フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【外交】 大統領が10月に 日本および中国を訪問予定と発表 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【外交】 大統領が10月に 日本および中国を訪問予定と発表

フィリピン外務省は1025日から27日までドゥテルテ大統領の日本訪問を明らかにし、また、その前の92829日の両日、ヴェトナムを訪問し、南シナ海問題を取り上げる予定としている。



 【写真は左からエストラダ、アロヨ、ドゥテルテ、ラモス、アキノの元、前、現フィリピン大統領】

 なお、中国へは訪日直前の1019日と20日とし、中国寄りの発言の目立つドゥテルテの姿勢が鮮明になった。

 今回の訪日はラオスのヴィエンチャンで開催されたASEAN首脳会議の日程中に日本の安倍首相との会談が行われ、日本側からドゥテルテへ招請があり、それに応じた形となった。

 フィリピン大統領の訪日は5年ぶりだが、訪日での具体的な行程、内容はまだ固まっていない。

 日本側としては中国の南シナ海における覇権、軍拡路線に対して歯止めをかけたい思惑で招請したものの、それに先立って中国を訪問するドゥテルテの姿勢は日本側の期待を肩すかしするもので、早くも日本側には失望感が生まれている。

 また、日本はフィリピンにとって最重要な貿易相手国であり、貿易産業省長官が大統領訪日後に、日本の経済関係者を訪問する予定が入っていて、政治問題抜きに関係を深めようとしているのが現政権の対日政策となっている。

 一方、フィリピンの対中国政策はアキノ前政権が進めていた先の国際仲裁裁判所でのフィリピン側の完全勝利で見るように、国際舞台の場で中国の非道をアピールし、国際舞台で解決する路線であったが、ドゥテルテ政権では大幅な転換がなされ、日本やアメリカなどの関係国を抜きにフィリピンと中国の2国間で解決を図る方針に変更された。

 これは南シナ海問題で国際的に苦しい中国の立場を助けるもので、中国としては大歓迎のドゥテルテ政権の方針で、ドゥテルテを組し易いと中国側は読んでいる。

 このフィリピンの方針転換については、中国がカンボジアやラオスを経済援助や投資で囲い込んで意のままにする戦術が絡んでいて、ドゥテルテは中国の援助を期待するために中国にいい顔を見せていると指摘されている。

 一方で、日本やアメリカの援助や投資を期待する発言もあり、日本、アメリカ、中国を天秤にかけてより多くの援助、投資を引きだすためといううがった意見もある。

 先のヴィエンチャンでのドゥテルテの振る舞いは国際儀礼に反する態度があり、顰蹙を買っているが、フィリピン国内ではお山の大将として君臨できても国際的には通じないことを学習して、ただでさえ外交音痴と見なされるドゥテルの見識が、10月の日本と中国の訪問によって新たに試される。


Updated: 2016/09/23 (金) 21:21

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 1996年に開設された在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所が、2021年1月を目途に総領事館に昇格することが明らかになった。 セブの駐在官事務所が総領事館に昇格するのは数年..   (2020-01-15)
 2016年5月に行われた正副大統領選は大統領に最初は泡沫候補であったドゥテルテ、副大統領にはアキノ与党が擁立したロブレドが当選した。 ロブレドの対立候補は近代フィリピン史上..   (2019-10-17)
 CNNが伝えることによると、ロシアを訪問したドゥテルテ大統領は、10月5日首都モスクワで在留フィリピン人向けの会合において演説を行い、自身が『重症筋無力症』に罹患していること..   (2019-10-08)
 国連はいくつもの常設理事会を持つが、国際社会の人権状況を改善しつつ、深刻かつ組織的な人権侵害などに対して早急に対処するために国連人権理事会がある。 同理事会の英名は(..   (2019-09-25)
 日本の中曽根元首相が先の戦争中に陸軍主計将校として派遣されていた時に、軍の慰安所開設に関わっていた記録が残るように『戦争と性』の問題は古代から現代まで途切れなく続いて..   (2019-08-29)
 フィリピンの政党は伝統ある党派から新興の党派まで数多いが、その多くは政治思想より時の大統領与党として組みして、選挙地盤を含む利権政治の枠から外れないことを信条としてい..   (2019-08-12)
 4年目に入ったドゥテルテ政権だが、オリジナルの政策はそれ程成果を見せていない中、大向こう受けを狙って『死刑制度』復活を目論んでいる。 フィリピンは1987年にアキノ(母)政..   (2019-07-25)
 5月に行われた選挙でドゥテルテ与党は上下院選、地方選共に大勝し、これまでも強硬であった治安路線が更に強化されるのではと指摘されているが、その兆候が相次ぐ『人権派活動家..   (2019-06-25)
 定員24人、任期6年の上院議員選は3年ごとに半数の12人が改選されるが、2019年選挙では、ドゥテルテ大統領陣営が立ち上げた党及び親ドゥテルテ党派が12人中11人が当選。 アキノ前大統..   (2019-06-12)
 アメリカのトランプや日本の安倍を見るまでもなく、何処の国の権力者も身辺問題を追及されると激怒、あるいは無視、時には名誉棄損だとして裁判を起こすなど恫喝するのが常套手段..   (2019-04-25)
 1980年代に『飢餓の島』としてクローズアップされ、日本を含めてNGO(非政府組織)などによる国際的な救援活動が行われたネグロス島で、フィリピン国軍と国家警察特殊部隊による地..   (2019-04-02)
 3年に1度、5月13日に投票が行われる選挙は、全国区の上院議員と下院議員比例政党別の選挙運動は既に始まっているが、3月29日からは下院議員地方区、自治体首長、自治体議員の選挙運..   (2019-03-29)
 4月を目前にしたこの時期に、日本が創設した5年間で最大35万人の外国人労働者を受け入れる計画は体制が整わないまま見切り発車の様子を呈している。 3月19日、日本の厚生労働省、..   (2019-03-22)
 フィリピン国家統計局は、3月1日現在のフィリピンの総人口は推定1億840万人と発表した。 この数字は正式に届けられた出生数を基にしているが、人口問題を扱う民間機関の調査による..   (2019-03-13)
 デング熱、マラリアなど熱帯性疾病を撲滅できないフィリピンでは、近年デング熱に対して有効として開発されたワクチンの接種が進められ、アキノ政権時代の2016年4月から公立学校な..   (2019-03-04)
 ミンダナオ島イスラム自治政府(人口450万人以上)の帰属を巡って、1月21日と2月6日に実施された住民投票により、従来のイスラム教徒ミンダナオ自治区(ARMM)に変わる『バンサモロ・..   (2019-02-25)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
【強盗】 東横インのある..+ 2505
《選挙》 副大統領選の開..+ 1140
《調査》 ビジネス環境躍..+ 1125
セブの巨大青物市場 カル..+ 769
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 695
【泥鰌】 セブのコールセ..+ 301
【判決】 2018年のセブ島射..+ 276
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 269
【噴火】 タアル火山が活..+ 164
《実現》 ようやく2021年に..+ 161
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 105
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 90
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 45
台湾の選挙中の台湾旅行+ 44
+
+
+
+
+
+
21+
22+
23+
24+
25+
26+
27+
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:813,012 今日:48 昨日:122
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.