フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《隠蔽》 日本の厚労省とNPOが 遺骨収集事業を駄目にした - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  《隠蔽》 日本の厚労省とNPOが 遺骨収集事業を駄目にした

 先の戦争での日本人戦没者は約240万人といわれている中、フィリピンは一番多く51万人を超えている。



 ただし、この数字は旧軍人の数であり、軍に属さない在留邦人など多数、またフィリピン側民間人は100万人を超える多大な死者を生んでいる。

 これは日本が侵略した国でも同様だが、その中で1952年に日本政府は戦没者遺骨収集事業を開始し、フィリピンは1958年から始まった。

 戦争で死んだ者は等しく犠牲者であり旧軍人だけを収集するその考えには異議もあったが、遺骨収集事業は進められて、山野に眠る遺骨は次々と納められたが、現在フィリピンでは37万人分が収集されていない。

 こういった中、2006年にフィリピンの遺骨収集を目的とする民間団体(NPO)『空援隊』が発足し、活動を始め、厚労省はこのNPOに遺骨収集事業を委託し補助金を出すようになった。

 2008
年になって、遺骨収集方法を地元民の証言を基に旧日本兵の遺骨とする新しい方法を取り入れ、前年の2007年は161柱であったのに2008年は1230柱、20097740柱、2010年は半年で6289柱と収集数が激増した。

 それと同時に、フィリピン各地の墓地などから先祖の遺骨が盗まれる事例が多く発生し、盗まれた先住民族などから抗議が寄せられる問題が発生。そのため厚労省は201010月収集事業を中断した。

 この激増はNPOが現地で遺骨を買い取る事業をしていたためで、現地の人間が墓荒らしをして持ち込み、遺骨を金で買い取るこのNPOの方法に批判は集中したが、NPOは問題を起こしたのにも拘らず存続している。

 NPO
問題に詳しい専門家によると『これはNPOの名を借りた遺骨ビジネスであり、NPO自身は勿論、助成金を支出した当時の厚労省の担当者にも責任は大きい』と指摘している。

 この問題に対して時のアキノ大統領は201011月に『フィリピン人の遺骨持ち出しが確認されたら日本政府に返還を求め、この犯罪行為に関与した人物は官民を問わず訴追する』と強硬発言。

 そのため、泡を食った日本の厚労省は問題となっている遺骨の鑑定を行い、疑わしい遺骨があったにも関わらず2011年に報告書をまとめた。

 それには『フィリピン人の遺骨が混入している事実はない』と厚労省は事実と異なる検証結果を記載し、財務省などと同様の事実隠蔽を計っていた。

 また翌2012年の別の鑑定人2人による鑑定では『日本人の遺骨は全くなかった』という衝撃的な鑑定結果が出たのにも拘らず、その事実をひた隠しにしていた。

 これは20164月に2024年まで実施する『戦没者遺骨収集推進法』を成立、施行するための厚労省による取り繕いであり、フィリピンの遺骨収集事業の不手際を隠蔽するものとして内外を問わず批判が集まっている。

 しかしながら、遺骨収集事業というのは遺族感情と政治事情が絡むものであり、フィリピンで起きた問題を棚上げして20185月には厚労省とフィリピン政府の間で遺骨収集事業の覚書が締結され、事業再開となった。

 しかし、ここにきて日本の厚労省の隠蔽、改竄体質が明るみになって、遺骨収集事業が上手く行くのかどうか疑問視されているが、有耶無耶の状態で始まるようだ。



【写真はセブ島北部にある旧日本軍終焉の地】


Updated: 2018/08/19 (日) 18:38

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 内戦の続くミンダナオ島イスラム地域の平和への一歩とされる、イスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に該当..   (2019-02-01)
 フィリピン版『一国二制度』ともいわれる、ミンダナオ島一部地域にイスラム自治政府を創設するために『バンサモロ基本法(BOL)』が制定され、その承認と帰属領域を巡って1月20日に..   (2019-01-23)
 今年の5月13日(月曜日)にフィリピンは3年に1度の全国選挙が行われ、この選挙は正副大統領以外の上院議員半数と下院議員全員、自治体首長と自治体議員全員が洗礼を受け『中間選挙..   (2019-01-13)
 人口の実数では既に日本を追い抜いているのではと言われるフィリピンの統計局(Philippine Statistics Authority=PSA)が、2017年の出生数に関する統計を発表した。 ただし、この数字は正式..   (2019-01-04)
 前名が『住商フルーツ』というように、日本の大手商社住友商事傘下の『スミフル』で働く従業員達が、正規雇用要求や組合員に対する弾圧を止めるように12月18日、首都圏パサイ市に..   (2018-12-19)
 第2の『独裁者マルコス』になるのではとの評価もあるドテルテ大統領は、任期中の施策を遂行し易くするために『戒厳令』を利用しているとの指摘が反対派からは強い。【写真は戒厳..   (2018-12-13)
 ミンダナオ島南ラナオ州の州都マラウィ市で2017年5月に発生した、イスラム系武装組織とフィリピン国軍との内戦は同年10月まで続いた。 その内戦をきっかけに、ミンダナオ島全域に..   (2018-12-05)
 2009年11月23日、ミンダナオ島マギンダナオ州で起きた『虐殺事件』から9年経ったが、虐殺に関与し逮捕、起訴された106人は公判中ながら、一向に進まぬ裁判に遺族をはじめ関係者は焦燥..   (2018-11-24)
 1986年2月の『エドサ政変』によって、追放された独裁者マルコス一族は今も隠然たる力を持ち、妻のイメルダは地盤であるルソン島北イロコス州選出の下院議員、次女のアイミ―は同州..   (2018-11-10)
 今年の12月末にミンダナオ島全域に布いている戒厳令の期限は迫るが、ドゥテルテは必要性は失せているのに戒厳令の再延長を目論んでいる中、軍や警察の高級幹部を政府要職に送り込..   (2018-11-04)
 94歳の元上院議員の名前は『エンリレ』【写真】。同元議員は1986年2月に起きた当時の国防相だが、参謀次長であった『ラモス』後に(アキノの後継大統領)と独裁者マルコスに反旗を..   (2018-10-24)
フィリピンでは2019年5月13日に上下院議員、各種自治体首長、自治体議員の全国統一選挙が行われる。その選挙に立候補する者の登録が9月から行われ、立候補者が目指すシートの内容が次..   (2018-10-15)
 2019年5月に行われる次期選挙の中で、12人しか当選枠のない上院議員選挙は一番注目が集まるが、立候補予定者の下馬評、人気度ともいえる支持率調査が民間調査機関『パルスエイシア..   (2018-09-25)
 日本の外務省のフィリピンにある日本公館は、マニラ首都圏にある大使館、セブとダヴァオの2ヶ所に出張駐在官事務所があり、大使館と駐在官事務所の間にある総領事館はない。 日..   (2018-09-11)
 フィリピン統計局(PSA)が9月5日に発表した8月の消費者物価指数(CPI)は、7月の前年同月比5.7%からさらに上昇し、6.4%となった。 このCPIは2013年以降で新しいインフレ率算定基準が..   (2018-09-08)
 フィリピン最高裁判所の裁判官(判事)定員は15人で、定年は70歳と定められている。 今年5月に最高裁長官が判事の投票で解任されるという異常な事態に陥っていた最高裁で、後任の..   (2018-08-29)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
パラワン島紀行 2018年 その..
【摘発】 コールセンターの違..
《計画》 セブの経済特区内企..
セブに送られた詐欺メールにご..
《疾患》 重症筋無力症を認め..
パラワン島紀行 2018年 その..
【火災】 首都圏屈指の遊園地..
セブのホームセンター
《拡大》 マリオットが 国内..
《惨事》 ボラカイ島でドラゴ..
セブで見つけた旧い車
《採決》 国連の人権理事国に..
パラワン島紀行 2018年 その..
《感染》 アフリカ豚コレラ発..
フィリピンで流行る3輪自動車
《観光》 セブ市に大規模水族..
セブで食べる寿司の味
《奇怪》 いわくつきの慰安婦..
パラワン島紀行 2018年 その..
《平均》 セブのホテル稼働率..
21セブの街中で実るコーヒー
22《怨恨》 セブ島に住む72歳の..
23《患者》 デング熱大流行 死..
24セブで食べる 『おにぎり』
25【行事】 下院で ドゥテルテ..
26パラワン島紀行 2018年 その..
27【停滞】 現政権下で最低を記..
28セブで食べる『トンカツ』の味..
29《人災》 イロイロ市沖でボー..
30ゴミを大量に出すマクドナルド..
31【賛否】 死刑制度復活を巡っ..
32セブで飲む或る日のスターバッ..
33【利便】 企業の思惑で進めら..
34パラワン島紀行 2018年 その..
35【事故】 セブ島南部の町でダ..
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【賛否】 死刑制度復活を..+ 2898
【利便】 企業の思惑で進..+ 2455
【事故】 セブ島南部の町..+ 2324
【行事】 下院で ドゥテ..+ 2212
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 2072
《患者》 デング熱大流行..+ 1862
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 1814
《人災》 イロイロ市沖で..+ 1777
【停滞】 現政権下で最低..+ 1470
《平均》 セブのホテル稼..+ 1464
《感染》 アフリカ豚コレ..+ 594
ゴミを大量に出すマクドナ..+ 584
セブで食べる 『おにぎり..+ 535
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 517
《観光》 セブ市に大規模..+ 513
セブで食べる『トンカツ』..+ 505
セブで飲む或る日のスター..+ 479
セブで食べる寿司の味+ 470
セブの街中で実るコーヒー+ 449
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 447
21【摘発】 コールセンター..+ 344
22パラワン島紀行 2018年 そ..+ 333
23《惨事》 ボラカイ島でド..+ 291
24フィリピンで流行る3輪自動..+ 263
25《採決》 国連の人権理事..+ 236
26《拡大》 マリオットが ..+ 212
27パラワン島紀行 2018年 そ..+ 210
28【火災】 首都圏屈指の遊..+ 205
29セブのホームセンター+ 146
30セブで見つけた旧い車+ 139
31《疾患》 重症筋無力症を..+ 136
32《計画》 セブの経済特区..+ 90
33パラワン島紀行 2018年 そ..+ 59
34セブに送られた詐欺メール..+ 55
35パラワン島紀行 2018年 そ..+ 31
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:798,798 今日:55 昨日:132
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.