フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【司法】 違法薬物取締政策の差し止め 最高裁で審理始まる - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【司法】 違法薬物取締政策の差し止め 最高裁で審理始まる

 ドゥテルテ大統領が2016年大統領選で勝利したのは、広く国内に蔓延する『違法薬物撲滅』を公約に挙げたことが、泡沫候補から一気に当選の道を拓いた。

 しかし、その実態は法体系を無視した警察権力の問答無用の行使で、政権発足後に違法薬物関与容疑者の殺害数は現在までに1万人に達していると指摘されている。

 このドゥテルテ政権が押し進める強硬な取締政策を巡って、国家警察によって殺害された容疑者家族がその違法性を指摘し最高裁に同政策差し止めを求め、1121日、最高裁において口頭弁論が始まった。

 原告側弁護士は『捜査令状のない警察による自宅訪問は違法である』と糾弾し、『ドゥテルテの進めるこの政策は憲法に基づく生存権や自由権を犯している』と厳しく批判した。

 これは同政策の通達で、国家警察に対して『違法薬物に関与した疑いのある人物が警察官の訪問を拒否した場合、ただちに違法薬物取締部門に通報し捜査を行う』とされ、これが警察による大量殺人の温床になっていると見られている。

 一方、政府側は『この申し立ては根拠がない』と一蹴し、申し立ての却下を求めている。

 ドゥテルテの進めた強硬策は警察が主に行っていたが、捜査の名を借りた警官による一方的殺人が頻発し、国内外から批判を浴び、10月には国家警察を取締から外す措置が取られている。

 しかしながら、国家警察は取締復帰に意欲を見せ、大統領もこれは一時的な措置と見ている。

 審理を行う最高裁判所は三権分立が保障されているフィリピンの制度の中にあるが、実態は時の政権の思惑が強力に作用し、前最高裁長官はアキノ政権時に弾劾裁判にかけられ失脚している。

 その後を継いだのはアキノ大統領指名の女性判事だが、現在ドゥテルテ与党による追い落としが始まっていて、下院の司法委員会に召喚され弾劾へ進むのではと見られている。

 このように時の政権に都合の良い判断を下す最高裁の在り方も、三権の独立という観点からおかしいとの批判も強い。


Updated: 2017/12/02 (土) 09:39

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 第2の『独裁者マルコス』になるのではとの評価もあるドテルテ大統領は、任期中の施策を遂行し易くするために『戒厳令』を利用しているとの指摘が反対派からは強い。【写真は戒厳..   (2018-12-13)
 ミンダナオ島南ラナオ州の州都マラウィ市で2017年5月に発生した、イスラム系武装組織とフィリピン国軍との内戦は同年10月まで続いた。 その内戦をきっかけに、ミンダナオ島全域に..   (2018-12-05)
 2009年11月23日、ミンダナオ島マギンダナオ州で起きた『虐殺事件』から9年経ったが、虐殺に関与し逮捕、起訴された106人は公判中ながら、一向に進まぬ裁判に遺族をはじめ関係者は焦燥..   (2018-11-24)
 1986年2月の『エドサ政変』によって、追放された独裁者マルコス一族は今も隠然たる力を持ち、妻のイメルダは地盤であるルソン島北イロコス州選出の下院議員、次女のアイミ―は同州..   (2018-11-10)
 今年の12月末にミンダナオ島全域に布いている戒厳令の期限は迫るが、ドゥテルテは必要性は失せているのに戒厳令の再延長を目論んでいる中、軍や警察の高級幹部を政府要職に送り込..   (2018-11-04)
 94歳の元上院議員の名前は『エンリレ』【写真】。同元議員は1986年2月に起きた当時の国防相だが、参謀次長であった『ラモス』後に(アキノの後継大統領)と独裁者マルコスに反旗を..   (2018-10-24)
フィリピンでは2019年5月13日に上下院議員、各種自治体首長、自治体議員の全国統一選挙が行われる。その選挙に立候補する者の登録が9月から行われ、立候補者が目指すシートの内容が次..   (2018-10-15)
 2019年5月に行われる次期選挙の中で、12人しか当選枠のない上院議員選挙は一番注目が集まるが、立候補予定者の下馬評、人気度ともいえる支持率調査が民間調査機関『パルスエイシア..   (2018-09-25)
 日本の外務省のフィリピンにある日本公館は、マニラ首都圏にある大使館、セブとダヴァオの2ヶ所に出張駐在官事務所があり、大使館と駐在官事務所の間にある総領事館はない。 日..   (2018-09-11)
 フィリピン統計局(PSA)が9月5日に発表した8月の消費者物価指数(CPI)は、7月の前年同月比5.7%からさらに上昇し、6.4%となった。 このCPIは2013年以降で新しいインフレ率算定基準が..   (2018-09-08)
 フィリピン最高裁判所の裁判官(判事)定員は15人で、定年は70歳と定められている。 今年5月に最高裁長官が判事の投票で解任されるという異常な事態に陥っていた最高裁で、後任の..   (2018-08-29)
 先の戦争での日本人戦没者は約240万人といわれている中、フィリピンは一番多く51万人を超えている。 ただし、この数字は旧軍人の数であり、軍に属さない在留邦人など多数、またフ..   (2018-08-19)
 戒厳令を発令中のミンダナオ島全域と近隣島嶼部では先の見えない状況が続いているが、ミンダナオ島西部に浮かぶ島、バシラン州の検問所で爆発事件があり死者11人、負傷者5人を数え..   (2018-08-09)
 フィリピン南部ミンダナオ島の『内戦』は、従来イスラム教徒が多数を占める同地への中央政府の政策によるキリスト教徒の移住、開拓、それに対するイスラム教徒側の反撃、及びミン..   (2018-07-27)
民間調査会社SWSが7月に公表したドゥテルテ大統領に関する支持率調査では、就任以来最低の支持率であったことが明らかになったが、同調査会社と競う『パルス・エイシア(PAR)』社が7..   (2018-07-15)
 民間調査会社SWSが6月27日から30日にかけて、ドゥテルテ大統領【写真】に関する支持率調査が、全国の成人1200人を対象にして実施され、7月10日、その内容が公表された。 それによると..   (2018-07-12)
12345678910,,,28
ニュース コラム ライフ
バタネス紀行 2017 その-(58..
《麻痺》 理由は何とでもつけ..
フィリピン攻撃は真珠湾攻撃よ..
《急増》 エイズ感染一日平均..
マニラ逍遥 2018年 その(9)..
《減速》 続く物価上昇 11月..
セブで映画『ボヘミアン・ラプ..
《強権》 ミンダナオ島の戒厳..
バタネス紀行 2017 その-(57..
《観光》 セブ島北部バンタヤ..
マニラ逍遥 2018年 その(8)..
【風化】 マギンダナオ虐殺事..
バタネス紀行 2017 その-(56..
《悪化》 5人に1人は失業中 ..
【鉄槌】 汚職の果て イメル..
マニラ逍遥 2018年 その(7)..
【不満】 進まぬ復興事業 台..
バタネス紀行 2017 その-(55..
《微増》 1日当たり25ペソ 首..
マニラ逍遥 2018年 その(6)..
21【深謀】 政府要職に軍と警察..
22バタネス紀行 2017 その-(54..
23【行事】 2018年ミス・セブは..
24マニラ逍遥 2018年 その(5)..
25【老害】 2019年選挙の候補者..
26バタネス紀行 2017 その-(53..
27《雇用》 ミンダナオ島の日系..
28マニラ逍遥 2018年 その(4)..
29【観光】 遅きに失す ようや..
30バタネス紀行 2017 その-(52..
31【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
32マニラ逍遥 2018年 その(3)..
33《過密》 セブの『ジンベイザ..
34バタネス紀行 2017 その-(51..
35【不慮】 フィリピンで演習参..
36マニラ逍遥 2018年 その(2)..
37バタネス紀行 2017 その-(50..
38【黒幕】 セブの日本人女性射..
39《評判》 次期上院選候補支持..
40マニラ逍遥 2018年 その(1)..
41《災害》 セブ州中部ナガ市で..
42《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
43【自前】 商船三井 船員養成..
44《批判》 ドゥテルテに媚を売..
45《失政》 物価上昇止まらず ..
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《批判》 ドゥテルテに媚..+ 2737
《失政》 物価上昇止まら..+ 2699
《鉄屑》 フィリピン名物..+ 2523
《災害》 セブ州中部ナガ..+ 2227
【黒幕】 セブの日本人女..+ 2177
【自前】 商船三井 船員..+ 2077
《評判》 次期上院選候補..+ 1912
【不慮】 フィリピンで演..+ 1655
《過密》 セブの『ジンベ..+ 1448
《雇用》 ミンダナオ島の..+ 1381
【行事】 2018年ミス・セブ..+ 1277
【老害】 2019年選挙の候補..+ 1220
【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 1191
【観光】 遅きに失す よ..+ 1107
【深謀】 政府要職に軍と..+ 856
バタネス紀行 2017 その-..+ 851
バタネス紀行 2017 その-..+ 843
【鉄槌】 汚職の果て イ..+ 833
バタネス紀行 2017 その-..+ 830
【不満】 進まぬ復興事業..+ 825
21マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 813
22バタネス紀行 2017 その-..+ 788
23《微増》 1日当たり25ペソ..+ 787
24マニラ逍遥 2018年 その(2..+ 778
25マニラ逍遥 2018年 その(3..+ 666
26バタネス紀行 2017 その-..+ 633
27バタネス紀行 2017 その-..+ 453
28バタネス紀行 2017 その-..+ 450
29バタネス紀行 2017 その-..+ 447
30マニラ逍遥 2018年 その(6..+ 438
31マニラ逍遥 2018年 その(5..+ 438
32マニラ逍遥 2018年 その(4..+ 424
33《悪化》 5人に1人は失業中..+ 416
34マニラ逍遥 2018年 その(7..+ 407
35バタネス紀行 2017 その-..+ 379
36《観光》 セブ島北部バン..+ 314
37【風化】 マギンダナオ虐..+ 271
38バタネス紀行 2017 その-..+ 271
39バタネス紀行 2017 その-..+ 211
40マニラ逍遥 2018年 その(8..+ 208
41《急増》 エイズ感染一日..+ 186
42《強権》 ミンダナオ島の..+ 184
43セブで映画『ボヘミアン・..+ 156
44《減速》 続く物価上昇 11..+ 110
45《麻痺》 理由は何とでも..+ 33
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:743,937 今日:237 昨日:269
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.