フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【任命】 環境保護者の環境天然資源長官の首を切り 後任に元国軍参謀総長 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【任命】 環境保護者の環境天然資源長官の首を切り 後任に元国軍参謀総長

 フィリピンの環境行政を担う『環境天然資源庁=Department of Environment and Natural Resources (DENR)のロペス長官に対して、53日、上院と下院の委員12名ずつ、計24人で構成される『任命委員会』が同長官の閣僚資格は『不適』と多数決で押し切り、同長官は閣僚を去ることになった。



 なお、同委員会では外務長官が同様に不承認となっていて、ドゥテルテ政権下では2人目の不承認となった。

 1
人目の外務長官は2重国籍問題を虚偽の証言で追われたが、2人目のロペス長官の不承認理由は明らかにされず、任命委員会の委員に対して黒い手が動いたのではと噂されている。

 不承認となった同長官は環境保護者として知られ、ドゥテルテ大統領の任命後、10ヶ月の任期中に『環境基準に違反している』として、国内で操業する鉱山会社41社を調査し、内23社の操業停止、5社の一時停止処分を行った。

 今まで欲しいままに環境破壊を続けていた鉱山会社は、この措置に猛反発し、同長官を追い出すために地元や中央の政治家へのロビィ活動と経済界や労働界の有力者を総動員して対抗。

 この同長官の方針に対して、地元であるミンダナオ島の鉱山開発による荒廃を見たドゥテルテは最初は同長官を支持する発言をしていたが、大統領選時の選挙資金が中国系の鉱山会社から出ていたこともあって、いつしかダンマリを決め込み、同長官を擁護する動きはなかった。

 5
9日、DENRの後任に環境行政とは無縁、素人のフィリピン国軍制服組トップになるシマツ元国軍参謀総長が就任したが、新長官は参謀総長を辞めた後、『中東担当特使』を務めるなど政治権力側の使い回しの良い立ち位置にあった。

 同氏への任命は鉱山業界の意を汲んだドゥテルテの環境行政のやる気のなさを象徴していると、環境保護団体やキリスト教関係団体から批判されている。

 今回の鉱山閉鎖問題だが、特に『ニッケル』を産出する多くの鉱山が閉鎖、一時停止の行政処分となっていてその数は閉鎖が18社、一時停止が2社となっている。

 その中には日本の大手鉱山会社、住友金属鉱山も含まれ、日本の資本によるかつての丸太伐採同様の環境破壊の一端も明るみになった。

 また、フィリピンは世界最大のニッケル鉱石輸出国でもあり、その量は世界の20%を占め、フィリピンの前長官による行政処分によってニッケルの減産、相場の上昇も生んだが、鉱山会社側に寄り添う新長官が就任したことによって、世界のニッケル業界は安堵している。

 【写真は任命式の様子 左が新
DENR長官】


Updated: 2017/05/10 (水) 19:56

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンと韓国間で2019年6月から交渉を始めていた自由貿易協定(Free Trade Agreement=FTA)が10月26日、両国間で合意したことが宣言され共同宣言文に署名が行われた。 アセアン加盟10..   (2021-10-26)
 2021年のノーベル平和賞はフィリピンの『マリア・レッサ』氏とロシアの『ドミトリー・ムラトフ』氏に贈られることが決まり、レッサ氏は史上初めてのフィリピン人受賞者となった。..   (2021-10-15)
 2020年副大統領選に現大統領のドゥテルテが、党の推薦を受けて副大統領選に出ることを受諾し、『副大統領には誰を支持する』という世論調査でも毎回トップを走っていたがここに来..   (2021-09-30)
 2022年5月で6年間の任期を終えるドゥテルテ大統領だが、憲法で大統領の再選は禁じられているために、憲法の隙間を突いて2022年副大統領選に立候補することを表明し権力への執着ぶり..   (2021-09-14)
 フィリピン保健省によると、9月1日現在の新型コロナ感染者数累計は200万3955人となり、200万人の大台を突破した。 感染者累計で50万人を記録したのは今年の1月17日、100万人の大台にな..   (2021-09-02)
 国の機関の会計を検査する組織として会計検査院があり、多くの国では裁判所と同様にその立場の独立性を保障されていて、最高権力者といえども口を挟むことは許されていない。 フ..   (2021-08-19)
 大会開催中に毎日のように新型コロナ感染者数の記録を塗り替えていながら東京で開かれたオリンピックで、フィリピンは女子重量挙げ55キロ級で前回リオ・デ・ジャネイロ大会で銀メ..   (2021-08-09)
 7月30日現在のフィリピン国内新型コロナ感染者は累計158万人を超え、これは7月1日141万人より17万人の増加で、感染ペースは下がっていなくて、政府は8月1日から各地に出している防疫体..   (2021-07-31)
 7月4日午前11時半頃、ミンダナオ島西岸海域スール州ホロ島にある空港でフィリピン国軍の輸送機『C-130』が着陸に失敗し、近くのヤシ林に墜落、炎上した。 同機には操縦士3人と陸軍..   (2021-07-05)
 第15代フィリピン共和国大統領ベニグノ・アキノⅢ世が、6月24日午前6時半マニラ首都圏ケソン市の病院で亡くなった。享年61であった。 死因は糖尿病による腎臓疾患で、同氏は2年以上..   (2021-06-26)
 フィリピンの新型コロナ累計感染者数は6月20日現在、135万9千人余となり、1日当たり5000~7000人前後の感染者が発生する高止まり状態となっている。 これまではマニラ首都圏と首都圏..   (2021-06-21)
 フィリピン財務省【写真】によると、政府債務が4月末で10兆9900億ペソ(約22兆円)に達し、この額は前月の3月から2%増となり債務総額としては過去最高となった。 債務額が膨らんだ..   (2021-06-05)
 フィリピンは3年に1度、全国統一選挙が行われ前回の2019年は上下院議員、州、市、町の自治体首長と各種自治体議員が選出され、任期は上院議員の6年以外は何れも3年。【写真は前回2019..   (2021-05-12)
 今年の1月17日に新型コロナ累計感染者数50万人を数えたフィリピンで、100万人を突破したことが保健省(DOH)によって確認された。 100万人を突破した日は4月26日で、その数は100万6428人..   (2021-04-29)
 4月13日現在、新型コロナ累計感染者数88万人、一日当たりの感染者が連日1万人を超えるフィリピンだが、切り札とされているワクチン接種も計画通りに進んでいないのが明らかになって..   (2021-04-13)
在フィリピン日本大使館情報より転載   ●3月29日、フィリピン政府は、4月1日からのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました。 【本文】 ..   (2021-04-01)
12345678910,,,32
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:908,198 今日:82 昨日:115
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.