フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで思うトランプの敗北 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで思うトランプの敗北
 

 2020年アメリカ大統領選挙の開票を巡って混乱していると報道は伝えているが、それは誤りで通常と変わらないという見方もある。 

【クリスマスまでにはアメリカのゴタゴタも終わるだろう】 

開票が長引いているのは記録的な投票率によって投票数が想定以上に増えて事前に用意していた開票人員と機器の対応と用意が間に合わず、また郵便投票が激増してその手間が増えているためで、開票作業そのものには混乱はなく物理的な問題のようだ。 

また、開票作業というのは日本の場合、自治体で速さを競って自慢するように投票日夜からの開票で深夜には判明してしまうが、これは日本人の勤勉性と深夜作業は当たり前という風土から来ているもので、アメリカは勤務時間終了の午後5時になれば開票作業を行わない自治体も多く、これが票数がなかなか動かない一因になっている。

 国が違えばやり方は違っていても当然で、それを日本と比べて遅いだとか混乱していると、さも問題がある様に報道している日本のメディアの取り上げ方の方に問題があるのではないか。

 今回2020年選挙の大勢が決しているのは明らかで、それに対してトランプはみっともなさを世界中に発信しているが、元々、この人物の地であるからただ呆れるばかりだが、アメリカ人の恥を拡散していることには間違いない。

 自陣の選挙の形勢が悪くなると『あれはインチキだ』とトランプは吠えまくっていて、特に郵便投票分が開票されてからは郵便投票そのものがインチキだといい出しているが、郵便投票は元々制度としてあったもので、ルールが気に食わないから否定するなど言語道断だが、それに煽られて追随する支持者連中もかなり頭の中味は劣る。

 さて、現在バイデンは選挙人264人を獲得し当選に必要な270人まであと6人に迫り、対するトランプは214人で、この2日以上数字が動いていない。

 あと6人を獲得すれば良く、注目されているのは6人の選挙人を抱えるネヴァダ州で、今の所僅差でバイデンはリードしているが、ごく一部のメディアしかネヴァダでバイデン勝利とは伝えていない。

 最新の発表によるとネヴァダではジリジリとトランプが票差を縮めているので、誤報を怖れてバイデン勝利と打ち出せないらしいが、過去の選挙結果を見るとネヴァダは民主党の強い州である。

 前々回、2012年大統領選はオバマが再選された選挙で、次の2016年ではヒラリーがトランプに敗れた選挙だが、この時でもネヴァダは民主党が勝利しているので、票差は僅差であろうがバイデンの勝利は固いのではないか。

 アメリカ大統領選は州ごとの選挙人を獲得するレースだが、その傾向を分析というのは大袈裟だが、俯瞰して見ると今回の選挙の結果が見えて来る。

 トランプが当選した前回2016年選挙の勝因は五大湖周辺の工業州、いわゆる『ラスト・ベルト』で勝利したことといわれるが、確かに2012年オバマ再選の時と比べると、その見方は合っていることが分かる。

 オバマの時はこれらの州を全部獲得し、フロリダでも勝利しているが、今回バイデンが勝利したアリゾナでは負けている。

 ところが今回の選挙結果状況を見ると、ヒラリーが失ったウィスコンシン、ミシガンでバイデンは勝ち、アリゾナでも勝っていて、しかも選挙人の多いペンシルベニア、ジョージアでバイデン勝利が有力になっている。

 トランプは決戦場としていたフロリダで勝利したから選挙に勝利したのだといっているが、元々前回選挙でトランプが勝った州であり守っただけに過ぎず、テキサスも同様で強がりの何物でもない。

 トランプが敗北したのは前回得た州を落とし、バイデンが従来の民主党地盤州を死守し、しかも5州で取り返したことによるもので、選挙を陣取りゲームと考えれば自明の理である。

 そういった事実を認めないというか認めたくないのがトランプで、裁判闘争に持って行って混乱状態を作り出しているが『悪足掻き』でしかなく、裁判そのものは毎回起きていることで行事の様なものである。

 このトランプの悪足掻きは、落選してしまうとトランプ自身は勿論、一族は破産し脱税などの容疑で訴追され刑務所の塀の内側に落ちるという見方があるためで、何が何でもそれを避けたいトランプだが、汚いことは何でもやるさすがのトランプも投票結果には手を上げるしかないであろう。

 こうして、世界中の目を釘付けにするアメリカ大統領選だが、前回の2016年時には共和党はトランプ-ペンス、民主党のヒラリーと組んだのは誰だか思いだせず、調べてみるとティム・ケインであったが記憶に残る名前ではない。

 この人物は民主党の強い東部、元ヴァージニア州知事、副大統領選落選後も上院議員を務めるが、この州は今回もバイデン勝利であった。

 ではその前の2012年選挙では民主党は再選を狙うオバマと今回大統領選に出て勝利間違いないバイデンで、考えてみればバイデンも雌伏何年という人物といって良く、そういう意味では天晴ではないか。

 その時のオバマに対抗した共和党側は全く記憶になく、こちらも調べてみるとミット・ロムニーポール・ライアンで、ロムニーは民主党の強い東部の元マサチューセッツ州知事、上院議員を務め共和党の中で公然と反トランプをいっている人物だが、こちらの方は記憶に残る。

 一方の副大統領候補として組んだポール・ライアンは下院議長までやった人物だが、昨年をもって下院議員職から引退しているがまだ50歳で、確か引退理由は家族のためと聞いたような気もするがアメリカらしい身の引き方ではある。

 こうして、過去の選挙は誰と誰が戦ったなど忘れてしまうもので、世紀の接戦といわれる2020年アメリカ大統領選も、誰と誰が候補者であったかなど忘れてトランプという頭のイカレた大統領が再選出来なかったなという程度の記憶になってしまうのではないか。 



Updated: 2020/11/08 (日)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 2020年は新型コロナに始まって新型コロナで終わった年と記憶に刻み付けられるが、このままコロナの猛威は2021年も続き、その先もどうなるか分からない。【写真-1 フィリピンの浅瀬..   | 2020-12-26
 日本のニュースで東京の『駄菓子屋』のことを書いた記事があった。筆者はフィリピン関係の記事を主に書いていたが、そちらの方面にも関心があったのかと興味深く読んだ。【写真-..   | 2020-12-19
 12月14日現在のフィリピンの新型コロナ感染者数は451839人、死者は8812人と発表されている。 相変わらず感染は収まっていないが1日当たりの感染者数が1千人台半ばとなっていて、以前..   | 2020-12-16
 11月末現在でフィリピンのコロナ感染者累計は43万人を超えた。日本の感染者数は同時期に15万人に迫っていて、総人口はほぼ同じの国なのでフィリピンは日本の3倍近く罹患しているか..   | 2020-12-07
 外交官として国を代表して派遣される者を普通は『大使』と呼んでいるが、正確には『駐箚特命全権大使』といい、駐箚(ちゅうさつ)とは公務員が国の命令によって派遣されて駐在す..   | 2020-11-27
11月10日、台風が相次いで襲来して洪水、浸水騒ぎの起きている最中、ルソン島中部にあるパンガシナン州(人口300万人超)で、週刊誌のコラム執筆や地元ラジオ局でコメンテーターを務..   | 2020-11-20
10月最後の30日深夜に『ショーン・コネリー』の訃報がニュースで流れた。享年90と聞いて『007も年取ったな』と思ったが、まだ生きていたのかという気もした。 【写真-1 日比谷の..   | 2020-11-16
 2013年11月8日、100年に一度といわれた巨大台風『ヨランダ(30号)』がヴィサヤ地方を襲い、未曽有の被害をもたらし、それから丸7年経ったが、セブの新聞で報道されなければ思いだ..   | 2020-11-13
 2020年アメリカ大統領選挙の開票を巡って混乱していると報道は伝えているが、それは誤りで通常と変わらないという見方もある。 【クリスマスまでにはアメリカのゴタゴタも終わ..   | 2020-11-08
  外交官として国を代表して派遣される者を普通は『大使』と呼んでいるが、正確には『駐箚特命全権大使』といい、駐箚(ちゅうさつ)とは公務員が国の命令によって派遣されて駐..   | 2020-11-02
12345678910,,,146
    
ニュース コラム ライフ
【逮捕】 セブの空港で 偽造..
セブのヨット・ハーバーにて
【選挙】 2022年大統領選 立..
セブで思う日本の駄菓子屋とサ..
【労働】 コロナ禍で海外に取..
【実情】 コロナ禍で 貧困化..
セブで迎えるコロナ禍のクリス..
【承認】 2021年度国家予算 ..
【大幅】 2020年GDP成長率予測..
コロナ禍のセブ島の様子
【新設】 3ヶ所目となる在日..
外交官の品格とは
【苦境】 フィリピン航空 破..
ドゥテルテ政権下のジャーナリ..
【工業】 常石造船 セブの経..
【重要】 セブ市の新型コロナ..
セブで思う007の訃報
【甚大】 ルソン島北部の台風..
【影響】 新型コロナ感染者40..
台風『ヨランダ』から7年 進..
21【実質】 史上初 GDP3期(1月..
22セブで思うトランプの敗北
23【連続】 ルソン島南部の台風..
24セブで考える外交官の質とは
25【累計】 10月末現在 新型コ..
26墓にも階級制があるフィリピン..
27
28【偽装】 フィリピンの退職者..
29セブで食べるキビ団子とトウモ..
30【不振】 コロナ禍で 9月の..
31セブから飛んだ特攻機
32【二番】 インドネシアのコロ..
33セブで考える醜悪な東京オリン..
34【醜悪】 下院議長の椅子を巡..
35セブで思うアメリカ大統領の狂..
36【一番】 セブ島とヴィサヤ地..
37【雇用】 コロナ禍で 9月の..
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【一番】 セブ島とヴィサ..+ 6357
【二番】 インドネシアの..+ 6092
【偽装】 フィリピンの退..+ 6060
【醜悪】 下院議長の椅子..+ 5852
【雇用】 コロナ禍で 9月..+ 5609
【不振】 コロナ禍で 9月..+ 5132
【累計】 10月末現在 新型..+ 4940
【連続】 ルソン島南部の..+ 4344
【重要】 セブ市の新型コ..+ 4026
【甚大】 ルソン島北部の..+ 3999
【影響】 新型コロナ感染..+ 3982
【実質】 史上初 GDP3期(1..+ 3379
【工業】 常石造船 セブ..+ 2918
【苦境】 フィリピン航空..+ 2540
セブで考える外交官の質と..+ 1210
セブで考える醜悪な東京オ..+ 1032
セブから飛んだ特攻機+ 1018
墓にも階級制があるフィリ..+ 1005
セブで食べるキビ団子とト..+ 997
セブで思うアメリカ大統領..+ 977
21【新設】 3ヶ所目となる在..+ 947
22台風『ヨランダ』から7年 ..+ 934
23セブで思うトランプの敗北+ 930
24ドゥテルテ政権下のジャー..+ 914
25セブで思う007の訃報+ 912
26+ 875
27外交官の品格とは+ 867
28【大幅】 2020年GDP成長率予..+ 783
29【承認】 2021年度国家予算..+ 672
30【実情】 コロナ禍で 貧..+ 579
31コロナ禍のセブ島の様子+ 543
32【労働】 コロナ禍で海外..+ 517
33【選挙】 2022年大統領選 ..+ 488
34セブで迎えるコロナ禍のク..+ 423
35セブで思う日本の駄菓子屋..+ 409
36セブのヨット・ハーバーに..+ 330
37【逮捕】 セブの空港で ..+ 272
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:861,855 今日:99 昨日:183
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.