フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【選択】 ミンダナオ島の自治政府帰属の住民投票 賛成が多数 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【選択】 ミンダナオ島の自治政府帰属の住民投票 賛成が多数

 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って120日に該当地域で住民投票が行われた。

 該当地域はBOL制定以前にイスラム教徒自治区(ARMM)が発足、運営していたが、自治区内の反政府武装組織モロ・イスラム解放戦線(MILFの反発が強く武装闘争は収まらず、機能不全に陥っていた。

 しかし、アキノ前大統領とMILF議長との電撃会談が成田空港で行われ、同組織との和平が成立し、ドゥテルテ政権に引き継がれBOLが国会で成立。

 その一環としての住民投票で、該当地域は現在のARMMを構成しているミンダナオ本島側の北ラナオ州、コタバト州、スルタン・クダラット州、島嶼部のバシラン州、スールー州の5州とコタバト市とイサベル市で有権者は約284万人。

 投票は平穏に行われ翌21日から開票が始まっているが、途中集計では「賛成」は148万票を超えていて、登録投票数(約198万人)の70%以上を占め、政府筋は承認間違いないと安堵している。

 しかし、BOL制定はMILF主導であったために敵愾心を持つ、もう一つのイスラム武装組織モロ民族解放戦線(MNLF)が拠点とするスールー州では反対が52%と賛成を上回った。

 また将来新自治政府の首都となる予定のコタバト市は約59%の賛成を得たが、バシラン州州都のイサベラ市では反対が賛成を上回る53%を得、必ずしも該当地域の住民は一枚岩でないことが明らかになった。

 しかしながら、今回の住民投票は個別の賛否結果には関係なく、全体で計算されるために反対州を含めて新自治政府発足は確実と見られ、反対を表明している地域の民意が反映されない結果となり、無意味との指摘もあり、発足後に火種となる可能性が高い。

 また、反対票が上回ったスールー州知事が最高裁にBOLの合憲性を提訴していて憲法問題が解決されていない見切り発車は否めない。

 同様にコタバト市長やイサベラ市副市長が反対を表明していて、主目的である『平和』のための自治政府発足は利害が絡んで容易ではないとの観測もある。

 BOL
は自治政府に外交と国防以外を自治政府に付与し、徴税なども中央政府と折半するようになっているが、司法権がイスラム教徒にはイスラム法に基づく司法体系が適用され、キリスト教徒には従前のフィリピンの法律が適用とされる方法を取っていて、法律の二重性に疑問視、危惧が指摘されている。

 フィリピンのキリスト教信者はカトリックが全人口の80%以上を占めるカトリック大国であるが、イスラム教信者も5%以上存在し、近年は信者数が増えている。

 特にミンダナオ島はスペインがフィリピンを植民地化する前からイスラム教徒が多く、20%以上を占め、地域によってはイスラム教徒が多数派となっている。

 そのためミンダナオ島は元々イスラム教徒の島とという意識が強く、カトリックが占める中央政府に反発が強い。

 また、キリスト教徒によるミンダナオ島への移住がマルコス政権以来政策的に進められ、イスラム教徒への迫害が重なったために半世紀以上も内戦状態が続いた。

 その内戦を終わらせる趣旨でBOLを制定、住民投票が行われたが、これによって平和を進めるのも守るのも住民であり、党派の利害を超えて推進するべきとの声は高いが、かつての自治政府、イスラム教徒自治区(ARMM)が失敗に終わっているために予断は許さない状況となっている。

 なお、26日に北ラナオ州とコタバト州の一部で同じ住民投票が行われて最終的な領域の承認作業は終わり、自治政府発足は2022年としているが、これはミンダナオ島を地盤とするドゥテルテ大統領の任期が同年で終わるため、在任中の手柄にするように一連の政治作業が組まれている。



 【写真は新自治政府発足後の首都となるコタバト市の様子】


Updated: 2019/01/23 (水) 18:19

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンの二大テレビ・ラジオネットワークの一つである『ABS-CBN』会社の事業免許が、5月5日で切れて同会社は午後7時52分のニュース番組を最後に放送が途絶えた。  日本でい..   (2020-05-07)
【在フィリピン日本大使館 4月2日16時40分発表より転載】フィリピンのセブ州等ビサヤ地方(セブ領事事務所管轄区域)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本大使館1 ..   (2020-04-02)
在フィリピン日本大使館 3月29日15時10分発出より転載●セブ州より,「強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)」に係る具体的なガイドラインが発表されました。●発..   (2020-03-30)
在セブ領事事務所 3月26日午後2時50分発出から転載(セブ州等ビサヤ地方に滞在中の方向けの情報)●3月25日,セブ州政府は,同州に「強化されたコミュニティ隔離」の措置をとる旨..   (2020-03-26)
【在フィリピン日本大使館3月22日午後2時55分情報より転載】●3月21日,セブ州は,学生及び65歳以上の者は24時間の外出禁止とするとの新たな措置を発表しました。●その他の地..   (2020-03-22)
【在フィリピン日本大使館 3月19日午前1時41分発表より転載】●3月18日、ノグラレス大統領府長官は17日よりルソン地域全域において実施中の「強化されたコミュニティー隔離措置」につ..   (2020-03-19)
【在フィリピン日本国大使館3月17日午後3時30分発表より転載】フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館●15日,ガルシア・セブ州知事は,空路でセブ..   (2020-03-17)
フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ在フィリピン日本国大使館1 3月16日,メディアルディア官房長官名で新型コロナウイルス対策への対応措置に関するメモランダムが..   (2020-03-17)
在フィリピン日本国大使館 2020/03/14 (土) 18:25発表より転載【フィリピン国内の現状】   1 3月14日,フィリピン大統領府は,新型コロナウイルス対策に関する官房長官から..   (2020-03-15)
 親米なのか反米なのかその政治的スタンスがコロコロ変わるドゥテルテ大統領だが、巧みに使い分けて小国フィリピンの利益を守っていると評価する者もあれば、単なる気分屋と非難す..   (2020-02-27)
 フィリピンで全国ネットワークを展開するテレビ会社は民間で3社、国営2社の5社がある。 その内、民間ではABS-CBNとGMAが激しい視聴率競争を行っているが、いずれの事業者も政府..   (2020-02-13)
 昨年12月に発生が確認されていた『新型コロナ・ウィルス』による肺炎は、発生源とされる中国・武漢市当局と中央政府の不手際から、世界中に拡散し既に公式発表でも罹患者数1万5千..   (2020-02-03)
 1996年に開設された在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所が、2021年1月を目途に総領事館に昇格することが明らかになった。 セブの駐在官事務所が総領事館に昇格するのは数年..   (2020-01-15)
 2016年5月に行われた正副大統領選は大統領に最初は泡沫候補であったドゥテルテ、副大統領にはアキノ与党が擁立したロブレドが当選した。 ロブレドの対立候補は近代フィリピン史上..   (2019-10-17)
 CNNが伝えることによると、ロシアを訪問したドゥテルテ大統領は、10月5日首都モスクワで在留フィリピン人向けの会合において演説を行い、自身が『重症筋無力症』に罹患していること..   (2019-10-08)
 国連はいくつもの常設理事会を持つが、国際社会の人権状況を改善しつつ、深刻かつ組織的な人権侵害などに対して早急に対処するために国連人権理事会がある。 同理事会の英名は(..   (2019-09-25)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:831,872 今日:17 昨日:108
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.