フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【公表】 計画だけは壮大な ミンダナオ島南部紛争地域開発 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【公表】 計画だけは壮大な ミンダナオ島南部紛争地域開発

 フィリピン政府と反政府武装組織『モロ・イスラム解放戦線(MILF)』との間に結ばれている合意に沿って、MILFは長年の武力紛争で疲弊した地域の復興、開発を推進するための計画『バンサモロ開発計画(BDF)』をミンダナオ島ダバオ市で開かれた会議で公表した。

 この計画は7分野に及んでいるが、2016年のMILFによる新自治政府発足までを第1期、アキノ政権後となる2016年~2022年を第2期、2022年以降を第3期としている。

 実施に置いては、ミンダナオ島南部地域にある現在の『イスラム教徒自治区(ARMM)』政府が当初は担当。

 その後2015年半ばまでには政府と合意している『バンサモロ基本法』の発効によって新設される暫定組織『バンサモロ移行局(BTA)』に引き継がれ、最終的には2016年半ばに創設される新自治政府の『バンサモロ』に移行する予定となっている。

 公表された7分野の概要は次の通り。①経済・生計=イスラム法に則った食品増産を目的とする農・漁業支援と施設整備。若年層を対象にした職業訓練や雇用創出、中小企業支援を行い、港湾施設開発や輸出加工区の新設。観光開発と関連インフラ整備。

 ②インフラ=道路、橋、空港、港湾の整備。物流を活性化するための基本プラン策定。電化を進めるための投資促進及び域内に広がるラナオ湖の水力発電開発と民間資金による配電組合の組織強化。

 ③環境・天然資源=環境と生態系に配慮した天然資源の持続的開発。排出される産業廃棄物や生活廃棄物の管理システム整備。

 ④社会サービス=安全な飲料水確保と衛生改善。健康保険加入促進、医療の充実化。成人や少数民族対象の教育、職業訓練の整備、実施。紛争で家屋の被害を受けた住民への住宅供給。民間資金による宅地開発。土地所有権などに対する見直し。

 ⑤文化・アイデンティテー=史跡指定や文化遺産の保護と博物館の新設。イスラム教徒や少数民族の歴史、言語などの教科書への記載。

 ⑥ガバナンス・公正さ=新設される統治機構の支援。住民投票のための広報、有権者登録。議員から行政府の長を選ぶ新自治政府への移行案策定。行政関連法の策定。ミンダナオ島に残る旧弊な土地所有を巡る紛争を防止するための区画地図作成、紛争仲裁システムの強化。汚職防止策と第三者機関によるチェック機能の強化。

 ⑦安全・正常化=MILF軍事構成員の武装解除と再就職。地域の治安維持機能強化。土地争い防止のための公的機関の新設。野放しになっている銃器類の管理と取り締まりの実施。

 今回のMILFによる公表だが、実施に置いては内外の多額な援助頼みであり、これらは何も進んでいない、あるいは進めるにしても非常に困難な項目であると自ら表明している状態で、アキノ政権とMILFが目指しているスケジュール通りに実施できるか早くも疑問符が上がっている。

 特に議会筋ではミンダナオ自治政府の発足と自治内容には『憲法』に抵触する項目があるとの見方が強く、議会で承認されても最高裁判所で自治政府関係の法案が『憲法違反』として裁定されるのではとの恐れもある。

 また、MILFの一連の政府との和平交渉に不満を持つグループが既に分派して武力闘争を展開中で、MILF自身がやはり分派した組織である歴史を顧みるとミンダナオ島の平和は容易でないとの見方が強い。


Updated: 2014/12/02 (火) 09:46

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
         フィリピンはカトリック信者数が国民の80%を占める王国と言われているが、プロテスタントの各宗派も侮れなく、公称信者数200万人といわれる『イグレシア・二・ク..   (2015-09-01)
 任期1年を切ったアキノ大統領の掛け声『汚職なければ貧困なし』についての実態が、民間調査機関によって公表された。 この調査は2014年11月から2015年5月にかけてフィリピンの民..   (2015-08-30)
 選挙の年はGDP(国内総生産)値が選挙運動に投入される資金によって大幅に上がるフィリピンだが、2016年5月の正副大統領選挙を巡って動きが活発になって来た。【写真は大統領府..   (2015-08-04)
 ここ数代のフィリピン大統領は、次に選ばれた大統領によって在任中の汚職のため刑事罰を受ける『報復』を繰り返えされているが、アキノ現大統領に関しては、フィリピン大統領には..   (2015-07-16)
 2016年5月に行われる正副大統領選の行方にフィリピン政界の関心が移っている中、民間調査機関がアキノ大統領政権への満足度調査(成人1200人対象)の最新結果を公表した。 それによ..   (2015-07-08)
 今でこそフィリピンはカトリックが多数派となっているが、カトリック伝播以前はイスラムの布教が盛んで、南部ミンダナオ島からルソン島マニラまでその範囲は広がっていた。 その..   (2015-07-03)
 日本ではあまり報道されていないが、フィリピンと日本の間で軍事同盟締結の動きが顕著になっている。 フィリピンはかつてアジア最大のアメリカの海軍と空軍の基地が存在し、これ..   (2015-06-29)
 選挙というより『人気投票』に近い次期大統領選(2016年5月)の最新世論調査によると、野党陣営から出馬するビナイ副大統領(元マカティ市長)の支持率が激減。 それに代わって上..   (2015-06-25)
 フィリピンは世論調査の好きな国で、目下の関心ごとは2016年5月に行われる正副大統領選を含めた『統一選挙』。 統一と名付けられているように、上下院議員、地方自治体首長、自治..   (2015-03-25)
 どこの国でも最初は華々しく登場しても、政権末期に近づくと『レーム・ダック』といって、不安定な状態に陥り易い。 アメリカのオバマ大統領も既に期待した効果がないと『レーム..   (2015-03-18)
 1月25日、ミンダナオ島マギンダナオ州ママサパノ町で、フィリピン警察特殊部隊(SAF)隊員44人が戦死した事件を巡って事実解明が進んでいる。 この事件は2016年6月までに新自治政府..   (2015-02-25)
 内戦状態だったミンダナオ島南部地域の和平を目指して、フィリピン政府と南部地域を支配するモロ・イスラム解放戦線(MILF)は2012年10月に和平枠組みに合意。 2014年3月には包括和平..   (2015-01-28)
 フィリピン政府の代表的汚職機関、部門は『軍』、『国税』、『関税』、それに『警察』などと芳しからぬ評価がある。 それを裏付ける事件摘発は浜の真砂のようにあり、これに加え..   (2014-12-06)
 フィリピン政府と反政府武装組織『モロ・イスラム解放戦線(MILF)』との間に結ばれている合意に沿って、MILFは長年の武力紛争で疲弊した地域の復興、開発を推進するための計画『バ..   (2014-12-02)
 現副大統領のビナイ【写真】は、2016年5月に行われる次期大統領選への立候補を野党陣営から出馬する構えで着々と準備を進め、世論調査でもトップの支持率を集めていた。 これに対..   (2014-10-19)
 現副大統領のビナイは、前回の正副大統領選では汚職で現職大統領の座を滑ったエストラダと組んで立候補。 最初は泡沫候補と見られていたが、アキノ現大統領と組み当選確実といわ..   (2014-10-01)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:785,940 今日:93 昨日:139
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.