フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【布告】 セブにも拡大か ミンダナオ島全域に『戒厳令』 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【布告】 セブにも拡大か ミンダナオ島全域に『戒厳令』

 523日、ドゥテルテ大統領はミンダナオ島全域に戒厳令を布告した。

 期間は現行憲法で規定されている60日間だが、延長は可能。

 また、状況によってはセブを中心とするヴィサヤ地域やマニラ首都圏のあるルソン島地域にも拡大させることを示唆している。

 今回の戒厳令はドゥテルテが就任以来折に触れ口にしていて、この3月にも大統領の地元、ミンダナオ島ダヴァオ市での地元首長を集めた会合で『戒厳令』布告に言及していた。

 今回の強権発動はミンダナオ島南ラナオ州の州都マラウィ市(人口約20万人)でイスラム系反政府武闘組織『アブサヤフ』と国軍の交戦があり、同交戦に中東の『イスラム国(IS)』を支持する『マウテ』グループが加わり、市街戦となった事を理由としている。

 この交戦では反政府側の死者30人以上を数え、双方の死者は市民を含めて50人近くを数え、交戦地域から近隣に避難する市民が続出している。

 また、攻撃を繰り返すグループ内にはインドネシアやマレイシアなど外国籍の人間も多数含まれ、これらはシリアやイラクに渡航できなかったIS支持者がフィリピンで活動していると消息筋は見ている。

 フィリピンでは1972年にマルコスが戒厳令を布告し、反対陣営を弾圧、抑圧し独裁政治を強化した歴史を持ち、戒厳令に対しての警戒感と嫌悪感は強いが『テロ』との戦いという名の下に布告された。

 今回のミンダナオ島全域に戒厳令を布告したことに対して、ドゥテルテ擁護者の1人であるラモス元大統領(元国軍参謀次長)は地域を限定的に行うべきと批判を加えている。

 これは、アロヨ政権時代の2009年にミンダナオ島マギンダナオ州で起きた同州知事などが政敵に対する『大量虐殺』事件で、同地域を限定的に布告した戒厳令を念頭に入れている。

 ミンダナオ島において政府軍と反政府組織との交戦は日常的に死傷者が発生している状態で、いたずらに緊張感を煽る戒厳令布告との批判も強い。

 しかしながら、違法薬物関与者への無差別殺人を平然と遂行するドゥテルテの思考方法から、戒厳令をフィリピン全土に広げて、自身の独裁化を図るのではないかとの指摘もある。

 この流れの中で、ドゥテルテは議会に戒厳令布告の説明を行うが、大統領の施策の歯止めとなる議会は、ドゥテルテ当選以前は少数政党であった支持政党が、今では絶対多数を擁するとうに膨張し、上下院の議長や員会の要職を独占する状態となっている。

 これは勝ち馬に乗るフィリピンの政治風土から来ているもので、反対党から鞍替えするのは当たり前となっている。

 そのため、前アキノ政権を擁し最大与党であった党などは今や少数政党に転落、副大統領選で勝利した同党所属のロブレドへの弾劾への動きも出ていて、多数を頼みに政治を壟断し、ドゥテルテ独裁化への道を助長している。

 この戒厳令布告に対して、ミンダナオ島行きの路線を持つフィリピン航空など航空会社は航空券の払い戻しを決定し、経済、観光面での影響が既に出ている。


Updated: 2017/05/27 (土) 09:34

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本でも安倍総理、麻生副総理と総理大臣を祖父に持つ世襲政治家の弊害が指摘されているが、このフィリピンは政治を家業とする政治屋一族が国政や地方自治体に巣食っている実態が..   (2018-03-15)
 1986年2月の『エドサ政変』でフィリピンを追い出されたマルコス元大統領一族の娘『アイミ―・マルコス』が2019年に行われる上院議員選に立候補する考えを示している。 アイミ―はマ..   (2018-03-09)
 その国の汚職度、腐敗を数値化して毎年発表している国際NGO『Transparency International』が2017年度の結果を公表した。【赤い色に近づく国ほど汚職度が高い】 それによると、180の対象国及..   (2018-02-28)
 アメリカの中央情報局(CIA)など、国内16の情報、諜報機関で構成される連合体『US Intelligence Community=IC』は2月12日、同連合体を統括する国家情報長官が報告書『世界脅威評価』を公表..   (2018-02-22)
  国内に蔓延する違法薬物撲滅を公約にしてダヴァオ市長から2016年大統領選で当選したドゥテルテに対して国際刑事裁判所(International Criminal Court=ICC)検察局が予備捜査を開始した。..   (2018-02-17)
 昨年末で切れるミンダナオ島全域に布告されている『戒厳令』は、ドゥテルテ大統領の要求によって1年間の延長が求められていた。 その要求を受けて議会は1年間の延長を認めたが、..   (2018-02-09)
 フィリピン統計局は2017年度の国内総生産(GDP)は6.7%と発表。 この数字は前年度(2016年)と比較して、0.2ポイント落ち込んでいて、好調が伝えられるフィリピン経済に対して、フィ..   (2018-01-26)
 過去最大となる国家予算が12月19日、ドゥテルテ大統領の署名を受けて正式に決まった。 2018年度(1月~12月)の予算総額は3兆7670億ペソ(現在レートで約8兆3千6百億円)となり、前年..   (2017-12-20)
 1986年2月に第10代フィリピン大統領マルコスは、フィリピンから一族及び取り巻と共にハワイへ逃亡、1989年、72歳で同地にて死亡したが、マルコスは国家財産を食い物にし、その源は9年..   (2017-12-14)
 ネッタイシマカが媒体するデング熱は年間の感染者が世界では3億9000万人以上で、フィリピンでは世界保健機構(WHO)の最新統計によると、2017年1月から9月初めまでの感染者数は7万6千..   (2017-12-06)
 ドゥテルテ大統領が2016年大統領選で勝利したのは、広く国内に蔓延する『違法薬物撲滅』を公約に挙げたことが、泡沫候補から一気に当選の道を拓いた。 しかし、その実態は法体系..   (2017-12-02)
 フィリピンは世論調査好きな国で、その結果で一喜一憂するが、世論調査も怪しげなのがあって『金』を払えば都合の良い結果を引き出せる調査も多い。 その典型と見られる世論調査..   (2017-11-23)
 フィリピンの民間世論調査機関、SWSがドゥテルテ現大統領の『公約』達成度について調査を行い、その結果が11月5日に発表された。 【写真は大統領就任式時 左からドゥテルテ、愛人..   (2017-11-08)
 当初は泡沫候補扱いながら、フィリピンに蔓延する『違法薬物撲滅』一本を選挙公約にして2016年大統領選に当選したドゥテルテ現大統領だが、具体的に実行できたのは警官などによる..   (2017-11-03)
 5月23日に発生したミンダナオ島マラウィ市内における、イスラム系反政府武装組織とフィリピン国軍との戦闘は、武装組織を率いる最高指揮官が戦闘で死亡したことを受けて、フィリピ..   (2017-10-18)
 国民から高い信頼度を誇っていたドゥテルテ大統領【写真】の信頼度が下がっていることが、民間調査機関SWSの調査によって明らかになった。 同機関は9月23日から27日までに1500人の成..   (2017-10-11)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:840,319 今日:99 昨日:138
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.