フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
2010年大統領選挙の支持率2トップ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  2010年大統領選挙の支持率2トップ
 2010年5月10日に行われる大統領選挙の予測が、我々が考えているほど簡単なものではない。

支持率トップを維持し続け、他の候補者と20~30%の支持率の差を見せ、まるで次期大統領に決まったかのように勢いづいていたノイノイ・アキノ3世上院議員が、他の野党候補と間に、これ以上の支持率の差をつけられないでいる。

 このような状況の中、ノイノイ・アキノ3世は、元上院議長のマニービルラに追い抜かれそうになり、支持率の停滞を見せていた。さらに、最近のある世論調査の結果、わずかな差でトップの座を一時的に奪われては再び首位を奪還するなど、誰もが5月の大統領選挙の結果を下手に断言できない状況になっている。
   現在の状況は、選挙当初には、当選の見込みのない挑戦者として認識されていたが、いまや現職のプレミアムを得ているアロヨと、薄氷の勝負を繰り広げて、みんなを驚かせた元俳優のF.P.J(フェルナンド・ポーJr.)との競合という、2004年の大統領選挙の記憶を連想させている(当時、わずかな票差で当選したアロヨ大統領は、選挙管理委員会の正式当選発表以降、しばらく開票結果を操作したり、票を金で買ったのではないかという疑惑に苦しんだ) 。

   こうした展望は、SWS(社会気象研究所)が、2009年9月・11月に実施した世論調査の結果分析に基づいている。2009年9月に実施したSWSの世論調査の結果、アロヨ大統領の後を継ぐリーダーとして、ノイノイ・アキノ3世が50.42%の支持率でトップに立ち、マニー・ビルラが30.10%、エストラダ元大統領が15.10%、元国防長官の与党候補、テオドロが3.36%の支持率を得ていることが明らかになった。

  ところが、11月の世論調査の結果、各候補間における支持率の差が減り、ノイノイ・アキノ3世が45.38%、マニー・ビルラが34.62%、エストラダが13.85%、テオドロが15%となった。
  このような支持率の変化によって、5月10日に実施される大統領選挙の当選の可能性として、ノイノイ・アキノ3世を追い抜き、ビルラが1位に立ち得るという、興味深い統計分析が出された。
   それは、ノイノイ・アキノ候補の支持率が、月平均1.68%ずつ下落する反面、マニー・ビルラ候補のほうは、月平均1.17%ずつ上昇したためである。このような現象が今後続くなら、2010年5月の大統領選挙では、マニー・ビルラが40.47%を獲得し、36.98%を獲得したノイノイ候補を追い抜いて、当選する可能性があるという統計結果となったわけである。

  ともかく、このような衝撃的な予測結果のため、ノイノイ・アキノ側は非常体制に入った。また、マニー・ビルラがCー5プロジェクト不正工事に関与しているという疑惑事件をめぐり、両候補陣営と、反射的な利害損得を計算しようとする政治勢力の間で、しばらく熾烈な攻防戦が繰り広げられるものと予想される。

Updated: 2010/02/04 (木) 12:06

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
大統領、副大統領の外に300名の上·下院議員と1万7千500余名の地方議員選出 来る5月10日に予定されているフィリピン大統領選挙の遊説戦が9日に始まった。今回の選挙では大統領と副大..   (2010-02-16)
2月9日から 90日間大統領選挙運動本格スタート 5月フィリピン大統領選挙を控えて支持率 2位を走っているマニビラ上院議員が 1位のノイノイアキノ上院議員の支持率を追い付いて接戦して..   (2010-02-11)
ー最貧困層として生まれ、フィリピン初の10億ドルを超える財閥会社に成長…貧しさを経験した政治指導者だからこそ貧困層の痛みがわかる。 次期大統領に出馬するマニ・ビラ上院議員は..   (2010-02-05)
 2010年5月10日に行われる大統領選挙の予測が、我々が考えているほど簡単なものではない。 支持率トップを維持し続け、他の候補者と20~30%の支持率の差を見せ、まるで次期大統領..   (2010-02-04)
  選挙管理の先進化のため、初めて導入された新しい電子投開票システムが、むしろ候補者の不満を買うのではないかと懸念されている。来る5月10日に行われる選挙に出馬する候補..   (2010-02-03)
 COMELEC(中央選挙管理委員会)の選挙審査第2部は、この間問題となっていた、前大統領ジョセフ・エストラダの 2010 大統領選挙出馬を、認めることに決めた。今回の決定は、エベルリオ..   (2010-01-27)
来る5月に行われるフィリピン大統領選挙に関する世論調査で、トップを占めているベニグノ・アキノ3世上院議員は、「当選すれば税金を新しく賦課したり、引き上げることはしない」こ..   (2010-01-26)
ソオジ・レモンデ公報長官が享年 51歳で、19日(火)午前11時50分頃死亡した。彼は早朝、マカティ自宅で意識を失ったまま発見され、マカティメディカルセンターで集中治療を受けたが、結..   (2010-01-25)
  現在、臨時上院議長職を遂行しているジングゴイ・エストラダ上院議員の外 5名(3名の現上院議員と、今年5月の上院議員出馬を明らかにした2名の現下院議員)の当選が楽観的であるこ..   (2010-01-21)
与党の大統領候補であるギルバート・キボ・テオドロは、この20年間、構造的な欠陷と問題点だけ路程してきたARMM(ミンダナオ・ムスリム自治機構)の廃止に同意すると伝えた。 1990年のコ..   (2010-01-19)
去年 11月 23日、マギンダニオで発生したフィリピン最悪の政治テロの主犯である、元ウンサイ市長のアンダルアムタトアン Jr.が、57名の命が奪われ、血まみれの狂乱の虐殺が行われた際..   (2010-01-18)
まず去る 365日間私たち生活を主宰なさった神様に感謝を示します.神様が私たちに経験を許した挑戦は国民が持っている潜在力を立証させ、また私たちの改革の效能性を立証させました。..   (2010-01-12)
  選挙管理委員会(Commission on Elections,Comelec)は大統領選挙候補者申請者の中で不適切者を除き、 2010年 5月 20日の大統領選挙に参戦することができる候補者は 99人の中でただ 8人だと発表..   (2009-12-22)
LP(Liberal Party:自由党)は最近、世論調査の結果、自党の大統領選挙候補であるノイノイアキノ3世が、他の大統領選挙候補らを大差で勝ち、浮動の1位を占めていることに対して、満足感を表..   (2009-12-22)
 4日(金)、アロヨ大統領が政治テロ史上、最悪の虐殺事件が発生したマギンダナオ地域に戒厳令を宣布した。今回の戒厳令1959号は、1972年ペルナンデ-ドマルコス大統領が全国戒厳令を..   (2009-12-17)
57名の宿敵家門と記者らを虐殺する蛮行をやらかした、アムパトアン家門の支持者たちが、マギンダ地域に戒厳令が宣布された以後、日曜日の夜(6日)、 警察に銃撃を加えて最初の銃撃戦を..   (2009-12-17)
1,,,212223242526272829
ニュース コラム ライフ
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
【待遇】 アメリカを目指す ..
フィリピンの結婚適齢期と婚外..
【競争】 日本企業の好感度 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
【報道】 一族の資産疑惑追及..
セブで激増するオートバイ
【発掘】 フィリピン北部で ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
【鈍化】 2019年の成長率 世..
セブで聞く新元号
《成果》 2018年の犯罪件数は..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《弾圧》 セブ島隣の島で 軍..
セブで過ごす読書好日
《観光》 セブ・マクタン島に..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《選挙》 事前運動花盛りの中..
セブで食べるシー・フード
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
21《発車》 泥縄の日本への特定..
22セブ・マクタン島で起きた凄惨..
23《断水》 マニラ首都圏の水不..
24パラワン島/エル・ニド紀行 ..
25《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
26フィリピン選挙ラプソディー201..
27《統計》 人口爆発止まらず ..
28パラワン島/エル・ニド紀行 ..
29《富豪》 フィリピンから17人..
305月13日の選挙とマルコス一族
31《予測》 2019年経済成長率 ..
32パラワン島/エル・ニド紀行 ..
33《責任》 ワクチン接種を巡っ..
34ミンダナオ島の不安定要素
35《起工》 フィリピン最初の地..
36《頭打》 売れ行き不振続く ..
37セブから直行便で行く台湾
38【前進】 イスラム自治政府設..
39フィリピン現代史『エドサ政変..
40《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
41《強行》 農民切り捨てにつな..
42【解禁】 資金力と知名度で決..
43【麻疹】 はしか大流行 40日..
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【麻疹】 はしか大流行 40..+ 3723
【解禁】 資金力と知名度..+ 3347
《起工》 フィリピン最初..+ 3120
《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 2858
《強行》 農民切り捨てに..+ 2805
《富豪》 フィリピンから17..+ 2800
《頭打》 売れ行き不振続..+ 2680
《責任》 ワクチン接種を..+ 2613
【前進】 イスラム自治政..+ 2609
《断水》 マニラ首都圏の..+ 2523
《統計》 人口爆発止まら..+ 2486
《予測》 2019年経済成長率..+ 2420
《発車》 泥縄の日本への..+ 2309
《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 2301
《弾圧》 セブ島隣の島で..+ 1947
《成果》 2018年の犯罪件数..+ 1753
《観光》 セブ・マクタン..+ 1734
《選挙》 事前運動花盛り..+ 1400
5月13日の選挙とマルコス一..+ 1263
【発掘】 フィリピン北部..+ 1255
21セブ・マクタン島で起きた..+ 1254
22パラワン島/エル・ニド紀..+ 1042
23フィリピン選挙ラプソディ..+ 1017
24【報道】 一族の資産疑惑..+ 1012
25フィリピンの今年は選挙年+ 1011
26セブでヴァレンタイン+ 910
27パラワン島/エル・ニド紀..+ 908
28パラワン島/エル・ニド紀..+ 899
29フィリピンの喫煙と禁煙+ 897
30セブから直行便で行く台湾+ 842
31ミンダナオ島の不安定要素+ 809
32【鈍化】 2019年の成長率 ..+ 802
33パラワン島/エル・ニド紀..+ 800
34フィリピン現代史『エドサ..+ 799
35セブで食べるシー・フード+ 796
36【競争】 日本企業の好感..+ 751
37パラワン島/エル・ニド紀..+ 706
38セブで過ごす読書好日+ 692
39パラワン島/エル・ニド紀..+ 663
40セブで激増するオートバイ+ 584
41パラワン島/エル・ニド紀..+ 505
42セブで聞く新元号+ 503
43【待遇】 アメリカを目指..+ 491
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:775,181 今日:211 昨日:190
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.