フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
マニラ逍遥 2018年 その(6) 雨の降るチャイナ・タウンのオンピン通りへ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
   
  マニラ逍遥 2018年 その(6) 雨の降るチャイナ・タウンのオンピン通りへ
   

 マニラのチャイナ・タウン地域は『ビノンド』と呼ばれていて、その中心を貫き通る道が『オンピン通り』で、写真-1は『王彬北橋』と金文字で印されている門。


【写真-1

 

 王彬とは英語で『Ramon Ongpin』と書き、スペインの植民地時代に独立運動に活躍した中国系の移民で、実業家としても成功している人物。その偉業を記念して門が造られ、北橋とあるように南橋が通りを進んだ川の袂に建っている。

 ビノンドという地名は『高い所』という意味で、その昔、マニラ湾側から見てパッシグ川沿いのこの地が低地であったマニラより少し高かったのでそう名付けられた。

 この地に中国系が集中的に住みだしたのはスペインの植民化によって、ビノンドの対岸のイントラムロスにスペイン人居住区が出来発展したが、大陸から流入する中国人の対策に困ったスペインが、ビノンドの地にカトリック教徒に改宗した中国人を住まわせたのが始まりという。

 元々は食うや食わずの中国からの移民であるが、今やフィリピンの経済をあらゆる分野で握り、フィリピンの大富豪のベスト10は中国系が占めている。

 【写真-2

 写真-2は王彬北橋の上から眺めた川の様子で、今やドブ川と化し見るのも憚れるが、この川はパッシグ川に通じていて、その昔はマニラ湾に停泊する船から荷物を降ろして小舟で運んだ水路で水路沿いの倉庫に運んだという。

 このような水路がビノンドにはたくさんあって、今は汚れきっていて全くそういう面影はないが、いわばビノンド発展の動脈であったが、プラスティック・ゴミが浮かんでいる。

 

この日は雨が降っていて臭気は感じなかったが、日の照った暑い日は相当な臭さになる。こういう水路を再生して、水上交通に利用すれば良いと思うが、そういう考えになるにはあまりにも汚過ぎる。

 オンピン通りは一方通行になっている狭い道だが、両側には低いビルが建ち1階は様々な商店が店を構え、掲げられた看板だけを見ていると中国と同じような雰囲気。

 それでも漢字と英語の両方の表記で分かり易く、フィリピンで最近とみに多くなったハングルだけの看板の店など、韓国人しか分からず植民地主義丸出し、どういうつもりで外国に進出したのか疑う例も多くなった。



【写真-3


 オンピン通りを外れて横丁に入ると写真-3の赤い車が目に付いた。これはビノンドに住む中国系の人々が組織の消防組織が使う消火用の水を運ぶタンク車で、かなり年式も新しい。

 フィリピンの自治体の消防体制というのは非常にお粗末で、いまだ日本の中古の消防車が無償で寄贈されて喜んでいる状態で、今はどうか分からないが消防士の質も悪く、火事を消しに行くのではなく火事場泥棒をやっていると信用がなかった。

 そのため、火事場泥棒を恐れた中国系はフィリピンの消防を頼らず、自前で消防組織を作り運営し、これは中国系が多く住む地域にはありセブにもある。

 ここに滞在中に一度サイレンを鳴らして消防車が走って行ったが、やはり自衛消防隊の消防車で、その様子は本職の消防士顔負けであった。

 この自衛消防隊組織は日本の消防団の様なボランティア組織となり、中国系が資金を出していても、火災の際はどこでも区別なく駆け付けるので信頼性は高く、車の正面に地域名が書かれていて、かなり組織的に運営している様子が分かる。



  Homepage: http://cebushima-blg.jugem.jp/
Updated: 2018/11/04 (日)

Share |
 
セブ島工房 ::: フィリピンニュース・情報 Philippines Inside News
 フィリピン人の知人が大きなチョコレート・ケーキを持ってきたので、珍しいことをするなと思ったら『今日はヴァレンタインだよ』といわれて、今日2月14日がヴァレンタインだと気が..   | 2019-02-17
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは3年に1度の選挙が行われる。  前回選挙は2016年に行われたが、この選挙の大統領選で最初は泡沫候補であったドゥテルテが次点に663万票以上..   | 2019-02-12
 2月5日(火曜日)は『春節』で、フィリピンは休日に制定されている。春節が休日になったのは最近の制定で、これはフィリピンの多様性を重んじるためと称しているが、フィリピンの..   | 2019-02-09
サブタン島はバタネス諸島で3つある有人島の1つで、バタン島南部の港から小さな船で1時間少々かけて渡り、人口は1700人ほど。 【写真-1 個人が建てたようで本当の灯台かどうか分..   | 2019-02-06
 既に掲載している中から、州都バスコのあるバタン島とサブタン島の印象的な写真を再掲載し、この旅をそろそろと終えることにする。 【写真-1 右に少し見える海上から1942年12..   | 2019-02-03
 日本のテニス選手が世界四大大会の内、全米、全豪の二大会を制するなど誰も想像できなかった時代にテニスを始め、セブに来てからもフィリピン人コーチに教えてもらった小生だが、..   | 2019-02-01
 1月20日の日曜日はセブ最大のお祭り『シヌログ=Sinulog』が行われ、150万人が加わったというが、それはいくら何でも誇大でテレビ中継で祭りの様子を観ていた人も数に入れているので..   | 2019-01-28
【写真-1 ここに日本のホテルオークラが開業するがイメージは落ちる】   マニラ空港第4ターミナルで降りタクシーを拾って空港近くのタギッグ市へ。写真-1は途中の道路沿い..   | 2019-01-22
 日本独特の元号はその時代の日本を知るには良いが、西暦という統一されたものを使用した方が簡単、便利で、最近は役所提出の書類でも元号でも西暦でもどちらでも良いのが増えてい..   | 2019-01-18
【写真-1 湖の周りは自然保護区らしいが開発は進んでいる】  ルソン島の山岳部を抜けると飛行機は高度を落とすが、写真-1では眼下に複雑な形のする湖が見える。これは『ラ・..   | 2019-01-15
12345678910,,,141
    
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:812,681 今日:13 昨日:126
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.