フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【会議】 正念場のミンダナオ和平交渉 クアラルンプールで始まる - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【会議】 正念場のミンダナオ和平交渉 クアラルンプールで始まる

 フィリピン南部にあるミンダナオ島は、スペインが16世紀にフィリピンにキリスト教を伝播する以前からイスラム教が浸透していて、現在もフィリピン全土ではカトリックが80%強を占める中、イスラム教徒が多数派を占める地域が多い。

 また、ミンダナオ島はフィリピンに残された最後の土地として、カトリック教徒の入植、移住が盛んで、これが土着のイスラム教徒との積年の争いの遠因ともなっている。

 1970
年に入ってフィリピン政府の対ミンダナオ政策に不満を抱いたイスラム教徒グループが『モロ民族解放戦線=MNLF』を結成して、反政府武闘闘争に入った。

 この闘争は内戦状態にまで発展したが、後にミンダナオ島内に一定程度の自治区を獲得する。

 しかしフィリピン政府に追従するMNLFの方針に反発したグループが1977年に分派し『モロ・イスラム解放戦線=MILF』【写真はそのシンボル】を結成(モロとはスペイン植民地時代にスペイン人がフィリピンのイスラム教徒をモロと呼んだためだが、本来は蔑称)。

 歴代の政権はこのミンダナオ問題に対して和平に持ち込む姿勢はあったが、エストラーダの時代には徹底的なMILF潰しをするなど各政権の温度差は大きかった。

 しかし、アキノ政権になってMILFとの和平はミンダナオ島の恒常的な平和につながるとして積極的な動きを見せ、201010月には『和平枠組み合意』に漕ぎ着けた。

 しかしながら、その後の細部を決める付属書の合意が進まず、暗礁に乗り上げた状態だったが、交渉仲介国のマレイシアで双方の話し合いは延々と続けられていた。

 この間、アキノとMILF議長との電撃的な『成田会談』などもあって、アキノの任期終了(20166月)までに、新自治政府発足を双方は目指すものの、合意の遅れが指摘されている。

 1
22日、マレイシアのクアラルンプールで43回目の準備会議が始まり、付属書で問題になっているMILF部隊の解体方法、新自治政府内で活動する警察組織の在り方、また、常に歩み寄りが難しい『富の分配』に関わる、海洋資源を含めた管轄海域の設定など難問は多い。

 MILF
と政府が交渉を進める中、蚊帳の外となったMNLFの旧議長派が20139月、ミンダナオ島西にあるサンボアンガ市の市街地を占拠し政府軍と交戦、双方で250人前後の死者を出す騒ぎもあり、フィリピン政府は『ミンダナオ和平には、このような動きは障害でしかない』と厳しく批判。

 MILF
はこういった挑発行為は許さないとし、今年4月までに新自治政府設置を定める『バンサモロ基本法』法案を起草し、5月にはフィリピン政府と国会に提出する見通しを述べている。

 これを受けて政府は同法案を優先審議に付し、早期成立を図る考えだが、前政権のアロヨの時代に『政府内政府』を作るのは憲法違反と最高裁で認定されているために、現アキノ政権の思惑通り進むかどうか未確定のところが多い。


Updated: 2014/01/24 (金) 09:43

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 1月22日よりマレイシアのクアラルンプールで開かれていた、反政府武装勢力『モロ・イスラム解放戦線=MILF』とフィリピン政府との第43回和平準備会合で、25日、懸案となっていた『付..   (2014-01-27)
 フィリピン南部にあるミンダナオ島は、スペインが16世紀にフィリピンにキリスト教を伝播する以前からイスラム教が浸透していて、現在もフィリピン全土ではカトリックが80%強を占..   (2014-01-24)
 フィリピンの関税局は、国税局と入国管理局を加えて『汚職の3巣窟』と称される部局だが『汚職一掃』をスローガンにするアキノ政権にとって、この3局に巣食う汚職役人の駆除をアキ..   (2014-01-20)
 中部ヴィサヤ地方を襲い同地に甚大な被害を与えた台風『ヨランダ』から2カ月経つ現在、被災地の停電復旧は大幅に遅れている。 この停電全面復旧には担当するエネルギー庁長官が..   (2014-01-13)
 中部ヴィサヤ地方を襲い同地に甚大な被害を与えた台風『ヨランダ』から2カ月経つ現在、被災地では歩みは遅いものの復興事業が展開されている。こうした中、被災者用共同住宅建設..   (2014-01-09)
 11月に中部ヴィサヤ地方を襲い同地に甚大な被害を与えた台風『ヨランダ』は今年の10大国際ニュース(読売新聞)の中でトップに選ばれるほどの、フィリピンにとっても史上最大の自..   (2013-12-23)
 アラビア半島【写真】内陸部の大半を占め、世界最大の原油埋蔵量を誇る王族独裁国のサウジアラビアで違法滞在者の取り締まりが再開、強化される。 サウジアラビアにはメイドや建..   (2013-11-05)
テレビのアナログ放送方式は世界中でデジタル方式に切り替え進行中で、この巨大な利権を巡ってデジタル方式を開発している国が普及に向けてシノギを削っている。 現在、この地上デ..   (2013-11-03)
フィリピンの地方行政組織の中で一番下に位置される、バランガイの議長と議員を選ぶ投票が10月28日(月)、全国一斉に行われ即日開票されて、国内計42028バランガイのそれぞれの議長と..   (2013-10-29)
 10月15日にあった『ボホール・セブ地震』の現地視察を16日に済ませたアキノ大統領は翌17日、チャーター機でフィリピンの大統領としては初めての韓国を公式訪問した。 また、これは..   (2013-10-22)
 今年の5月に3年ごとの上下院議員、地方自治体首長、自治体議員の選挙が行われたフィリピンで、バランガイ選挙が行われる。 バランガイとはフィリピンの地方行政組織の中で一番下..   (2013-10-11)
 現アキノ政権は『汚職撲滅』を最大スローガンに掲げて、アロヨ(現在、略奪罪、汚職罪で起訴、拘置中)【写真】前政権のドブ浚いを行っているが、アキノ大統領はアロヨ政権下の9..   (2013-10-04)
 9月9日勃発の反政府武闘組織、モロ民族解放戦線=Moro National Liberation Front (MNLF)ミスアリ派による住民を人質に取り市街地に立て籠もった事件は、包囲する国軍によって3週間ぶりに収拾..   (2013-09-30)
 フィリピンでは3年ごとにある選挙の年はGDPを押し上げる経済効果があって、買い票、売り票行為が普通なため金が乱舞する。 このため中央選管は一応の選挙資金上限額を定めてはい..   (2013-09-27)
 9月9日からモロ民族解放戦線=Moro National Liberation Front (MNLF)のミスアリ派が市役所近くの住宅地を占拠し、包囲する国軍側と睨み合っているが、発生12日目現在、沈静化する様子はない。..   (2013-09-21)
 9月9日のモロ民族解放戦線=Moro National Liberation Front (MNLF)のミスアリ派300~400人と見られる武装組織が、ミンダナオ島北西部のサンボアンガ市中心部に突入、住民100人以上を人質にして立..   (2013-09-16)
1,,,11121314151617181920,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:806,921 今日:7 昨日:135
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.