フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで考える醜悪な東京オリンピック - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで考える醜悪な東京オリンピック
 

 第1回オリンピックは1986年にギリシアのアテネで開かれ、最近は言わなくなったが近代と付いているのは、古代ギリシアにあった競技会をルーツとするというのは小学校で習った。

 


【2010年撮影の今はない旧国立競技場】

 

 その近代オリンピック開催を呼びかけた『クーベルタン男爵』も崇高な理想を実現した歴史上の人物として、また地球に住む人々が五つの色の違う輪がオリンピックで一つになる理念も小学校で習った。 

 しかし、今は国際オリンピック委員会(IOC)という世界最大級の『興行』組織が国家を巻き込んでの金儲け、利権の巣窟となり、商業主義に毒されたオリンピックに意義があるのかという議論が起きて久しい。
 その様な中、2020年に開催されるはずであった第32回目に当たる東京オリンピックは新型コロナの世界的蔓延で1年延期され2021年に開催される予定だが、この1年延期も科学的知見に基づいて判断されたのではなく、何となく1年延ばせばコロナは収まるだろうという希望的観測から出て来たものでどうなるか分からない。
 そういうあやふやな状況から、オリンピックを異常に好きといわれる日本人の間でも、開催中止、再延長と思う人が増えて予定通り開催を望む人々を凌ぐようになっているし、無関心派も増えている。
 そういった厭な気分を払拭するようにIOCや日本政府、東京都は断固として予定通り開催すると必死に騒ぎ出しているが、そういう『やらなくても良い』気分になっている東京オリンピックを元のような熱に引き戻すのは至難の業だが、怒涛の如くマスコミは会期が迫れば持ち上げるから、国民は洗脳されるであろう。
 オリンピックの認知度など世界で見れば関係者が騒いでいるだけで、一部の国に過ぎずフィリピンも例外でなくオリンピックが来年東京で開催されることはおろか、オリンピックがどういうものかも知らず、そもそも興味が無いのが実情である。
 オリンピックに対する関心度はその国が獲得したメダルの数と比例し、それゆえ国威発揚を図りたい国はメダル獲得に遮二無二になるが、これは国の大小に関係ないものの、やはり大国と自称する国が露骨にやっている。
 特に、東西冷戦を経て、アメリカ、ロシア(旧ソ連)、中国の間ではメダル取りが激しく、国家に養われるアマチュアと称する輩が大勢を占め、ロシアなどは違法薬物を使って強化し、それを隠蔽、胡麻化しているのがバレて競技団体から総スカンを食っているが、これは中国もアメリカも似ている。
 

 日本は割合アマチュアリズムを貴重に思っている方だが、IOCの商業主義拡大によって、今時アマチュア云々というのが恥ずかしいくらいの時代になっていて、これは競技者を『アスリート』と呼ぶようになったのと軌を同一としている。 

 これら一流と称されるアスリートは企業に丸抱えされていて、日本の民間警備会社で最大手などはテレビCMにオリンピック候補選手を総動員して放映しているが、こんな露骨なのが問題にならないのがおかしいし、そのCMに嬉々として出ている連中も頭の中味はどうなっているのだと疑問を持つ。 

 もっとも東京オリンピックは広告代理店最大手の電通が誘致に始まり全て仕切っているから、今更CMがどうのこうのなど片腹痛いだけであろうが、それにしても広告会社が関わるようになってオリンピックが駄目になったのは確かである。 

 しかも、前々から指摘されていたが日本オリンピック委員会(JOC)が東京オリンピックを誘致するために裏工作をし、巨額な金を使っていたことがバレたが、あまり日本では問題にしていないようで、この件に関して動きは鈍い。 

 今のJOCのトップは柔道の金メダリストだが、この人物どう見ても人が良いだけでトップに収まっただけで、その言説、識見はいただけなく、選手馬鹿の見本のように感じるが、本人は一生懸命やっている感があって余計見苦しい。 

 元々、東京オリンピック開催は辞めた安倍が花道の様に仕組み、コロナ対策の無策から放り出してしまったが、東京に誘致する時の演説で福島原発の問題は全てコントロールされているなどと大嘘を付いて東京に決まったが、福島原発のコントロールなど端緒に着いたばかりが実情。 

 特に増え続ける放射能汚染水は敷地内に貯蔵タンクを次々と造って溜めていたが、溜めているだけで何の解決策はなく、来年中にはタンクを造るスペースがないなどと言い出し、海に放流する案が練られ何兆円もの金を注ぎ込む廃炉作業その物にも疑問符が付けられている。 

 こういう嘘まみれ、底なしの金食い虫である東京オリンピックなどやらない方が良いと思う人が増えるのは当然で、止めることが傷を大きくしないかも知れないし、新型コロナだって収まるのかどうかも分からない。 

 1964年10月10日は東京オリンピックの開会式の日で、前日は大雨が降って開会式はどうなるかと日本中で心配したが当日は打って変わった秋晴れで、奇跡はあるのだなとテレビ中継を見た記憶がある。 

 オリンピックが何たることか分からない頃だから、素直に感動し、選手達の奮闘に興奮したが、今やオリンピックの薄汚い裏面が分かってとても以前のように応援をする気はないし、オリンピックなどなくても良いと思っている。 

 安倍を引き継いだ菅も恐らく秋田の田舎で、東京オリンピックを見て興奮した口だと思うが、この世代はオリンピックは絶対無二と刷り込まれているから、とても中止という判断は出来ないだろうが、最近学術会議問題で言い出した『総合的、俯瞰的判断』で『オリンピックは中止』と判断したら相当評価は上がると思うがどうだろうか。 

 なお、蛇足だが『総合的、俯瞰的判断』などという言い回し、何を言っているか分からないし、頭の悪い役人が辞書から引っ張り出して体裁を付けたものにしか見えず、図らずも菅の国語読解力が分かってしまった。


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2020/10/16 (金)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1 銀座通りを走る観光バス】   (1) 新型コロナ大流行に油断した日本-  12月に入って感染者は激増し、現在21万人を超え死者は3200人以上に達している。特に1日当..   | 2021-01-20
【写真-1 フィリピンの感染者は50万人を超えた】   (1) 新型コロナ大流行で世界は恐々- 2020年がこんな年になるとは誰も思っていなかった。全世界で7800万人以上が感染、..   | 2021-01-18
 2020年は新型コロナに始まって新型コロナで終わった年と記憶に刻み付けられるが、このままコロナの猛威は2021年も続き、その先もどうなるか分からない。【写真-1 フィリピンの浅瀬..   | 2020-12-26
 日本のニュースで東京の『駄菓子屋』のことを書いた記事があった。筆者はフィリピン関係の記事を主に書いていたが、そちらの方面にも関心があったのかと興味深く読んだ。【写真-..   | 2020-12-19
 12月14日現在のフィリピンの新型コロナ感染者数は451839人、死者は8812人と発表されている。 相変わらず感染は収まっていないが1日当たりの感染者数が1千人台半ばとなっていて、以前..   | 2020-12-16
 11月末現在でフィリピンのコロナ感染者累計は43万人を超えた。日本の感染者数は同時期に15万人に迫っていて、総人口はほぼ同じの国なのでフィリピンは日本の3倍近く罹患しているか..   | 2020-12-07
 外交官として国を代表して派遣される者を普通は『大使』と呼んでいるが、正確には『駐箚特命全権大使』といい、駐箚(ちゅうさつ)とは公務員が国の命令によって派遣されて駐在す..   | 2020-11-27
11月10日、台風が相次いで襲来して洪水、浸水騒ぎの起きている最中、ルソン島中部にあるパンガシナン州(人口300万人超)で、週刊誌のコラム執筆や地元ラジオ局でコメンテーターを務..   | 2020-11-20
10月最後の30日深夜に『ショーン・コネリー』の訃報がニュースで流れた。享年90と聞いて『007も年取ったな』と思ったが、まだ生きていたのかという気もした。 【写真-1 日比谷の..   | 2020-11-16
 2013年11月8日、100年に一度といわれた巨大台風『ヨランダ(30号)』がヴィサヤ地方を襲い、未曽有の被害をもたらし、それから丸7年経ったが、セブの新聞で報道されなければ思いだ..   | 2020-11-13
12345678910,,,146
    
ニュース コラム ライフ
セブで選ぶ2020年 日本の10大ニ..
【累計】 新型コロナ感染者数..
セブで選ぶ2020年 世界の10大ニ..
【逮捕】 セブの空港で 偽造..
セブのヨット・ハーバーにて
【選挙】 2022年大統領選 立..
セブで思う日本の駄菓子屋とサ..
【労働】 コロナ禍で海外に取..
【実情】 コロナ禍で 貧困化..
セブで迎えるコロナ禍のクリス..
【承認】 2021年度国家予算 ..
【大幅】 2020年GDP成長率予測..
コロナ禍のセブ島の様子
【新設】 3ヶ所目となる在日..
外交官の品格とは
【苦境】 フィリピン航空 破..
ドゥテルテ政権下のジャーナリ..
【工業】 常石造船 セブの経..
【重要】 セブ市の新型コロナ..
セブで思う007の訃報
21【甚大】 ルソン島北部の台風..
22【影響】 新型コロナ感染者40..
23台風『ヨランダ』から7年 進..
24【実質】 史上初 GDP3期(1月..
25セブで思うトランプの敗北
26【連続】 ルソン島南部の台風..
27セブで考える外交官の質とは
28【累計】 10月末現在 新型コ..
29墓にも階級制があるフィリピン..
30
31【偽装】 フィリピンの退職者..
32セブで食べるキビ団子とトウモ..
33【不振】 コロナ禍で 9月の..
34セブから飛んだ特攻機
35【二番】 インドネシアのコロ..
36セブで考える醜悪な東京オリン..
37【醜悪】 下院議長の椅子を巡..
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【二番】 インドネシアの..+ 6372
【偽装】 フィリピンの退..+ 6314
【醜悪】 下院議長の椅子..+ 6079
【不振】 コロナ禍で 9月..+ 5331
【累計】 10月末現在 新型..+ 5078
【連続】 ルソン島南部の..+ 4505
【重要】 セブ市の新型コ..+ 4159
【甚大】 ルソン島北部の..+ 4113
【影響】 新型コロナ感染..+ 4096
【実質】 史上初 GDP3期(1..+ 3494
【工業】 常石造船 セブ..+ 3248
【苦境】 フィリピン航空..+ 3084
セブで考える外交官の質と..+ 1261
セブで考える醜悪な東京オ..+ 1046
セブから飛んだ特攻機+ 1038
【新設】 3ヶ所目となる在..+ 1027
墓にも階級制があるフィリ..+ 1022
セブで食べるキビ団子とト..+ 1010
台風『ヨランダ』から7年 ..+ 1000
セブで思う007の訃報+ 994
21ドゥテルテ政権下のジャー..+ 985
22セブで思うトランプの敗北+ 982
23外交官の品格とは+ 930
24+ 886
25【大幅】 2020年GDP成長率予..+ 873
26【承認】 2021年度国家予算..+ 754
27【実情】 コロナ禍で 貧..+ 658
28【労働】 コロナ禍で海外..+ 648
29コロナ禍のセブ島の様子+ 644
30【選挙】 2022年大統領選 ..+ 605
31セブで迎えるコロナ禍のク..+ 497
32セブで思う日本の駄菓子屋..+ 482
33セブのヨット・ハーバーに..+ 408
34【逮捕】 セブの空港で ..+ 386
35セブで選ぶ2020年 世界の10..+ 140
36【累計】 新型コロナ感染..+ 90
37セブで選ぶ2020年 日本の10..+ 25
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:862,428 今日:8 昨日:160
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.