フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【選挙】 2022年大統領選 立候補者の予測出回る - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【選挙】 2022年大統領選 立候補者の予測出回る

 フィリピンは3年毎に全国選挙が行われ、次回は2022年に上下院議員、自治体首長、自治体議員に加えて、6年に1度の正副大統領選が行われる。


 前回2016年正副大統領選は出る、出ないと気を引かせる作戦で公示間際に立候補したドゥテルテが当選。

 その前の2000年選挙も間際で立候補表明をしたアキノ(子)が当選し、営々と事前運動を続ける選挙方法ではフィリピンの大統領選には勝てず、後出しジャンケンでないというジンクスが出来つつある。

 そのような情勢の中、大統領選立候補届け出まで9ヶ月を切った時点で7人の有力候補者の名前が取り沙汰されている。

 最有力はドゥテルテの長女で、ドゥテルテの跡目を継いでいる『サラ・ドゥテルテ・ダヴァオ市長』で、本人は出る気はないと公言しているが裏工作は着々で、父親同様直前に立候補宣言する作戦。

 しかし、2代続けてミンダナオ島の政治家が大統領職を続けるのは快くしない中央タガログの感情もあり計算通り行くかどうか分からない。

 なお父親のドゥテルテが副大統領候補に回るという話もあって、当選したら前代未聞の親子で独占となるが何でもありのフィリピンでは奇異なことではない。

 次に前回副大統領選で当選した反ドゥテルテの『レニ・ロブレド副大統領』。【写真はロブレドとその家族】

 ドゥテルテに徹底的に干されているが、本人は一生懸命やっていて、その真面目さは評価も高いが、浮動票頼みの弱さがある。

 ボクシングの国民的英雄で知名度は抜群の『パッキャオ上院議員』。有力与党の党首に押されて政治的地盤も固めつつあるが、人間的に未知数。

 『ボンボン・マルコス』は独裁者の息子で、マルコス一族は完全に復権し、前回ロブレドと副大統領選を争ったが僅差で落選。

 国を食い物にし汚い金を溜め込んだ一族の大統領への野望は消えず、候補者が乱立すると漁夫の利を得る可能性も。

 『イスコ・モレノ・マニラ市長』前回のマニラ市長選で副市長ながらエストラダ(元大統領)市長を追い落とす下剋上を成し遂げたが、こういったケースはフィリピンには多い。

 俳優として有名でエストラダが有名俳優であったから芽が無い訳ではない。

 『シンシア・ヴィリヤール上院議員』は人気も高いが、夫が前回大統領選では当選確実とまで言われていたのに3位であえなく落選したために慎重になっている。

 『ラモン・アン』ビール会社であったサンミゲル社をフィリピン有数の複合企業に成長させた人物で、その手腕は認められているが本人は政治より金儲けの方に興味が強い。

 この他前回大統領選に出て沈んだ『ポー上院議員』の再挑戦があるのではと見られているが、今のところ下馬評に上がる様な動きはなく、一時の熱狂的なブームは去った模様。


Updated: 2020/12/25 (金) 12:59

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 5月に行われたセブ州知事選で80%の得票率で再選を決めた、ガルシア知事が6月8日に出した『知事令第16号』を巡って、知事と全国自治体を管理する中央の『内務自治省』との間で火花..   (2022-06-16)
 次期大統領マルコス政権の閣僚人事はほぼ決まったが、フィリピンもアメリカと同様に当選に協力した選挙功労者に重要ポストを与える方式を見倣っていて、このほど発表された『観光..   (2022-06-04)
 5月9日(月曜日)投票の2022年度選挙で、注目の正副大統領選は事前の世論調査通りにマルコス-ドゥテルテ組が当選し、1986年以来の正副大統領が同組で選ばれることとなった。 最終..   (2022-05-25)
 5月9日(月曜日)の投票日まで一ヶ月少々となったが、正副大統領選ではマルコス-ドゥテルテ組が世論調査では終始トップに立っているが、全国の著名な私立大学や国立大学の学生自..   (2022-04-06)
 フィリピンの上院と下院で承認されていた『性交同意年齢』を引き上げる100年ぶりの改訂法案が、3月4日大統領の署名によって成立した。 性交同意年齢とは自ら性行為を判断出来ると..   (2022-03-12)
 21世紀の帝国パラノイアと称されるロシアのプーチン大統領は2月24日、かねてからウクライナ国境付近に展開していたロシア軍を一気に、ウクライナに侵攻させた。 大人とこどもの戦..   (2022-02-27)
 2016年に誕生したドゥテルテ政権は2022年6月に6年間の任期の終りを迎えるが、任期中の実績について様々な角度から評価が出ている。 中でもドゥテルテ政権の目玉は巨大インフラ建設..   (2022-02-20)
 選挙は国を問わず、選挙管理員会が定めた選挙運動期間ではなく事前運動が重要で選挙運動が解禁された時は終盤といわれているが、フィリピンではこの2月8日から選挙運動が解禁され..   (2022-02-10)
 アメリカの超党派議員24人が、フィリピンで深刻な人権侵害が行われていると、その背後にいるドゥテルテ政権の現職閣僚や警察、軍の元高官5人を名指しで非難し、国務長官や財務長官..   (2022-02-04)
 ツイッター社は5月に行われる大統領選に立候補しているマルコス候補を支持する300以上のアカウントを1月22日、同社のポリシーに違反しているとして停止措置に出た。 ツイッターや..   (2022-01-28)
 フィリピン保健省の発表によると、新型コロナ感染者数の国内感染者数は1月11日に累計3026473人となり、ついに300万人台を突破した。 過去の感染者数を見ると感染者数50万台人に達した..   (2022-01-13)
 2022年5月に任期の切れるドゥテルテ大統領は、同年5月の正副大統領選を含む3年に1度の全国選挙の副大統領選に出馬表明をし、それが憲法違反の可能性が高いと指摘されると次に12人が..   (2021-12-16)
 フィリピンと韓国間で2019年6月から交渉を始めていた自由貿易協定(Free Trade Agreement=FTA)が10月26日、両国間で合意したことが宣言され共同宣言文に署名が行われた。 アセアン加盟10..   (2021-10-26)
 2021年のノーベル平和賞はフィリピンの『マリア・レッサ』氏とロシアの『ドミトリー・ムラトフ』氏に贈られることが決まり、レッサ氏は史上初めてのフィリピン人受賞者となった。..   (2021-10-15)
 2020年副大統領選に現大統領のドゥテルテが、党の推薦を受けて副大統領選に出ることを受諾し、『副大統領には誰を支持する』という世論調査でも毎回トップを走っていたがここに来..   (2021-09-30)
 2022年5月で6年間の任期を終えるドゥテルテ大統領だが、憲法で大統領の再選は禁じられているために、憲法の隙間を突いて2022年副大統領選に立候補することを表明し権力への執着ぶり..   (2021-09-14)
12345678910,,,33
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:930,716 今日:57 昨日:90
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.