フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《人権》 日本のバナナ会社『スミフル』前で 抗議活動をする理由 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  《人権》 日本のバナナ会社『スミフル』前で 抗議活動をする理由

 前名が『住商フルーツ』というように、日本の大手商社住友商事傘下の『スミフル』で働く従業員達が、正規雇用要求や組合員に対する弾圧を止めるように1218日、首都圏パサイ市にある日本大使館前や、同社マニラ事務所前などで抗議活動を行った。

 同社はフィリピン産バナナの生産、加工、輸出販売で日本の最大手で2016年度3月期の売り上げは452億円。

 以前よりスミフルを筆頭にミンダナオ島地域で大量生産されるバナナは、農薬散布の弊害が指摘されていたが、同時にバナナ生産に携わる労働者の待遇、権利などが劣悪な状態であることが明らかになっている。

 そういった労働条件の改善を求めて同社従業員は10月からストライキを実施しているが、会社側の息がかかっているとみられる反対派によるストライキ破りの襲撃が相次いでいた。

 10
31日にはストに参加していた組合員が銃撃を受けて死亡し、別の日にも他の組合員が銃撃され負傷をした。

 また、組合指導者宅が112日に反対派と見られる人物によって放火され同日は消し止められたが、15日に再び放火され全焼した。

 同指導者宅は組合の事務所として使われていて、組合が裁判で使っていた資料が全て失い、指導者への嫌がらせと共に裁判潰しを狙った犯行と見られているが、捜査機関はほとんど動いていない。

 ミンダナオ島の主要産業であるバナナは、日本などの大手資本が自前の大農場を広げ、あるいは契約農家として栽培させ日本へ輸出しているが、ほとんどの労働者が臨時雇用状態で、サトウキビ農民と同じ『奴隷状態』とまで言われている。

 ミンダナオ島を地盤とするドゥテルテ大統領は6ヶ月働いて、次は解雇というフィリピンの悪しき労働契約を改革するために正規雇用を推進しているが、実態はなかなか進まず、特に農業関係は掛け声だけに終わっている。

 こういった実情に対して、親会社である住友商事は『スミフルはシンガポール・スミフルの子会社で住商とは直接関係ない』と人を食った立場を表明して『傍観』。

 日本企業のフィリピン進出ではストライキが少ない、賃金が安い、非正規雇用者は6ヶ月で首が切られて次はいくらでもあるといった理由で決められることが多く、これは列国による植民地時代と同じと批判されるが、貪欲な経営者はフィリピンにも人権が存在することに関心は薄い。

 スミフルの労働組合の今回の直接抗議行動はミンダナオ島同地から組合員が不退転で実施され、同組合員は泊まり込んで抗議活動を続けている。

 この事態を受けて労働雇用省は正規雇用化とスト破りの停止を求める組合側とスミフル幹部、労働雇用省長官3者を交えて話し合いの場を持つことを確約。

 同時に現在ミンダナオ島に布告している戒厳令による軍や警察による組合への嫌がらせを止めるように指示すると言明するが、政府絡みで組合を弾圧している実態が図らずも明らかになった。

 また、日本の人権を支援するNGOなどが、住友商事に対して『正規雇用化』問題を現地任せにしないで対策するべきなどと申し入れを行い、スミフル問題はミンダナオ島だけの問題ではなくなった様相を見せている。


Updated: 2018/12/19 (水) 11:53

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 今年の5月13日にフィリピンは正副大統領を除く全国選挙が行われるが、選挙運動は解禁されていないのに資金力に物を言わせた違法な事前運動は激しさを増し、それに対して無策なのは..   (2019-02-06)
 内戦の続くミンダナオ島イスラム地域の平和への一歩とされる、イスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に該当..   (2019-02-01)
 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に..   (2019-01-23)
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは3年に1度の全国選挙が行われ、この選挙は正副大統領以外の上院議員半数と下院議員全員、自治体首長と自治体議員全員が洗礼を受け『中間選挙..   (2019-01-13)
 人口の実数では既に日本を追い抜いているのではと言われるフィリピンの統計局(Philippine Statistics Authority=PSA)が、2017年の出生数に関する統計を発表した。 ただし、この数字は正式..   (2019-01-04)
 前名が『住商フルーツ』というように、日本の大手商社住友商事傘下の『スミフル』で働く従業員達が、正規雇用要求や組合員に対する弾圧を止めるように12月18日、首都圏パサイ市に..   (2018-12-19)
 第2の『独裁者マルコス』になるのではとの評価もあるドテルテ大統領は、任期中の施策を遂行し易くするために『戒厳令』を利用しているとの指摘が反対派からは強い。【写真は戒厳..   (2018-12-13)
 ミンダナオ島南ラナオ州の州都マラウィ市で2017年5月に発生した、イスラム系武装組織とフィリピン国軍との内戦は同年10月まで続いた。 その内戦をきっかけに、ミンダナオ島全域に..   (2018-12-05)
 2009年11月23日、ミンダナオ島マギンダナオ州で起きた『虐殺事件』から9年経ったが、虐殺に関与し逮捕、起訴された106人は公判中ながら、一向に進まぬ裁判に遺族をはじめ関係者は焦燥..   (2018-11-24)
 1986年2月の『エドサ政変』によって、追放された独裁者マルコス一族は今も隠然たる力を持ち、妻のイメルダは地盤であるルソン島北イロコス州選出の下院議員、次女のアイミ―は同州..   (2018-11-10)
 今年の12月末にミンダナオ島全域に布いている戒厳令の期限は迫るが、ドゥテルテは必要性は失せているのに戒厳令の再延長を目論んでいる中、軍や警察の高級幹部を政府要職に送り込..   (2018-11-04)
 94歳の元上院議員の名前は『エンリレ』【写真】。同元議員は1986年2月に起きた当時の国防相だが、参謀次長であった『ラモス』後に(アキノの後継大統領)と独裁者マルコスに反旗を..   (2018-10-24)
フィリピンでは2019年5月13日に上下院議員、各種自治体首長、自治体議員の全国統一選挙が行われる。その選挙に立候補する者の登録が9月から行われ、立候補者が目指すシートの内容が次..   (2018-10-15)
 2019年5月に行われる次期選挙の中で、12人しか当選枠のない上院議員選挙は一番注目が集まるが、立候補予定者の下馬評、人気度ともいえる支持率調査が民間調査機関『パルスエイシア..   (2018-09-25)
 日本の外務省のフィリピンにある日本公館は、マニラ首都圏にある大使館、セブとダヴァオの2ヶ所に出張駐在官事務所があり、大使館と駐在官事務所の間にある総領事館はない。 日..   (2018-09-11)
 フィリピン統計局(PSA)が9月5日に発表した8月の消費者物価指数(CPI)は、7月の前年同月比5.7%からさらに上昇し、6.4%となった。 このCPIは2013年以降で新しいインフレ率算定基準が..   (2018-09-08)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:807,139 今日:92 昨日:133
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.