フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
マニビラを中心にみた、2010年大統領選挙先取り - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  マニビラを中心にみた、2010年大統領選挙先取り
ー最貧困層として生まれ、フィリピン初の10億ドルを超える財閥会社に成長…貧しさを経験した政治指導者だからこそ貧困層の痛みがわかる。

次期大統領に出馬するマニ・ビラ上院議員は、フィリピン国家のCEOとして、貧困を克服するための資質と、大企業の経営者や重要な政治指導者としてのキャリアという、2つの資質を備えていなければならないという。 

ビラは全力で働き、「貧乏人から金持ちになった(rags to riches)」の典型的なケースである。

彼は61年前、魚屋を営む、トンドの貧しい家庭に生まれた。彼の父親は、イロイロの出身で、母親はパンパンガ出身だ。

ビラは、"私は貧しい少年時代を送った"と回想する。彼も魚屋をしており、母と一緒に、庶民の市場であるディビソリアで商売をするために、毎日朝早く起きて家を出なければならなかった。
しかし、そこには彼が頼れる未来がなかった。最善の選択はよい教育を受けることだった。

彼はフィリピンの最高教育機関であるUP大学で経営学を専攻した。また、そこで人生の伴侶者になるシンシア・アグィルラに出会った。UPでMBA課程を修了したビルラは、会計士としてある投資会社に勤めたが、そこにも未来はなかった。それで、彼は自らビジネスに飛び込み、砂利、砂などの建築材料の納品事業を始めた。また、パラ二ャケの空き地を購入して住宅を建て、新婚夫婦に分譲する事業を開始した。そこで彼は初めて大金を稼ぐことができ、莫大な富を蓄積した。

1997年、彼が所有する不動産開発会社は、その評価額が10億ドルといわれるほどの財閥会社へと急成長した。フィリピン人としては初めて10億ドルを超える会社の所有者になったのである。ビルラが貧しかった時期を克服した話は、聞く人を感動させる。有権者を引き寄せる好材料として作用するであろう。

ビラは、「次の日に食べるものがあるか、ないかすら分からない状況、家族のうち誰かが病気になってもお金がなくて病院に行けないかも知れない状況、次の学期の授業料が用意出来ないかもしれない状況、これらすべてを私は経験している。貧困の経験は少し特別なものであった」と語った。つづいて、「どうして背景が問題となるか。経済は、間違った方向へと進みかねないからである。大統領を誤って選出して、経済が縮小されたとしても、収入がある家庭は、(食べ物が絶えないので)心配はないが、指導者を誤って選出し、経済が活性にならなければ、貧困層は苦しむことになる」と言う。 適格な指導者の選択が、食べ物があるのか?病院に行くお金があるのか?という生存問題を解決してくれると、彼は力説する。

TVコマーシャルに出演したビルラをみて、人々は彼のイケメンぶりでスペイン・インディアン系である 、マスティジョと見ることもある。ビルラは、幼いときの貧しかった体験を基に、生活保護対象者からスタートしたが、それこそ無一文から事業を開始した。その後、最も大きな企業のCEOを体験し、政界に入門してからは下院議長(1998年)と上院議長(2006年)までも歴任したのである。彼はこのような自分のプロファイルを、自信持って説明をする。

さらに、大統領候補のうち、自分ほど大変、かつ華麗なる経験の所有者はいないという点も強調する。ビルラは、住宅事業の一環として、住宅を所有していない者のために、25万世帯を建設し、低価格で分譲している。このような事業は、ロレン・レガダ上院議員にも影響を及ぼした。

一方、ビラと、支持率の先頭グループを成しているノイノイ・アキノ3世上院議員は、高い支持率の内面を窺ってみると、錚々たる経歴の持つ両親と先祖のおかげであるという、評価がある。

彼の祖父であるベニグノ・シニア元上院議員、マルコス政権崩壊の導火線となり、「民主主義の殉教者」と呼ばれる彼の父ニノイ・アキノ元上院議員、そして民主主義を成し遂げた彼の母、コラソン・コジュアンコ・アキノ元大統領などに対する人々の評価が、ノイノイ・アキノ3世の高い支持率に大きな影響を及ぼしているというのが、マニー・ビルラ側の主張でもある。

実際、昨年8月に他界したコラジョン・アキノ元大統領の哀悼の行列に、約100万人の支持者が街に出て、彼女の最後の道に敬意と哀悼の意を表明している。

ノイノイ・アキノ候補者は、毎朝食べ物がなくて心配する、大多数の貧しい子供たちの問題を知らないで育った。彼が心配することは、ただ「(複数のメニュの中から)今日は何を食べるか?」を考える少数特権層の子供たちの心配の程度だったのであろう。ノイノイ候補者は、アテネオ経済学科を卒業した後、母方の親戚のコジュアンコグループのスポンサーである、トニーゴンザレス・モンドゥラゴンが提供する、快適な職場で社会生活を始めた。

ナイキの営業担当を勤めたノイノイは、大金を稼ぐことはできなかった。トニーゴンザレスの場合も、クラックのゴルフ会員権などを販売することで、大金を稼ぐことができたのである。ノイノイには、企業の経営した経験がない。母方の親戚であるコジュアンコグループが所有する、6300ヘクタールの大農地の地主の家だったためである。

彼のランニングメイト、マ・ロハス上院議員も、クバオ・アラネタ複合土地と大農園を所有している富豪の出身である。マの祖父も大統領を歴任しており、彼の父ゲリー・ロハスも上院議員を歴任した。フィリピンは、世界で12番目に人口が多い国(約1億名)である。しかし、国民の約1 / 4がまったくの貧困層である。

フィリピン政府は1兆5千億ペソの予算を運用する、巨大な株式会社である。赤字幅は約3億ペソ、200万名の労働力、多くの国民が公共の福祉から疎外されており、文化享受から離れた層に残されている。 1997年、金融危機が押し寄せられた際、マニ・ビラの事業もほとんど破産寸前だったが、幸い起死回生され、今日の大規模な不動産のグループへと発展した。ビスタランド、CMPハウス、ライフスケイプなどが、彼が保有する不動産開発会社である。

2009年9月30日現在、Vistaレンドゥ社の資産は528億ペソ、純価値は345億ペソ、社内の利益剰余金は73億2千万ペソ、9ヶ月間の収益は85億ペソ、純利益は21億2千万ペソなどである。また、ビラ家族がVistaランド株の65%を所有しており、ビルラの持つ株の価値は110億ペソである。

Vistaランドは、4つのブランドの住宅を販売している。 カメルラ、コミュノタジュ、フィリピンズ、クラウンアジアなどである。Vistaランドは、フィリピン最大の、庶民と中産層のための不動産会社である。
 

Updated: 2010/02/05 (金) 10:29

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 4月を目前にしたこの時期に、日本が創設した5年間で最大35万人の外国人労働者を受け入れる計画は体制が整わないまま見切り発車の様子を呈している。 3月19日、日本の厚生労働省、..   (2019-03-22)
 フィリピン国家統計局は、3月1日現在のフィリピンの総人口は推定1億840万人と発表した。 この数字は正式に届けられた出生数を基にしているが、人口問題を扱う民間機関の調査による..   (2019-03-13)
 デング熱、マラリアなど熱帯性疾病を撲滅できないフィリピンでは、近年デング熱に対して有効として開発されたワクチンの接種が進められ、アキノ政権時代の2016年4月から公立学校な..   (2019-03-04)
 ミンダナオ島イスラム自治政府(人口450万人以上)の帰属を巡って、1月21日と2月6日に実施された住民投票により、従来のイスラム教徒ミンダナオ自治区(ARMM)に変わる『バンサモロ・..   (2019-02-25)
 5月13日の投票日に3ヶ月を残す2月12日(火曜日)、上院議員【写真は上院議場の入り口】と政党別下院議員の選挙運動が始まった。 この日は選挙管理委員会が認めた選挙運動解禁日で..   (2019-02-13)
 今年の5月13日にフィリピンは正副大統領を除く全国選挙が行われるが、選挙運動は解禁されていないのに資金力に物を言わせた違法な事前運動は激しさを増し、それに対して無策なのは..   (2019-02-06)
 内戦の続くミンダナオ島イスラム地域の平和への一歩とされる、イスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に該当..   (2019-02-01)
 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に..   (2019-01-23)
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは3年に1度の全国選挙が行われ、この選挙は正副大統領以外の上院議員半数と下院議員全員、自治体首長と自治体議員全員が洗礼を受け『中間選挙..   (2019-01-13)
 人口の実数では既に日本を追い抜いているのではと言われるフィリピンの統計局(Philippine Statistics Authority=PSA)が、2017年の出生数に関する統計を発表した。 ただし、この数字は正式..   (2019-01-04)
 前名が『住商フルーツ』というように、日本の大手商社住友商事傘下の『スミフル』で働く従業員達が、正規雇用要求や組合員に対する弾圧を止めるように12月18日、首都圏パサイ市に..   (2018-12-19)
 第2の『独裁者マルコス』になるのではとの評価もあるドテルテ大統領は、任期中の施策を遂行し易くするために『戒厳令』を利用しているとの指摘が反対派からは強い。【写真は戒厳..   (2018-12-13)
 ミンダナオ島南ラナオ州の州都マラウィ市で2017年5月に発生した、イスラム系武装組織とフィリピン国軍との内戦は同年10月まで続いた。 その内戦をきっかけに、ミンダナオ島全域に..   (2018-12-05)
 2009年11月23日、ミンダナオ島マギンダナオ州で起きた『虐殺事件』から9年経ったが、虐殺に関与し逮捕、起訴された106人は公判中ながら、一向に進まぬ裁判に遺族をはじめ関係者は焦燥..   (2018-11-24)
 1986年2月の『エドサ政変』によって、追放された独裁者マルコス一族は今も隠然たる力を持ち、妻のイメルダは地盤であるルソン島北イロコス州選出の下院議員、次女のアイミ―は同州..   (2018-11-10)
 今年の12月末にミンダナオ島全域に布いている戒厳令の期限は迫るが、ドゥテルテは必要性は失せているのに戒厳令の再延長を目論んでいる中、軍や警察の高級幹部を政府要職に送り込..   (2018-11-04)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《発車》 泥縄の日本への特定..
セブ・マクタン島で起きた凄惨..
《断水》 マニラ首都圏の水不..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
フィリピン選挙ラプソディー201..
《統計》 人口爆発止まらず ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《富豪》 フィリピンから17人..
5月13日の選挙とマルコス一族
《予測》 2019年経済成長率 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《責任》 ワクチン接種を巡っ..
ミンダナオ島の不安定要素
《起工》 フィリピン最初の地..
《頭打》 売れ行き不振続く ..
セブから直行便で行く台湾
【前進】 イスラム自治政府設..
フィリピン現代史『エドサ政変..
21《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
22フィリピンの喫煙と禁煙
23《強行》 農民切り捨てにつな..
24セブでヴァレンタイン
25【解禁】 資金力と知名度で決..
26フィリピンの今年は選挙年
27【麻疹】 はしか大流行 40日..
28セブで過ごす 『春節』
29【環境】 マニラ湾の汚染対策..
30【選挙】 上院候補者支持率で..
31バタネス紀行 2017 その-(66..
32【苦境】 2018年新車販売台数..
33バタネス紀行 2017 その-(65..
34【調査】 世界最長 フィリピ..
35【暗雲】 ミンダナオ島で相次..
36セブで打つテニスと大坂なおみ..
37【資本】 全日空がフィリピン..
38セブのシヌログとアメリカ大統..
39【選択】 ミンダナオ島の自治..
40バタネス紀行 2017 その-(64..
41【公然】 韓国の違法ゴミ フ..
42セブで観たNHKの『紅白歌合戦』..
43【影響】 韓国造船大手のフィ..
44【掃除】 セブ島北端にある町..
45《警戒》 選挙に備えて 銃器..
46【減退】 2019年のフィリピン..
47《密輸》 セブ港で摘発 日本..
48《人口》 婚外子が半数以上 ..
49《御用》 フィリピンに逃亡の..
50《人権》 日本のバナナ会社『..
51《栄冠》 手放しでは喜べない..
52【不振】 新車の売れ行き 前..
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《人権》 日本のバナナ会..+ 4874
《栄冠》 手放しでは喜べ..+ 4049
《人口》 婚外子が半数以..+ 3975
《御用》 フィリピンに逃..+ 3413
【不振】 新車の売れ行き..+ 3343
《密輸》 セブ港で摘発 ..+ 3056
【減退】 2019年のフィリピ..+ 2882
《警戒》 選挙に備えて ..+ 2377
【影響】 韓国造船大手の..+ 2130
【掃除】 セブ島北端にあ..+ 2128
【選択】 ミンダナオ島の..+ 2073
【公然】 韓国の違法ゴミ..+ 2060
セブでパスポートを更新す..+ 1994
バタネス紀行 2017 その-..+ 1968
マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 1923
【暗雲】 ミンダナオ島で..+ 1691
【資本】 全日空がフィリ..+ 1658
【調査】 世界最長 フィ..+ 1513
【選挙】 上院候補者支持..+ 1506
【麻疹】 はしか大流行 40..+ 1471
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1467
22【解禁】 資金力と知名度..+ 1446
23バタネス紀行 2017 その-..+ 1322
24【環境】 マニラ湾の汚染..+ 1315
25【苦境】 2018年新車販売台..+ 1242
26パラワンからセブに帰る飛..+ 1218
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1096
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1068
29セブで観たNHKの『紅白歌合..+ 1052
30《強行》 農民切り捨てに..+ 989
31バタネス紀行 2017 その-..+ 910
32《起工》 フィリピン最初..+ 865
33セブのシヌログとアメリカ..+ 862
34《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 804
35【前進】 イスラム自治政..+ 791
36《頭打》 売れ行き不振続..+ 735
37セブで打つテニスと大坂な..+ 717
38《責任》 ワクチン接種を..+ 707
39バタネス紀行 2017 その-..+ 704
40バタネス紀行 2017 その-..+ 666
41セブで過ごす 『春節』+ 628
42《予測》 2019年経済成長率..+ 609
43フィリピンの今年は選挙年+ 526
44《富豪》 フィリピンから17..+ 472
45フィリピンの喫煙と禁煙+ 452
46セブでヴァレンタイン+ 435
47《統計》 人口爆発止まら..+ 347
48セブから直行便で行く台湾+ 330
49フィリピン現代史『エドサ..+ 320
50《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 220
51《断水》 マニラ首都圏の..+ 187
52《発車》 泥縄の日本への..+ 153
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:764,709 今日:135 昨日:100
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.