フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【作戦】 ミンダナオ島マラウィ市の戦闘に アメリカ軍特殊部隊が関与か - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【作戦】 ミンダナオ島マラウィ市の戦闘に アメリカ軍特殊部隊が関与か

 ミンダナオ島全域に戒厳令が布告されているきっかけとされている、南ラナオ州都マラウィ市における政府軍とイスラム武闘派『マウテ・グループ』との戦闘は、612日のフィリピン独立記念日までに制圧を目指していたが、いまだ完全制圧はならず戦闘が続いている。



 今までに分かっているだけで。この戦闘によって政府軍側死者58人、イスラム武闘派側死者190人以上、民間人の死者は40人程度となっている。

 この戦闘によって市内住民は近隣地区に避難しているため、マラウィ市内は無人と化しているが、武闘派グループが逃げ遅れた市民を人質にして家屋に立て籠もって可能性があるために、市民の犠牲者が増える可能性がある。

 このため、政府軍は市民の救出作戦を展開し、これまでに1600人以上を救出している。

 抵抗する武闘派グループに対して政府軍の空爆と交戦によって市内各所の建物は破壊が激しく、この事態を重く見た政府は610日、100億ペソ(約230億円)の予算を組んで、復旧を行うと発表した。

 こういった中、武闘派グループ構成員や関与したとして約310人に対して逮捕状が出ていて元マラウィ市長が逮捕され、ダヴァオ市では検問中にマウテ・グループの創始者兄弟の父親が摘発され、母親も逮捕された。

 なお、69日との大規模な戦闘ではマウテ兄弟の死亡と、マウテ・グループと連携するイスラム犯罪集団『アブサヤフ』指導者の死亡が伝えられたが、まだ確認はされていない。

 掃討作戦に、アメリカ軍の関与が従来から指摘されていたが、610日、在フィリピン・アメリカ大使館は関与を認め、アメリカ軍の関与は技術的なものに限っていると弁明した。

 アメリカ軍は従来からイスラム系武闘派対策を理由にミンダナオ島に部隊を駐留させていて、今回はゲリラ戦に強い特殊部隊をマラウィ市に派遣している可能性もあり、掃討作戦を支援するためにアメリカ海軍の電子偵察機『P3 オライオン』【写真 アメリカ海軍同型機】がマラウィ市上空に飛来している。

 この他、マレイシア国防相が69日、ミンダナオ島南部コタバト州を訪問し、現地で展開する『ミンダナオ和平監視団』を訪れ、マレイシアとフィリピン間を行き来するイスラム系武闘派に対して、両国間で封じ込める体制が整いつつあることを示した。


Updated: 2017/06/12 (月) 11:23

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 第2の『独裁者マルコス』になるのではとの評価もあるドテルテ大統領は、任期中の施策を遂行し易くするために『戒厳令』を利用しているとの指摘が反対派からは強い。【写真は戒厳..   (2018-12-13)
 ミンダナオ島南ラナオ州の州都マラウィ市で2017年5月に発生した、イスラム系武装組織とフィリピン国軍との内戦は同年10月まで続いた。 その内戦をきっかけに、ミンダナオ島全域に..   (2018-12-05)
 2009年11月23日、ミンダナオ島マギンダナオ州で起きた『虐殺事件』から9年経ったが、虐殺に関与し逮捕、起訴された106人は公判中ながら、一向に進まぬ裁判に遺族をはじめ関係者は焦燥..   (2018-11-24)
 1986年2月の『エドサ政変』によって、追放された独裁者マルコス一族は今も隠然たる力を持ち、妻のイメルダは地盤であるルソン島北イロコス州選出の下院議員、次女のアイミ―は同州..   (2018-11-10)
 今年の12月末にミンダナオ島全域に布いている戒厳令の期限は迫るが、ドゥテルテは必要性は失せているのに戒厳令の再延長を目論んでいる中、軍や警察の高級幹部を政府要職に送り込..   (2018-11-04)
 94歳の元上院議員の名前は『エンリレ』【写真】。同元議員は1986年2月に起きた当時の国防相だが、参謀次長であった『ラモス』後に(アキノの後継大統領)と独裁者マルコスに反旗を..   (2018-10-24)
フィリピンでは2019年5月13日に上下院議員、各種自治体首長、自治体議員の全国統一選挙が行われる。その選挙に立候補する者の登録が9月から行われ、立候補者が目指すシートの内容が次..   (2018-10-15)
 2019年5月に行われる次期選挙の中で、12人しか当選枠のない上院議員選挙は一番注目が集まるが、立候補予定者の下馬評、人気度ともいえる支持率調査が民間調査機関『パルスエイシア..   (2018-09-25)
 日本の外務省のフィリピンにある日本公館は、マニラ首都圏にある大使館、セブとダヴァオの2ヶ所に出張駐在官事務所があり、大使館と駐在官事務所の間にある総領事館はない。 日..   (2018-09-11)
 フィリピン統計局(PSA)が9月5日に発表した8月の消費者物価指数(CPI)は、7月の前年同月比5.7%からさらに上昇し、6.4%となった。 このCPIは2013年以降で新しいインフレ率算定基準が..   (2018-09-08)
 フィリピン最高裁判所の裁判官(判事)定員は15人で、定年は70歳と定められている。 今年5月に最高裁長官が判事の投票で解任されるという異常な事態に陥っていた最高裁で、後任の..   (2018-08-29)
 先の戦争での日本人戦没者は約240万人といわれている中、フィリピンは一番多く51万人を超えている。 ただし、この数字は旧軍人の数であり、軍に属さない在留邦人など多数、またフ..   (2018-08-19)
 戒厳令を発令中のミンダナオ島全域と近隣島嶼部では先の見えない状況が続いているが、ミンダナオ島西部に浮かぶ島、バシラン州の検問所で爆発事件があり死者11人、負傷者5人を数え..   (2018-08-09)
 フィリピン南部ミンダナオ島の『内戦』は、従来イスラム教徒が多数を占める同地への中央政府の政策によるキリスト教徒の移住、開拓、それに対するイスラム教徒側の反撃、及びミン..   (2018-07-27)
民間調査会社SWSが7月に公表したドゥテルテ大統領に関する支持率調査では、就任以来最低の支持率であったことが明らかになったが、同調査会社と競う『パルス・エイシア(PAR)』社が7..   (2018-07-15)
 民間調査会社SWSが6月27日から30日にかけて、ドゥテルテ大統領【写真】に関する支持率調査が、全国の成人1200人を対象にして実施され、7月10日、その内容が公表された。 それによると..   (2018-07-12)
12345678910,,,28
ニュース コラム ライフ
マニラ逍遥 2018年 その(10)..
【不振】 新車の売れ行き 前..
バタネス紀行 2017 その-(58..
《麻痺》 理由は何とでもつけ..
フィリピン攻撃は真珠湾攻撃よ..
《急増》 エイズ感染一日平均..
マニラ逍遥 2018年 その(9)..
《減速》 続く物価上昇 11月..
セブで映画『ボヘミアン・ラプ..
《強権》 ミンダナオ島の戒厳..
バタネス紀行 2017 その-(57..
《観光》 セブ島北部バンタヤ..
マニラ逍遥 2018年 その(8)..
【風化】 マギンダナオ虐殺事..
バタネス紀行 2017 その-(56..
《悪化》 5人に1人は失業中 ..
【鉄槌】 汚職の果て イメル..
マニラ逍遥 2018年 その(7)..
【不満】 進まぬ復興事業 台..
バタネス紀行 2017 その-(55..
21《微増》 1日当たり25ペソ 首..
22マニラ逍遥 2018年 その(6)..
23【深謀】 政府要職に軍と警察..
24バタネス紀行 2017 その-(54..
25【行事】 2018年ミス・セブは..
26マニラ逍遥 2018年 その(5)..
27【老害】 2019年選挙の候補者..
28バタネス紀行 2017 その-(53..
29《雇用》 ミンダナオ島の日系..
30マニラ逍遥 2018年 その(4)..
31【観光】 遅きに失す ようや..
32バタネス紀行 2017 その-(52..
33【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
34マニラ逍遥 2018年 その(3)..
35《過密》 セブの『ジンベイザ..
36バタネス紀行 2017 その-(51..
37【不慮】 フィリピンで演習参..
38マニラ逍遥 2018年 その(2)..
39バタネス紀行 2017 その-(50..
40【黒幕】 セブの日本人女性射..
41《評判》 次期上院選候補支持..
42《災害》 セブ州中部ナガ市で..
43《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
44【自前】 商船三井 船員養成..
45《批判》 ドゥテルテに媚を売..
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《批判》 ドゥテルテに媚..+ 2801
《鉄屑》 フィリピン名物..+ 2607
《災害》 セブ州中部ナガ..+ 2299
【黒幕】 セブの日本人女..+ 2253
【自前】 商船三井 船員..+ 2127
《評判》 次期上院選候補..+ 1965
【不慮】 フィリピンで演..+ 1742
《過密》 セブの『ジンベ..+ 1495
《雇用》 ミンダナオ島の..+ 1435
【行事】 2018年ミス・セブ..+ 1368
【老害】 2019年選挙の候補..+ 1273
【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 1239
【観光】 遅きに失す よ..+ 1183
【深謀】 政府要職に軍と..+ 907
【不満】 進まぬ復興事業..+ 900
【鉄槌】 汚職の果て イ..+ 891
バタネス紀行 2017 その-..+ 866
バタネス紀行 2017 その-..+ 860
《微増》 1日当たり25ペソ..+ 843
マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 824
21バタネス紀行 2017 その-..+ 803
22マニラ逍遥 2018年 その(2..+ 793
23マニラ逍遥 2018年 その(3..+ 680
24バタネス紀行 2017 その-..+ 646
25バタネス紀行 2017 その-..+ 484
26マニラ逍遥 2018年 その(5..+ 482
27マニラ逍遥 2018年 その(6..+ 477
28バタネス紀行 2017 その-..+ 473
29《悪化》 5人に1人は失業中..+ 467
30バタネス紀行 2017 その-..+ 463
31マニラ逍遥 2018年 その(7..+ 448
32マニラ逍遥 2018年 その(4..+ 439
33バタネス紀行 2017 その-..+ 420
34《観光》 セブ島北部バン..+ 388
35【風化】 マギンダナオ虐..+ 314
36バタネス紀行 2017 その-..+ 311
37《強権》 ミンダナオ島の..+ 278
38バタネス紀行 2017 その-..+ 249
39マニラ逍遥 2018年 その(8..+ 247
40《急増》 エイズ感染一日..+ 238
41セブで映画『ボヘミアン・..+ 197
42《減速》 続く物価上昇 11..+ 162
43マニラ逍遥 2018年 その(9..+ 137
44《麻痺》 理由は何とでも..+ 80
45【不振】 新車の売れ行き..+ 45
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:744,892 今日:42 昨日:228
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.