フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《隠蔽》 日本の厚労省とNPOが 遺骨収集事業を駄目にした - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  《隠蔽》 日本の厚労省とNPOが 遺骨収集事業を駄目にした

 先の戦争での日本人戦没者は約240万人といわれている中、フィリピンは一番多く51万人を超えている。



 ただし、この数字は旧軍人の数であり、軍に属さない在留邦人など多数、またフィリピン側民間人は100万人を超える多大な死者を生んでいる。

 これは日本が侵略した国でも同様だが、その中で1952年に日本政府は戦没者遺骨収集事業を開始し、フィリピンは1958年から始まった。

 戦争で死んだ者は等しく犠牲者であり旧軍人だけを収集するその考えには異議もあったが、遺骨収集事業は進められて、山野に眠る遺骨は次々と納められたが、現在フィリピンでは37万人分が収集されていない。

 こういった中、2006年にフィリピンの遺骨収集を目的とする民間団体(NPO)『空援隊』が発足し、活動を始め、厚労省はこのNPOに遺骨収集事業を委託し補助金を出すようになった。

 2008
年になって、遺骨収集方法を地元民の証言を基に旧日本兵の遺骨とする新しい方法を取り入れ、前年の2007年は161柱であったのに2008年は1230柱、20097740柱、2010年は半年で6289柱と収集数が激増した。

 それと同時に、フィリピン各地の墓地などから先祖の遺骨が盗まれる事例が多く発生し、盗まれた先住民族などから抗議が寄せられる問題が発生。そのため厚労省は201010月収集事業を中断した。

 この激増はNPOが現地で遺骨を買い取る事業をしていたためで、現地の人間が墓荒らしをして持ち込み、遺骨を金で買い取るこのNPOの方法に批判は集中したが、NPOは問題を起こしたのにも拘らず存続している。

 NPO
問題に詳しい専門家によると『これはNPOの名を借りた遺骨ビジネスであり、NPO自身は勿論、助成金を支出した当時の厚労省の担当者にも責任は大きい』と指摘している。

 この問題に対して時のアキノ大統領は201011月に『フィリピン人の遺骨持ち出しが確認されたら日本政府に返還を求め、この犯罪行為に関与した人物は官民を問わず訴追する』と強硬発言。

 そのため、泡を食った日本の厚労省は問題となっている遺骨の鑑定を行い、疑わしい遺骨があったにも関わらず2011年に報告書をまとめた。

 それには『フィリピン人の遺骨が混入している事実はない』と厚労省は事実と異なる検証結果を記載し、財務省などと同様の事実隠蔽を計っていた。

 また翌2012年の別の鑑定人2人による鑑定では『日本人の遺骨は全くなかった』という衝撃的な鑑定結果が出たのにも拘らず、その事実をひた隠しにしていた。

 これは20164月に2024年まで実施する『戦没者遺骨収集推進法』を成立、施行するための厚労省による取り繕いであり、フィリピンの遺骨収集事業の不手際を隠蔽するものとして内外を問わず批判が集まっている。

 しかしながら、遺骨収集事業というのは遺族感情と政治事情が絡むものであり、フィリピンで起きた問題を棚上げして20185月には厚労省とフィリピン政府の間で遺骨収集事業の覚書が締結され、事業再開となった。

 しかし、ここにきて日本の厚労省の隠蔽、改竄体質が明るみになって、遺骨収集事業が上手く行くのかどうか疑問視されているが、有耶無耶の状態で始まるようだ。



【写真はセブ島北部にある旧日本軍終焉の地】


Updated: 2018/08/19 (日) 18:38

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本の外務省のフィリピンにある日本公館は、マニラ首都圏にある大使館、セブとダヴァオの2ヶ所に出張駐在官事務所があり、大使館と駐在官事務所の間にある総領事館はない。 日..   (2018-09-11)
 フィリピン統計局(PSA)が9月5日に発表した8月の消費者物価指数(CPI)は、7月の前年同月比5.7%からさらに上昇し、6.4%となった。 このCPIは2013年以降で新しいインフレ率算定基準が..   (2018-09-08)
 フィリピン最高裁判所の裁判官(判事)定員は15人で、定年は70歳と定められている。 今年5月に最高裁長官が判事の投票で解任されるという異常な事態に陥っていた最高裁で、後任の..   (2018-08-29)
 先の戦争での日本人戦没者は約240万人といわれている中、フィリピンは一番多く51万人を超えている。 ただし、この数字は旧軍人の数であり、軍に属さない在留邦人など多数、またフ..   (2018-08-19)
 戒厳令を発令中のミンダナオ島全域と近隣島嶼部では先の見えない状況が続いているが、ミンダナオ島西部に浮かぶ島、バシラン州の検問所で爆発事件があり死者11人、負傷者5人を数え..   (2018-08-09)
 フィリピン南部ミンダナオ島の『内戦』は、従来イスラム教徒が多数を占める同地への中央政府の政策によるキリスト教徒の移住、開拓、それに対するイスラム教徒側の反撃、及びミン..   (2018-07-27)
民間調査会社SWSが7月に公表したドゥテルテ大統領に関する支持率調査では、就任以来最低の支持率であったことが明らかになったが、同調査会社と競う『パルス・エイシア(PAR)』社が7..   (2018-07-15)
 民間調査会社SWSが6月27日から30日にかけて、ドゥテルテ大統領【写真】に関する支持率調査が、全国の成人1200人を対象にして実施され、7月10日、その内容が公表された。 それによると..   (2018-07-12)
 日本や中国などからのODAで国内大型インフラを政府主導で進めて、景気浮揚を図るドゥテルテ政権は3年目に入っているが、外国からの投資減、ペソ安、株価下落が続き、6%台の高い経..   (2018-06-29)
   ENDO(end-of-contract)と名付けられている、6ヶ月ごとに労働者を解雇し、再雇用を繰り返す悪しき労働形態がフィリピンにはあり、ドゥテルテ大統領はENDOを大統領令で撤廃するよ..   (2018-05-30)
  5月14日に全国で行われた『バランガイ』議長と議員及び『青年評議会(SK)』議員を選ぶ選挙が行われ、実施当局は『概ね平穏』と評価するが、選挙期間中に対立陣営から殺害され..   (2018-05-19)
 フィリピンの最高裁判所判事の定員は15人で、定年は70歳。その任命は時の大統領が行う。 長官はアキノ前大統領が任命したソレノ【写真】であったが、5月11日、最高裁判事14人(ソレ..   (2018-05-13)
 兄弟の経営する会社に6000万ペソ(約1億2500万円)を広告費として支出して、国営テレビ局の番組を制作させた疑惑が抱かれている観光庁長官が5月8日、辞任をした。 この問題は会計検..   (2018-05-09)
 フィリピンの労働契約形態に、雇用側は労働者が就労後6ヶ月を過ぎたら正規に雇用する義務を負っている。 しかし、これには抜け道があって『ENDO』と呼ばれる、6ヶ月ごとに自動的に..   (2018-05-03)
 人権や反対派に締め付けの目立つドゥテルテ政権だが、フランス・パリに本部を置くジャーナリストの国際的NPO『国境なき記者団』が2017年度の『報道自由度ランキング』を公表した。..   (2018-04-27)
 4月16日、フィリピンで過去27年宣教師として活動する71歳のオーストラリア人修道女が、入管当局に拘束された問題で、ドゥテルテ大統領【写真】は『拘束は自分の指示』と認めた。 ..   (2018-04-19)
12345678910,,,28
ニュース コラム ライフ
《災害》 セブ州中部ナガ市で..
《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
バタネス紀行 2017 その-(49..
【自前】 商船三井 船員養成..
バタネス紀行 2017 その-(48..
《批判》 ドゥテルテに媚を売..
バタネス紀行 2017 その-(47..
《失政》 物価上昇止まらず ..
セブで使うデジタル・カメラ
《拙速》 ボラカイ島の環境整..
バタネス紀行 2017 その-(46..
《定年》 新最高裁長官決まる..
《銃撃》 セブで日本人と韓国..
ニノイ・アキノの日と日本の完..
《芸能》 日本映画『愛しのア..
バタネス紀行 2017 その-(45..
【経営】 セブの旧マリオット..
《隠蔽》 日本の厚労省とNPOが..
セブで日本軍が降伏した場所
【事件】 セブ・マクタン島の..
21バタネス紀行 2017 その-(44..
22【肥大】 小売業最大手のSMの..
23【管理】 在住外国人にも登録..
24フィリピンの暑さと他の国では..
25【警戒】 ミンダナオの島で爆..
26バタネス紀行 2017 その-(43..
27【実態】 成長の影に環境破壊..
28セブの涼しさと日本の猛暑
29【事件】 フィリピンで次々と..
30バタネス紀行 2017 その-(42..
31【自治】 フィリピン版『一国..
32議員ボクサー『パッキャオ』の..
33【下降】 自動車の生産と販売..
34【奪還】 パッキャオの再起戦..
35バタネス紀行 2017 その-(41..
36【操作】 大統領の支持率 他..
37フィリピンと日本の晴れ着考
38【世論】 大統領の支持率 就..
39バタネス紀行 2017 その-(40..
40【暗殺】 バタンガス州の市長..
41セブで『ポルシェ』が売れる時..
42《調査》 ボラカイ島の閉鎖問..
43バタネス紀行 2017 その-(39..
44【批判】 ドゥテルテ政権の経..
45初めて行ったSMモール
46《違反》 2千万円を持ち込も..
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《違反》 2千万円を持ち込..+ 2897
【事件】 フィリピンで次..+ 2727
【批判】 ドゥテルテ政権..+ 2356
セブで『ポルシェ』が売れ..+ 2246
バタネス紀行 2017 その-..+ 2077
【世論】 大統領の支持率..+ 2026
【自治】 フィリピン版『..+ 2004
【操作】 大統領の支持率..+ 1950
【暗殺】 バタンガス州の..+ 1939
バタネス紀行 2017 その-..+ 1935
《調査》 ボラカイ島の閉..+ 1845
バタネス紀行 2017 その-..+ 1779
初めて行ったSMモール+ 1760
《銃撃》 セブで日本人と..+ 1672
【警戒】 ミンダナオの島..+ 1587
【下降】 自動車の生産と..+ 1575
【奪還】 パッキャオの再..+ 1479
【事件】 セブ・マクタン..+ 1439
フィリピンと日本の晴れ着..+ 1372
【管理】 在住外国人にも..+ 1235
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1124
22《隠蔽》 日本の厚労省とNP..+ 1093
23【実態】 成長の影に環境..+ 1030
24【肥大】 小売業最大手のSM..+ 998
25【経営】 セブの旧マリオ..+ 922
26《芸能》 日本映画『愛し..+ 905
27《定年》 新最高裁長官決..+ 775
28議員ボクサー『パッキャオ..+ 717
29セブの涼しさと日本の猛暑+ 646
30バタネス紀行 2017 その-..+ 571
31《失政》 物価上昇止まら..+ 551
32《拙速》 ボラカイ島の環..+ 507
33《批判》 ドゥテルテに媚..+ 499
34フィリピンの暑さと他の国..+ 487
35バタネス紀行 2017 その-..+ 461
36バタネス紀行 2017 その-..+ 435
37セブで日本軍が降伏した場..+ 406
38バタネス紀行 2017 その-..+ 361
39ニノイ・アキノの日と日本..+ 310
40【自前】 商船三井 船員..+ 290
41バタネス紀行 2017 その-..+ 286
42セブで使うデジタル・カメ..+ 264
43《鉄屑》 フィリピン名物..+ 177
44バタネス紀行 2017 その-..+ 129
45バタネス紀行 2017 その-..+ 110
46《災害》 セブ州中部ナガ..+ 44
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:725,622 今日:222 昨日:304
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.