フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【後継】  アキノ大統領 次期大統領選候補にロハスを指名 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【後継】  アキノ大統領 次期大統領選候補にロハスを指名

 選挙の年はGDP(国内総生産)値が選挙運動に投入される資金によって大幅に上がるフィリピンだが、20165月の正副大統領選挙を巡って動きが活発になって来た。【写真は大統領府、マラカニャン宮殿のロゴ】

 大統領の再選が禁止され今期限りのアキノ大統領は2010年に組んで正副大統領選を戦ったロハス内務自治長官を自身の後継候補とすることを831日発表した。

 ロハスは58歳、第5代大統領の孫に当たり、父親も上院議員。フィリピン有数の財閥一族の御曹司と毛並みは申し分なく、上院議員選に出馬した時はトップ当選をし、アロヨ前政権時代には貿易産業省長官を務めている。

 ロハスは前回大統領選に出馬する予定だったが、後発のアキノ(当時上院議員)が風に乗って有力候補として頭角を現わしたために、自身は副大統領候補に回った経緯があった。しかしながら、副大統領選では当時泡沫候補と言われたビナイ(元マカティ市長)に僅差で敗れる番狂わせがあり、次期大統領選に捲土重来を期していた。

 フィリピンの選挙は『人気投票』と称されるように、世論調査が勝敗の行方を左右する所があり、次期大統領選の世論調査では副大統領のビナイが優勢を保っていたが、最近の調査ではポー上院議員(女性)がビナイを蹴落とし、トップの座を占めている。

 一方、ロハスはビナイの半分にも満たない支持率で、4位前後を低迷していた。こういった状況からアキノは前回の選挙選の恩義から、自身の高い支持層をロハスに向くように今回の指名を行った。

 この発表前にアキノはポー議員にロハスと組んで副大統領候補に回るよう要請したようだが、ポーは前大統領と争った前々回選挙で、アロヨに小差で敗れた人気俳優のポーの遺娘で、それ一つだけで政界入り(2013年上院選でトップ当選)したが、今回の棚ボタ式の大統領の椅子に野心を抱いたのかアキノの説得には応じなかった。

 また、ポーはエスクデロ上院議員と組んで正副大統領選に出るのではないかとの観測も流れていて、ポーにしろエスクデロにしろ芸能人並みの人気でしかなく、野心だけのこういった人物が国を左右するトップ候補になること事態、フィリピン政治の根本的な欠陥が見えている。

 一方、対する野党陣営も勝機と見て、ビナイは早々と副大統領の閑職を利用して選挙運動に邁進中で、アキノ現政権批判のボルテージを高めているが、自身は庶民の出だと看板の売り文句とは裏腹に、瞬く間に一家で上下院議員とマカティ市長の座を占め新興の『政治王朝』形成にまっしぐら。

 このビナイ人気に手を焼いた与党側はビナイのマカティ市長時代の汚職を暴露する作戦に出ているが、弁護士出身のビナイの守りも固く、ビナイ追い落としの効果は上がっていない。

 こういった中、ビナイ陣営はハワイに逃亡して彼の地で死んだ独裁者マルコスの息子マルコス上院議員を担ぎ出す動きもあって互いの出方を伺っている状況ともなっている。

 この動きの中で、フィリピン政界は『勝ち馬』に乗る伝統が強く、変節などはお構いなしで今回のロハス指名を巡っても、与党側はビナイに勝てないと見て野党側に寝返る議員が多数出るとささやかれている。

 こういった肝心の選挙民不在の政治劇はどこの国でも共通するものだが、フィリピンは特に目立ち、これがフィリピン文化と諦めているフィリピン人識者も多い。


Updated: 2015/08/04 (火) 10:37

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンの世論調査は『やらせ』や『誘導』との評価もあり、簡単に信用することは危険だが、傾向は読み取れることは出来る。 注目の大統領選支持率で、2つの調査機関が同時期..   (2015-12-24)
 フィリピンの居住歴と国籍で、『ポー上院議員は大統領候補となる資格がない』と中央選挙管理員会に申し立てられていた3件について、中央選管第1小委員会は12月11日、ポー議員に..   (2015-12-12)
 選挙は勢い『風』次第でどう転んで行くか分からない代物だが、2016年5月予定の次期大統領選に、ダヴァオ市長・ドゥテルテが立候補を表明した直後に行われた民間調査でドゥテルテが..   (2015-12-08)
 従来から立候補資格に問題があると指摘されていた、次期大統領選に立候補を届けたポー上院議員【写真】に対して、フィリピン中央選挙管理員会第2小委員会は『居住期間』と『国籍..   (2015-12-03)
 本人は出ないといって煙に巻き、周りだけが騒いでいた次期大統領選にドゥテルテが11月30日、正式に出馬することを表明した。 同時に副大統領として国民党所属で副大統領選に立候..   (2015-12-01)
 2009年11月23日アロヨ政権末期、ミンダナオ島マギンダナオ州で58人以上が殺された『マギンダナオ大虐殺事件』が発生。 この事件は多数のジャーナリストが含まれしかも殺害後、重機..   (2015-11-24)
 『生まれながらのフィリピン人』かどうかで、次期2016年大統領選に立候補届け出をしたポー上院議員に対して、『その資格はない』とする陣営から失格申し立てを受けている。 11月17..   (2015-11-19)
 2013年11月8日、中部フィリピンヴィサヤ地方を襲った台風『ヨランダ=国際名称ハイエン』は同地域に死者・行方不明者7400人近くに達する未曾有の大被害をもたらし、2年間が過ぎた。 ..   (2015-11-09)
        アメリカにあるNPOが過去10年間で起こったジャーナリスト殺害事件の国別未解決ランキングを発表し、フィリピンは内戦や政情不安が起きていない国なのにワースト4..   (2015-11-04)
 ミンダナオ島ダヴァオ市で長年市長職に君臨し、今回市長再選を目指し、立候補を届けたドゥテルテ【写真】は、次期大統領選立候補待望論が強かった。 しかしながら、本人は大統領..   (2015-10-30)
 世界各国にある空港の評価を行っている民間の評価サイトで、2011年から3年連続でワースト・ランク1位に入っていたマニラ国際空港が、2014年には同4位となり、2015年度の評価ではワース..   (2015-10-26)
 10月16日に締め切られた正副大統領立候補受け付け中、異色なのはサンチャゴ上院議員【写真】で、サンチャゴは1992年に行われた大統領選に出馬した過去がある。 この時の得票数はア..   (2015-10-22)
 10月12日から次期選挙の立候補受け付けが開始される中、大統領選に出馬表明をしているビナイ副大統領【写真】の息子でマカティ市長(現在停職中)『ジョジョマル』に対して、公務..   (2015-10-10)
 正副大統領選の立候補受付けまで半月少々になった現在、民間調査機関による大統領候補者支持率調査が次々と発表されているが、ここにきて有力3候補の支持率の傾向が明らかになっ..   (2015-09-29)
 民間調査機関の最新の世論調査によると、次期大統領にふさわしい人物として以前から低迷していたアキノ現大統領の後継候補、ロハスの支持率が急伸している結果が出た。 この調査..   (2015-09-24)
 世論調査がポー【写真】の野心に火を付けたといっても良い今回の出馬表明だが、9月16日、全国放送の夜のニュース時間帯を狙って、出身校である国立フィリピン大学構内でポー上院議..   (2015-09-17)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:786,443 今日:28 昨日:135
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.