フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
大衆の新しい世の中を作る…エストラダ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  大衆の新しい世の中を作る…エストラダ
エラブ元大統 領が2010年大統領選挙にまた挑戦するという。
物議をかもしていた彼の大統領選挙挑戦は、中央選挙管理委員会(COMELEC)の出馬資格認定で一段落した。
中央選挙管理委員会は、エストラダ元大統領は現職大統領として再び選挙に出馬したわけではないため、大統領の出馬禁止規定を名文化した憲法を違反した事例としては認められないという意見を表明したことがある。
エストラダは、最初の大統領選挙出馬宣言の際、自分をミサの擁護者であると主張した。彼の歴史的な就任式も、1998年6月30日、マルロスにあるバラソエイン聖堂(カトリック教会)で開き、そこで大統領宣誓をしている。
バラソエイン聖堂は、第1次共和革命出発を宣言した歴史的な場所である。マルロス共和政は、知識人層の主導で始まり、19世紀に中産層を教育させた。エストラダの就任式もエリートが主導した。

エラブは、初就任式で「この国の普通の人々が、自分たちの世の中が来ることをあまりにも待ちわびていた。その日が今来たのである」と、まるで自分が出演した映画でせりふを吐き出すかのように発言した。自分自身を、この社会で逼迫を受けるマイノリティの代弁者として描いたのである。
彼の就任後、フィリピンは、1997年アジア金融危機によって揺れ動いた。しかし、他のアジア諸国より被害が少なく、徐々に危機から抜け出してきた。それ以来、大衆は、富の分配と平等、貧困から救われるという希望を持つようになった。
またエラブは、不正腐敗を終決させると強調し、マイノリティの支持を一身に受けた。しかし2年後、彼は公金横領の疑いと不法賭博「ウエテン」疑惑で起訴された。結局2000年10月、もう一つのピープルパワーによって、権力の座から退かされる手順を踏むことになった。2007年有罪宣告を受けて収監されたが、アロヨ大統領の特別赦免で釈放された。

このような経歴を持つエストラダが、今自分の名誉回復を目指し、大統領の職務を一度目よりはきちんと遂行すると誓い、2度目の大統領に挑戦状を出したのである。彼は、トンド貧民街数千名の大衆の前で、1998年に初めて大統領選挙に出たときにスローガンとして掲げていた、「大衆の友達」、「逼迫を受けるマイノリティの代弁者」になると、2度目の出馬の辞を述べた。
聴衆は、1998年よりもっと貧しくなり、エラブが失敗した大統領であることを知っていながらも、エラブの演説を聞くと支持と歓呼で答えた。エラブは 「二度とみなさんを失望させない。我が人生最後のチャンスだ」と支持を訴えた。

実際、各種世論調査では、10%未満の支持率を見せているエラブが、ノイノイ・アキノ候補とマニビルラ候補に勝って当選する可能性は低いという意見が支配的である。また、政治界の一部からは票を分散させる效果を狙っているという意見も存在する。
エラブは、野党側を単一化するための自分の努力にもかかわらず、野党候補が乱立する現実から、自分の無力さを感じて
逃げ道を探すために大統領選挙出馬を決めたのかも知らない。もちろん、大衆の代弁者を自任し、潜在的な大衆動員能力を持つ、エラブのカリスマは、依然として健在である。しかし、彼の最後の出馬宣言に対する大衆の心が、以前と同じではないというのであろう。

一方、低い支持率にもかかわらず、2010年大統領選挙出馬説を流してきたマカティ市長のビナイが、出馬の夢をあきらめる代わりに、エストラダ元大統領のランニングメートに出た。
ビナイ市長は、コリ・アキノ元大統領と、彼女の夫、ニノイ・アキノ元上院議員を記念する、自伝出版記念式辞を通じて次のように宣言した。エラブ元大統領が大統領選挙で自分をランニングメートに選んでくれれば、現実的可能性が高いと言われていた上院議員候補にも出馬しないと。
また、「私は、長い間、マカティ市長職を行いながら豊富かつ多様な行政経験を育んできており、その経験と能力を披露することができる副統領職を希望する」と述べている。
つづいて、2010年大統領選挙で野党側の候補乱立によって心配される死票(落選した候補が得た票)を防止するために、野党側候補を一本化させようとするエラブ元大統領の努力に、自分も力を貸すと、語った。

Updated: 2010/03/09 (火) 13:19

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンの政党は伝統ある党派から新興の党派まで数多いが、その多くは政治思想より時の大統領与党として組みして、選挙地盤を含む利権政治の枠から外れないことを信条としてい..   (2019-08-12)
 4年目に入ったドゥテルテ政権だが、オリジナルの政策はそれ程成果を見せていない中、大向こう受けを狙って『死刑制度』復活を目論んでいる。 フィリピンは1987年にアキノ(母)政..   (2019-07-25)
 5月に行われた選挙でドゥテルテ与党は上下院選、地方選共に大勝し、これまでも強硬であった治安路線が更に強化されるのではと指摘されているが、その兆候が相次ぐ『人権派活動家..   (2019-06-25)
 定員24人、任期6年の上院議員選は3年ごとに半数の12人が改選されるが、2019年選挙では、ドゥテルテ大統領陣営が立ち上げた党及び親ドゥテルテ党派が12人中11人が当選。 アキノ前大統..   (2019-06-12)
 アメリカのトランプや日本の安倍を見るまでもなく、何処の国の権力者も身辺問題を追及されると激怒、あるいは無視、時には名誉棄損だとして裁判を起こすなど恫喝するのが常套手段..   (2019-04-25)
 1980年代に『飢餓の島』としてクローズアップされ、日本を含めてNGO(非政府組織)などによる国際的な救援活動が行われたネグロス島で、フィリピン国軍と国家警察特殊部隊による地..   (2019-04-02)
 3年に1度、5月13日に投票が行われる選挙は、全国区の上院議員と下院議員比例政党別の選挙運動は既に始まっているが、3月29日からは下院議員地方区、自治体首長、自治体議員の選挙運..   (2019-03-29)
 4月を目前にしたこの時期に、日本が創設した5年間で最大35万人の外国人労働者を受け入れる計画は体制が整わないまま見切り発車の様子を呈している。 3月19日、日本の厚生労働省、..   (2019-03-22)
 フィリピン国家統計局は、3月1日現在のフィリピンの総人口は推定1億840万人と発表した。 この数字は正式に届けられた出生数を基にしているが、人口問題を扱う民間機関の調査による..   (2019-03-13)
 デング熱、マラリアなど熱帯性疾病を撲滅できないフィリピンでは、近年デング熱に対して有効として開発されたワクチンの接種が進められ、アキノ政権時代の2016年4月から公立学校な..   (2019-03-04)
 ミンダナオ島イスラム自治政府(人口450万人以上)の帰属を巡って、1月21日と2月6日に実施された住民投票により、従来のイスラム教徒ミンダナオ自治区(ARMM)に変わる『バンサモロ・..   (2019-02-25)
 5月13日の投票日に3ヶ月を残す2月12日(火曜日)、上院議員【写真は上院議場の入り口】と政党別下院議員の選挙運動が始まった。 この日は選挙管理委員会が認めた選挙運動解禁日で..   (2019-02-13)
 今年の5月13日にフィリピンは正副大統領を除く全国選挙が行われるが、選挙運動は解禁されていないのに資金力に物を言わせた違法な事前運動は激しさを増し、それに対して無策なのは..   (2019-02-06)
 内戦の続くミンダナオ島イスラム地域の平和への一歩とされる、イスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に該当..   (2019-02-01)
 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に..   (2019-01-23)
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは3年に1度の全国選挙が行われ、この選挙は正副大統領以外の上院議員半数と下院議員全員、自治体首長と自治体議員全員が洗礼を受け『中間選挙..   (2019-01-13)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:790,846 今日:203 昨日:151
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.