フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【遺体】 堂々とできない 独裁者マルコスの英雄墓地埋葬終わる - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【遺体】 堂々とできない 独裁者マルコスの英雄墓地埋葬終わる

 1972年にフィリピン全土に戒厳令を布き、反対派を弾圧し20年近く独裁政治を続けた第10代大統領のマルコスの遺体が首都圏タギッグ市にある国立『英雄墓地』【写真】に埋葬された。



 マルコスは1986年の繰り上げ大統領選で不正選挙を行い、当時の国防長官(エンリレ)や参謀次長(ラモス)など国軍の決起を受けた『エドサ政変』で一族郎党、取り巻きがハワイに逃亡したが、1989年に当地で死亡した。

 その後遺体は1993年、出身地であるルソン島北イロコス州バタックに移送され、現地で冷凍保存されていた。

 マルコス一族は時間と共に徐々に復権し、今回の埋葬で車椅子に乗った妻のイメルダは北イロコス州選出下院議員、娘は北イロコス州知事、息子は24人しか居ない上院議員に当選し、20165月に行われた副大統領選において僅差で落選するまで力を付けた。

 マルコス家はプロパガンダの意味もあって、マルコスの遺体を英雄墓地に埋葬することを長年求めていたが、歴代政権は国論が2分することを恐れて、埋葬の許可を出さなかった。

 しかし第16代大統領に当選したドゥテルテは、自分の父親がマルコス政権時代に閣僚であったことや、自身も戒厳令時代に検事に登用された経緯もあってマルコス家に近く、マルコスの英雄墓地埋葬を8月に行うと公言していた。

 しかしながら、戒厳令下で虐殺された被害者家族など人権団体などからの最高裁への提訴によって、埋葬は一時差し止めの状態が取られた。

 その後最高裁では差し止めについての評議が行われたが、結論は出ず一時差し止めについての判断は延期された。

 11
8日になって、最高裁は最高裁判事の意見が割れる中、一時差し止めの申し立てを却下し埋葬を認めるに至った。

 その後、上院で埋葬反対決議案が上程されたが、ドゥテルテの意向を組んだ多数派によって、1115日に否決された。

 翌16日から、北イロコス州の地元では英雄墓地埋葬への祈祷会が始められ、マルコス家が仕組んだシナリオが動き出し、フィリピン国軍のヘリコプターで遺体は北イロコス州から英雄墓地へ移送され、マルコス一族と関係者で埋葬が行われた。

 しかし、遺体埋葬が警察当局によって公にされたのは埋葬1時間前で、そこまでコソコソ、隠密にやる必要があるのかとの批判が強く、ドゥテルテがTPPでペルーに行っている間を狙った演出ではないかとの指摘もある。

 マルコスの英雄墓地埋葬を巡ってはマルコスの大戦中の軍歴がアメリカ側資料でははっきりしていないこともあり、マルコスによる捏造説もあって、軍の英雄を埋葬するには相応しくないとの説もある。

 なおこの英雄墓地は軍関係者だけではなく、かつての大統領や民間人も埋葬されている。


Updated: 2016/11/19 (土) 11:39

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
  国内に蔓延する違法薬物撲滅を公約にしてダヴァオ市長から2016年大統領選で当選したドゥテルテに対して国際刑事裁判所(International Criminal Court=ICC)検察局が予備捜査を開始した。..   (2018-02-17)
 昨年末で切れるミンダナオ島全域に布告されている『戒厳令』は、ドゥテルテ大統領の要求によって1年間の延長が求められていた。 その要求を受けて議会は1年間の延長を認めたが、..   (2018-02-09)
 フィリピン統計局は2017年度の国内総生産(GDP)は6.7%と発表。 この数字は前年度(2016年)と比較して、0.2ポイント落ち込んでいて、好調が伝えられるフィリピン経済に対して、フィ..   (2018-01-26)
 過去最大となる国家予算が12月19日、ドゥテルテ大統領の署名を受けて正式に決まった。 2018年度(1月~12月)の予算総額は3兆7670億ペソ(現在レートで約8兆3千6百億円)となり、前年..   (2017-12-20)
 1986年2月に第10代フィリピン大統領マルコスは、フィリピンから一族及び取り巻と共にハワイへ逃亡、1989年、72歳で同地にて死亡したが、マルコスは国家財産を食い物にし、その源は9年..   (2017-12-14)
 ネッタイシマカが媒体するデング熱は年間の感染者が世界では3億9000万人以上で、フィリピンでは世界保健機構(WHO)の最新統計によると、2017年1月から9月初めまでの感染者数は7万6千..   (2017-12-06)
 ドゥテルテ大統領が2016年大統領選で勝利したのは、広く国内に蔓延する『違法薬物撲滅』を公約に挙げたことが、泡沫候補から一気に当選の道を拓いた。 しかし、その実態は法体系..   (2017-12-02)
 フィリピンは世論調査好きな国で、その結果で一喜一憂するが、世論調査も怪しげなのがあって『金』を払えば都合の良い結果を引き出せる調査も多い。 その典型と見られる世論調査..   (2017-11-23)
 フィリピンの民間世論調査機関、SWSがドゥテルテ現大統領の『公約』達成度について調査を行い、その結果が11月5日に発表された。 【写真は大統領就任式時 左からドゥテルテ、愛人..   (2017-11-08)
 当初は泡沫候補扱いながら、フィリピンに蔓延する『違法薬物撲滅』一本を選挙公約にして2016年大統領選に当選したドゥテルテ現大統領だが、具体的に実行できたのは警官などによる..   (2017-11-03)
 5月23日に発生したミンダナオ島マラウィ市内における、イスラム系反政府武装組織とフィリピン国軍との戦闘は、武装組織を率いる最高指揮官が戦闘で死亡したことを受けて、フィリピ..   (2017-10-18)
 国民から高い信頼度を誇っていたドゥテルテ大統領【写真】の信頼度が下がっていることが、民間調査機関SWSの調査によって明らかになった。 同機関は9月23日から27日までに1500人の成..   (2017-10-11)
 どこの国の権力者も『批判』を嫌うもので、アメリカのトランプは批判を『偽ニュース』と決めつけ、日本の安倍は批判に対して過剰に反応する言説が多い。 フィリピンのドゥテルテ..   (2017-09-14)
 違法薬物関与者を皆殺しにすると公言して、2016年大統領選を泡沫候補から勝ち上がったドゥテルテ大統領に、身内の違法薬物関与疑惑が持ち上がっている。 5月26日、首都圏ヴァレン..   (2017-09-12)
 1965年から1986年までフィリピン第10代大統領であった『マルコス』は1972年に戒厳令布告し、弾圧の限りをつくす独裁政治家として歴史に名を残すが、一方で『汚職』の帝王として君臨し..   (2017-09-03)
 セブ州には9市の自治体があり、セブ市と反対側になる西海岸側にある市がトレド市【写真】で、人口約17万人強。 この市長が固定資産税を払わなかったために、8月28日、公務員の犯罪..   (2017-08-30)
12345678910,,,26
ニュース コラム ライフ
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【祭典】 参加してもフィリピ..
ボラカイの海は『汚水溜め』と..
【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
セブは晴れ 日本は大雪
【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
バタネス紀行 2017 その-(22..
プーケットの古本屋
【時代】 劣悪なジプニーが消..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【司法】 最高裁 戒厳令延長..
バタネス紀行 2017 その-(21..
【市場】 フィリピンの2017年..
平成は31年で終わる
【労働】 企業に都合の良い ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【雇用】 日本で働くフィリピ..
軍事用飛行場であったマクタン..
【景気】 前年より減速 2017..
21【管理】 海外で働くフィリピ..
22セブからプーケットへ
23【避難】 マヨン火山に大噴火..
24セブで迎える2017年の大晦日
25【避難】 異例のクリスマス台..
26【企業】 ホテルオークラ 放..
27バタネス紀行 2017 その-(20..
28【漂流】 ミンダナオ島沖で ..
29小さな旅 ボホール島篇 2017..
30【最大】 総額3兆7670億ペソ 2..
31気に食わない2017年の5人
32【被害】 台風『ウルドゥハ』..
33バタネス紀行 2017 その-(19..
34【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設..
35セブから消えるマリオット・ホ..
36【強権】 マルコス独裁に近づ..
37【多忙】 在比日本国大使館の..
38小さな旅 ボホール島篇 2017..
39【犯罪】 中国からの密輸続く..
40バタネス紀行 2017 その-(18..
41【開発】 国内空港関連事業 ..
42小さな旅 ボホール島篇 2017..
43【騒動】 デング熱ワクチン ..
44【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
45【司法】 違法薬物取締政策の..
46【調査】 日本の製造業の有望..
47【天国】 セブ港で コンテナ..
48【胡乱】 操作した疑いを持た..
49【統計】 GDP第3四半期成長率..
50【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 3845
【天国】 セブ港で コン..+ 3786
【胡乱】 操作した疑いを..+ 3770
【犯罪】 中国からの密輸..+ 3520
【騒動】 デング熱ワクチ..+ 3472
【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 3372
【司法】 違法薬物取締政..+ 3233
【強権】 マルコス独裁に..+ 3209
【最大】 総額3兆7670億ペソ..+ 3062
【多忙】 在比日本国大使..+ 2888
【統計】 GDP第3四半期成長..+ 2820
【調査】 日本の製造業の..+ 2808
【被害】 台風『ウルドゥ..+ 2682
【開発】 国内空港関連事..+ 2523
【浪費】 ミンダナオ鉄道..+ 2372
【漂流】 ミンダナオ島沖..+ 2345
【企業】 ホテルオークラ..+ 2284
【避難】 異例のクリスマ..+ 2000
気に食わない2017年の5人+ 1862
【雇用】 日本で働くフィ..+ 1832
21小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1826
22バタネス紀行 2017 その-..+ 1822
23セブから消えるマリオット..+ 1779
24小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1619
25個人崇拝と全体主義+ 1574
26【避難】 マヨン火山に大..+ 1570
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1558
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1540
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1512
30セブで迎える2017年の大晦日+ 1484
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1370
32バタネス紀行 2017 その-..+ 1258
33台風『ヨランダ』から4年経..+ 1255
34【管理】 海外で働くフィ..+ 1246
35小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1210
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1205
372017年の万聖節+ 1154
38【景気】 前年より減速 20..+ 1002
39セブからプーケットへ+ 955
40軍事用飛行場であったマク..+ 823
41【労働】 企業に都合の良..+ 820
42平成は31年で終わる+ 640
43【市場】 フィリピンの2017..+ 627
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 599
45【時代】 劣悪なジプニー..+ 430
46【税金】 マニラ首都圏地..+ 405
47【司法】 最高裁 戒厳令..+ 392
48【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 382
49【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 207
50【祭典】 参加してもフィ..+ 108
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:689,112 今日:13 昨日:232
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.