フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
ノイノイ・アキノの支持率、マニ・ビルラより7%高い - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  ノイノイ・アキノの支持率、マニ・ビルラより7%高い
2月25日現在、支持率は、ノイノイ・アキノ36%、マニ・ビルラ29%、エストラダ18%
 
パルス・アジアが実施した大統領選挙候補の支持率に関する世論調査(2月21日~25日)で、自由党のノイノイ・アキノ候補が36%と、国民党のマニ・ビルラ(29%)より7%高いという結果が出た。エストラダ候補(18%)、与党のキボ・テオドロ候補(7%)が、 3、4位と続く。
この世論調査の実施時期は、C-5道路延長プロジェクトで不当な利得を得たという疑いで、マニ・ビルラ候補に対する議会聴聞会審議が最高潮に達した時点であった。アキノ候補は、前回の世論調査(1月実施)の際には、37%の支持率を得て、35%の支持率を得たビルラ候補と範囲内「統計上同率」を記録した。しかし、今回の結果では支持率の格差を広げたわけである。

アキノ候補の支持率は、ビルラ候補のほうが2月に入って6%も下落してから、逆に上がりつつある。しかし、ビルラ候補が1月より6%下落する一方で、アキノ候補のほうも1%落ちた。
3位のエストラダ元大統領は、最近の世論調査結果で最も高い6%の上昇率を見せた。与党のテオドロ候補も、2%の上昇率を記録した。その他、エル・シャイダ教主のエディ・ビルラヌエバ候補 2%、リチャード・コドン候補1%と続いた。
今回の世論調査で、アキノ候補はNCR(首都圏)地域で40%の支持率を、ミンダナオ地域では38%の支持率を得た。また有権者の6%は、まだ支持する候補が決まらず、腐敗しておらず(26%)、庶民をよく配慮する(22%) リーダーが望ましいと答えた。
副統領候補の中では、アキノ候補のランニングメートである、ミロハス候補が43%の支持率を得た。これで、ミロハスは、マニ・ビルラ候補のランニングメート、ノレンレガダ候補(27%)を大きく上回り、不動のトップに立った。また、エストラダ大統領のランニングメートであるビナイ・マカティ市長は15%の支持率を得た。

マンツーマン対面調査で行われた今回の世論調査は、誤差率±2%,信頼度95%である。今回の大統領選挙の有権者は5,000万人であり、9,200万全体人口の52.3%に達する。過去の選挙の平均投票率が80%以上であり、40%以上の票を獲得しないと、当選可能の範囲に入らないものと予測されている。
現在フィリピンには、1,000万名の海外就業者(OFW)が存在する。彼らの中、前回の14代大統領選挙の際、投票した人が50万人に過ぎず、問題となっていた。そのため、今回は投票人数を100万人以上の見通しを立て、政府合同の選挙人登録を推進してきた。
フィリピンの大統領は、6年単任制、上院議員は6年制連任、下院議員は3年制で三度まで連任可能である。今回の選挙では、大統領1人、副統領1人、上院議員 12人、下院議員226人、地方議員 17,500人を選出することになる。
99人の立候補希望者の内、選管委の審議を経て、以下の8名が確定された。

▶ベニグノ・ノイノイ・アキノ Benigno “Noynoy” Aquino III(自由党)
▶マヌエル・ビルラ Manuel Villar(国民党)
▶ジョセフ・エストラダ Joseph Estrada(Puwersa ng Masang Pilipinno)
▶ギルバート・テオドロ Gilbert Teodoro(ラカス-カムピ-CMD)
▶エディ・ビルラヌエバ Eddie Villanueva(Bangon Pilipinas)
▶リチャード・ゴドン Richard Gorden(Bagumbayan)
▶ジャムビ・マドリガル Jamby Madrigal(無所属)
▶ジョン・カルロス・デ・ロスレイイェス John Carlos de los Reyes(Ang Kapatiran)


Updated: 2010/03/15 (月) 10:55

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 5月9日(月曜日)投票の2022年度選挙で、注目の正副大統領選は事前の世論調査通りにマルコス-ドゥテルテ組が当選し、1986年以来の正副大統領が同組で選ばれることとなった。 最終..   (2022-05-25)
 5月9日(月曜日)の投票日まで一ヶ月少々となったが、正副大統領選ではマルコス-ドゥテルテ組が世論調査では終始トップに立っているが、全国の著名な私立大学や国立大学の学生自..   (2022-04-06)
 フィリピンの上院と下院で承認されていた『性交同意年齢』を引き上げる100年ぶりの改訂法案が、3月4日大統領の署名によって成立した。 性交同意年齢とは自ら性行為を判断出来ると..   (2022-03-12)
 21世紀の帝国パラノイアと称されるロシアのプーチン大統領は2月24日、かねてからウクライナ国境付近に展開していたロシア軍を一気に、ウクライナに侵攻させた。 大人とこどもの戦..   (2022-02-27)
 2016年に誕生したドゥテルテ政権は2022年6月に6年間の任期の終りを迎えるが、任期中の実績について様々な角度から評価が出ている。 中でもドゥテルテ政権の目玉は巨大インフラ建設..   (2022-02-20)
 選挙は国を問わず、選挙管理員会が定めた選挙運動期間ではなく事前運動が重要で選挙運動が解禁された時は終盤といわれているが、フィリピンではこの2月8日から選挙運動が解禁され..   (2022-02-10)
 アメリカの超党派議員24人が、フィリピンで深刻な人権侵害が行われていると、その背後にいるドゥテルテ政権の現職閣僚や警察、軍の元高官5人を名指しで非難し、国務長官や財務長官..   (2022-02-04)
 ツイッター社は5月に行われる大統領選に立候補しているマルコス候補を支持する300以上のアカウントを1月22日、同社のポリシーに違反しているとして停止措置に出た。 ツイッターや..   (2022-01-28)
 フィリピン保健省の発表によると、新型コロナ感染者数の国内感染者数は1月11日に累計3026473人となり、ついに300万人台を突破した。 過去の感染者数を見ると感染者数50万台人に達した..   (2022-01-13)
 2022年5月に任期の切れるドゥテルテ大統領は、同年5月の正副大統領選を含む3年に1度の全国選挙の副大統領選に出馬表明をし、それが憲法違反の可能性が高いと指摘されると次に12人が..   (2021-12-16)
 フィリピンと韓国間で2019年6月から交渉を始めていた自由貿易協定(Free Trade Agreement=FTA)が10月26日、両国間で合意したことが宣言され共同宣言文に署名が行われた。 アセアン加盟10..   (2021-10-26)
 2021年のノーベル平和賞はフィリピンの『マリア・レッサ』氏とロシアの『ドミトリー・ムラトフ』氏に贈られることが決まり、レッサ氏は史上初めてのフィリピン人受賞者となった。..   (2021-10-15)
 2020年副大統領選に現大統領のドゥテルテが、党の推薦を受けて副大統領選に出ることを受諾し、『副大統領には誰を支持する』という世論調査でも毎回トップを走っていたがここに来..   (2021-09-30)
 2022年5月で6年間の任期を終えるドゥテルテ大統領だが、憲法で大統領の再選は禁じられているために、憲法の隙間を突いて2022年副大統領選に立候補することを表明し権力への執着ぶり..   (2021-09-14)
 フィリピン保健省によると、9月1日現在の新型コロナ感染者数累計は200万3955人となり、200万人の大台を突破した。 感染者累計で50万人を記録したのは今年の1月17日、100万人の大台にな..   (2021-09-02)
 国の機関の会計を検査する組織として会計検査院があり、多くの国では裁判所と同様にその立場の独立性を保障されていて、最高権力者といえども口を挟むことは許されていない。 フ..   (2021-08-19)
12345678910,,,33
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:927,957 今日:22 昨日:77
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.