フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【議会】 ミンダナオ島の戒厳令 12月末までの延長承認 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【議会】 ミンダナオ島の戒厳令 12月末までの延長承認

 ドゥテルテ大統領が523日にミンダナオ島全域に布告した戒厳令は、憲法上2ヶ月間の期限を定められている。

 しかし、議会が承認すれば延長は可能で、その期間は際限なく、ドゥテルテが望む任期の終わる2022年まで戒厳令を布くことは可能となっている。

 7
22日に期限を迎えた戒厳令に対して、同日開かれた上院と下院の両院による特別合同議会によって、1231日までの延長が承認された。

 この合同議会には上下院議員279人が出席し、延長賛成は261人、反対は18人という結果になった。

 反対した議員は、上院では20人出席中、前アキノ大統領与党であった自由党議員中心の4人のみ。下院では出席259人中、14人の反対であった。

 この圧倒的票差はドゥテルテ政権発足時に、少数野党であったドゥテルテ側に与党議員がフィリピン政界年中行事の『政党鞍替え』を行ったためで、今ではドゥテルテ与党は上下院議長を押さ、何でも出来る状態となっている。

 この一党独裁型政治に対して残る道は最高裁への提訴があり、戒厳令に反対する議員や人権団体などは今回の延長に対して異議申し立てを行うと表明。

 しかしながら、最高裁は最初に出た2ヶ月間の戒厳令についての異議申し立てについて最高裁判事15人中、14人の賛成で却下されていて、最高裁が今回の延長について異議を認めるとはないと見られ、ドゥテルテ政治の強権性に歯止めのない状態になっている。

 今回の延長決定に対して国軍や警察など治安当局は諸手で歓迎しているが、治安当局は戒厳令延長を成就させるために故意に掃討を遅らせたとの批判も出ている。

 これは、戦闘が行われている南ラナオ州州都マラウィ市という限定された地域の掃討は短期間で終えられるのに、戒厳令の期限日までわざと作戦を伸ばしたという批判で、軍事的にもおかしいとの指摘もある。

 これに対して市内にはまだグループが潜伏して戒厳令の延長は必要と国軍は発表しているが、その数は100人以下と見られている。

 また、当初100人程度と見られていた戦闘グループは、国軍の最近の発表によると死者578人に上っていて、その膨大な数字の違いについて民間人死亡者が加えられているのではとの憶測が広がっている。

 なお、同発表によると国軍側の死者105人、民間人45人となっている。

 戦闘ではマラウィ市街地への国軍による空爆などによって家屋への被害も甚大で、また戦闘を避けるため近隣に避難した住民が7万世帯以上30万人を超えていて、早急な手当てが急がれるが当局側の動きは鈍い。

 今回の議会による戒厳令延長承認はミンダナオ島を地盤とする議員以外は直接の利害はなく、議員のミンダナオ島への無関心と無理解が容易く延長賛成になったとの識者の指摘もある。

 また、戒厳令の経済的影響は顕著で、フィリピン投資委員会(BOI)が発表した最新の統計では今年1月~6月の2017年上半期のミンダナオ島への投資予定額は、前年同期と比べて61.3%もの大幅な縮小が認められ、ミンダナオ島経済に戒厳令が影響していることが明らかになった。


Updated: 2017/07/24 (月) 10:51

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
  国内に蔓延する違法薬物撲滅を公約にしてダヴァオ市長から2016年大統領選で当選したドゥテルテに対して国際刑事裁判所(International Criminal Court=ICC)検察局が予備捜査を開始した。..   (2018-02-17)
 昨年末で切れるミンダナオ島全域に布告されている『戒厳令』は、ドゥテルテ大統領の要求によって1年間の延長が求められていた。 その要求を受けて議会は1年間の延長を認めたが、..   (2018-02-09)
 フィリピン統計局は2017年度の国内総生産(GDP)は6.7%と発表。 この数字は前年度(2016年)と比較して、0.2ポイント落ち込んでいて、好調が伝えられるフィリピン経済に対して、フィ..   (2018-01-26)
 過去最大となる国家予算が12月19日、ドゥテルテ大統領の署名を受けて正式に決まった。 2018年度(1月~12月)の予算総額は3兆7670億ペソ(現在レートで約8兆3千6百億円)となり、前年..   (2017-12-20)
 1986年2月に第10代フィリピン大統領マルコスは、フィリピンから一族及び取り巻と共にハワイへ逃亡、1989年、72歳で同地にて死亡したが、マルコスは国家財産を食い物にし、その源は9年..   (2017-12-14)
 ネッタイシマカが媒体するデング熱は年間の感染者が世界では3億9000万人以上で、フィリピンでは世界保健機構(WHO)の最新統計によると、2017年1月から9月初めまでの感染者数は7万6千..   (2017-12-06)
 ドゥテルテ大統領が2016年大統領選で勝利したのは、広く国内に蔓延する『違法薬物撲滅』を公約に挙げたことが、泡沫候補から一気に当選の道を拓いた。 しかし、その実態は法体系..   (2017-12-02)
 フィリピンは世論調査好きな国で、その結果で一喜一憂するが、世論調査も怪しげなのがあって『金』を払えば都合の良い結果を引き出せる調査も多い。 その典型と見られる世論調査..   (2017-11-23)
 フィリピンの民間世論調査機関、SWSがドゥテルテ現大統領の『公約』達成度について調査を行い、その結果が11月5日に発表された。 【写真は大統領就任式時 左からドゥテルテ、愛人..   (2017-11-08)
 当初は泡沫候補扱いながら、フィリピンに蔓延する『違法薬物撲滅』一本を選挙公約にして2016年大統領選に当選したドゥテルテ現大統領だが、具体的に実行できたのは警官などによる..   (2017-11-03)
 5月23日に発生したミンダナオ島マラウィ市内における、イスラム系反政府武装組織とフィリピン国軍との戦闘は、武装組織を率いる最高指揮官が戦闘で死亡したことを受けて、フィリピ..   (2017-10-18)
 国民から高い信頼度を誇っていたドゥテルテ大統領【写真】の信頼度が下がっていることが、民間調査機関SWSの調査によって明らかになった。 同機関は9月23日から27日までに1500人の成..   (2017-10-11)
 どこの国の権力者も『批判』を嫌うもので、アメリカのトランプは批判を『偽ニュース』と決めつけ、日本の安倍は批判に対して過剰に反応する言説が多い。 フィリピンのドゥテルテ..   (2017-09-14)
 違法薬物関与者を皆殺しにすると公言して、2016年大統領選を泡沫候補から勝ち上がったドゥテルテ大統領に、身内の違法薬物関与疑惑が持ち上がっている。 5月26日、首都圏ヴァレン..   (2017-09-12)
 1965年から1986年までフィリピン第10代大統領であった『マルコス』は1972年に戒厳令布告し、弾圧の限りをつくす独裁政治家として歴史に名を残すが、一方で『汚職』の帝王として君臨し..   (2017-09-03)
 セブ州には9市の自治体があり、セブ市と反対側になる西海岸側にある市がトレド市【写真】で、人口約17万人強。 この市長が固定資産税を払わなかったために、8月28日、公務員の犯罪..   (2017-08-30)
12345678910,,,26
ニュース コラム ライフ
ボラカイの海は『汚水溜め』と..
【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
セブは晴れ 日本は大雪
【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
バタネス紀行 2017 その-(22..
プーケットの古本屋
【時代】 劣悪なジプニーが消..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【司法】 最高裁 戒厳令延長..
バタネス紀行 2017 その-(21..
【市場】 フィリピンの2017年..
平成は31年で終わる
【労働】 企業に都合の良い ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【雇用】 日本で働くフィリピ..
軍事用飛行場であったマクタン..
【景気】 前年より減速 2017..
【管理】 海外で働くフィリピ..
セブからプーケットへ
21【避難】 マヨン火山に大噴火..
22セブで迎える2017年の大晦日
23【避難】 異例のクリスマス台..
24【企業】 ホテルオークラ 放..
25バタネス紀行 2017 その-(20..
26【漂流】 ミンダナオ島沖で ..
27小さな旅 ボホール島篇 2017..
28【最大】 総額3兆7670億ペソ 2..
29気に食わない2017年の5人
30【被害】 台風『ウルドゥハ』..
31バタネス紀行 2017 その-(19..
32【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設..
33セブから消えるマリオット・ホ..
34【強権】 マルコス独裁に近づ..
35【多忙】 在比日本国大使館の..
36小さな旅 ボホール島篇 2017..
37【犯罪】 中国からの密輸続く..
38バタネス紀行 2017 その-(18..
39【開発】 国内空港関連事業 ..
40小さな旅 ボホール島篇 2017..
41【騒動】 デング熱ワクチン ..
42個人崇拝と全体主義
43【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
44【司法】 違法薬物取締政策の..
45【調査】 日本の製造業の有望..
46【天国】 セブ港で コンテナ..
47【胡乱】 操作した疑いを持た..
48【統計】 GDP第3四半期成長率..
49【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 3745
【天国】 セブ港で コン..+ 3697
【胡乱】 操作した疑いを..+ 3661
【犯罪】 中国からの密輸..+ 3451
【騒動】 デング熱ワクチ..+ 3381
【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 3271
【司法】 違法薬物取締政..+ 3130
【強権】 マルコス独裁に..+ 3119
【最大】 総額3兆7670億ペソ..+ 2977
【多忙】 在比日本国大使..+ 2808
【統計】 GDP第3四半期成長..+ 2717
【調査】 日本の製造業の..+ 2708
【被害】 台風『ウルドゥ..+ 2599
【開発】 国内空港関連事..+ 2447
【浪費】 ミンダナオ鉄道..+ 2297
【漂流】 ミンダナオ島沖..+ 2264
【企業】 ホテルオークラ..+ 2213
【避難】 異例のクリスマ..+ 1916
気に食わない2017年の5人+ 1815
小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1791
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1782
22セブから消えるマリオット..+ 1758
23【雇用】 日本で働くフィ..+ 1732
24小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1601
25個人崇拝と全体主義+ 1551
26小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1538
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1526
28【避難】 マヨン火山に大..+ 1518
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1469
30セブで迎える2017年の大晦日+ 1431
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1350
32台風『ヨランダ』から4年経..+ 1244
33バタネス紀行 2017 その-..+ 1242
34小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1196
35小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1192
36【管理】 海外で働くフィ..+ 1189
372017年の万聖節+ 1138
38【景気】 前年より減速 20..+ 943
39セブからプーケットへ+ 919
40軍事用飛行場であったマク..+ 769
41【労働】 企業に都合の良..+ 728
42平成は31年で終わる+ 548
43小さな旅 ボホール島篇 20..+ 545
44【市場】 フィリピンの2017..+ 537
45【時代】 劣悪なジプニー..+ 360
46【司法】 最高裁 戒厳令..+ 355
47【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 168
48【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 155
49【税金】 マニラ首都圏地..+ 41
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:688,555 今日:143 昨日:180
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.