フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【頓挫】 思い付き政策のツケ 反政府武装勢力との停戦破棄 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【頓挫】 思い付き政策のツケ 反政府武装勢力との停戦破棄

 20165月の大統領選当選後に反政府武装勢力との交渉が始まり、当時は期待を持たせたドゥテルテだが、フィリピン共産党の軍事組織『新人民軍=NPA』【写真】と進めている和平協定が暗礁に乗り上げた事を、ドゥテルテ自身が表明した。


 20168月、政府側と共産党最高幹部などが亡命しているノルウェーのオスロで第1回交渉が開かれ、その時に双方が一方的に停戦を宣言するという、ボタンの掛け違いのような事態が起きた。

 その後正式な停戦協定を結ぶために交渉は進んだが、共産党側は正式停戦の条件として政治犯の内、高齢者や女性、病人約
400人の釈放を求めた。

 これに対してドゥテルテは協定締結が先として跳ねつけ、要求に応じなかったために、共産党側が態度を硬化し和平プロセスに暗雲が立ち込め出した。

 この進まない和平協定に業を煮やした
NPA21日、210日をもってこれまでの停戦を破棄すると政府側に通告したが、この通告が成される数日前からNPAによる政府軍への襲撃回数が急増した。

 このため、ドゥテルテは
23日をもって、NPAに対する停戦を破棄すると宣言したが、NPA、政府側とも昨年同様一方的に通告するだけで、双方の交渉成果は全く現れていない。

 NPA
はマルコス独裁政権下の1999年に結成され、最盛期には3万人の兵士を抱え、国内の貧困層を中心に支持を集めフィリピン全土で反政府活動を続けたが、中国の毛沢東路線を信奉しているため教条的な体質から抜け出ず、現在は数千人という規模に縮小している。

 また、フィリピン人の意識変化と貧困層は依然減らないものの、社会構造が底上げされている状態から『共産主義による社会変革』を望まない層が増え、以前からアジアで唯一共産革命が起きるのでは見られていたフィリピンのこれらの変化が
NPAの活動に影響を与えている。

 ドゥテルテは大学生時代にフィリピン共産党の最高指導者に教えを受けた関係から、停戦、和平への道を探っていたが、今回の決裂に至った。

 双方の停戦破棄によってミンダナオ島を中心に
NPAによる国軍に対する攻撃が散発的に勃発し、国軍はこれに対して断固たる反撃を加えると声明し、双方の非難も拡大し和平への道は一層遠くなった。

 しかしながら、停戦交渉は決裂していなくて、
222日から26日にかけてオランダのユトレヒトで開催する見込み。

 ミンダナオ島が生んだ大統領として同地区では圧倒的な支持を誇るドゥテルテだが、ミンダナオ島でイスラム勢力に自治権を与える枠組みも前政権のアキノ以来進展せず、またミンダナオ島西部の島で拠点を持つ他のイスラム武装勢力の駆逐も進まず、見通しのない状況となっている。


Updated: 2017/02/06 (月) 12:40

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 違法薬物関与容疑者に対して『抹殺』を政策の第1に置くドゥテルテ大統領に対して『人権』の立場から批判を重ねるデ・リマ上院議員(2016年5月初当選)が、2月24日午前8時過ぎ、国家..   (2017-02-27)
 2015年5月に実施された大統領選の直前の4月に、大統領選に立候補していたドゥテルテ(当時はダヴァオ市長)【写真】は、トリリャネス上院議員から同市長名義で複数の銀行支店に総額..   (2017-02-17)
 環境天然資源省(Department of Environment and Natural Resources =DENR)長官が環境を破壊しているとして、国内28社の鉱山会社に対して操業中止や一時停止を命じている問題で、ドゥテルテ大統領..   (2017-02-14)
 2016年5月の大統領選当選後に反政府武装勢力との交渉が始まり、当時は期待を持たせたドゥテルテだが、フィリピン共産党の軍事組織『新人民軍=NPA』【写真】と進めている和平協定が..   (2017-02-06)
 前アキノ政権が南シナ海における中国の侵略に対して、毅然とした態度を取っていたのに比べ、昨年5月に新大統領となったドゥテルテは前政権の方針を完全に否定し、中国にすり寄る..   (2017-01-29)
 被害者は昨年10月18日にルソン島中部パンパンガ州アンヘレス市で現職警官を含むグループに誘拐、拉致された53歳になる韓国の大手船会社の元役員で、フィリピン人家政婦も同時に拉致..   (2017-01-20)
 世論調査好きのフィリピンでは、いくつかの民間調査会社があって、様々な調査を行っている。  しかし、その調査方法はフィリピン全土、千数百人を対象に面接調査で行っている..   (2016-12-29)
 ドゥテルテ大統領がシンガポールでダヴァオ市長在任中に『犯罪者3人を自分の手で殺害した』発言は、フィリピンでは3面記事並みの扱いで、政権が進める違法薬物容疑者殺害作戦は勢..   (2016-12-19)
 ドゥテルテ大統領が強硬に推し進める『違法薬物容疑者』に対する超法規的殺害は6月の政権発足後の半年間で4000人を超えたとの数字が挙げられ、フィリピンは戦争状態、あるいは内戦..   (2016-12-11)
 5月の正副大統領選において、副大統領に当選したロブレドはドゥテルテ政権から閣僚の一員としてHousing and Urban Development Coordinating Council (HUDCC)を任命されていたが、12月4日、『HUDCC』の..   (2016-12-05)
 1972年にフィリピン全土に戒厳令を布き、反対派を弾圧し20年近く独裁政治を続けた第10代大統領のマルコスの遺体が首都圏タギッグ市にある国立『英雄墓地』【写真】に埋葬された。 ..   (2016-11-19)
 マルコス独裁政権全盛期の1977年に着工し、1984年にほぼ完成した状態であったフィリピン初のルソン島バタアン原子力発電所(発電予定能力620メガワット)は、1986年のエドサ政変による..   (2016-11-12)
 アメリカの新しいフィリピン大使が発表されると同時に、在比アメリカ大使館は11月3日、セブ島南部地域にある、ダラゲッテ町とサンタンダー町、及びオスロブ町沖合に浮かぶスミロン..   (2016-11-05)
 意味不明の言動でアメリカ、日本、中国を手玉に取って得意満面のドゥテルテ大統領だが、1番の目玉として強硬に推し進める『麻薬撲滅』に対して、政権が述べている麻薬問題の根拠..   (2016-10-30)
 どこの国でも新政権の発足した時は昂揚感があり、変革への期待もあって高い支持を集める。  政権発足直後と100日目を一つの目途として政権を評価する手法があり、フィリピンの..   (2016-10-12)
 5月に行われた大統領選に立候補し最下位で落選したミリアム・D・サンチャゴ前上院議員が9月29日、患っていた肺癌によって死亡した。享年71。 サンチャゴは歯に衣を着せぬ舌鋒の名..   (2016-10-04)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
【恐怖】 邪魔者は消せー..+ 3659
【結果】 2019年中間選挙-..+ 3650
【進展】 セブの邦人女性..+ 3589
【交通】 セブ-マクタン..+ 3178
【教育】 今年の就学児童..+ 2188
【賛否】 死刑制度復活を..+ 2115
【利便】 企業の思惑で進..+ 1749
【事故】 セブ島南部の町..+ 1631
【行事】 下院で ドゥテ..+ 1410
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 1107
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 1082
《患者》 デング熱大流行..+ 1046
《人災》 イロイロ市沖で..+ 1034
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 871
【停滞】 現政権下で最低..+ 824
1989年6月4日の天安門事件か..+ 823
《平均》 セブのホテル稼..+ 762
セブで飲む凍ったビールと..+ 729
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 658
セブに浮かぶヨットを見な..+ 513
21ゴミを大量に出すマクドナ..+ 429
22パラワン島紀行 2018年 そ..+ 397
23セブで飲む或る日のスター..+ 337
24セブで食べる『トンカツ』..+ 325
25セブで食べる 『おにぎり..+ 312
26パラワン島紀行 2018年 そ..+ 278
27セブの街中で実るコーヒー+ 247
28セブで食べる寿司の味+ 225
29パラワン島紀行 2018年 そ..+ 137
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:794,554 今日:97 昨日:113
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.