フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
小さな旅 ボホール島篇 2017年 その-20 『アンダを後にして再びバスでタグビラランへ戻る』 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  小さな旅 ボホール島篇 2017年 その-20 『アンダを後にして再びバスでタグビラランへ戻る』
 

【写真-1 

 

 ラマノック島からアンダの町へ歩いて通りかかった『ハバルハバル』に乗ってホテルへ無事に戻れる。ハバルハバルとはオートバイに相乗りする白タクならぬ白バイで、結構重宝する。ホテルに預けていた荷物を引き取り、アンダの中心でタグビララン行きのバスに乗るが写真-1はアンダから幹線道路に出た分岐点で、左側がタグビララン方面。 

 

【写真-2 

 

この乗ったバス、行きにアンダへ向かった時と同じバスと運転手で、座った席も行きと同じ場所。写真-2のように左手側に海を見ながらタグビラランへ向かって走るものの、どこでも乗り降り自由なので停まること多く、距離の割には時間がかかるのは行きと同じ。途中には山のリゾートの看板を多く見かけた。


 【写真-3 

 

 写真-3は途中で気になった所を写している。幹線道路を跨いで見えるのは山から延々と伸びたコンベアーで、山を崩して石灰石を採り港の船まで運んでいる。ここの石灰石、セブ島で採ったドロマイトをミンダナオ島にある日系の製鉄会社に運んで鉄鉱石を加工している。遠くの山肌を見るとかなり剥き出しで自然破壊そのもの。 

 

【写真-4 

 

 2013年にボホール島は大地震に見舞われ、多数の死者を生じたが、建物や橋などの損傷もかなりあった。被害の大きかったのはアンダとは反対側のボホール島西岸にある町だが、あれから4年も経つと被害の様子はすっかり消えている。しかし、写真-4のように川に架かる橋の復旧工事は何ヶ所もまだ続いている。 

 

【写真-5 

 

 タグビラランが近くなるとフィリピンでも最古級の『バクラヨン教会』の前を通る。写真-5の鐘楼はかつて見た鐘楼とは違い上部は新しく復元されたものである。セブのサント・ニーニョ教会の鐘楼が崩れたのもこの地震であった。この教会、マルコス独裁時代に妻のイメルダがここを訪れて、教会の貴重品を持ち出した話が残る。 

 

【写真-6 

 

 写真-6は既にタグビラランの市街地を走行中で、写真-6はこんな所にと思うような所に建設中のコンドミニアム。売れるから造っているのであろうが、人口爆発のフィリピンでは住宅需要は大きく、こういう光景が見られるようになった。そういえば道筋に新築の家がやたらに多く、あれは地震被害を受けて建て直した家かと思い至る。

 

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/04/05 (木)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 フィリピンで知らぬ者はいない『ジョリビー』の新しい店がセブ島一番北にある町に出来た。町といっても人口の爆発しているフィリピンでは、人口だけは多くこの町は8万人を超える..   | 2018-04-19
【写真-1】     一夜明けて朝からトライシクルを貸し切って島内を巡ることにする。写真-1はトライシクルの運転手と待ち合わせた道端で、こちら側には町役場や警察の建..   | 2018-04-16
【写真-1】     アンダからのバスはタグビラランのバス・ターミナルへ到着。ターミナルの隣りには写真-1の大きなショッピング・モールが建ち、以前来た時はなくてこの..   | 2018-04-14
 去年、日本からセブへ遊びに来た知人が土産代わりに池波正太郎『鬼平犯科帳』の文庫本24冊全巻を持ってきてくれた。 【写真】  写真はその最後の巻で『誘拐』と名付けられて..   | 2018-04-12
【写真-1】     灯台下にある変な民宿に泊まることを止めて、現在の民宿に連泊することにした。その帰り、裏道を通ると石を積んだ壁と草葺の家が連なる写真-1の光景に..   | 2018-04-09
【写真-1】     ラマノック島からアンダの町へ歩いて通りかかった『ハバルハバル』に乗ってホテルへ無事に戻れる。ハバルハバルとはオートバイに相乗りする白タクならぬ..   | 2018-04-05
 フィリピンの都市部は渋滞が酷く、大きな問題になっていてもどうにも解決できない状態で、なるようになるしかないと誰しも諦めている。 【写真-1】  近くにセブ市内を並行に..   | 2018-04-03
【写真-1】     主要道路から海側にしばらく入ると写真-1の風景が目に入る。草の大地に建つ灯台の高さはそれほどではないが、海の向こうにはバタン島が横たわり、眺望..   | 2018-03-31
【写真-1】     大雨もガイドが船着き場へ戻って傘を取ってくる間に上がり、無駄足になってしまい気の毒であったが、写真-1は島に上陸した時は気が付かなかったが歓迎..   | 2018-03-29
 ショッピング・モール内に写真の様な『フード・コート』ができた。フード・コートというのは、広い場所に共同の椅子席を設け、その周りに間口3mくらいの各種おかずや飲み物を売..   | 2018-03-26
1,,,11121314151617181920,,,139
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:786,289 今日:9 昨日:146
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.