フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【老害】 2019年選挙の候補者出そろう 94歳の元上院議員も - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【老害】 2019年選挙の候補者出そろう 94歳の元上院議員も

 94歳の元上院議員の名前は『エンリレ』【写真】。同元議員は19862月に起きた当時の国防相だが、参謀次長であった『ラモス』後に(アキノの後継大統領)と独裁者マルコスに反旗を翻し、『エドサ政変』のきっかけを作った人物。

 しかしマルコス政権時には財務省長官、司法省長官なども務め、マルコス独裁を助けた人物で変節漢と知られる。

 アキノ政権後も要職を占め、地元ルソン島北部カガヤンで下院議員の後、上院議員になり、落選はあったものの上院議長などを歴任した。

 2016
年、高齢のために上院議員から引退したが、権力欲は衰えず突如立候補を表明するものの、当選は難しいと見られている。

 同じように独裁者マルコスの妻『イメルダ』が3期目の下院銀を目指して届け出ているが、イメルダは89歳と、フィリピンの上下院議員を通じて現職としては最高齢。

 イメルダの選挙区はマルコス王国といわれるルソン島北部北イロコスで、知事、下院議員など公職を一族で独占し、当選は間違いない。

 なお、長女の『アイミ―』は知事職312年のため、4期目は立候補できないために上院選に鞍替えするが、事前の予想では当選は固いと見られている。

 12
人選出の上院選で注目される候補者としては、2013年副大統領選、2016年大統領選に出て何れも次点に泣いた『ロハス』元上院議員が復活を目指し、全国的な人気は高く当選圏と見られている。

 『カエタノ』2期12年の上院議員の後、下院議員1期をやって上院に立候補する手を使って立候補するが当選圏。

 また、同じように3年休んで再立候補するのが汚職で有罪になった大統領の息子『エストラダ』。この息子も汚職容疑で長く獄に繋がれていたが、選挙民には人気があって当選圏。

 現職閣僚級の人物も幾人か立候補していて、これはドゥテルテが政権運営上の与党を増やすためだが、いずれも露出は多いが不人気で当選は難しいと見られている。

 この他、上院で現職7人は出馬を表明していて、選挙前から当選者12人の予想はほぼ固まっている。

 一方、下院ではドゥテルテの長男がダヴァオ選挙区で立候補するが、同人はダヴァオ副市長を汚職で辞任したが、ドゥテルテ王国では何をしても当選確実。

 なお、一時は上院選に出ると見られていたドゥテルテの長女はダヴァオ市長の座を守るために市長選に立候補。

 首長選ではセブ市の『オスメニャ』が再選を目指すが、対抗馬の『ラマ』前市長と因縁の対決となっている。

 同じくセブ州知事選では前知事のガルシア下院議員が知事の座奪還を狙って兆戦。長らくセブ州知事の座はガルシア家が独占していたが、前2回の知事選で敗退した。

 迎え撃つ現職陣営は知事と副知事を交互に替えて立候補する体制となり、こういうおかしなことが平気で通じるのがフィリピンの選挙。

 なお、今回の立候補受け付け後に、中央選挙管理委員会は資格を審査し12月までに最終的な候補者が確定する。

 そのため、立候補を届けた候補者は最終発表まで上院、下院、首長選のどれかに出馬変更が可能という、いかにも政治屋同士の駆け引きが行えるような制度がまかり通っている。


Updated: 2018/10/24 (水) 13:02

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 今年の5月13日にフィリピンは正副大統領を除く全国選挙が行われるが、選挙運動は解禁されていないのに資金力に物を言わせた違法な事前運動は激しさを増し、それに対して無策なのは..   (2019-02-06)
 内戦の続くミンダナオ島イスラム地域の平和への一歩とされる、イスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に該当..   (2019-02-01)
 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に..   (2019-01-23)
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは3年に1度の全国選挙が行われ、この選挙は正副大統領以外の上院議員半数と下院議員全員、自治体首長と自治体議員全員が洗礼を受け『中間選挙..   (2019-01-13)
 人口の実数では既に日本を追い抜いているのではと言われるフィリピンの統計局(Philippine Statistics Authority=PSA)が、2017年の出生数に関する統計を発表した。 ただし、この数字は正式..   (2019-01-04)
 前名が『住商フルーツ』というように、日本の大手商社住友商事傘下の『スミフル』で働く従業員達が、正規雇用要求や組合員に対する弾圧を止めるように12月18日、首都圏パサイ市に..   (2018-12-19)
 第2の『独裁者マルコス』になるのではとの評価もあるドテルテ大統領は、任期中の施策を遂行し易くするために『戒厳令』を利用しているとの指摘が反対派からは強い。【写真は戒厳..   (2018-12-13)
 ミンダナオ島南ラナオ州の州都マラウィ市で2017年5月に発生した、イスラム系武装組織とフィリピン国軍との内戦は同年10月まで続いた。 その内戦をきっかけに、ミンダナオ島全域に..   (2018-12-05)
 2009年11月23日、ミンダナオ島マギンダナオ州で起きた『虐殺事件』から9年経ったが、虐殺に関与し逮捕、起訴された106人は公判中ながら、一向に進まぬ裁判に遺族をはじめ関係者は焦燥..   (2018-11-24)
 1986年2月の『エドサ政変』によって、追放された独裁者マルコス一族は今も隠然たる力を持ち、妻のイメルダは地盤であるルソン島北イロコス州選出の下院議員、次女のアイミ―は同州..   (2018-11-10)
 今年の12月末にミンダナオ島全域に布いている戒厳令の期限は迫るが、ドゥテルテは必要性は失せているのに戒厳令の再延長を目論んでいる中、軍や警察の高級幹部を政府要職に送り込..   (2018-11-04)
 94歳の元上院議員の名前は『エンリレ』【写真】。同元議員は1986年2月に起きた当時の国防相だが、参謀次長であった『ラモス』後に(アキノの後継大統領)と独裁者マルコスに反旗を..   (2018-10-24)
フィリピンでは2019年5月13日に上下院議員、各種自治体首長、自治体議員の全国統一選挙が行われる。その選挙に立候補する者の登録が9月から行われ、立候補者が目指すシートの内容が次..   (2018-10-15)
 2019年5月に行われる次期選挙の中で、12人しか当選枠のない上院議員選挙は一番注目が集まるが、立候補予定者の下馬評、人気度ともいえる支持率調査が民間調査機関『パルスエイシア..   (2018-09-25)
 日本の外務省のフィリピンにある日本公館は、マニラ首都圏にある大使館、セブとダヴァオの2ヶ所に出張駐在官事務所があり、大使館と駐在官事務所の間にある総領事館はない。 日..   (2018-09-11)
 フィリピン統計局(PSA)が9月5日に発表した8月の消費者物価指数(CPI)は、7月の前年同月比5.7%からさらに上昇し、6.4%となった。 このCPIは2013年以降で新しいインフレ率算定基準が..   (2018-09-08)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:807,537 今日:82 昨日:136
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.