ+ 1536
【現実】 汚職追放は掛け..+ 1509
【判決】 85歳のオーストラ..+ 1473
【病巣】 フィリピンを食..+ 1454
軍事用飛行場であったマク..+ 1421
【色気】 独裁者マルコス..+ 1400
21【投資】 都市部を中心に..+ 1388
22【標的】 日系企業に対し..+ 1355
23【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1199
24平成は31年で終わる+ 1184
25【予測】 インフレ率急上..+ 1171
26【常連】 2016年のミス・ワ..+ 1064
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1056
28バタネス紀行 2017 その-..+ 934
29【打撃】 環境汚染で ボ..+ 929
30【便乗】 フィリピン人が..+ 928
31小さな旅 ボホール島篇 20..+ 927
32【予定】 マクタン・セブ..+ 901
33ボラカイの海は『汚水溜め..+ 894
34プーケットの古本屋+ 736
35セブは晴れ 日本は大雪+ 733
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 724
37バタネス紀行 2017 その-..+ 705
38小さな旅 ボホール島篇 20..+ 674
39フィリピンも参加した平昌..+ 657
40【犯罪】 保険金殺人か ..+ 649
41バタネス紀行 2017 その-..+ 640
42セブの3月はいつも通り猛暑..+ 622
43バタネス紀行 2017 その-..+ 622
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 621
45俳優の死と墓+ 617
46小さな旅 ボホール島篇 20..+ 604
47【投票】 2016年副大統領選..+ 597
48バタネス紀行 2017 その-..+ 585
49【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 425
50【是正】 配車サービス『..+ 407
51【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 345
52【数字】 2018年度国内総生..+ 135
53【実相】 国内最高クラス..+ 62
54【激増】 フィリピン国内..+ 32
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:701,426 今日:13 昨日:194
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.