フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
ノイノイ・アキノの支持率、マニ・ビルラより7%高い - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  ノイノイ・アキノの支持率、マニ・ビルラより7%高い
2月25日現在、支持率は、ノイノイ・アキノ36%、マニ・ビルラ29%、エストラダ18%
 
パルス・アジアが実施した大統領選挙候補の支持率に関する世論調査(2月21日~25日)で、自由党のノイノイ・アキノ候補が36%と、国民党のマニ・ビルラ(29%)より7%高いという結果が出た。エストラダ候補(18%)、与党のキボ・テオドロ候補(7%)が、 3、4位と続く。
この世論調査の実施時期は、C-5道路延長プロジェクトで不当な利得を得たという疑いで、マニ・ビルラ候補に対する議会聴聞会審議が最高潮に達した時点であった。アキノ候補は、前回の世論調査(1月実施)の際には、37%の支持率を得て、35%の支持率を得たビルラ候補と範囲内「統計上同率」を記録した。しかし、今回の結果では支持率の格差を広げたわけである。

アキノ候補の支持率は、ビルラ候補のほうが2月に入って6%も下落してから、逆に上がりつつある。しかし、ビルラ候補が1月より6%下落する一方で、アキノ候補のほうも1%落ちた。
3位のエストラダ元大統領は、最近の世論調査結果で最も高い6%の上昇率を見せた。与党のテオドロ候補も、2%の上昇率を記録した。その他、エル・シャイダ教主のエディ・ビルラヌエバ候補 2%、リチャード・コドン候補1%と続いた。
今回の世論調査で、アキノ候補はNCR(首都圏)地域で40%の支持率を、ミンダナオ地域では38%の支持率を得た。また有権者の6%は、まだ支持する候補が決まらず、腐敗しておらず(26%)、庶民をよく配慮する(22%) リーダーが望ましいと答えた。
副統領候補の中では、アキノ候補のランニングメートである、ミロハス候補が43%の支持率を得た。これで、ミロハスは、マニ・ビルラ候補のランニングメート、ノレンレガダ候補(27%)を大きく上回り、不動のトップに立った。また、エストラダ大統領のランニングメートであるビナイ・マカティ市長は15%の支持率を得た。

マンツーマン対面調査で行われた今回の世論調査は、誤差率±2%,信頼度95%である。今回の大統領選挙の有権者は5,000万人であり、9,200万全体人口の52.3%に達する。過去の選挙の平均投票率が80%以上であり、40%以上の票を獲得しないと、当選可能の範囲に入らないものと予測されている。
現在フィリピンには、1,000万名の海外就業者(OFW)が存在する。彼らの中、前回の14代大統領選挙の際、投票した人が50万人に過ぎず、問題となっていた。そのため、今回は投票人数を100万人以上の見通しを立て、政府合同の選挙人登録を推進してきた。
フィリピンの大統領は、6年単任制、上院議員は6年制連任、下院議員は3年制で三度まで連任可能である。今回の選挙では、大統領1人、副統領1人、上院議員 12人、下院議員226人、地方議員 17,500人を選出することになる。
99人の立候補希望者の内、選管委の審議を経て、以下の8名が確定された。

▶ベニグノ・ノイノイ・アキノ Benigno “Noynoy” Aquino III(自由党)
▶マヌエル・ビルラ Manuel Villar(国民党)
▶ジョセフ・エストラダ Joseph Estrada(Puwersa ng Masang Pilipinno)
▶ギルバート・テオドロ Gilbert Teodoro(ラカス-カムピ-CMD)
▶エディ・ビルラヌエバ Eddie Villanueva(Bangon Pilipinas)
▶リチャード・ゴドン Richard Gorden(Bagumbayan)
▶ジャムビ・マドリガル Jamby Madrigal(無所属)
▶ジョン・カルロス・デ・ロスレイイェス John Carlos de los Reyes(Ang Kapatiran)


Updated: 2010/03/15 (月) 10:55

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 エンリレ 上院議長は、選挙失敗で権力に空白が生じた場合、軍が政治に介入する可能性について表明した。 フィリピン全体の有権者5,000万名の 1/4(約1千万名)が居住しているミン..   (2010-03-19)
フィリピンの共産  反軍が、5月10日に予定されている大統領選挙を利用し、「一儲け」を企んでいるという主張が出された。インタ-ナショナル・ヘラルド・トリビューン(IHT)は、7日..   (2010-03-16)
2月25日現在、支持率は、ノイノイ・アキノ36%、マニ・ビルラ29%、エストラダ18% パルス・アジアが実施した大統領選挙候補の支持率に関する世論調査(2月21日~25日)で、自由党の..   (2010-03-15)
フィリ ピン・デイリー・インクァイオロ誌は、マニ・ビルラ候補がリチャード・ゴドン候補を金で買収して出馬を放棄させようと、更に報道陣まで買収しようとしたというゴドン候補の..   (2010-03-12)
  フィリピン上院議員ナンバー2も、電子選挙がどのように行われるのかを知らないなら、一般の有権者はどうだろうか。上院議長代行のジンゴイ・エストラダ上院議員も、電子投票が..   (2010-03-11)
エラブ元大統 領が2010年大統領選挙にまた挑戦するという。物議をかもしていた彼の大統領選挙挑戦は、中央選挙管理委員会(COMELEC)の出馬資格認定で一段落した。中央選挙管理委員会は、..   (2010-03-09)
2月22日(火)、マカティ市の「正直&人権カンファレンス」で開かれた大統領選挙フォーラムで、三名の大統領選挙候補者は、政府関係者らの間でクリーンな政治環境を奨励するために、自..   (2010-03-05)
  [写真説明: ベニグノ・ノイノイ・アキノ(Benigno Noynoy Aquino III) 上院議員] 去年一年間だけで、政府の不正・腐敗によって空へと消えた金額なら、56万棟の保健クリニックを設立..   (2010-03-01)
「黄色い旗を覚えているのか」 8月末、フィリピン民主化の象徴と称えられた、コラソン・アキノ元大統領が民衆のそばをたった時、フィリピンは彼女を象徴する黄色い旗で覆われた..   (2010-02-26)
去年11月、フィリピン南部マギンダナオ州でマスコミ関係者など57人を虐殺した197人が起訴されたと、10日、PNA通信などの現地マスコミが報道した。起訴された関係者らの中には、この虐殺..   (2010-02-23)
殺害嫌疑から逃れて亡命したフィリピン野党上院議員、パンピルロ・ラックソンに対する逮捕令状が、5日発布された。したがって、ラックソン議員はフィリピンに入国するしだい、直ち..   (2010-02-19)
大統領、副大統領の外に300名の上·下院議員と1万7千500余名の地方議員選出 来る5月10日に予定されているフィリピン大統領選挙の遊説戦が9日に始まった。今回の選挙では大統領と副大..   (2010-02-16)
2月9日から 90日間大統領選挙運動本格スタート 5月フィリピン大統領選挙を控えて支持率 2位を走っているマニビラ上院議員が 1位のノイノイアキノ上院議員の支持率を追い付いて接戦して..   (2010-02-11)
ー最貧困層として生まれ、フィリピン初の10億ドルを超える財閥会社に成長…貧しさを経験した政治指導者だからこそ貧困層の痛みがわかる。 次期大統領に出馬するマニ・ビラ上院議員は..   (2010-02-05)
 2010年5月10日に行われる大統領選挙の予測が、我々が考えているほど簡単なものではない。 支持率トップを維持し続け、他の候補者と20~30%の支持率の差を見せ、まるで次期大統領..   (2010-02-04)
  選挙管理の先進化のため、初めて導入された新しい電子投開票システムが、むしろ候補者の不満を買うのではないかと懸念されている。来る5月10日に行われる選挙に出馬する候補..   (2010-02-03)
1,,,21222324252627282930
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:816,478 今日:19 昨日:110
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.