フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【外交】 ドゥテルテの対中国政策に対して 世論は反対大多数 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【外交】 ドゥテルテの対中国政策に対して 世論は反対大多数

 前アキノ政権が南シナ海における中国の侵略に対して、毅然とした態度を取っていたのに比べ、昨年5月に新大統領となったドゥテルテは前政権の方針を完全に否定し、中国にすり寄る態度が顕著となっている。

 特に前政権が南シナ海における中国の領有権を巡って国際仲介裁判所に提訴した問題では、20167月に中国側の主張、根拠を完膚なまでに叩き潰す結果が出たが、中国は国際社会の批判をものともせず結果を黙殺。

 ドゥテルテは最初の外遊先を中国とし、訪れたのは201610月になるが、フィリピンの民間調査機関が訪中2ヶ月後の12月上旬に行った、南シナ海問題に対する世論調査の結果がこのほど発表された。

 これによると『仲裁裁判所の結果に基づきフィリピン政府は主権を主張すべきか』と言う設問では、賛成と答えたのが全体の84%になり、ドゥテルテが棚上げしているこの問題について、世論は辛い見方をしているのが明らかになった。

 賛成の細部だが、大賛成が44%、賛成40%となり、反対は3%のみで残る12%はどちらとも言えないと答えている。

 この調査結果は現政権の南シナ海問題に対する最初の世論調査結果でもあり、現政権の取り組みが不十分と疑問を呈する結果となった。

 この結果に対して、政府側は『政権はフィリピンの主権を断念した訳ではない』と釈明し、『中国との二国間協議を進め、慎重に話し合いを進めるつもり』と述べているが、具体的に中国側とどのように交渉できるのかという内容は明らかにされず、実効支配を進める中国側に対して否定も肯定もしない立場を取っている。

 こういった中国に対しての弱腰は、ドゥテルテが訪中して巨額な中国からの援助と投資を受けている『紐付き』のためとか、ドゥテルテの大統領選時の巨額な選挙資金はフィリピン経済を牛耳る中国系財界人から出ているため、中国には頭が上がらないと言われているが、真偽は定かではない。

 今回の世論調査結果で見るように、ドゥテルテの進まない政策に世論はいらだち始めているのは確かで、現在7000人以上に達している『違法薬物関与者殺害』政策も殺害者数は増えたが徐々にその効果は薄れ、先は見えない。

 また、当初期待された共産党系武装組織との和平、イスラム系武装組織との和平も、当初から後退していて華々しく登場したドゥテルテとしては苦しい状況が迫りつつある。

 【写真は訪中時の中国側高官と。中国は最近アフリカで明らかになったように台湾との断交を条件に金を出す露骨な外交を展開している】


Updated: 2017/01/29 (日) 08:27

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 5月23日にミンダナオ島全域に対して60日間の戒厳令を布いてから1ヶ月経過するが、ミンダナオ島南ラナオ州都マラウィ市におけるイスラム系武闘派グループとフィリピン国軍の交戦はい..   (2017-06-23)
 ミンダナオ島全域に戒厳令が布告されているきっかけとされている、南ラナオ州都マラウィ市における政府軍とイスラム武闘派『マウテ・グループ』との戦闘は、6月12日のフィリピン独..   (2017-06-12)
 ドゥテルテ大統領が5月23日から60日間の期限で、ミンダナオ島全域に戒厳令を布告したことに対して、6月5日、下院議員6人が最高裁【写真】に対して『戒厳令布告は憲法に違反する』と..   (2017-06-06)
 5月23日、ドゥテルテ大統領はミンダナオ島全域に戒厳令を布告した。 期間は現行憲法で規定されている60日間だが、延長は可能。 また、状況によってはセブを中心とするヴィサヤ地..   (2017-05-27)
 フィリピンの環境行政を担う『環境天然資源庁=Department of Environment and Natural Resources 』(DENR)のロペス長官に対して、5月3日、上院と下院の委員12名ずつ、計24人で構成される『任命委員会..   (2017-05-10)
 4月29日、マニラ首都圏パサイ市で開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)【写真】には加盟10ヶ国の首脳が集まり、域内で最大の懸念、紛争事項の中国による南シナ海の軍事的覇権に対し..   (2017-04-30)
 フィリピンの下院議員の定数は297人で、その内訳は各地域の小選挙区選出238人、政党リストによる比例選出の59名になっている。 小選挙区制は政治を家業としている地方のボス一族が..   (2017-03-20)
 大統領制を取る国は、新たに選ばれる大統領は前政権政策の逆張りをすることによって求心力を高めることが多く、その例としてアメリカの新大統領トランプなど、ことごとく前オバマ..   (2017-03-08)
 違法薬物関与容疑者に対して『抹殺』を政策の第1に置くドゥテルテ大統領に対して『人権』の立場から批判を重ねるデ・リマ上院議員(2016年5月初当選)が、2月24日午前8時過ぎ、国家..   (2017-02-27)
 2015年5月に実施された大統領選の直前の4月に、大統領選に立候補していたドゥテルテ(当時はダヴァオ市長)【写真】は、トリリャネス上院議員から同市長名義で複数の銀行支店に総額..   (2017-02-17)
 環境天然資源省(Department of Environment and Natural Resources =DENR)長官が環境を破壊しているとして、国内28社の鉱山会社に対して操業中止や一時停止を命じている問題で、ドゥテルテ大統領..   (2017-02-14)
 2016年5月の大統領選当選後に反政府武装勢力との交渉が始まり、当時は期待を持たせたドゥテルテだが、フィリピン共産党の軍事組織『新人民軍=NPA』【写真】と進めている和平協定が..   (2017-02-06)
 前アキノ政権が南シナ海における中国の侵略に対して、毅然とした態度を取っていたのに比べ、昨年5月に新大統領となったドゥテルテは前政権の方針を完全に否定し、中国にすり寄る..   (2017-01-29)
 被害者は昨年10月18日にルソン島中部パンパンガ州アンヘレス市で現職警官を含むグループに誘拐、拉致された53歳になる韓国の大手船会社の元役員で、フィリピン人家政婦も同時に拉致..   (2017-01-20)
 世論調査好きのフィリピンでは、いくつかの民間調査会社があって、様々な調査を行っている。  しかし、その調査方法はフィリピン全土、千数百人を対象に面接調査で行っている..   (2016-12-29)
 ドゥテルテ大統領がシンガポールでダヴァオ市長在任中に『犯罪者3人を自分の手で殺害した』発言は、フィリピンでは3面記事並みの扱いで、政権が進める違法薬物容疑者殺害作戦は勢..   (2016-12-19)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《発車》 泥縄の日本への特定..
セブ・マクタン島で起きた凄惨..
《断水》 マニラ首都圏の水不..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
フィリピン選挙ラプソディー201..
《統計》 人口爆発止まらず ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《富豪》 フィリピンから17人..
5月13日の選挙とマルコス一族
《予測》 2019年経済成長率 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《責任》 ワクチン接種を巡っ..
ミンダナオ島の不安定要素
《起工》 フィリピン最初の地..
《頭打》 売れ行き不振続く ..
セブから直行便で行く台湾
【前進】 イスラム自治政府設..
フィリピン現代史『エドサ政変..
21《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
22フィリピンの喫煙と禁煙
23《強行》 農民切り捨てにつな..
24セブでヴァレンタイン
25【解禁】 資金力と知名度で決..
26フィリピンの今年は選挙年
27【麻疹】 はしか大流行 40日..
28セブで過ごす 『春節』
29【環境】 マニラ湾の汚染対策..
30【選挙】 上院候補者支持率で..
31バタネス紀行 2017 その-(66..
32【苦境】 2018年新車販売台数..
33バタネス紀行 2017 その-(65..
34【調査】 世界最長 フィリピ..
35【暗雲】 ミンダナオ島で相次..
36セブで打つテニスと大坂なおみ..
37【資本】 全日空がフィリピン..
38セブのシヌログとアメリカ大統..
39【選択】 ミンダナオ島の自治..
40バタネス紀行 2017 その-(64..
41【公然】 韓国の違法ゴミ フ..
42セブで観たNHKの『紅白歌合戦』..
43【影響】 韓国造船大手のフィ..
44【掃除】 セブ島北端にある町..
45《警戒》 選挙に備えて 銃器..
46【減退】 2019年のフィリピン..
47《密輸》 セブ港で摘発 日本..
48《人口》 婚外子が半数以上 ..
49《御用》 フィリピンに逃亡の..
50《人権》 日本のバナナ会社『..
51《栄冠》 手放しでは喜べない..
52【不振】 新車の売れ行き 前..
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《人権》 日本のバナナ会..+ 4893
《栄冠》 手放しでは喜べ..+ 4065
《人口》 婚外子が半数以..+ 3996
《御用》 フィリピンに逃..+ 3421
【不振】 新車の売れ行き..+ 3353
《密輸》 セブ港で摘発 ..+ 3077
【減退】 2019年のフィリピ..+ 2895
《警戒》 選挙に備えて ..+ 2388
【影響】 韓国造船大手の..+ 2143
【掃除】 セブ島北端にあ..+ 2139
【選択】 ミンダナオ島の..+ 2088
【公然】 韓国の違法ゴミ..+ 2081
セブでパスポートを更新す..+ 2001
バタネス紀行 2017 その-..+ 1974
マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 1930
【暗雲】 ミンダナオ島で..+ 1707
【資本】 全日空がフィリ..+ 1672
【調査】 世界最長 フィ..+ 1523
【選挙】 上院候補者支持..+ 1523
【麻疹】 はしか大流行 40..+ 1491
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1471
22【解禁】 資金力と知名度..+ 1464
23バタネス紀行 2017 その-..+ 1327
24【環境】 マニラ湾の汚染..+ 1325
25【苦境】 2018年新車販売台..+ 1256
26パラワンからセブに帰る飛..+ 1225
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1109
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1081
29セブで観たNHKの『紅白歌合..+ 1064
30《強行》 農民切り捨てに..+ 1003
31バタネス紀行 2017 その-..+ 927
32《起工》 フィリピン最初..+ 885
33セブのシヌログとアメリカ..+ 884
34《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 813
35【前進】 イスラム自治政..+ 812
36《頭打》 売れ行き不振続..+ 756
37セブで打つテニスと大坂な..+ 730
38《責任》 ワクチン接種を..+ 729
39バタネス紀行 2017 その-..+ 712
40バタネス紀行 2017 その-..+ 679
41セブで過ごす 『春節』+ 635
42《予測》 2019年経済成長率..+ 626
43フィリピンの今年は選挙年+ 537
44《富豪》 フィリピンから17..+ 493
45フィリピンの喫煙と禁煙+ 458
46セブでヴァレンタイン+ 447
47《統計》 人口爆発止まら..+ 374
48セブから直行便で行く台湾+ 344
49フィリピン現代史『エドサ..+ 329
50《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 239
51《発車》 泥縄の日本への..+ 201
52《断水》 マニラ首都圏の..+ 194
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:764,911 今日:26 昨日:160
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.