フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【捜査】 米の密輸を巡って 分かっている黒幕を摘発できないアキノ政権 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【捜査】 米の密輸を巡って 分かっている黒幕を摘発できないアキノ政権

 フィリピンの関税局は、国税局と入国管理局を加えて『汚職の3巣窟』と称される部局だが『汚職一掃』をスローガンにするアキノ政権にとって、この3局に巣食う汚職役人の駆除をアキノ大統領の残る任期2年半で解決ができるかどうか、その手腕が問われている。

 関税局を舞台にした密輸ではアロヨ政権下の9年間で、13千億ペソの関税収入を失っているとの報告もあり、フィリピンの2014年度予算が22千億ペソ強である額を見れば、密輸によって失われるものは大きい。

 この中で『米の密輸』に関して以前から関税局と特定の人物との癒着が指摘されていて、上院と国家捜査局(NBI)はその人物を特定しているが、巧妙な手口によって摘発には至っていない。

 NBI
の調べによると『米密輸王』として指摘されているのは中国系の『ディビット・タン』。

 この人物は26の貿易関連会社を持つ謎の人物だが、シンガポールや香港で6つの貿易会社を経営する『デビッドソン・バガヤン』と同一人物と見られている。

 1
人の人間が別の人物に成りすまして摘発を逃れるのは良くある手だが、NBI114日、密輸疑惑釈明のために司法長官と面会をしたバガヤンを逮捕したが、捜査当局の力不足もあり問題の人物であるタンという証拠がなくて即釈放となった。

 いくつもの国籍やパスポートを持つなど中国系は普通で、その盲点を突いてタンは密輸業を大々的に行っていると見られ、経済団体である『フィリピン産業連盟』の会長は『同人物が名前を使い分けて密輸をしているのは業界では衆知の事実』と証言をしている。

 このため司法省はタンとバガヤンが同一人物との見方を維持し、出入国管理局に対して国外への逃亡を阻止するために警戒命令を発令した。

 この密輸問題は米に限らず、関税局職員と業者の癒着による石油製品、自動車、食料品と多岐に渡っていて、摘発も散発的で、仮に輸出入品を厳格に検査し出したらフィリピンの経済活動は麻痺するだろうといわれるくらいの蔓延ぶりである。

 また冒頭の『汚職の3巣窟』の職員の暮らしぶりを見ると、通常の給与ではとても持てない家や車などを持つ人間がゴロゴロいて、明らかに汚職で潤っていると分かっていても、摘発できないのは摘発する側も同じような状態で『藪蛇』になるのが分かっているためと指摘されている。

 【写真はセブにある歴史的建造物に当たる関税局建物。アロヨ政権時には『南のマラカニアン宮殿』として使われていた】


Updated: 2014/01/20 (月) 11:22

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 1月22日よりマレイシアのクアラルンプールで開かれていた、反政府武装勢力『モロ・イスラム解放戦線=MILF』とフィリピン政府との第43回和平準備会合で、25日、懸案となっていた『付..   (2014-01-27)
 フィリピン南部にあるミンダナオ島は、スペインが16世紀にフィリピンにキリスト教を伝播する以前からイスラム教が浸透していて、現在もフィリピン全土ではカトリックが80%強を占..   (2014-01-24)
 フィリピンの関税局は、国税局と入国管理局を加えて『汚職の3巣窟』と称される部局だが『汚職一掃』をスローガンにするアキノ政権にとって、この3局に巣食う汚職役人の駆除をアキ..   (2014-01-20)
 中部ヴィサヤ地方を襲い同地に甚大な被害を与えた台風『ヨランダ』から2カ月経つ現在、被災地の停電復旧は大幅に遅れている。 この停電全面復旧には担当するエネルギー庁長官が..   (2014-01-13)
 中部ヴィサヤ地方を襲い同地に甚大な被害を与えた台風『ヨランダ』から2カ月経つ現在、被災地では歩みは遅いものの復興事業が展開されている。こうした中、被災者用共同住宅建設..   (2014-01-09)
 11月に中部ヴィサヤ地方を襲い同地に甚大な被害を与えた台風『ヨランダ』は今年の10大国際ニュース(読売新聞)の中でトップに選ばれるほどの、フィリピンにとっても史上最大の自..   (2013-12-23)
 アラビア半島【写真】内陸部の大半を占め、世界最大の原油埋蔵量を誇る王族独裁国のサウジアラビアで違法滞在者の取り締まりが再開、強化される。 サウジアラビアにはメイドや建..   (2013-11-05)
テレビのアナログ放送方式は世界中でデジタル方式に切り替え進行中で、この巨大な利権を巡ってデジタル方式を開発している国が普及に向けてシノギを削っている。 現在、この地上デ..   (2013-11-03)
フィリピンの地方行政組織の中で一番下に位置される、バランガイの議長と議員を選ぶ投票が10月28日(月)、全国一斉に行われ即日開票されて、国内計42028バランガイのそれぞれの議長と..   (2013-10-29)
 10月15日にあった『ボホール・セブ地震』の現地視察を16日に済ませたアキノ大統領は翌17日、チャーター機でフィリピンの大統領としては初めての韓国を公式訪問した。 また、これは..   (2013-10-22)
 今年の5月に3年ごとの上下院議員、地方自治体首長、自治体議員の選挙が行われたフィリピンで、バランガイ選挙が行われる。 バランガイとはフィリピンの地方行政組織の中で一番下..   (2013-10-11)
 現アキノ政権は『汚職撲滅』を最大スローガンに掲げて、アロヨ(現在、略奪罪、汚職罪で起訴、拘置中)【写真】前政権のドブ浚いを行っているが、アキノ大統領はアロヨ政権下の9..   (2013-10-04)
 9月9日勃発の反政府武闘組織、モロ民族解放戦線=Moro National Liberation Front (MNLF)ミスアリ派による住民を人質に取り市街地に立て籠もった事件は、包囲する国軍によって3週間ぶりに収拾..   (2013-09-30)
 フィリピンでは3年ごとにある選挙の年はGDPを押し上げる経済効果があって、買い票、売り票行為が普通なため金が乱舞する。 このため中央選管は一応の選挙資金上限額を定めてはい..   (2013-09-27)
 9月9日からモロ民族解放戦線=Moro National Liberation Front (MNLF)のミスアリ派が市役所近くの住宅地を占拠し、包囲する国軍側と睨み合っているが、発生12日目現在、沈静化する様子はない。..   (2013-09-21)
 9月9日のモロ民族解放戦線=Moro National Liberation Front (MNLF)のミスアリ派300~400人と見られる武装組織が、ミンダナオ島北西部のサンボアンガ市中心部に突入、住民100人以上を人質にして立..   (2013-09-16)
1,,,11121314151617181920,,,29
ニュース コラム ライフ
《調査》 ビジネス環境躍進す..
パラワン島紀行 2018年 その..
【強盗】 東横インのあるモー..
セブの巨大青物市場 カルボン..
《選挙》 副大統領選の開票結..
パラワン島紀行 2018年 その..
【摘発】 コールセンターの違..
《計画》 セブの経済特区内企..
セブに送られた詐欺メールにご..
《疾患》 重症筋無力症を認め..
パラワン島紀行 2018年 その..
【火災】 首都圏屈指の遊園地..
セブのホームセンター
《拡大》 マリオットが 国内..
《惨事》 ボラカイ島でドラゴ..
セブで見つけた旧い車
《採決》 国連の人権理事国に..
パラワン島紀行 2018年 その..
《感染》 アフリカ豚コレラ発..
フィリピンで流行る3輪自動車
21《観光》 セブ市に大規模水族..
22セブで食べる寿司の味
23《奇怪》 いわくつきの慰安婦..
24パラワン島紀行 2018年 その..
25《平均》 セブのホテル稼働率..
26セブの街中で実るコーヒー
27《怨恨》 セブ島に住む72歳の..
28《患者》 デング熱大流行 死..
29セブで食べる 『おにぎり』
30【行事】 下院で ドゥテルテ..
31パラワン島紀行 2018年 その..
32【停滞】 現政権下で最低を記..
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 2769
【行事】 下院で ドゥテ..+ 2687
《患者》 デング熱大流行..+ 2437
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 2332
【停滞】 現政権下で最低..+ 1973
《平均》 セブのホテル稼..+ 1956
【強盗】 東横インのある..+ 1243
《観光》 セブ市に大規模..+ 1049
《感染》 アフリカ豚コレ..+ 1009
【摘発】 コールセンター..+ 978
《惨事》 ボラカイ島でド..+ 808
【火災】 首都圏屈指の遊..+ 770
セブで食べる 『おにぎり..+ 721
《採決》 国連の人権理事..+ 712
《疾患》 重症筋無力症を..+ 692
《計画》 セブの経済特区..+ 682
セブで食べる寿司の味+ 676
《拡大》 マリオットが ..+ 642
セブの街中で実るコーヒー+ 607
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 593
21パラワン島紀行 2018年 そ..+ 490
22《選挙》 副大統領選の開..+ 488
23フィリピンで流行る3輪自動..+ 445
24セブのホームセンター+ 374
25パラワン島紀行 2018年 そ..+ 371
26《調査》 ビジネス環境躍..+ 356
27セブで見つけた旧い車+ 304
28セブに送られた詐欺メール..+ 290
29セブの巨大青物市場 カル..+ 280
30パラワン島紀行 2018年 そ..+ 265
31パラワン島紀行 2018年 そ..+ 261
32パラワン島紀行 2018年 そ..+ 234
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:804,051 今日:129 昨日:131
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.