フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【食言】 コロコロ変わる バタアン原発稼働への大統領発言 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【食言】 コロコロ変わる バタアン原発稼働への大統領発言


 マルコス独裁政権全盛期の1977年に着工し、1984年にほぼ完成した状態であったフィリピン初のルソン島バタアン原子力発電所(発電予定能力620メガワット)は、1986年のエドサ政変によるマルコス一族のハワイ逃亡と、同年の旧ソ連の『チェルノブイリ原発事故』により、マルコスに変わった当時のアキノ(母)大統領によって事業が凍結状態され、現在もその状態が続いている。

 そのため『一度も稼働しない世界で唯一の原発』として有名な存在で、近年は入場料を徴収して内部を見学させる事なども行っていた。

 しかし、フィリピンの慢性的な電力不足が騒がれるたびに、バタアン原発の稼働が政府部内で検討され、それを後押しする利権を得る政商などが暗躍していた。

 ところが、20113月の福島第1原発の史上最悪の原子炉大事故によって、稼働の話は立ち消えになっていた。

 ドゥテルテ大統領の原発についての知識、理解力は不明だが、11月初めに地元ダヴァオ市に墓参のために戻った大統領は『私の任期中には稼働はない』と同行した報道陣に表明。

 ただし『電力不足が危機的な状況になったら、分からない』と付け加えている。

 大統領の発言は、8月に首都圏で開催された国際原子力機関(IAEA)の会議でフィリピン・エネルギー庁長官がフィリピンにおける原発の必要性を発言した内容と食い違い、エネルギー省主導の原発推進は潰えたようかに見えた。

 しかしながら、1111日、エネルギー省長官は『大統領は、安全が保障されるなら原発稼働を望んでいると』と、大統領の考えがわずかな間に変わった事を明らかにした。

 大統領の1日の原発稼働否定発言は『フィリピンは原発を動かすほど電力不足ではない』との認識から来ているが、東南アジア諸国中電力料金が高額なフィリピンでは『コストの安い原発』神話をいまだに信奉する財界人も多く、それが政治家を通じて長官発言に繋がっていると見られている。

 高額と見られているフィリピンの電力料金は、この10月に公表された国際機関による調査によると、4年前から比べると28%安くなっていて、発電、送電、配電とそれぞれの組織に分かれているフィリピンの電力供給システムの改善によってさらに安くなる余地はあるとしている。

 原発稼働に固執するエネルギー省だが、最近発表された国家エネルギー計画(PEP)では、2030年までは石炭燃料発電を主流としていて、その割合は49.5%と見ている。

 また、地熱、水力、太陽光、風車発電など再生可能エネルギーが全体に占める割合を35.7%としている。

 バタアン原発は当初の予算額5億ドルから23億ドルと、次期東京オリンピック並みに費用が膨れ上がり、その一部はマルコスへの賄賂に化けていると指摘されるいわくつきの原発だが、プロジェクトを請け負ったのはアメリカのウェスチンングハウス社で、同社は現在日本の東芝の子会社になっている。

 アロヨ政権時代に稼働に必要な費用を韓国電力公社に依頼した事があり、稼働には最低10億ドル、4年が必要と見積もられているが、原発は使用済み核燃料の廃棄設備、管理、廃炉費用、また事故時の対策など莫大な金がかかるのも福島原発で明らかになっていて、この実態を国民に示すのが大統領および当局の責務と思われるが、場当り発言で糊塗しているのが今回の大統領の食言で明らかになった。


Updated: 2016/11/12 (土) 11:00

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 4月29日、マニラ首都圏パサイ市で開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)【写真】には加盟10ヶ国の首脳が集まり、域内で最大の懸念、紛争事項の中国による南シナ海の軍事的覇権に対し..   (2017-04-30)
 フィリピンの下院議員の定数は297人で、その内訳は各地域の小選挙区選出238人、政党リストによる比例選出の59名になっている。 小選挙区制は政治を家業としている地方のボス一族が..   (2017-03-20)
 大統領制を取る国は、新たに選ばれる大統領は前政権政策の逆張りをすることによって求心力を高めることが多く、その例としてアメリカの新大統領トランプなど、ことごとく前オバマ..   (2017-03-08)
 違法薬物関与容疑者に対して『抹殺』を政策の第1に置くドゥテルテ大統領に対して『人権』の立場から批判を重ねるデ・リマ上院議員(2016年5月初当選)が、2月24日午前8時過ぎ、国家..   (2017-02-27)
 2015年5月に実施された大統領選の直前の4月に、大統領選に立候補していたドゥテルテ(当時はダヴァオ市長)【写真】は、トリリャネス上院議員から同市長名義で複数の銀行支店に総額..   (2017-02-17)
 環境天然資源省(Department of Environment and Natural Resources =DENR)長官が環境を破壊しているとして、国内28社の鉱山会社に対して操業中止や一時停止を命じている問題で、ドゥテルテ大統領..   (2017-02-14)
 2016年5月の大統領選当選後に反政府武装勢力との交渉が始まり、当時は期待を持たせたドゥテルテだが、フィリピン共産党の軍事組織『新人民軍=NPA』【写真】と進めている和平協定が..   (2017-02-06)
 前アキノ政権が南シナ海における中国の侵略に対して、毅然とした態度を取っていたのに比べ、昨年5月に新大統領となったドゥテルテは前政権の方針を完全に否定し、中国にすり寄る..   (2017-01-29)
 被害者は昨年10月18日にルソン島中部パンパンガ州アンヘレス市で現職警官を含むグループに誘拐、拉致された53歳になる韓国の大手船会社の元役員で、フィリピン人家政婦も同時に拉致..   (2017-01-20)
 世論調査好きのフィリピンでは、いくつかの民間調査会社があって、様々な調査を行っている。  しかし、その調査方法はフィリピン全土、千数百人を対象に面接調査で行っている..   (2016-12-29)
 ドゥテルテ大統領がシンガポールでダヴァオ市長在任中に『犯罪者3人を自分の手で殺害した』発言は、フィリピンでは3面記事並みの扱いで、政権が進める違法薬物容疑者殺害作戦は勢..   (2016-12-19)
 ドゥテルテ大統領が強硬に推し進める『違法薬物容疑者』に対する超法規的殺害は6月の政権発足後の半年間で4000人を超えたとの数字が挙げられ、フィリピンは戦争状態、あるいは内戦..   (2016-12-11)
 5月の正副大統領選において、副大統領に当選したロブレドはドゥテルテ政権から閣僚の一員としてHousing and Urban Development Coordinating Council (HUDCC)を任命されていたが、12月4日、『HUDCC』の..   (2016-12-05)
 1972年にフィリピン全土に戒厳令を布き、反対派を弾圧し20年近く独裁政治を続けた第10代大統領のマルコスの遺体が首都圏タギッグ市にある国立『英雄墓地』【写真】に埋葬された。 ..   (2016-11-19)
 マルコス独裁政権全盛期の1977年に着工し、1984年にほぼ完成した状態であったフィリピン初のルソン島バタアン原子力発電所(発電予定能力620メガワット)は、1986年のエドサ政変による..   (2016-11-12)
 アメリカの新しいフィリピン大使が発表されると同時に、在比アメリカ大使館は11月3日、セブ島南部地域にある、ダラゲッテ町とサンタンダー町、及びオスロブ町沖合に浮かぶスミロン..   (2016-11-05)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
《調査》 ビジネス環境躍進す..
パラワン島紀行 2018年 その..
【強盗】 東横インのあるモー..
セブの巨大青物市場 カルボン..
《選挙》 副大統領選の開票結..
パラワン島紀行 2018年 その..
【摘発】 コールセンターの違..
《計画》 セブの経済特区内企..
セブに送られた詐欺メールにご..
《疾患》 重症筋無力症を認め..
パラワン島紀行 2018年 その..
【火災】 首都圏屈指の遊園地..
セブのホームセンター
《拡大》 マリオットが 国内..
《惨事》 ボラカイ島でドラゴ..
セブで見つけた旧い車
《採決》 国連の人権理事国に..
パラワン島紀行 2018年 その..
《感染》 アフリカ豚コレラ発..
フィリピンで流行る3輪自動車
21《観光》 セブ市に大規模水族..
22セブで食べる寿司の味
23《奇怪》 いわくつきの慰安婦..
24パラワン島紀行 2018年 その..
25《平均》 セブのホテル稼働率..
26セブの街中で実るコーヒー
27《怨恨》 セブ島に住む72歳の..
28《患者》 デング熱大流行 死..
29セブで食べる 『おにぎり』
30【行事】 下院で ドゥテルテ..
31パラワン島紀行 2018年 その..
32【停滞】 現政権下で最低を記..
33セブで食べる『トンカツ』の味..
34《人災》 イロイロ市沖でボー..
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 2522
【行事】 下院で ドゥテ..+ 2509
《患者》 デング熱大流行..+ 2207
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 2136
《人災》 イロイロ市沖で..+ 2051
《平均》 セブのホテル稼..+ 1774
【停滞】 現政権下で最低..+ 1764
【強盗】 東横インのある..+ 976
《観光》 セブ市に大規模..+ 851
《感染》 アフリカ豚コレ..+ 802
【摘発】 コールセンター..+ 740
セブで食べる 『おにぎり..+ 701
セブで食べる『トンカツ』..+ 642
セブで食べる寿司の味+ 625
セブの街中で実るコーヒー+ 590
《惨事》 ボラカイ島でド..+ 587
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 570
【火災】 首都圏屈指の遊..+ 541
《採決》 国連の人権理事..+ 523
《疾患》 重症筋無力症を..+ 510
21《計画》 セブの経済特区..+ 473
22パラワン島紀行 2018年 そ..+ 469
23《拡大》 マリオットが ..+ 456
24フィリピンで流行る3輪自動..+ 404
25セブのホームセンター+ 329
26パラワン島紀行 2018年 そ..+ 324
27《選挙》 副大統領選の開..+ 311
28セブで見つけた旧い車+ 268
29セブに送られた詐欺メール..+ 241
30セブの巨大青物市場 カル..+ 230
31パラワン島紀行 2018年 そ..+ 218
32パラワン島紀行 2018年 そ..+ 216
33《調査》 ビジネス環境躍..+ 174
34パラワン島紀行 2018年 そ..+ 171
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:803,168 今日:2 昨日:145
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.