フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
世界が見守っている中、戒厳令宣布 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  世界が見守っている中、戒厳令宣布
 4日(金)、アロヨ大統領が政治テロ史上、最悪の虐殺事件が発生したマギンダナオ地域に戒厳令を宣布した。今回の戒厳令1959号は、1972年ペルナンデ-ドマルコス大統領が全国戒厳令を宣布した以来、初の戒厳令発動である。

エルミタ大統領秘書室長は、今回の戒厳令1959号はマギンダナオ地域の平和と秩序維持のためのものであることを、明らかにした。
またアロヨ大統領は、今回の虐殺に使われた武器と弾薬を誰が供給したのかを徹底的に調べるよう、マギンダナオ地域の軍警責任者に指示した。また、ミンダナオ地域と他地域に蔓延されている私兵組職を摘発して解体せよという指示も下した。

戒厳令の宣布直後、マギンダナオ地域の地方政府は軍警合同組織によって接収された状況であり、戒厳司令官である、ペルエル東ミンダナオ地域司令官は、いつ戒厳令が解除されるかはまだ正確に予測することができないと述べた。戒厳令が発動された4日(金)、マギンダナオ地域市場の店はほとんどオープンせず、家畜や果物、野菜等を販売していた街頭の店舗もあまり見当たらなかった。

しかし、戒厳令宣布後、一日二日が経つにつれ、市場もしだいに以前の様子を取り戻しつつある。ペルエル戒厳司令官は、戒厳令発動によって一般の市民たちの生業に差し支えがあったり、日常生活が萎縮されることはない”と語った。

アロヨ大統領が戒厳令を宣布した中、11月 23日に発生した選挙テロ大虐殺に関わった、アムパトアン家門に対する大規模の検挙が始まり、マギンダナオ前州知事のアンダルアムパトアンジュニアをはじめとし、ARMM(ムスリムミンダナオ自治地区) 州知事を含む9名のアムパトアン家門血族関係者らが拘束された。

彼らは、2010年の州知事選挙の候補登録に向かっていた随行記者30名を含む、57名の宿敵家門一行を残忍な手口で虐殺した。また、今回の虐殺事件を庇護して隠蔽した、ARMM農林部長官ケイセイオスマンと、環境資源部長官カブンタルランエムブルラワなども、戒厳司令部軍警合同組織によって拘束された。

駐比イギリス大使のステパンリリーは、“世界が見守っている。.正義が生きているのかを見定めながら待つでしょう。早く状況が安定し、正常な状態に戻ることを願う”と語った。一方、上院23名の中17名は、「今回の戒厳令布告は反憲法的逸脱措置であり、戒厳即刻撤回」することを主張した。

また一部野党人士は、「今回のアロヨ大統領の戒厳措置が、2010年 5月の選挙を控えて実施されるであろう、戒厳の事前シナリオではないか」という疑心をおさめることができないでいる。

警察-アムパトアン追従勢力、衝突

先月フィリピンで発生した最悪の政治テロ事件の背後として指目されたアムパトアン一家の追従勢力と警察が衝突したと、現地役人らが 7日伝えた。 ジーザスベルソサフィリピン国立警察庁長は、政府がマギンダナオ州南部に戒厳令を下した後、6日に初めて衝突が起きたが、死傷者はいなかったと述べた。

ベルソサ庁長は、先月23日のテロによって、マスコミ関係者を含む57名が死亡した現場からさほど離れていないダトウンセイ地区で、アムパトアン一家の追従勢力と見られる20~30人が警察に向かって発砲したといった。

彼は、数年間この地域を支配して来たアムパトアン一家を守ろうと、2千400名を越える武装した追従勢力がマギンダナオ州の 22個地区のうち、16ヶ所に集まっていると伝えた。ロナルドプノ-フィリピン内務長官は、彼らの武装を解除させるよう、現地の役人たちが彼らを積極的に説得していることを明らかにした。

アムネスティー “フィリピン戒厳令、解除すべき”

国際人権機構のアムネスティインターナショナル(AI)は8日、フィリピン政府が最近の政治テロで 57人が犠牲になった南部マギンダナオ州に下した、戒厳令を解除することを要請した。AIは、この日に声明を通じて、“拘禁の適法性を図る権利を含む、基本的な人権はどんな状況においても違反や制限されてはならない”とし、このように要請した。

AIは、フィリピン政府に戒厳令を解除するために“迅速かつ明確な計画を立てること”と、武装した準軍事組職を解体させることを促した。マギンダナオ州を訪問したAI 関係者、サムザリピは、戒厳令の宣布された後、軍人らが深刻な暴力を振るった証拠は見つからなかったが、70余名が令状なしに逮捕されたと、指摘した。

ザリピはまた、軍隊の配置によって、2千名を越える現地居住者たちが家を去ったと言った。これに対し、フィリピン政府は、軍と警察は人権を尊重しており、逮捕された人に対しては全員公判を開くとしたが、戒厳令解除計画に対しては言及しなかった。

Updated: 2009/12/17 (木) 12:05

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本の中曽根元首相が先の戦争中に陸軍主計将校として派遣されていた時に、軍の慰安所開設に関わっていた記録が残るように『戦争と性』の問題は古代から現代まで途切れなく続いて..   (2019-08-29)
 フィリピンの政党は伝統ある党派から新興の党派まで数多いが、その多くは政治思想より時の大統領与党として組みして、選挙地盤を含む利権政治の枠から外れないことを信条としてい..   (2019-08-12)
 4年目に入ったドゥテルテ政権だが、オリジナルの政策はそれ程成果を見せていない中、大向こう受けを狙って『死刑制度』復活を目論んでいる。 フィリピンは1987年にアキノ(母)政..   (2019-07-25)
 5月に行われた選挙でドゥテルテ与党は上下院選、地方選共に大勝し、これまでも強硬であった治安路線が更に強化されるのではと指摘されているが、その兆候が相次ぐ『人権派活動家..   (2019-06-25)
 定員24人、任期6年の上院議員選は3年ごとに半数の12人が改選されるが、2019年選挙では、ドゥテルテ大統領陣営が立ち上げた党及び親ドゥテルテ党派が12人中11人が当選。 アキノ前大統..   (2019-06-12)
 アメリカのトランプや日本の安倍を見るまでもなく、何処の国の権力者も身辺問題を追及されると激怒、あるいは無視、時には名誉棄損だとして裁判を起こすなど恫喝するのが常套手段..   (2019-04-25)
 1980年代に『飢餓の島』としてクローズアップされ、日本を含めてNGO(非政府組織)などによる国際的な救援活動が行われたネグロス島で、フィリピン国軍と国家警察特殊部隊による地..   (2019-04-02)
 3年に1度、5月13日に投票が行われる選挙は、全国区の上院議員と下院議員比例政党別の選挙運動は既に始まっているが、3月29日からは下院議員地方区、自治体首長、自治体議員の選挙運..   (2019-03-29)
 4月を目前にしたこの時期に、日本が創設した5年間で最大35万人の外国人労働者を受け入れる計画は体制が整わないまま見切り発車の様子を呈している。 3月19日、日本の厚生労働省、..   (2019-03-22)
 フィリピン国家統計局は、3月1日現在のフィリピンの総人口は推定1億840万人と発表した。 この数字は正式に届けられた出生数を基にしているが、人口問題を扱う民間機関の調査による..   (2019-03-13)
 デング熱、マラリアなど熱帯性疾病を撲滅できないフィリピンでは、近年デング熱に対して有効として開発されたワクチンの接種が進められ、アキノ政権時代の2016年4月から公立学校な..   (2019-03-04)
 ミンダナオ島イスラム自治政府(人口450万人以上)の帰属を巡って、1月21日と2月6日に実施された住民投票により、従来のイスラム教徒ミンダナオ自治区(ARMM)に変わる『バンサモロ・..   (2019-02-25)
 5月13日の投票日に3ヶ月を残す2月12日(火曜日)、上院議員【写真は上院議場の入り口】と政党別下院議員の選挙運動が始まった。 この日は選挙管理委員会が認めた選挙運動解禁日で..   (2019-02-13)
 今年の5月13日にフィリピンは正副大統領を除く全国選挙が行われるが、選挙運動は解禁されていないのに資金力に物を言わせた違法な事前運動は激しさを増し、それに対して無策なのは..   (2019-02-06)
 内戦の続くミンダナオ島イスラム地域の平和への一歩とされる、イスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に該当..   (2019-02-01)
 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に..   (2019-01-23)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
【恐怖】 邪魔者は消せー..+ 3951
【交通】 セブ-マクタン..+ 3538
【教育】 今年の就学児童..+ 2484
【賛否】 死刑制度復活を..+ 2388
【利便】 企業の思惑で進..+ 2093
【事故】 セブ島南部の町..+ 1918
【行事】 下院で ドゥテ..+ 1691
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 1468
《患者》 デング熱大流行..+ 1372
《人災》 イロイロ市沖で..+ 1339
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 1234
【停滞】 現政権下で最低..+ 1159
《平均》 セブのホテル稼..+ 1116
セブで飲む凍ったビールと..+ 760
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 684
セブに浮かぶヨットを見な..+ 539
ゴミを大量に出すマクドナ..+ 453
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 417
セブで食べる 『おにぎり..+ 369
セブで飲む或る日のスター..+ 366
21セブで食べる『トンカツ』..+ 362
22パラワン島紀行 2018年 そ..+ 312
23セブの街中で実るコーヒー+ 296
24セブで食べる寿司の味+ 258
25パラワン島紀行 2018年 そ..+ 168
26《観光》 セブ市に大規模..+ 154
27《感染》 アフリカ豚コレ..+ 114
28フィリピンで流行る3輪自動..+ 63
29パラワン島紀行 2018年 そ..+ 45
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:795,702 今日:11 昨日:148
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.