フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブで食べるコロナ禍のピザ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブで食べるコロナ禍のピザ
 

 2回目のワクチン接種を終えて、これで安心という訳にはいかないが帰りにどこかで食事をということになった。1回目の時は久し振りの外出でやはりどこかで食事と考えたが、やはり用心をしてドライブ・スルーでハンバーガーを買って家で食べたことを以前書いた。 



 今回久し振りの外食ということで、今まで行ったことのないイタリアン・レストランの店にしたが、このコロナ禍で営業しているのかと電話をしてみたら、やっているとのことでワクチン接種会場から直行する。

 

 セブにはイタリアン・レストランが多く、そのほとんどの店は行っているが、今回は名前だけしか知らず、その場所も分かり難いオールド・セブにあり、このオールド・セブというのは勝手に小生が名付けた地域で、大樹に囲まれて昔から建つ大邸宅が多かった。

 

 ところが、市内の一等地でもあるためにその大邸宅の敷地が次々とマンションに建て替えられ、趣の在った家が次々と消えてしまって、かつての面影は薄れつつも、まだ、大邸宅は残っていて行ったレストランがそういった邸宅を利用して営業をしていた。

 

 店は昼時ということもあって客は多いが、本来防疫措置としてレストランは体温検査、手指の消毒、遮蔽版を設ける、定員制限などの規制はあるが、そんな物は全くなく、しかも10数人以上が葬式帰りなのか密になって大声で会食中。

 

 後から来た客もマスクなど何のそので、唯一マスク着用しているのは我々とサービスをするウェイトレスだけで、基本的な規制もこのようなザル状態ではフィリピンでコロナが終息するのは難しいと思った。

 

 それはさておき、前菜としてアンティパストを頼むが、生ハム、サラミの定番物にチーズ、トマト少々で、このアンティパストもレストランによって中身は大きく違い、その基本はイタリア人オーナーの出身地次第だという。

 

どこのイタリアン・レストランへ行っても頼むのはアグリオレで、このニンニク、唐辛子をオリーブ油で炒めた塩味だけのパスタは、その単純性から中華の炒飯と同様レストランの味と腕を推し量る一品で、今回の店はニンニクが良く効き塩加減も良かった。

 

 さて、たまには変わったピザを選ぼうということで、メニューを覗いていたら上に青葉を乗せたピザの写真が目に入った。普通、この手の青い葉はバジルになるが、これはルッコラが乗っていて珍しいなと思って注文。

 

 ルッコラというのはイタリアの呼び方で、今でこそセブでもスーパーなどで売っているが姿を現したのは数年前で、サラダに使う新しい葉物になるが、この手の葉物でやはり出回っているのはサンチュで、これは韓国焼肉で使われセブの韓国レストランの多さから商売になるのであろう。

 

 こういった葉物はかつてはルソン島の山岳部にあるバギオ産で、それ故セブで手に入れるのは高価、しかも鮮度は落ちたが、セブでも500m以上の高地で栽培するようになってかなり値段も安くなり、品質も良くなった。

 

 出て来たのが写真のピザで、直径は40センチほどあってかなり大きいが、下地は薄く上に乗せたルッコラに濃淡があるのは恐らく冷蔵庫で保管し低温で霜焼けしたようで水っぽく、ルッコラ特有の苦みと辛さは飛んでいた。

 

 ただし味の方はハムの塩味がチーズと相まって悪くなく、わざわざ古いルッコラを上に乗せなくても充分で、多分あまりこのピザを注文する客は少ないためにこんな具合になったのであろうが、それであったら生バジルを乗せた方が良かった。

 

 コロナ禍ではレストランに行くことはなくなり、ピザの場合時々家人に買ってきてもらって食べたことはあるが、セブ市内でレストランに入って食べたのは1年半以上ぶりになる。

 

セブ市内とわざわざ書いたのはセブ島北に遠出をした時に途中でレストランで食べたためで、それでもこの1年半で片手程度で、地方へ行くほどコロナ防疫の意識が薄いこともこれらレストランへ行った時に感じるが、地域で発生する感染者数と比例していることもある。

 

 小生はピザが格別好物という訳ではないが、フィリピンの人はピザが大好きなようで、それに連れて値段もピンからキリのピザの店があり、それでも冷凍輸送の発達によりこんな田舎にと思うような所にチェーン店があったりするから、それなりに需要はあるのだろう。

 

 ピザを小生が初めて食べたのはいつの頃であったかと想い出しているが、記憶に残っていないというよりこどもの頃はピザなどを食べさせる店などなかった様な気もするし、ピザなのかピサなのか分からない時代でもあった。

 

 ただし、高校生の時に六本木にあるキャンティに行ったことがあり、この店が日本で最初にピザを食べさせるなどという話を聞いたことがあり、時代はまだ六本木に都電が走っていた頃である。

 

 その頃から六本木は東京の中でも異質に進んでいて、夜になって店の中を遮蔽式シャッターで隠すのではなく、格子状のシャッターを使って灯りを点けて中を明るく見せる店が通りに並んでいてその煌びやかさには目を瞠った。

 

 高校生で六本木界隈に出没していたのは同級生が六本木近くの神谷町に住んでいたためで、その同級生に連れられてアマンドだとか有名な店に行ったが、キャンティに関してはインテリアがチョッと違うなという印象を持ったが、食べたピザの味については記憶はない。

 

 このキャンティー、その昔の芸能業界では知られた店で当時のスターが常連だっと聞くが、こちらがそういうものに関心が薄かったせいか隣の席にその手の人間が座っていても気が付かなかったのではないか。

 

 キャンティーよりも記憶に残っているのは場所は六本木か青山にあったレストランで店内にヨットのドラゴン・クラスが置いてあり、ドラゴン・クラスは全長29.2フィートとかなりの大型艇でかつてはオリンピック・ヨット・レースの花形でもあった。

 

 そういった大型ヨットが何故、レストラン内に置かれているのか分からないが、木で造られた曲線の美しさは素晴らしく、こういうヨットを持てたらなあーと思ったが、今、その店がどこにあったか調べても分からず残念。

 

 ピザに戻るが、庭にビザ窯を作ってみようかと考えたことがあり、その原理は中米のホンジュラスで実際に庭の窯でパンを焼く方法をじっくり見ていて難しくないと思うが、肝心の耐熱煉瓦と耐熱セメントをセブで手に入れることが出来なく中断。

 

 しかし、セブのイタリアン・レストランで石窯で焼いているを売り物にしている店もあって見にも行っているが、どうも窯の材料は全部輸入品のようで材料をどこで手に入れているかまでの話には至らなかった。

 

 やはり、蕎麦やうどんと同じで自らの手で作るよりも、蛇の道は蛇というようにピザ作りも専門店で美味い物を食べた方が良いということなのかも知れない。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2021/11/08 (月)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1 近くの山の中には少数民族が住んでいる】  アメリカという国が史上初めて戦争で負けたといわれる『ヴェトナム戦争』は、1975(昭和50)年4月30日に南ヴェトナムの首都..   | 2022-04-29
 今年第1号の台風がフィリピン東方遥かに近づいていて、ここ数日セブは雨が降ったり止んだりの天気が続き、例年4月というのは1年中で1番暑い時期になり晴れた日が続くのだが今年は..   | 2022-04-12
 セブには大使館はないが自国民が多い、あるいは昔からの繋がりから正規の領事館を置いている国は日本、韓国、中国の3ヶ国のみで、この他フィリピン人を名誉領事に据え置いて代行..   | 2022-04-01
 日本に住んでいても役所へ行くなど年に1回もあればいい方で、ましてや海外暮らしで日本の役所、即ち日本の在外公館へ行くなどほとんどなく、前回いつセブの総領事館へ行ったのか..   | 2022-03-28
 2月9日に日本の新型コロナ累計感染者数はフィリピンを抜いが、その後も日本の感染者数は減ることはなく両国の差は開く一方である。 【写真-1 セブでは有名な病院前の緊急外来..   | 2022-03-10
 ウクライナに対するロシアの侵略戦争が激しさを増す中、世界は反ロシアの声は高まり、昨2日の国連総会でロシアに対しての非難決議が反対4ヶ国のみの圧倒的多数で採択されたと日本..   | 2022-03-06

   | 2022-03-04
 2月10日(木曜日)、フィリピン保健省発表の新型コロナ累計感染者数は3,627,5755人、かたや日本のNHK発表の累計感染者数は3,682,769人と、2020年から2年以上も騒いでいる中で初めて日本がフ..   | 2022-02-19
 2月8日(火曜日)、正副大統領、上院議員、下院政党別立候補者の公式選挙運動が解禁され、5月7日まで3ヶ月間という長い期間選挙運動を繰り広げることになる。  【写真-1 大..   | 2022-02-14
 2月1日とずいぶん覚え易い日に亡くなったなと最初に感じ、まだ生きていたのかと思ったのが石原慎太郎の訃報をニュースで知った時の偽らない小生の気持であった。   【写真..   | 2022-02-12
12345678910,,,152
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:927,189 今日:16 昨日:71
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.