フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【外交】 大統領が10月に 日本および中国を訪問予定と発表 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【外交】 大統領が10月に 日本および中国を訪問予定と発表

フィリピン外務省は1025日から27日までドゥテルテ大統領の日本訪問を明らかにし、また、その前の92829日の両日、ヴェトナムを訪問し、南シナ海問題を取り上げる予定としている。



 【写真は左からエストラダ、アロヨ、ドゥテルテ、ラモス、アキノの元、前、現フィリピン大統領】

 なお、中国へは訪日直前の1019日と20日とし、中国寄りの発言の目立つドゥテルテの姿勢が鮮明になった。

 今回の訪日はラオスのヴィエンチャンで開催されたASEAN首脳会議の日程中に日本の安倍首相との会談が行われ、日本側からドゥテルテへ招請があり、それに応じた形となった。

 フィリピン大統領の訪日は5年ぶりだが、訪日での具体的な行程、内容はまだ固まっていない。

 日本側としては中国の南シナ海における覇権、軍拡路線に対して歯止めをかけたい思惑で招請したものの、それに先立って中国を訪問するドゥテルテの姿勢は日本側の期待を肩すかしするもので、早くも日本側には失望感が生まれている。

 また、日本はフィリピンにとって最重要な貿易相手国であり、貿易産業省長官が大統領訪日後に、日本の経済関係者を訪問する予定が入っていて、政治問題抜きに関係を深めようとしているのが現政権の対日政策となっている。

 一方、フィリピンの対中国政策はアキノ前政権が進めていた先の国際仲裁裁判所でのフィリピン側の完全勝利で見るように、国際舞台の場で中国の非道をアピールし、国際舞台で解決する路線であったが、ドゥテルテ政権では大幅な転換がなされ、日本やアメリカなどの関係国を抜きにフィリピンと中国の2国間で解決を図る方針に変更された。

 これは南シナ海問題で国際的に苦しい中国の立場を助けるもので、中国としては大歓迎のドゥテルテ政権の方針で、ドゥテルテを組し易いと中国側は読んでいる。

 このフィリピンの方針転換については、中国がカンボジアやラオスを経済援助や投資で囲い込んで意のままにする戦術が絡んでいて、ドゥテルテは中国の援助を期待するために中国にいい顔を見せていると指摘されている。

 一方で、日本やアメリカの援助や投資を期待する発言もあり、日本、アメリカ、中国を天秤にかけてより多くの援助、投資を引きだすためといううがった意見もある。

 先のヴィエンチャンでのドゥテルテの振る舞いは国際儀礼に反する態度があり、顰蹙を買っているが、フィリピン国内ではお山の大将として君臨できても国際的には通じないことを学習して、ただでさえ外交音痴と見なされるドゥテルの見識が、10月の日本と中国の訪問によって新たに試される。


Updated: 2016/09/23 (金) 21:21

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 4月29日、マニラ首都圏パサイ市で開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)【写真】には加盟10ヶ国の首脳が集まり、域内で最大の懸念、紛争事項の中国による南シナ海の軍事的覇権に対し..   (2017-04-30)
 フィリピンの下院議員の定数は297人で、その内訳は各地域の小選挙区選出238人、政党リストによる比例選出の59名になっている。 小選挙区制は政治を家業としている地方のボス一族が..   (2017-03-20)
 大統領制を取る国は、新たに選ばれる大統領は前政権政策の逆張りをすることによって求心力を高めることが多く、その例としてアメリカの新大統領トランプなど、ことごとく前オバマ..   (2017-03-08)
 違法薬物関与容疑者に対して『抹殺』を政策の第1に置くドゥテルテ大統領に対して『人権』の立場から批判を重ねるデ・リマ上院議員(2016年5月初当選)が、2月24日午前8時過ぎ、国家..   (2017-02-27)
 2015年5月に実施された大統領選の直前の4月に、大統領選に立候補していたドゥテルテ(当時はダヴァオ市長)【写真】は、トリリャネス上院議員から同市長名義で複数の銀行支店に総額..   (2017-02-17)
 環境天然資源省(Department of Environment and Natural Resources =DENR)長官が環境を破壊しているとして、国内28社の鉱山会社に対して操業中止や一時停止を命じている問題で、ドゥテルテ大統領..   (2017-02-14)
 2016年5月の大統領選当選後に反政府武装勢力との交渉が始まり、当時は期待を持たせたドゥテルテだが、フィリピン共産党の軍事組織『新人民軍=NPA』【写真】と進めている和平協定が..   (2017-02-06)
 前アキノ政権が南シナ海における中国の侵略に対して、毅然とした態度を取っていたのに比べ、昨年5月に新大統領となったドゥテルテは前政権の方針を完全に否定し、中国にすり寄る..   (2017-01-29)
 被害者は昨年10月18日にルソン島中部パンパンガ州アンヘレス市で現職警官を含むグループに誘拐、拉致された53歳になる韓国の大手船会社の元役員で、フィリピン人家政婦も同時に拉致..   (2017-01-20)
 世論調査好きのフィリピンでは、いくつかの民間調査会社があって、様々な調査を行っている。  しかし、その調査方法はフィリピン全土、千数百人を対象に面接調査で行っている..   (2016-12-29)
 ドゥテルテ大統領がシンガポールでダヴァオ市長在任中に『犯罪者3人を自分の手で殺害した』発言は、フィリピンでは3面記事並みの扱いで、政権が進める違法薬物容疑者殺害作戦は勢..   (2016-12-19)
 ドゥテルテ大統領が強硬に推し進める『違法薬物容疑者』に対する超法規的殺害は6月の政権発足後の半年間で4000人を超えたとの数字が挙げられ、フィリピンは戦争状態、あるいは内戦..   (2016-12-11)
 5月の正副大統領選において、副大統領に当選したロブレドはドゥテルテ政権から閣僚の一員としてHousing and Urban Development Coordinating Council (HUDCC)を任命されていたが、12月4日、『HUDCC』の..   (2016-12-05)
 1972年にフィリピン全土に戒厳令を布き、反対派を弾圧し20年近く独裁政治を続けた第10代大統領のマルコスの遺体が首都圏タギッグ市にある国立『英雄墓地』【写真】に埋葬された。 ..   (2016-11-19)
 マルコス独裁政権全盛期の1977年に着工し、1984年にほぼ完成した状態であったフィリピン初のルソン島バタアン原子力発電所(発電予定能力620メガワット)は、1986年のエドサ政変による..   (2016-11-12)
 アメリカの新しいフィリピン大使が発表されると同時に、在比アメリカ大使館は11月3日、セブ島南部地域にある、ダラゲッテ町とサンタンダー町、及びオスロブ町沖合に浮かぶスミロン..   (2016-11-05)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:807,049 今日:2 昨日:133
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.