フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【動向】 ロハスが支持率調査で急浮上 副大統領候補にロブレド要請 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【動向】 ロハスが支持率調査で急浮上 副大統領候補にロブレド要請

 民間調査機関の最新の世論調査によると、次期大統領にふさわしい人物として以前から低迷していたアキノ現大統領の後継候補、ロハスの支持率が急伸している結果が出た。

 この調査は92日~5日にかけて成人1200人に対して実施され、それによると1位はポー上院議員、2位ビナイ副大統領、3位ロハス前内務自治長官となり、順位は変わらなかった。

 しかし支持率で見るとポー26%、ビナイ24%、ロハス20%と小差で続いており、選挙は混戦模様になるのではないかと見られている。

 特にロハスの場合、従前から下位に低迷、支持率も芳しくなかったが、ここへ来て支持率が急上昇している。

 同調査は意中の人物、一人の名前を挙げる形式で行われた。もう一つの意中の人物最大三人を挙げる方式では1位はポーの47%、2位にロハスが39%と前回同調査より18%も上昇しているのが目立ち、大統領選出馬表明まではトップを独走していたビナイの凋落が顕著になり、同調査ではロハスに抜かれて3位に落ちた。

 このため、三つ巴の混戦状態となりつつも、ポーとロハスは支持層が重なっていて、選挙に突入して、同士討ちとなり票が割れるような状況となった場合、ビナイが漁夫の利を得て当選する可能性も出ている。

 今回の調査では『分からない』『誰もいない』『決めていない』と答えた浮動票は選挙が近づくに連れて一桁台に落ちていて、有権者が意中の候補を決めている様子も伺え、選挙は熾烈になると見られている。

 支持率が急上昇しているロハスだが、918日、ペアを組む副大統領候補としてロブレド下院議員【写真】に要請した事を明らかにした。

 ロブレド議員は20128月、夫が現職の内務自治長官の時、セブから飛んだ飛行機事故で死亡し、翌年に地元南カマリネス州の下院議員に立候補して当選した人物で、アキノを支える自由党の所属。

 大統領選など次期選挙の立候補受け付けは1012日~16日に迫っているが、この要請に対してロブレド議員は態度を保留している状態となっている。

 南カマリネス州はルソン島南部にあり、ビコール地方といわれる地域で、既にポー上院議員とペアを組んで副大統領選に出るエスクデロ上院議員の地元でもある。

 このため、副大統領候補が同一地域から出るのは不利という見方もあって、ロブレドが副大統領選に出るかどうかは不明となっている。

 なお、同調査の副大統領にふさわしい支持率では1位がポー25%、2位エスクデロ18%となり、ロブレドは2%の7位と低迷している。


Updated: 2015/09/24 (木) 18:00

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 ボクシングで世界8階級を制覇し、フィリピンで英雄扱いをされているパッキャオ【写真】は4月9日にアメリカ・ラスヴェガスで引退試合を行う。 しかし、この試合日程が選挙期間中に..   (2016-02-27)
 公式選挙運動は2月9日から解禁となったが、直前に行われた世論調査で副大統領のビナイが出馬表明時の数字からはかなり落としながら、支持率29%を得て首位に立った。 ビナイは73歳..   (2016-02-17)
 国や地域の汚職を監視する国際NGOの『トランス・ペアレンシー』は毎年、その結果を公表しているが、2015年度版ではフィリピンは前年の85位から95位に落ち、アキノ政権が発足以来ラン..   (2016-02-03)
 長年のミンダナオ島での武力紛争を解決するものとして、アキノ現政権下で進められている『バンサモロ基本法』は上下院で審議が行われているが、2月6日から始まる大統領選以下の..   (2016-01-30)
 正副大統領選に立候補している候補者が、莫大な費用を投じて事前運動をしている実態が民間調査機関によってその一端が明らかにされた。 立候補受け付けは既に終了していて、選挙..   (2016-01-07)
 フィリピンの世論調査は『やらせ』や『誘導』との評価もあり、簡単に信用することは危険だが、傾向は読み取れることは出来る。 注目の大統領選支持率で、2つの調査機関が同時期..   (2015-12-24)
 フィリピンの居住歴と国籍で、『ポー上院議員は大統領候補となる資格がない』と中央選挙管理員会に申し立てられていた3件について、中央選管第1小委員会は12月11日、ポー議員に..   (2015-12-12)
 選挙は勢い『風』次第でどう転んで行くか分からない代物だが、2016年5月予定の次期大統領選に、ダヴァオ市長・ドゥテルテが立候補を表明した直後に行われた民間調査でドゥテルテが..   (2015-12-08)
 従来から立候補資格に問題があると指摘されていた、次期大統領選に立候補を届けたポー上院議員【写真】に対して、フィリピン中央選挙管理員会第2小委員会は『居住期間』と『国籍..   (2015-12-03)
 本人は出ないといって煙に巻き、周りだけが騒いでいた次期大統領選にドゥテルテが11月30日、正式に出馬することを表明した。 同時に副大統領として国民党所属で副大統領選に立候..   (2015-12-01)
 2009年11月23日アロヨ政権末期、ミンダナオ島マギンダナオ州で58人以上が殺された『マギンダナオ大虐殺事件』が発生。 この事件は多数のジャーナリストが含まれしかも殺害後、重機..   (2015-11-24)
 『生まれながらのフィリピン人』かどうかで、次期2016年大統領選に立候補届け出をしたポー上院議員に対して、『その資格はない』とする陣営から失格申し立てを受けている。 11月17..   (2015-11-19)
 2013年11月8日、中部フィリピンヴィサヤ地方を襲った台風『ヨランダ=国際名称ハイエン』は同地域に死者・行方不明者7400人近くに達する未曾有の大被害をもたらし、2年間が過ぎた。 ..   (2015-11-09)
        アメリカにあるNPOが過去10年間で起こったジャーナリスト殺害事件の国別未解決ランキングを発表し、フィリピンは内戦や政情不安が起きていない国なのにワースト4..   (2015-11-04)
 ミンダナオ島ダヴァオ市で長年市長職に君臨し、今回市長再選を目指し、立候補を届けたドゥテルテ【写真】は、次期大統領選立候補待望論が強かった。 しかしながら、本人は大統領..   (2015-10-30)
 世界各国にある空港の評価を行っている民間の評価サイトで、2011年から3年連続でワースト・ランク1位に入っていたマニラ国際空港が、2014年には同4位となり、2015年度の評価ではワース..   (2015-10-26)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:835,690 今日:4 昨日:114
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.