フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
セブのフード・コートで飲むコーヒー - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  セブのフード・コートで飲むコーヒー
 

 ショッピング・モール内に写真の様な『フード・コート』ができた。フード・コートというのは、広い場所に共同の椅子席を設け、その周りに間口3mくらいの各種おかずや飲み物を売る店が営業している、フィリピンではお馴染みの場所である。


 

ここでは、各自、店の前にトレイに盛られているおかずを自分の好みで選び、料金を支払うが、気取っていえば『カフェ・テリア』となる。こういったおかずを選んで安直に食べる方法は町中にあって、こちらでは『トロトロ』と呼ばれている。

 フィリピン人の生活形態と合っているのだろうか、小さな町に行ってもこの手の店は、蓋付きのアルミ鍋を店頭に並べて商っているが、その多くは豚や鳥などの肉類中心で、小生など肉類は好まないから選ぶおかずに苦労することがある。

 この方式はタイなど他のアジア諸国にもあるが、フード・コート形式に限れば、タイは注文を受けて目の前で品物を調理していて作り立てが当たり前だが、冷めていても平気なフィリピンでは『食』に対する考えが違って面白い。

 もう一つ思い出したが、フィリピンのフード・コートではそれぞれの店で現金払いをするが、タイは全店共通の前払い式カードを発行していて、店はカードを端末に通すだけで済ます。

 これは食べ物を扱う店で現金を扱わなくて清潔、フィリピンではそれぞれの店にはレジ専門の係を置いているから、この人員を全部削減できる。また、計算のためにレジの前に並ばなくても済むから利用する客も便利と、良いことだらけだがなぜかフィリピンではこの方式を取らない。

 と前置きは長くなったが、写真の中央にある店はコーヒー専門店で、こういったフード・コートでコーヒーだけの店というのは珍しい。しかも、店頭にフィリピン産のローストした豆を置き、客が選び、それを淹れてくれる。

 こうやって、豆から淹れたコーヒーが飲めてフィリピンも変わった証拠と思うが、セブに住み始めた1990年代初頭では、レストランでコーヒーを頼むとカップに白湯を入れてインスタント・コーヒーの瓶を一緒に持ってくるのが普通であった。

 

 それが、徐々に普通のコーヒーを出す店が増えて、フード・コートでコーヒーが飲めるような時代となり、コーヒー好きの小生としては嬉しい限りである。

 

 といっても、どこの店に行ってもコーヒーとは名ばかりで、それなりの味を保っているスターバックスにしてもどうも味が冴えず、しかも温いのを出したりで苦情をいうことも暫し。

 

 これは、こういった店で働いている従業員が自分の店で出すコーヒーを飲んだことがないためではないかと思っている。食の商売は作る本人が味を確かめていないと美味い物は作れず、たかがコーヒーとはいえコーヒーを飲まない従業員の淹れるコーヒーが美味くなるはずはない。

 

 また、フィリピンにコーヒー店が増えたといっても、客が飲んでいるのは冷たい甘ったるいシェイク物ばかりで、コーヒーを飲んでいる客など少数派。これはスターバックスでも同じで、暑いためもあるのかコーヒー文化というものが育ち難い。

 

 コーヒー店もその点は承知しているのか、コーヒーの味ではなく、インターネットを長時間やる客のために席を作っているような感じで、その眼で見るとフィリピンの客の店の滞在時間はかなり長く、店の方も長尻っ客の対応に苦労している感じはある。-

 

 さて、写真の店、コーヒーの淹れ方は、注文を受けてその都度淹れるのはよろしいが、何だか変な機械で淹れていて、この時は慣れていなかったせいか時間がかかる。この機械というのは小型のドリッパーのように見えたが、お湯を沸かしてフィルター・ペーパーで淹れた方がよほど良く早い。

 

 多分、手作業でやると淹れる人間によって味が変わることを避けるためにと好意的に考えなくもないが、余計なお世話か。

 

 店頭には各種のローストした豆が置いてあって、それを選べるが、産地はルソン島山岳地帯の名称が書かれていて、順々に飲んで味を比較して行く楽しみはある。

 

 何よりもこういった気取ったコーヒーを出す店の値段は相当高いが、紙コップ一杯55ペソと安く、100ペソ前後の値段を付けて不味いコーヒーを出す店が多い中では誉めたいが、やはり紙コップで飲むコーヒーというのは味を落とす。

 


  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/03/26 (月)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
【写真-1】     バスコ滞在中、山頂に雲がかかって姿を見せなかったイラヤ山の山頂が、この日ようやく姿を現した。バスコの町のあちらこちらから山頂の姿を写すが、写真..   | 2018-10-22
 マニラ滞在中には配車サービスの『グラブ』を空港到着時から利用し、他日の市内移動でも何度も利用したが、白タクと変わらない業種が大っぴらに営業できる仕組みは分からないし、..   | 2018-10-20
【写真-1】     バタン島の南部方面をぐるりと回ってバスコの町へ戻る。残すところこの日を入れてあと3日。風が収まったためか、バスコの公園前から写真-1のようにイラ..   | 2018-10-15
 4時間半も遅れたセブ発マニラ行きの便は薄曇りの中を飛び発ち、やがて雲の多い中を北上。着陸のアナウンスがあってからは厚い雨雲に包まれ、マニラ国際空港着陸時には写真-1のよ..   | 2018-10-10
【写真-1】     マハタオ町の外れに写真-1の港が道路下に見える。これは『避難港』を兼ねた港で、岩山向こう側に入り口がある。その入り口にある海岸には灯台が写り、..   | 2018-10-08
 4時間遅れて搭乗は始まったが、運航便は国内便にしてはずいぶん大きな機体と思って、備え付けの『緊急避難カード』を見ると『A330』。  【写真-1】  この機種はアメリカの..   | 2018-09-30
【写真-1】     写真-1はマハタオ町にある1787年創建のサン・カルロス教会の内部。1787年の日本は徳川将軍は11代目の家斉で、松平定信が寛政の改革を始めた頃で、既にフィ..   | 2018-09-27
 これまで何百回も飛行機に乗っているが、今回のマニラ行きの便は飛行機搭乗までの遅延時間としては最長となった。  【写真-1】  飛行機は定時に出ないのが普通になってい..   | 2018-09-25
【写真-1】     かつてのアメリカ軍の保養施設を見下ろす丘には写真-1の右側に見える『アダン』の樹が密集している。草しか生えない不毛な土地には合い、実はパインア..   | 2018-09-20
【写真-1】     トライシクルは快調に飛ばし、ウユガンという1300人ほどの町を通り過ぎる。写真-1は通りで待つ人達で、この日は休日のためバタン島中心のバスコへ行くよ..   | 2018-09-13
1,,,11121314151617181920,,,143
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:835,737 今日:51 昨日:114
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.