フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで観る映画 『東京オリンピック』 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで観る映画 『東京オリンピック』
 

 インターネットで過去のオリンピックの公式記録映画を観られるHPがあって、どうせ都合の良い所を編集した宣伝映画だろうと思って覗いたら、劇場公開された市川崑監督の1964年『東京オリンピック』映画がそのまま観られた。

 

【写真はそのポスター】

 

 映画『東京オリンピック』は1965年に公開され、小生は同級生と一緒に上野駅前にあった上野東宝で観ていて、インターネットとはいえ2度目の鑑賞となったが、どの場面も全く記憶に残っていなくて初めて観る映画と同じであった。

 

 上野駅前にあった東宝映画というのは西郷の銅像の建つ山側に建つビルにあり、隣は洋画の上野宝塚、並んだビルには上野松竹があってその地下には小さな上野大映があった記憶を持つが、近年再開発されて『上野さくらテラス』というガラス張りの複合施設に変わりながら映画館は全て消えてしまった。

 

 その上野東宝で映画『東京オリンピック』を観たのだが、一番記憶に残っているのは映画を観ながら友人と映し出される場面に対して『ああだこうだ』としゃべっていて、前の座席に座る人から『うるさいから静かにしろ』と注意されたことであった。

 

 映画鑑賞中の会話ほど気に障ることはなく、自分自身も黙って映画を観るのは徹底していたつもりだが、この時はどうしたものなのか友人と会話をする御法度を犯してしまい、今思うとそれだけ問題の多かった映画であったためなのかも知れない。

 

 ちなみに当時の映画館入場料はいくらなのかと調べたら、封切りで300円と分かったが洋画の方はもう少し高かったかもしれないが、当時の喫茶店で飲むコーヒーは一杯70円から80円だから4倍くらいの値段となる。

 

 これが2020年代となると映画の入場料は1800円、一方コーヒーは安いチェーン店は別にして喫茶店で500円はするから、3倍チョッとで互いに値段の上では大きい変化はないが、200円で飲めるチェーン店と比較すると映画入場料は9倍にもなる。

 

 コーヒー店経営は流通の段階からコスト・カットの出来る業種で、昔の興行形態とあまり変わることの出来ない映画館はコスト・カットの難しい業種なのかも知れず、この先も生き残るには大変と思われる。

 

 それでもシニア料金1000円などを設けてお客の獲得をしているが、コーヒー500円の時代を考えると苦しいのは確かで、これが単館で経営することは諦めてシネマ・コンプレックスという形でショッピング・モールに集成しているが、フィリピンも同じだが映画鑑賞よりモールの客寄せのような感じがする。

 

 封切りで300円くらいと先述したが、池袋にあった旧東武デパート内に名画座があって、駅の券売機のようなものに100円硬貨を入れて、レバーをガチャンと押すと鉄道の切符と同じ大きさの入場券が出て、ここではプレスリーの映画や『怒りの葡萄』などの名作も数多く観た。

 

 さて『東京オリンピック』に戻るが、半世紀ぶりに観て一コマも思い出せなかったと書いたが、例えばそれ以前に公開された黒澤明映画『用心棒』や『椿三十郎』などの印象的な場面などはいくつも思い出せるから不思議な感じもするが、劇映画とドキュメンタリーとの違いなのかも知れない。

 

 『東京オリンピック』の監督は最初に黒澤に話が行き断られ、その後当時の巨匠監督今井正、今村昌平、渋谷実、新藤兼人に話が行き、最終的に市川崑が監督することになった経緯を持つが、黒澤が監督していたらまた別のドキュメンタリー映画になっていたのではと思うがない物ねだりである。

 

 市川崑は1915(大正4)年に生まれ、2008(平成20)年に92歳で没しているが、その監督作品は文芸物から社会物、娯楽物、テレビ作品、コマーシャルとジャンルを選ばず作っていて本人はどう思っていたか知らないが映画『職人』といって良い。

 

 小生が市川映画に注目したのは、京橋にあった近代美術館内のフィルム・ライブラリーで、そこでは定期的に名作映画を上映していて、この時は映画雑誌『キネマ旬報』で選んだベスト・ワンを連続的に上映する特集で、今思えばずいぶん贅沢な企画であったが毎日のように通った。

 

 この時上映されたのが1960年作の『おとうと』で、何だか淡い感じのする映画でこれがキネ旬でその年最高の映画に選ばれたのかと不思議に思ったが、主演の岸恵子の美しさには目を瞠ったが、岸はこの映画の3年前に25歳でフランス人監督と結婚している。

 

 この映画を観たのが市川作品初めての様に書いているが、実は1956年作品『ビルマの竪琴』を観ていて、封切り当時ではなく中学校の映画鑑賞会で観た様な記憶があり、その時は誰が監督であったか興味はなかった。

 

 市川崑は敗戦時には30歳で、当然徴兵されている年齢だが本人は持病のために2度の徴兵を免れていて、それなりに当時の男としては屈折した感情を持つのではと思うが、戦争に関する映画作品は『ビルマの竪琴』とフィリピン・レイテ島を舞台にした大岡昇平原作の1959年の『野火』くらいしか見当たらない。

 

この他テレビ作品で1990年に3時間の『終戦45年ドラマ・スペシャル 戦艦大和』をフジ・テレビで演出しているが、戦争に関係する作品はこれだけであり、戦争についてどう思っていたのかは作品の上では分からない。

 

 映画『東京オリンピック』に戻ろう。この映画は2時間40分以上ある大作で、上野東宝で観た時もこれ一本立てだと思うが、今回観てその長さに飽きることなく、途中で眠る様なことはなく、それだけ良かった作品の証にもなる。

 

 この映画の完成当時に時の自民党大臣から『記録性がない』と批判され物議を醸したが、今観てもかなり前衛的な作りになっていて古さを感じさせずやはり傑作の感を抱くが、この時の動きを見ると、今のようにコソコソと裏で陰険に圧力を加えて表現の自由に圧力を加えるのと違って、同じ自民党でもかなりオープンな時代であった様な気がする。

 

 画面の一つ一つに全く記憶はないと書いたが、登場する選手達の名前は良く覚えていて、これはやはりテレビや新聞が熱狂的に報道したため頭の中に刷り込まれた結果と思うが、ゴタゴタ続きの2020大会は興味がないせいもあるが選手の名前など全く頭に残っていない。

 

 映画では1964年大会の競技場内や沿道での熱狂的な応援風景を巧みに捉えていて、またその頃の東京は高い建物もなく都電も走っていた様子もフィルムに写り、競技だけを追うのがオリンピック・ドキュメンタリーでないことが分かる。

 

特に今回は無観客大会となりそういった競技を見る人々の様子がほとんど撮れないという特異な大会であり、2020年大会記録監督となった河瀨直美は相当難しい映画作りに追われるのではないかと思える。

 

 河瀨は海外で評価の高い監督で、最初の商業作品として制作した『萌の朱雀』で、第50回カンヌ国際映画祭新人監督賞を史上最年少の27歳で受賞し、2007年の第60回カンヌ国際映画祭では『殯の森』がグランプリを受賞している。

 

 どちらの作品も観ていないのでどういう作風の監督か分からないが、実は2015年に公開した『あん』をインターネット上で観ていて、この時は樹木希林の最後の主演作ということで観たもので監督が河瀨であることは知らなかった。

 

 この映画では樹木希林の演技ばかりに気を取られてしまい、作品自体はどうであったか印象は薄いが、底流にハンセン病を扱っていてそういう作風の監督が、『ただの大運動会』と不評の2020東京オリンピックをどう切り取って表現するか、映画好きとしては興味はある。

 

 冒頭に書いたオリンピックの公式映画を観られるHPのことを書いたが、同HPで一番古い映画は1912年第5回ストックホルム大会があり、1924年から始まった冬季オリンピック第1回のシャモニー大会の映画が観られる。

 

 となると、オリンピック映画はもとよりドキュメンタリーとして最高傑作といわれる1936年第11回ベルリン大会のナチス礼賛の『民族の祭典』も観られるかと思ったら、リストからは外れていて、何か政治的な理由で見せないのであろうか。

 

 その後、戦後に開催された夏季、冬季とも毎回しっかり公式記録映画は撮られ、同HP上で公開してあり、札幌、長野も勿論観られるがあまり観たいと思わなく、市川崑作品だけで充分という感じ。 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2021/08/12 (木)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
   日本ではこの10月14日(木曜日)に衆議院の解散、19日(火曜日)告示、31日(日曜日)投開票という日程で決まったが、告示から投開票までの期間が12日間、即ちそれだけの期間..   | 2021-10-21
 新型コロナ用ワクチンは従来のワクチン製造法とは違い、遺伝子操作とかつ余りにも早い開発と実施から今一つ信頼性を持てず、今日まで接種を控えていたが2つの理由から接種するこ..   | 2021-10-12
 フィリピン政府は現在発出している『非常事態宣言』を来年9月12日まで1年間の延長を決めたが、日本のように2週間から1ヶ月という細切れで恐る恐る漫然と延長を重ねているよりは方針..   | 2021-09-22
 新型コロナ・ウィルスが次々と変異して行くのはウィルスの性質上予測されていたが、その変異株の呼び方を当初は発生国の名称を付けていたが、差別を助長するとWHOがギリシア文字を..   | 2021-09-17
 入国管理局、略して『入管』、英語だとImmigrationなので『イミグレ』と呼ばれる役所は、海外旅行をした時に入国と出国時に必ず通過する場所であり、それなりにお馴染ではあるが『管..   | 2021-09-08
 現大統領のドゥテルテが当選した2016年以降の日本のODA(日本の税金)がフィリピンでいかに使われているかを検証したい。  【写真はJICAフィリピン事務所が入るマカティ市のビル..   | 2021-09-03
 フィリピンはフィリピン人の国とひと口に語られるが、世界でも有数の多民族で構成されている国で、どのくらいの部族がいるのか分類によって数は変わるが、一説には200を超えるとい..   | 2021-08-27
 強行開催されたオリンピックなど早く終わってくれと思っていたのは小生だけではないと思うが、セブに住んでいると日本のテレビは映らないから、馬鹿騒ぎをしているオリンピック特..   | 2021-08-19
 この間、フィリピンに対する日本のODA(政府開発援助)資料を見ていたら、セブとマクタン島に4番目の橋を架けるプロジェクトが決まっていることに驚いたが、地元セブ発行の英字紙..   | 2021-08-17
 インターネットで過去のオリンピックの公式記録映画を観られるHPがあって、どうせ都合の良い所を編集した宣伝映画だろうと思って覗いたら、劇場公開された市川崑監督の1964年『東京..   | 2021-08-12
12345678910,,,150
    
ニュース コラム ライフ
【物流】 フィリピンに戻って..
フィリピン2022年選挙報告-(1..
【評価】 フィリピン初のノー..
セブでコロナ・ワクチン接種を..
【栄冠】 セブ市代表が ミス..
【策士】 支持率低下は 娘を..
フィリピンのワクチン接種はど..
【前進】 フィリピン在住の邦..
フィリピンの学校は1年半以上..
【汚職】 政権末期に噴出する..
【犯罪】 大量の違法薬物摘発..
日本の入管(イミグレ)の闇と..
【現実】 フィリピン航空 ニ..
セブで考えるフィリピンで使わ..
【累計】 新型コロナ感染者数..
セブで考えるフィリピン人のル..
【買物】 セブで知られたスー..
セブで考える広島と長崎の原爆..
【疑惑】 保健省の不明朗会計..
セブ-マクタンに架かる4番目..
21【数字】 コロナ禍のGDP第2四..
22セブで観る映画 『東京オリン..
23【結果】 獲得メダルは 史上..
24セブで考えるミャンマーの軍事..
25【猛波】 セブ市と近隣市 コ..
26日本のODAのフィリピンでの使わ..
27【商機】 マクタン島に 新た..
28【対策】 フィリピン在住の邦..
29暗殺野放しのドゥテルテ政権
30【逃亡】 フィリピンに12年潜..
31セブで考える1964年と2020年東京..
32【金欲】 メダルを獲ったら莫..
33セブで考えるフィリピンと日本..
34【架橋】 第3セブ-マクタン..
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【架橋】 第3セブ-マクタ..+ 885
【商機】 マクタン島に ..+ 819
【逃亡】 フィリピンに12年..+ 763
【金欲】 メダルを獲った..+ 701
【対策】 フィリピン在住..+ 701
【数字】 コロナ禍のGDP第2..+ 684
【結果】 獲得メダルは ..+ 575
【疑惑】 保健省の不明朗..+ 572
【累計】 新型コロナ感染..+ 524
【猛波】 セブ市と近隣市..+ 517
【買物】 セブで知られた..+ 472
日本のODAのフィリピンでの..+ 441
セブで考える1964年と2020年東..+ 422
暗殺野放しのドゥテルテ政..+ 407
セブで考えるフィリピンと..+ 401
【現実】 フィリピン航空..+ 398
セブで考えるフィリピン人..+ 387
【犯罪】 大量の違法薬物..+ 384
セブで観る映画 『東京オ..+ 378
セブ-マクタンに架かる4番..+ 350
21【汚職】 政権末期に噴出..+ 330
22日本の入管(イミグレ)の..+ 279
23セブで考える広島と長崎の..+ 257
24【前進】 フィリピン在住..+ 255
25セブで考えるミャンマーの..+ 245
26【栄冠】 セブ市代表が ..+ 239
27フィリピンのワクチン接種..+ 214
28【策士】 支持率低下は ..+ 205
29セブで考えるフィリピンで..+ 194
30フィリピンの学校は1年半以..+ 167
31【評価】 フィリピン初の..+ 123
32【物流】 フィリピンに戻..+ 60
33セブでコロナ・ワクチン接..+ 58
34フィリピン2022年選挙報告-..+ 37
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:903,675 今日:55 昨日:119
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.