フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで選ぶ2020年 世界の10大ニュース - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで選ぶ2020年 世界の10大ニュース
 


【写真-1 フィリピンの感染者は50万人を超えた

 

1) 新型コロナ大流行で世界は恐々-

2020年がこんな年になるとは誰も思っていなかった。全世界で7800万人以上が感染、死者は171万人を数えるというから第2次世界大戦以来の惨禍といっても過言ではない。この時点で感染者数の多い国順は、アメリカ1820万人死者32万人、インド1000万人死者14万人、ロシア726万人死者18万人で、日本の感染者20万人、フィリピンの46万人など可愛らしいくらいである、流行は2021年も続き、東京オリンピックなど吹き飛ぶのではないか。

 

(2) 大統領選でトランプ落選-

トランプの様なならず者をようやく駆逐したアメリカを評価する向きは多いが、あんな馬鹿者に投票する人間が投票者の半数に迫る、7000万人を超えたことから、アメリカ型民主主義は試合には勝ったが勝負には負けたといって良い。選挙後の動きでもアメリカ人の劣化を改めて知らしめたが、2021年のトップ・ニュースは『トランプ逮捕』になりそうだし、なって欲しい。

 


【写真-2 中央の古い建物は香港の最高裁判所

 

(3) 中国による香港の自由圧殺-

トランプに劣らず中国共産党の香港に対する圧政、弾圧は酷いもので、なりふり構わずだが、中国の多数派を占める漢民族の本質はそういう所にあり、それが自慢する『中国4000年の歴史』を作っている。それにしても、あれほど盛り上がった香港の運動はどこへ行ったのかと思うが、利に敏い広東人の本質が出たのであろう。それでも世界中で声を挙げ続けないと香港の自由は死に至るが、この点でも日本の政府は本当に駄目な見本。

 

4) 核兵器禁止条約の発効-

唯一の被爆国なのに全く核兵器に対して鈍感な日本の政府と国民。日本は反対票を投じる無様さでいつまでも被害者面するなと批判される始末。こういった条約は署名と批准は別物で、50ヶ国の批准が成されないと発効しないが、10月にホンジュラスが50ヶ国目となって20211月に発効する。しかし核保有国は全て無視だからこの条約も看板だけとなりそうだが、始めの一歩であることは間違いなく、希望は繋がる。

 

(5) 株式市場の異常な高騰-

コロナ禍で世界の国は経済成長はマイナスとなり、ほとんどの業種も影響を受けている。こういった経済状況なら景気の動きに敏感であるはずの株式がどういう訳か高騰して、アメリカでは3万ドルに達し、日本もバブル以来の高値を回復した。この様に経済原則とかけ離れた高騰は自滅行為だが、コロナは少数の資産家が肥る構造を明らかにしたが、投機資本主義の終焉を予感させる。

 

6) 世界食糧計画にノーベル平和賞-

ノーベル賞もロビー活動で決まるというのは昔からいわれているが、特に平和賞はその動きが露骨で、名誉欲にかられた政治家連中が毎回蠢いている。今年は国連機関の受賞となったが、こういう大組織に贈るというのは当たり前過ぎて、もう少し知恵を絞ったらどうかと選考側に物申したい。

 


【写真-3 バンコクの寺院にて

 

7) タイの王政批判デモ-

王室に対する『不敬罪』があるためか、タイ国民の王室への畏敬感は少々異常ではないかとタイへ行く度に思っていたが、新国王になった人物の尋常ならざる人間性から若者を中心に王室批判が噴出し、以前では考えられなかったデモが発生。根本は王室、軍など既存勢力との闘いであり道は険しい。

 

8) 中国の経済侵略への反発-

好むと好まざると中国の世界経済への影響は大きいことは事実で、嫌中だとか反中などといっていられる時代ではない。しかし、中国の一党独裁体制は奇形であり、経済発展を巧妙に絡めた新帝国主義といっても良い新興国への経済支配が活発。特に『一帯一路』政策は要注意だが、党と企業が組んで進めているから強いといえば強く、自滅を待つしかないのだろうか。日本など中国を知り、アメリカの仲間と遇されているから両者の間で上手に立ち回れる立場と思うが、政財界は腰砕けの風見鶏で、これでは両方の国から馬鹿にされる。

 

9) ロシア・プーチンの永久独裁化-

全くしぶとい人物だが、プーチンに限らず、アメリカのトランプ、中国の習、そして日本の安倍と独裁、権力の強化が目立った。アメリカはまだ選挙が機能しているからトランプを追い落とすことは出来たが、プーチンなどはインチキ選挙で正当化を図り、とうとう死ぬまで最高権力者に居座れる様になった。中国の習は元々選挙のない国だから談合、権力闘争で成り上がって君臨するが、どのような強力な王朝も必ず滅ぶのが中国4000年の歴史でもある。

 

10) レバノン・ベイルート港での大爆発-

こういことがあるという見本のような爆発事故にはビックリした。84日午後6時過ぎ、港の倉庫に保管されていた硝酸アンモニウム2750トンに溶接の火花が引火して爆発。死者203人、負傷者6500人以上を数え、30万人以上が家屋の損壊など大被害を受けた。広島の原爆の10分の1の爆発力があったと推定され、核爆弾以外では史上最大の爆発といわれている。6年間も危険物を保管していた当局に批判が集まり、その後内閣総辞職に発展するが、一時は反政府組織の犯行ではないかとの観測も出たが考え過ぎ。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2021/01/18 (月)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
フィリピン最大のファストフード企業は『ジョリビー』で、元々は1970年代にマニラ首都圏ケソン市内にあるクバオでアイスクリームの屋台を出していたのが、今やフィリピンを代表する..   | 2021-02-25
 日本で1年延期、今年7月開催予定の2020東京オリンピックの風向きが怪しくなっていて、内外から中止あるいは再延期といったニュースが、年を明けた頃から多く流れるようになった。&nb..   | 2021-02-21
 ミャンマーには2014年6月に一週間近く旅行をしたが、雨季の真っ最中で、ヤンゴン国際空港へ降りる直前の眼下に見えたミャンマーの農村地帯は、赤茶けた色の泥濘の中に浮かんでいる..   | 2021-02-08
 新型コロナ感染者が52万人を超えたフィリピンは、昨年3月半ばから発令された防疫措置の規制の強さは変わっても長期間継続中で、そのために国民の間には飽きと慣れが生じていて、こ..   | 2021-02-04
日本でまだ許可のされていない新型コロナ・ワクチンを、既に接種した金持ちが相当数いると話題になったが、伝わる数は10数人程度と可愛いもので、日本同様ワクチン接種はまだ許可さ..   | 2021-01-24
【写真-1 銀座通りを走る観光バス】   (1) 新型コロナ大流行に油断した日本-  12月に入って感染者は激増し、現在21万人を超え死者は3200人以上に達している。特に1日当..   | 2021-01-20
【写真-1 フィリピンの感染者は50万人を超えた】   (1) 新型コロナ大流行で世界は恐々- 2020年がこんな年になるとは誰も思っていなかった。全世界で7800万人以上が感染、..   | 2021-01-18
 2020年は新型コロナに始まって新型コロナで終わった年と記憶に刻み付けられるが、このままコロナの猛威は2021年も続き、その先もどうなるか分からない。【写真-1 フィリピンの浅瀬..   | 2020-12-26
 日本のニュースで東京の『駄菓子屋』のことを書いた記事があった。筆者はフィリピン関係の記事を主に書いていたが、そちらの方面にも関心があったのかと興味深く読んだ。【写真-..   | 2020-12-19
 12月14日現在のフィリピンの新型コロナ感染者数は451839人、死者は8812人と発表されている。 相変わらず感染は収まっていないが1日当たりの感染者数が1千人台半ばとなっていて、以前..   | 2020-12-16
12345678910,,,147
    
ニュース コラム ライフ
フィリピンの『ジョリビー』の..
【操作】 次期大統領選 世論..
フィリピンのオリンピック関心..
【捜査】 82歳邦人独居女性強..
【通達】 コロナウイルス防疫..
セブから見たミャンマーのクー..
【独占】 フィリピン初の地下..
セブで走るトラックの荷台に乗..
【調査】 フィリピンの新型コ..
【英雄】 5000ペソ記念紙幣 ..
フィリピンのワクチンを巡る怪..
【整理】 フィリピン日産 組..
セブで選ぶ2020年 日本の10大ニ..
【累計】 新型コロナ感染者数..
セブで選ぶ2020年 世界の10大ニ..
【逮捕】 セブの空港で 偽造..
セブのヨット・ハーバーにて
【選挙】 2022年大統領選 立..
セブで思う日本の駄菓子屋とサ..
【労働】 コロナ禍で海外に取..
21【実情】 コロナ禍で 貧困化..
22セブで迎えるコロナ禍のクリス..
23【承認】 2021年度国家予算 ..
24【大幅】 2020年GDP成長率予測..
25コロナ禍のセブ島の様子
26【新設】 3ヶ所目となる在日..
27外交官の品格とは
28【苦境】 フィリピン航空 破..
29ドゥテルテ政権下のジャーナリ..
30【工業】 常石造船 セブの経..
31【重要】 セブ市の新型コロナ..
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【重要】 セブ市の新型コ..+ 6405
【工業】 常石造船 セブ..+ 4544
【苦境】 フィリピン航空..+ 4448
【新設】 3ヶ所目となる在..+ 2571
【実情】 コロナ禍で 貧..+ 2043
【大幅】 2020年GDP成長率予..+ 1896
【労働】 コロナ禍で海外..+ 1738
【逮捕】 セブの空港で ..+ 1730
【承認】 2021年度国家予算..+ 1674
【選挙】 2022年大統領選 ..+ 1613
外交官の品格とは+ 1486
ドゥテルテ政権下のジャー..+ 1419
コロナ禍のセブ島の様子+ 1174
セブで思う日本の駄菓子屋..+ 1017
セブで迎えるコロナ禍のク..+ 1003
【累計】 新型コロナ感染..+ 994
セブのヨット・ハーバーに..+ 828
【整理】 フィリピン日産..+ 786
セブで選ぶ2020年 世界の10..+ 541
【独占】 フィリピン初の..+ 531
21【英雄】 5000ペソ記念紙幣..+ 489
22セブで選ぶ2020年 日本の10..+ 422
23【調査】 フィリピンの新..+ 412
24【通達】 コロナウイルス..+ 326
25フィリピンのワクチンを巡..+ 324
26セブで走るトラックの荷台..+ 262
27セブから見たミャンマーの..+ 235
28【捜査】 82歳邦人独居女性..+ 123
29フィリピンのオリンピック..+ 82
30【操作】 次期大統領選 ..+ 40
31フィリピンの『ジョリビー..+ 18
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:868,292 今日:242 昨日:258
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.