フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【違憲】 新政権最初の予算額 下院議員枠に235億ペソを盛り込む - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【違憲】 新政権最初の予算額 下院議員枠に235億ペソを盛り込む

長年、政治汚職の元凶とされていた政府予算の『優先開発補助金』(通称ポークバレル)は最高裁によって違憲判決が出て、アキノ政権下では撤廃された。

 しかしながらドゥテルテ【写真】政権初の2017年度予算にはこのポークバレルが下院議員に対して盛り込まれていて、822日から始まる下院予算委員会審議に少なからぬ影響を与えている。

 2017
年度予算総額は33500億ペソ(約7110億円)で、前年度予算より11.6%増加した。

 この予算規模だが知事が連続途中辞任という失態を起こした東京都の昨年度の予算総額が133000億円で、フィリピンは東京都の半分少々の予算規模となっている。

 世界的には昨年比で見ると予算規模はヴェトナムがフィリピンより上位、パキスタンが下位となっている。

 問題となっているポークバレルだが、この趣旨は地方選出の議員の選挙区に対してインフラ事業や医療、奨学金と言った地元の民生用に設定されたものだが、実態は議員の選挙対策であり、使い道も不透明で中には懐に入れる議員も多く、汚職の温床とされる。

 そのため、アキノ政権になって違憲判決が出て廃止されたが、ドゥテルテ政権は発足した政権運用の円滑を目指し、下院議員を懐柔するためにポークバレルを復活した。

 復活した額は総額235億ペソで、下院議員一人当たり8000万ペソ(約2億円)にもなる。

 これは日本でも問題になった使い勝手自由の『政務活動費』と同じで、このポークバレル目当てに政治屋が選挙区で世襲を続けているのがフィリピンの実態となっている。

 なお、予算額の内訳だが、約40%が教育や保健、社会福祉関係に振り分けられ、教育省が5676億ペソと省庁の中では最大の予算額となっている。

 これは今年から始まった学校教育12年制のために、教員確保、教室増設などが額を引き上げている。

 また、インフラ関連では総額8607億ペソで、前年より13.6%増えた。

 その他省庁では、社会福祉開発省が1299億ペソ、厚生省が940億ペソで、予算額としての省庁順位は5位と6位を占めた。

 一方、南シナ海を巡って中国との暗闘が続くため国防予算は15%増の1345億ペソとなり、政権の姿勢を現わす違法薬物撲滅などの治安対策には国家警察が前年より24.6%激増の1104億ペソとなった。

 なお、ポークバレルの予算盛り込みに関して、ドゥテルテ陣営の下院議長は予算執行に厳しい透明性を確保すると説明しているが、既得権を易々と手放さない議員連中にとっては骨抜き、お手盛りが行われるのが必至で、今回の予算措置に対して再び違憲訴訟が起こされる模様。


Updated: 2016/08/17 (水) 12:16

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンの下院議員の定数は297人で、その内訳は各地域の小選挙区選出238人、政党リストによる比例選出の59名になっている。 小選挙区制は政治を家業としている地方のボス一族が..   (2017-03-20)
 大統領制を取る国は、新たに選ばれる大統領は前政権政策の逆張りをすることによって求心力を高めることが多く、その例としてアメリカの新大統領トランプなど、ことごとく前オバマ..   (2017-03-08)
 違法薬物関与容疑者に対して『抹殺』を政策の第1に置くドゥテルテ大統領に対して『人権』の立場から批判を重ねるデ・リマ上院議員(2016年5月初当選)が、2月24日午前8時過ぎ、国家..   (2017-02-27)
 2015年5月に実施された大統領選の直前の4月に、大統領選に立候補していたドゥテルテ(当時はダヴァオ市長)【写真】は、トリリャネス上院議員から同市長名義で複数の銀行支店に総額..   (2017-02-17)
 環境天然資源省(Department of Environment and Natural Resources =DENR)長官が環境を破壊しているとして、国内28社の鉱山会社に対して操業中止や一時停止を命じている問題で、ドゥテルテ大統領..   (2017-02-14)
 2016年5月の大統領選当選後に反政府武装勢力との交渉が始まり、当時は期待を持たせたドゥテルテだが、フィリピン共産党の軍事組織『新人民軍=NPA』【写真】と進めている和平協定が..   (2017-02-06)
 前アキノ政権が南シナ海における中国の侵略に対して、毅然とした態度を取っていたのに比べ、昨年5月に新大統領となったドゥテルテは前政権の方針を完全に否定し、中国にすり寄る..   (2017-01-29)
 被害者は昨年10月18日にルソン島中部パンパンガ州アンヘレス市で現職警官を含むグループに誘拐、拉致された53歳になる韓国の大手船会社の元役員で、フィリピン人家政婦も同時に拉致..   (2017-01-20)
 世論調査好きのフィリピンでは、いくつかの民間調査会社があって、様々な調査を行っている。  しかし、その調査方法はフィリピン全土、千数百人を対象に面接調査で行っている..   (2016-12-29)
 ドゥテルテ大統領がシンガポールでダヴァオ市長在任中に『犯罪者3人を自分の手で殺害した』発言は、フィリピンでは3面記事並みの扱いで、政権が進める違法薬物容疑者殺害作戦は勢..   (2016-12-19)
 ドゥテルテ大統領が強硬に推し進める『違法薬物容疑者』に対する超法規的殺害は6月の政権発足後の半年間で4000人を超えたとの数字が挙げられ、フィリピンは戦争状態、あるいは内戦..   (2016-12-11)
 5月の正副大統領選において、副大統領に当選したロブレドはドゥテルテ政権から閣僚の一員としてHousing and Urban Development Coordinating Council (HUDCC)を任命されていたが、12月4日、『HUDCC』の..   (2016-12-05)
 1972年にフィリピン全土に戒厳令を布き、反対派を弾圧し20年近く独裁政治を続けた第10代大統領のマルコスの遺体が首都圏タギッグ市にある国立『英雄墓地』【写真】に埋葬された。 ..   (2016-11-19)
 マルコス独裁政権全盛期の1977年に着工し、1984年にほぼ完成した状態であったフィリピン初のルソン島バタアン原子力発電所(発電予定能力620メガワット)は、1986年のエドサ政変による..   (2016-11-12)
 アメリカの新しいフィリピン大使が発表されると同時に、在比アメリカ大使館は11月3日、セブ島南部地域にある、ダラゲッテ町とサンタンダー町、及びオスロブ町沖合に浮かぶスミロン..   (2016-11-05)
 意味不明の言動でアメリカ、日本、中国を手玉に取って得意満面のドゥテルテ大統領だが、1番の目玉として強硬に推し進める『麻薬撲滅』に対して、政権が述べている麻薬問題の根拠..   (2016-10-30)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:836,371 今日:54 昨日:110
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.