フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【頓挫】 思い付き政策のツケ 反政府武装勢力との停戦破棄 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【頓挫】 思い付き政策のツケ 反政府武装勢力との停戦破棄

 20165月の大統領選当選後に反政府武装勢力との交渉が始まり、当時は期待を持たせたドゥテルテだが、フィリピン共産党の軍事組織『新人民軍=NPA』【写真】と進めている和平協定が暗礁に乗り上げた事を、ドゥテルテ自身が表明した。


 20168月、政府側と共産党最高幹部などが亡命しているノルウェーのオスロで第1回交渉が開かれ、その時に双方が一方的に停戦を宣言するという、ボタンの掛け違いのような事態が起きた。

 その後正式な停戦協定を結ぶために交渉は進んだが、共産党側は正式停戦の条件として政治犯の内、高齢者や女性、病人約
400人の釈放を求めた。

 これに対してドゥテルテは協定締結が先として跳ねつけ、要求に応じなかったために、共産党側が態度を硬化し和平プロセスに暗雲が立ち込め出した。

 この進まない和平協定に業を煮やした
NPA21日、210日をもってこれまでの停戦を破棄すると政府側に通告したが、この通告が成される数日前からNPAによる政府軍への襲撃回数が急増した。

 このため、ドゥテルテは
23日をもって、NPAに対する停戦を破棄すると宣言したが、NPA、政府側とも昨年同様一方的に通告するだけで、双方の交渉成果は全く現れていない。

 NPA
はマルコス独裁政権下の1999年に結成され、最盛期には3万人の兵士を抱え、国内の貧困層を中心に支持を集めフィリピン全土で反政府活動を続けたが、中国の毛沢東路線を信奉しているため教条的な体質から抜け出ず、現在は数千人という規模に縮小している。

 また、フィリピン人の意識変化と貧困層は依然減らないものの、社会構造が底上げされている状態から『共産主義による社会変革』を望まない層が増え、以前からアジアで唯一共産革命が起きるのでは見られていたフィリピンのこれらの変化が
NPAの活動に影響を与えている。

 ドゥテルテは大学生時代にフィリピン共産党の最高指導者に教えを受けた関係から、停戦、和平への道を探っていたが、今回の決裂に至った。

 双方の停戦破棄によってミンダナオ島を中心に
NPAによる国軍に対する攻撃が散発的に勃発し、国軍はこれに対して断固たる反撃を加えると声明し、双方の非難も拡大し和平への道は一層遠くなった。

 しかしながら、停戦交渉は決裂していなくて、
222日から26日にかけてオランダのユトレヒトで開催する見込み。

 ミンダナオ島が生んだ大統領として同地区では圧倒的な支持を誇るドゥテルテだが、ミンダナオ島でイスラム勢力に自治権を与える枠組みも前政権のアキノ以来進展せず、またミンダナオ島西部の島で拠点を持つ他のイスラム武装勢力の駆逐も進まず、見通しのない状況となっている。


Updated: 2017/02/06 (月) 12:40

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 事実上の『戒厳令』が首都圏に布かれているような、警察による犯罪容疑者に対する摘発名目で、8月16日にはマニラ市内で25人が殺害された。  前日の15日にはマニラ首都圏に隣接す..   (2017-08-18)
 戦前回帰を進める日本政府だが、日本国民の知らない間に憲法9条をないがしろにするフィリピンへの武器供与が次々と続いている。 2017年5月に日本政府は自衛隊の装備を無償で供与..   (2017-08-12)
 学校は出ても就職先がない状態が長年続きながら『教育産業』は興隆する一方のフィリピンで、8月4日、国内112校の国立、州立大学及び国立職業訓練校の授業料などを無償とする法案に..   (2017-08-05)
 7月30日午前2時半頃、ミンダナオ島北西部にある西ミサミス州オサミス市(人口約15万人)で、国家警察オサミス署と北部ミンダナオ地域本部犯罪捜査隊(CIDG)の合同部隊によって同市..   (2017-07-31)
 ドゥテルテ大統領が5月23日にミンダナオ島全域に布告した戒厳令は、憲法上2ヶ月間の期限を定められている。 しかし、議会が承認すれば延長は可能で、その期間は際限なく、ドゥテ..   (2017-07-24)
  13代大統領のエストラダは辞任後に、14代大統領のアロヨから汚職で囚われの身になり、有罪判決が出たものの恩赦で釈放。 因果は巡ってそのアロヨも15代大統領アキノ(子)【写真..   (2017-07-15)
 ドゥテルテ大統領【写真】がミンダナオ島全域に布告した2ヶ月間の戒厳令について、最高裁は認める判断を下した。 これは下院議員など3組が最高裁に対して布告直後に『戒厳令の差..   (2017-07-05)
 5月23日にミンダナオ島全域に対して60日間の戒厳令を布いてから1ヶ月経過するが、ミンダナオ島南ラナオ州都マラウィ市におけるイスラム系武闘派グループとフィリピン国軍の交戦はい..   (2017-06-23)
 ミンダナオ島全域に戒厳令が布告されているきっかけとされている、南ラナオ州都マラウィ市における政府軍とイスラム武闘派『マウテ・グループ』との戦闘は、6月12日のフィリピン独..   (2017-06-12)
 ドゥテルテ大統領が5月23日から60日間の期限で、ミンダナオ島全域に戒厳令を布告したことに対して、6月5日、下院議員6人が最高裁【写真】に対して『戒厳令布告は憲法に違反する』と..   (2017-06-06)
 5月23日、ドゥテルテ大統領はミンダナオ島全域に戒厳令を布告した。 期間は現行憲法で規定されている60日間だが、延長は可能。 また、状況によってはセブを中心とするヴィサヤ地..   (2017-05-27)
 フィリピンの環境行政を担う『環境天然資源庁=Department of Environment and Natural Resources 』(DENR)のロペス長官に対して、5月3日、上院と下院の委員12名ずつ、計24人で構成される『任命委員会..   (2017-05-10)
 4月29日、マニラ首都圏パサイ市で開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)【写真】には加盟10ヶ国の首脳が集まり、域内で最大の懸念、紛争事項の中国による南シナ海の軍事的覇権に対し..   (2017-04-30)
 フィリピンの下院議員の定数は297人で、その内訳は各地域の小選挙区選出238人、政党リストによる比例選出の59名になっている。 小選挙区制は政治を家業としている地方のボス一族が..   (2017-03-20)
 大統領制を取る国は、新たに選ばれる大統領は前政権政策の逆張りをすることによって求心力を高めることが多く、その例としてアメリカの新大統領トランプなど、ことごとく前オバマ..   (2017-03-08)
 違法薬物関与容疑者に対して『抹殺』を政策の第1に置くドゥテルテ大統領に対して『人権』の立場から批判を重ねるデ・リマ上院議員(2016年5月初当選)が、2月24日午前8時過ぎ、国家..   (2017-02-27)
12345678910,,,25
ニュース コラム ライフ
ルソン島紀行 イロコス篇 最..
【無法】 相次ぐ警察による容..
【波紋】 違法薬物関与者経営..
セブと戦争の時代
ルソン島紀行 山岳州篇 2017..
【汚染】 セブの大学で教育学..
【中古】 日本の自衛隊 着々..
セブのリゾート沖に通るコンテ..
【投資】 セブのカジノ付きホ..
ルソン島紀行 イロコス篇 そ..
【合弁】 日本最大の鶏卵生産..
【許可】 セブで違法営業のレ..
セブ・マクタン島の海辺は金儲..
【教育】 フィリピンの国公立..
バタネス紀行 2017 その-(4..
【警告】 エイズ(HIV)感染 ..
【航空】 セブから 小型飛行..
ルソン島紀行 山岳州篇 2017..
【虐殺】 ミンダナオ島で現職..
21マクタン・セブ国際空港の建設..
22【急襲】 セブで 韓国人グル..
23バタネス紀行 2017 その-(3..
24【展開】 ユニクロ フィリピ..
25ルソン島紀行 イロコス篇 そ..
26【議会】 ミンダナオ島の戒厳..
27劉暁波とノーベル平和賞
28【禁煙】 7月23日から 公共の..
29ルソン島紀行 山岳州篇 2017..
30【生贄】 アキノ前大統領告発..
31ルソン島紀行 イロコス篇 そ..
32【足元】 偽造印紙で巨額脱税..
33東京都議会選挙結果考
34【進出】 三越伊勢丹と野村不..
35【地震】 レイテ島で震度7 ..
36バタネス紀行 2017 その-(2..
37【開設】 首都圏マカティ市に..
38ルソン島紀行 山岳州篇 2017..
39【裁判】 最高裁 ミンダナオ..
40ルソン島紀行 イロコス篇 そ..
41【限界】 パッキャオ WBOタイ..
42バタネス紀行 2017 その-(1..
43【逃亡】 ガン保険金詐欺の37..
44【交戦】 ミンダナオ島戒厳令..
45フィリピンのボランティア団体..
46【作戦】 ミンダナオ島マラウ..
47【発表】 放火・襲撃事件で38..
48【交通】 鉄道敷設計画 ミン..
49【提訴】 戒厳令布告に対して..
50【事件】 保険金目当てか パ..
51【強盗】 防火対策を怠った首..
52【布告】 セブにも拡大か ミ..
53【事件】 ボホール島で邦人男..
54【統計】 予測より下回った ..
55【凶行】 米国籍の日本人女性..
56【環境】 セブで日系の廃棄プ..
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【布告】 セブにも拡大か..+ 4836
【凶行】 米国籍の日本人..+ 4292
【事件】 ボホール島で邦..+ 3541
【作戦】 ミンダナオ島マ..+ 3252
【環境】 セブで日系の廃..+ 3195
【事件】 保険金目当てか..+ 3165
【統計】 予測より下回っ..+ 2648
【発表】 放火・襲撃事件..+ 2590
【提訴】 戒厳令布告に対..+ 2491
【強盗】 防火対策を怠っ..+ 2485
【交通】 鉄道敷設計画 ..+ 2350
【交戦】 ミンダナオ島戒..+ 2309
【逃亡】 ガン保険金詐欺..+ 2050
フランスと韓国の大統領選..+ 1967
ルソン島紀行 イロコス篇..+ 1940
ルソン島紀行 山岳州篇 20..+ 1539
【裁判】 最高裁 ミンダ..+ 1468
【限界】 パッキャオ WBO..+ 1446
【地震】 レイテ島で震度7..+ 1443
【生贄】 アキノ前大統領..+ 1428
21ルソン島紀行 イロコス篇..+ 1422
22フィリピンの戒厳令はドゥ..+ 1395
23ルソン島紀行 山岳州篇 20..+ 1364
24【開設】 首都圏マカティ..+ 1294
25【禁煙】 7月23日から 公..+ 1254
26ルソン島紀行 山岳州篇 20..+ 1172
27ルソン島紀行 イロコス篇..+ 1130
28【虐殺】 ミンダナオ島で..+ 1127
29【進出】 三越伊勢丹と野..+ 1121
30ルソン島紀行 イロコス篇..+ 1109
31【足元】 偽造印紙で巨額..+ 1092
32ルソン島紀行 山岳州篇 20..+ 1044
33【急襲】 セブで 韓国人..+ 988
34フィリピンと台湾の間にあ..+ 956
35【議会】 ミンダナオ島の..+ 938
36【展開】 ユニクロ フィ..+ 925
37【警告】 エイズ(HIV)感..+ 838
38ルソン島紀行 イロコス篇..+ 813
39ルソン島紀行 イロコス篇..+ 794
40バタネス紀行 2017 その-..+ 780
41【合弁】 日本最大の鶏卵..+ 753
42ルソン島紀行 山岳州篇 20..+ 741
43【航空】 セブから 小型..+ 725
44【教育】 フィリピンの国..+ 674
45ルソン島紀行 山岳州篇 20..+ 673
46ルソン島紀行 イロコス篇..+ 668
47バタネス紀行 2017 その-..+ 651
48【許可】 セブで違法営業..+ 629
49ルソン島紀行 イロコス篇..+ 620
50ルソン島紀行 山岳州篇 20..+ 610
51【投資】 セブのカジノ付..+ 523
52フィリピンのボランティア..+ 509
53【汚染】 セブの大学で教..+ 492
54【中古】 日本の自衛隊 ..+ 466
55【波紋】 違法薬物関与者..+ 218
56【無法】 相次ぐ警察によ..+ 126
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:651,453 今日:32 昨日:199
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.